日本は津波による大きな被害を受けるだろう 21


<宮古市田老地区の防潮堤は万里の長城と呼ばれ、10.45メートルの高さだった。低い。2倍は必要>
「宮古市田老地区の防潮堤は万里の長城と呼ばれ、10.45メートルの高さだった。低い。2倍は必要」、「天災は忘れたころにやってくる」といわれますが、「東日本大震災は、1000年に一度の『天災』ではなく100年に一度の『人災』であった」といわれても仕方がないようです。「明治三陸地震の大津波を基準にしておけば、これだけの損害・死者・犠牲者はでなかっただろうに」
・「これが皆が寝入っている真夜中に起こったらと思うとぞっとする」、「逃げた避難所の高さが低すぎて避難者が溺死した」、「明治三陸地震の大津波を基準にしておけば原発事故はおこらなかっただろうに」、「昭和三陸津波後、『高所移転』を法制化しておけば、これほど甚大な被害を受けなかっただろうに」
・「歴史は繰り返す」「地震研究所の数と研究者・津波の専門家の数を考えると言葉を失った。”役たたず”であった」、「各大学の地震研究所はしっかりと仕事をしていたのだろうか」、「なぜ明治三陸津波の基準で防災計画を作らなかったのだろうか」
・「これでは『日本の失われた20年』が、『失われた30年』になってしまう」、「新聞は『経済は一流、政治は二流』という酷評の表現を頻繁に使いますが、これでは経済も二流になってしまう」、「1933年3月3日の昭和三陸津波の教訓も県庁の役人たちは生かせなかったのだろうか」「県庁の役人たちは何をしていたのだろうか」、「三度も大津波で親族を殺され、壊滅的な被害を受けた三陸地域の住民にとって『三度目の正直』とは?」。
・「失われた20年の日本経済の惨状」とか「数多の失政と政治の貧困のためか”欠陥のあった防災計画”」などの背景には、国家経営の実務に精通した優れた政治家や公務員が登用されてこなかった結果なのでしょうか。
・好意的にみても「あまりにも専門的な知識が膨大なためにその習得に全精力を費やし、全体像の見通しが、天災については天才たちでもできなかった」のかもしれません。常に大局や政治の失政に注目している必要があるようです。
・この「100年に一度の国難」は、国家経営の実務に精通した本当に優れた政治家や官僚・行政官でなければ乗り切れません。大変な時期、非常時なのです。国の興廃がかかっています。正気になってやらないと大変なことになります。「民族の英知が国家経営・国政を担当しておれば、世界の先進国になれただろうに」というお話だそうです。
・この『遠野物語』は4次元以上の異次元・高次元の『霊界』や神智学でいう『エーテル界の都市』を連想させますが、河童が小柄な宇宙人のグレイ(ゼータ・レチクル星人)の一種で人間との交流もあったなど、伝説によく出てくる異人や天狗は宇宙人ではなかったのでしょうか。イタリアのクラリオン星人とのコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「河童は現在でも異次元に存在している」そうです。
・柳田國男によれば『遠野物語』は農民たちの作り話ではなく、事実だそうです。異星人の異次元世界や霊界、霊人もかいま見られたようです。
・遠野地方は「人さらい(宇宙人のUFOのアブダクション(誘拐))」「神隠し」「異類混血」などなんでもありの異星人の世界があったようなのです。米国で大問題となったエイリアンのアブダクション(誘拐)が明治時代の遠野地方を舞台にあったようなのです。ちなみに「人さらい」や「神隠し」などの明治時代の現象は全国的にあったようです。
・神隠しや人さらいの犠牲者たちはどうなったのでしょうか。明治時代の警察の限界が窺われます。人さらいのおぞましい話も歴史の闇に隠されたようです。「民に知らしめるべからず」という警察の伝統があるそうですが、明治時代の警察の異人に対する知識はどの程度のものでしょうか。
・「山田で見られた蜃気楼の都市は、神智学でいう『エーテル界の都市』すなわち、『幻の神々の都市』ではなかったのでしょうか」。多くは幻覚と幻視で片づけられます。「神々の都市で神々と魔女たちが何をしているのかは大きな謎です」。むしろ超近代的な世界で、マネジメント万能至上主義の精神的資本主義を遂行しているのかもしれません。
・米国の著名なUFO研究家が「アリゾナ州セドナ上空にエーテルのシティが滞空している」と言っていたそうですが、山田上空にエーテルのシティでも滞空しているのでしょうか!?山田町の十二神山の由来が知られています。その昔様々な異人や神人が東北地方を徘徊していたのでしょうか。
・つまり明治時代に『宇宙連合』が東北地帯に飛来していたようなのです。(アデプト(達人)たち)や異人たちネットワークもあったらしいのです。以前にも『遠野物語』を紹介しましたが、現代では異人や天狗は宇宙人であるという仮説が提示されています。
・爬虫類人(レプティリアン)も人間タイプは非常に知性的な顔をしているそうです。進化の早い異人たちもほとんど人間と変わりがなくなっていることでしょう。異人のネットワークの存在についても誰も分からないようです。
・全国に伝説があり農民たちの共同幻想の産物ではなく、実在したという『天狗』や『異人』。幽霊話も多いですが、意識変性状態で異次元のアストラル界の住人たちが地上に出てくるのを一般人が認識することもできるようです。幽霊はアストラル界の住人たちで、人間がかいま見ることもできるようです。
・天狗は「人間よりも劣る」むしろ「神に近い存在」なのかもしれませんが。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、日本に来た異人たちも社会に浸透してきたのかもしれません。異人たちは、アストラル界の住人たちであったのかもしれません。
・アストラル界の住人たちが人間の姿を装い地上に出てきていたということは「アバブ・トップシークレット」のようです。現代では宇宙人が空飛ぶ円盤で来るというよりもウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)やその他の形態で異星人が地上に登場してきているそうです。
・背後霊や守護霊は宇宙人の憑依体なのかもしれません。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですし、「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。
・地震の予知に関しては、荒唐無稽な話も多いそうですが、「CIAの超能力透視部隊」、ジョー・マクモニーグルの「FBIの超能力捜査官」のようなエスパー(超能力者)の組織を30億円程度で設立する必要があるそうです。
・エスパーによる透視研究は高くつくものではありません。阪神大震災で20兆円の損害と約6千人の死者、この度の東日本大震災で30兆円の国家損害と約3万人の死者の惨状を考えた時、費用対効果として、30億円は安いものでしょうか。
・「日本は先進国だ」そうですが、非近代的な面や遅れた点、頭の古い点や制度が、非常に多いとはいいませんが、予想外に多いそうです。この国家的危機の時には「どの党も関係者もあらゆる面で改革、近代化を急がなければなりません」、この国難・国家的危機に民族の英知を結集するばかりでなく、世界中の英知を投入しなければ間に合わないでしょう。
・そうでなければ、過去何度もの大津波で親族を殺され、今また壊滅的な被害を受けた被災者の苦悩を救うことはできないでしょう。さて、どこに『震災の英知の集団』があるのでしょうか?地震学者たちはしっかりと仕事をしていたのでしょうか。
・『『日本は先進国』のウソ』(平凡社新書)(杉田聡)という本がありますが、「日本の失われた20年の日本経済の惨状」という背景ですが、20年は、あまりにも長いものでした。この震災で消費が低迷しマイナスが加速されるそうです。テレビなどで社会の「遅れた面」がしばしば報道されますが驚きです。かって賞賛されたエリート官僚たちの働きは昔の面影もないようです。本当でしょうか。様々な日本の分野の近代化を遅らせる原因は何なのでしょうか。
・かなりの確率で当たったといわれていたブラジルの予知夢で有名なジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの未来予知も、有名になったためなのか、メディアに載り注目を浴びると予言が当たる確率が低くなったようです。
・神とのチャネラー(霊的交流者)、コンタクティであるともいわれる同氏は、日本でも数冊の本が出版されています。ところで2008年8月には『2011年、日本経済は破綻』、『2012年、大阪でM8.9の大地震が起き、多数の死者がでる』と予知夢で予言しているのですが、正確に当たらなくなったとはいえ不気味です。
・ちなみに、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの予知夢は、近未来の予言が凄まじく私たち一般人には、にわかに信じ難く、多くの人々が荒唐無稽な印象を受けますし、予言が当たる確率が低くなったようなので、最近はさすがにマスコミ、出版社も取り上げないようです。)
[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:40 | UFO | Comments(0)