日本は津波による大きな被害を受けるだろう 13

「今何を一番実現させたいですか?」には「フリーエネルギーの実用化でしょう」と答えます。それは清家新一さんという方が書かれた『宇宙の4次元世界』という本でした。この本に巡り合ったおかげで私は今もフリーエネルギーの研究をしています
『フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する』
永久機関の原理がすでに見つかっていた
井出治、船井幸雄   ヒカルランド     2011/10/31

<清家新一のUFOとエネルギー理論との出会い>
・私が大学を卒業した年(1971年)の6月、大陸書房という出版社から、私の運命を決めた一冊の本が出版されました。ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、事実です。
・それは清家新一さんという方が書かれた『宇宙の4次元世界』という本でした。この本に巡り合ったおかげで、私は今もフリーエネルギーの研究をしています。

<閉塞感の根源にあるのは「世界のエネルギー源」>
・私の実家は愛媛県の松山市ですが、清家新一さんの実家兼研究所も同じ愛媛県の宇和島市でした。私は、実家に帰省した折、清家さんの実家をよく訪問しました。そのとき、研究所となっている部屋を見せていただきました。

・(船井幸雄)日本での経営コンサルタントの草分けとして私は、40余年間、人生研鑽を重ねてきました。いろいろ知りました。その私が「今何を一番実現させたいですか?」ときかれますと、やはりいの一番に、「フリーエネルギーの実用化でしょう」と答えます。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・「宇宙に無限にある電波から電気を作る」実験も国内で成功しているようですし、現代では様々な研究所がフリーエネルギーの研究をしているようです。現代では普通になった原子力発電も戦後に開発されたものです。原発事故で代替えのエネルギー源が現在注目されています。
・フリーエネルギーのテクノロジーを入手するころには人類と「宇宙連合」とのコンタクトが公開されるかもしれません。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なので、フリーエネルギーの正体の研究がすすめばUFO推進機関の解明にも役立つことでしょう。

・『ペンタゴンの陰謀』という本では、墜落したUFOやグレイとの密約による様々な超兵器をペンタゴンが極秘に開発していることが元米軍将校から報告されています。
・ロズウェルのUFO墜落事件から60年くらいたっておりますし、エリア51の秘密基地ではエイリアンの超テクノロジーを米軍は研究し一部は入手しているでしょう。レザー兵器もエイリアンの兵器だそうです。
・「戦後に、米軍に異星人が混じっていた」という話も多くありました。当然、米軍は国家資金と科学者の総力をあげて、異星に進出していることでしょうし、宇宙連合は、さまざまな地球人とコンタクトをとっているようです。

・プレアデス星人が7000年進化し、「人間を実験室で創ったというリラ星人」が3万年、人類に進化しているそうです。また、「人類の進化には介入できない」という宇宙法のようなものがあるそうです。
・人類の進化を妨害する宇宙人もいるようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は数百万年人類に進化しており、その超科学は人類には理解不能なことでしょう。
・宇宙人が超テクノロジーを教えてくれないので、グレイ・タイプと米軍は密約をしたという説もあるそうです。「宇宙人は遥かに進化している」ということが私たち一般人はなかなか認識できません。「神々は遥かに進化した異星人だ」そうです。エンジェルと呼ばれる金髪碧眼のノルディックが人類に超テクノロジーを教えることを拒否しているそうです。

・人間の一生を網羅する100年という期間をとっても、100年前の科学者には、現代の超テクノロジーは想像不能だったでしょうし、現代の科学者は100年後の超テクノロジーは夢想だにできないでしょう。数千年、数万年となると全く想像不能になることでしょう。
・パラレル・ワールドにいるという天使的な宇宙人、シリウス星人になりますと、数百万年人類に進化しているといわれています。そのシリウス星人が人類にコンタクトしてきているようなのです。またプレアデスの世からシリウスの世に変わるとも言われているようです。

・日本人として最初にUFOの推進機関を研究した清家新一さんは、「マッド・サイエンティスト」ともいわれ、先覚者として大変苦労したようですが、当時の大平総理から国家の研究資金を得たそうです。UFOは科学者にとっていまだにタブーのようです。
・清家さんは昭和32年の学生時代に「ウラニデス」という宇宙人からコンタクトをうけたそうです。清家新一さんはエリア51向けの科学者だったようです。ちなみに米軍の秘密基地エリア51も別の場所に移転したとかの噂があるそうです。)
ドクター中松の宇宙エネルギー・エンジンこそが日本を根底から変えてしまう超発明である。この執拗な「モールバンド」からの食糧自給破壊工作が「琉球の玉から発する電光」で撃退されるとは、どういう意味があるのか
『王仁三郎の霊界物語大予言』富士山大爆発とミロク神人種誕生の神ドラマ
海野光彦      徳間書店    1995/10/31

<EMによる新型農業が日本から大飢餓を一掃する!>
・ご存知のように日本は、アメリカをはじめとする諸外国から米市場の完全開放を求められている。つまり、「モールバンド」に象徴されるアメリカが米を使って日本を攻撃していることになる。この執拗な「モールバンド」からの食糧自給破壊工作が「琉球の玉から発する電光」で撃退されるとは、どういう意味があるのか。
・さまざまな情報を総合すると、琉球すなわち沖縄には米の収量を数倍にする夢の新技術がある。それはEM技術と一般に呼ばれている。EMとは、フェクティブ・マイクロ・オーガニズムの略語で有用微生物群と訳される。水田や畑に有用微生物がたくさん入った特殊な溶液をまく農業技術のことである。

<日本が開発する宇宙エネルギーの応用技術が世界を救う>
・さらにAは、EM科学技術以上に、ドクター中松の宇宙エネルギー・エンジンこそが日本を根底から変えてしまう超発明であると力説する。

・さらに宇宙エネルギー・エンジンを巨大化して発電所のモーターとして取り付け、電気をいくら遠くまで送っても減らない超伝導ケーブルにつなげば、日本はタダでいくらでも電気を使える。つまり原発・火力発電所が完全に不要になる。

・宇宙エネルギー・エンジンの作動原理はドクター中松によると、おおよそ次にようになっている。宇宙にあるエネルギーを取り込んで無接触で回転するものである。その構造は装置本体に三つの特殊なアンテナがついていて、宇宙にある赤外線、可視光線、紫外線、エックス線、ガンマ線などあらゆるエネルギーを吸収して、無接触でエンジンを動かす仕組みになっている。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・宇宙に無限に存在する「電波から電気を取り出す実験」が国内で成功しているそうです。いわゆるフリーエネルギーについては、世界中の研究所が研究しているようなのです。例の米軍の秘密基地「エリア51」でもエイリアンの超テクノロジーの一つとしてフリーエネルギーも研究されていることでしょうか。
・原子力発電も戦後の発明ですから、向こう50年でフリーエネルギーが実用化されれば、原発や火力発電所もいらなくなるそうです。原発事故でフリーエネルギーに科学者の関心が集まっているようです。
・とにかく私たちの生活と社会には電気が必要なのですから原発を超えるフリーエネルギーのテクノロジーを金髪碧眼のノルディックというエイリアンからでも入手しなければならないでしょうか。エンジェルとよばれる宇宙人は米軍へ、超テクノロジーを提供することを拒否したともいわれています。

・大本教の出口王仁三郎の予言は、本人が眠りながら、艮(うしとら)の金神からのチャネリングによって完成されたものであるそうです。はるか遠い未来には「神人種」と「小人に退化した人類」との二種類に進化するそうで衝撃的です。高次元の神人種は、太古から地球にしばしば来ていたようなのです。
・ 人によれば荒唐無稽な話も多いので、研究者の新刊書籍はないようです。ちなみに、バイオロボットといわれる小人の宇宙人グレイが「人類の未来から来た」という話もあったようです。またグレイの人間タイプもおり、人間と変わらないともいわれているそうです。

・「ご存知のように日本は、アメリカをはじめとする諸外国から米市場の完全開放を求められている」ということは今国論を二分しているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)のことでしょうか?
・このようなことで国論を二分するようになったのは、日本の政治の衰えを感じさせましょうか。食糧自給破壊工作も分からないのは日本の外交官も衰えたからでしょうか?国益の視点から考えれば、政策は自ずから定まるように思えます。
・「敗戦後、アメリカの神さまが日本神界のトップになった」という与太話もあるそうですので、戦後60年もたつと、米国の影響がなくなるというよりも、ますますその影響力が強くなるそうです。米国の政策が優勢になるのもその辺に事情があるのかもしれません。
・米国の支配階層を統括するフリーメーソン、彼らの経済理念は、「競争至上万能主義」、「ビジネス至上万能主義」であり、WASPの支配を貫徹するために「マネジメント万能至上主義の精神的資本主義」を推進しているそうです。彼らの思想の背景には、異星人の考えが影響しているのかもしれません。
・どの国でもエイリアンの超テクノロジーは、喉から手が出るほど欲しいので、エイリアン情報を「アバブ・トップシークレット」にしてせっせと研究をしているそうです。米国やイスラエルはシリウス星人と通商協定を結んでいるという話です。ロシアもタウ星人と協定を結んでいたそうです。

[PR]
by karasusan | 2013-04-24 07:24 | UFO | Comments(0)