日本は津波による大きな被害を受けるだろう 22

<(『岩手県昭和震災誌』岩手県知事官房、1934年)>
<1933(昭和8)年3月3日の昭和三陸津波の後も、津波危険地帯に集落を再興>
・当時、政府の外郭団体であった震災予防協議会の幹事であり、かつ地震学会の会長であった今村明恒博士(元・東大地震学科主任教授)ら、学者の進言に基づいて内務省と岩手 県当局が一致して勧めた復興策の基本は、集落をあげての高所移転であった。
・すなわち「将来津波の際に於ける人命並びに住宅の安全を期する為、今次並びに明治29年に於ける津波襲来の浸水線を標準として其れ以上の高所に住宅を移転せしむる」こと、その際、倒壊家屋が少なく多額の工事を要しない部落については資金を提供せず、各戸に分散移転するように勧めるが、被害の大きい20カ町村45部落については預金部から低利の宅地造成資金(5カ年据え置きの15年償還)を融通し、町村を事業主体として宅地を造成、集団的に高所に移転させる。
・ただし例えば釜石、大槌、山田などは諸般の事情(主に市街地を移転させることの困難)により高所移転が不可能であるから、原地に復旧することを認めるというものであった(『岩手県昭和震災誌』岩手県知事官房、1934年)
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・県庁の役人たちに今後の復興を期待するというよりも今まで「何をしていたのだろうか」という疑問がわいてきます。「学者の進言に基づいて内務省と岩手県当局が一致して勧めた復興策の基本は、集落をあげての高所移転であった」ということですから、その頃から政策として一貫して高所移転を進めておくべきだったのでしょう。優れた人材が県政や国政を担当しておればということでしょうか。
・地震学者の知見が実用的に活用されませんでしたし、地震学者が先頭にたって防災準備をすべきであったのでしょう。)
カナリア諸島の噴火と九百メートルの津波の予測は地震学者間でも議論されている!このとき、崩れ落ちる土砂の大きさは、積的には、おそらく富士山が一つ海に落ちて行くのに近いと思われる?
『続 未来からの警告』 ジュセリーノ予言集2
ジュセリーノ・ノーブレガ・ルース / サンドラ・マイア
たま出版 2008年4月5日

<カナリア諸島の噴火と津波>
・独立した災害として注目すべきなのは、カナリア諸島にあるパルマにある火山が噴火して山が海に崩落するために起きる大津波である。被害が大西洋全域に及ぶため、ブラジルでも非常に注目されている予言である。

・1949年に最後の噴火を起こした際、水蒸気爆発のためコンプリ・ビジャの尾根の西半分が数メートル大西洋の方にすり落ちたといわれる。今度はそれが海の底に落ちてしまうということにある。このとき、崩れ落ちる土砂の大きさは、容積的には、おそらく富士山が一つ海に落ちて行くのに近いと思われる。

・この大災害の予言は、随分初期に出ているようで、先の文書から1972年には、警告書簡を送っているようである。これ以後さまざまな国の政府や科学者に文書が送られ、最近になって各国のマスコミや研究者が科学的シミュレーションを発表しています。

・興味深いことにその内容はジュセリーノ氏の予言に非常に近いのである。その一例は次のようにレポートしている。

・最初に発生する津波の高さは、9百メートルであるという。これが大西洋に広がっていくのだ。まず1時間後に、アフリカ大陸西岸を最大百メートルの津波が襲う。3時間後には、スペインの海岸に回り込んで減衰した5メートルの津波が届く。しかし、真正面から大陸に向かった津波は、50~百メートルの高さで南北アメリカ大陸に向かう。
・6時間後に北アメリカ東岸全域に10メートル。南アメリカには15メートル、そして、またイギリスにも5メートルの津波が及ぶという。地形によってはさらに高くなるところもでる。この予測は2004年に科学者によって計算された数値である。

・これらの警告情報をアメリカは宇宙人からのメッセージとしてすでに受け取っていると言っていることである。

________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・日本のテレビにも出演したジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの「夢見の予言」は、神のコンタクティ(接触者)らしく世界中で注目をあびましたが、その内容が 荒唐無稽な点も多く、にわかに信じ難く最近では、マスコミでもとりあげられないようです。

・ブラジルのジュセリーノの予言は、解釈の仕方で色々に評価できるようです。「カナリア諸島の噴火と津波の予測」は、地震学者間でも真面目に議論する人が多く、地震学者の本も数冊出ているそうです。

・たとえば、「水不足が起こる」ということでも、原発事故で日本の水のペットボトルがスパーの店頭からなくなりパニックがおこりました。原発事故は想定津波の高さを低く見積もった、(基準5メートル)とした経済産業省の前代未聞の失政の結果だったそうです。

・「人類の終末」を予言するジュセリーノの夢見の予言はあまりにも 荒唐無稽で当たらなかった予言も多くマスコミでも評価が低下しているようですが、不気味な要素が残っているので不安です?!

・神々とのチャネラー(霊的交流者)やコンタクティ(宇宙人から伝達・接触されたという人)も世界的に増えているそうですので、マスコミが取り上げてくれれば私たち一般人にとって貴重な情報になるようです。)
千年先の未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える。タイム・トラベラーによる情報も増加している!残っているのは現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない?
『未来を透視する』  ジョー・マクモニーグル
ソフトバンク・クリエイティブ    2006年12月26日

<遠い未来の日本>
<千年先の未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える>
・千年先のはるか遠い未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える。今日の日本からは大きく様変わりしているようだ。
・残っているのは、現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない。三つの都市は、まるで水晶かガラスでできているようで、宝石のように日の光を浴びて多種多様な色を帯びている。

・日本は未来の地球でも、すこぶる順調に繁栄しているという感じを強く受ける。現在の私たちが塵に返ったあとも、日本文化は長期にわたって生き永らえていくことだろう。

<ジュール・ヴェルヌの未来透視>
・ヴェルヌはフランスのナントで1828年に生まれ、1905年に亡くなった。小説を書き始めたのは、1863年からで、SFというジャンルの土台を形作った。

・作品の中で、ヴェルヌは、都市や発明品など、先見的な未来描写をふんだんに展開して見せた。あらためて読み返すと、その多くが実現していることに大いに感嘆させられる。

・たとえば、『海底二万里』では、潜水艦、アクアラング、自動小銃、テレビ、宇宙旅行、間接照明、大規模な養魚場、暗視ゴーグル、電子時計、電子調理器、電流による塩水分離、双胴船が語られている。現在ほぼ全ての潜水艦で導入されているロックアウト水密装置室までが描写されている。最近では、遺稿として存在が知られていた『20世紀のパリ』も出版されている。

・その内容は、現在の世界を驚くほど正確に描写している。地下鉄による移動、ガソリンで走る自動車(燃焼エンジンは1889年の発明)、電話とファックスによる通信、計算機とコンピュータ、電子音楽のコンサート、それから「みんな文字は読めるが読書はしない」「ラテン語とギリシャ語は学校で教えられていない」
・「フランス語には好ましくない英語の言葉がたくさん侵食している」「社会はお金に支配されている」「ホームレスが街路をさまよっている」「官僚が運営する警察国家である」「光や広告が街を満たしている」といった社会描写が見られる。電気椅子の発明まで予言しているのである。

・ヴェルヌの作品には、執筆当時の社会の技術水準を凌駕するアイデアがふんだんに盛り込まれている。まるで実際に未来を訪れて見てきたことを書いているようだ。どうしてそんなことが可能だったのだろう。

________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・未来は4次元以上の世界のコンタクトが一般化してくるそうですので、アストラル界、エーテル界の世界の描写が常識化してくることでしょう。死後の世界、幽界や霊界は、4次元以上の世界でエスパー(超能力者)による言及が増えてくるそうです。

・あの小柄な宇宙人グレイですら壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるそうです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の存在も多くの人々の共同幻想ではなく、意識されてくるようになることでしょうか。人間の背後霊や守護霊も異星人が憑依したものかもしれません。
・宇宙人は一般的にタイム・トラベラーであり、宇宙人情報は、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱い、「アバブ・トップシークレット」のため、マスコミも手がでないそうです。

・未来情報や宇宙人情報、(日本に関係する)神々の情報が、向こう百年、公開されないようなので私たち一般人には、無縁の情報、与太話のようです。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですので貴重な情報を失っているようです。また地球人のレベルがあまりにも低すぎるために遠い未来でも宇宙連合に参画できないともいわれていました。

・が、「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうです?神々も市井の人となり普通の生活をしているそうですが、これも私たち一般人には理解不能、識別不能のようです。戦後、米軍に混じっていた異星人が「私たちは2012年にもどってくる」と言っていたようです。
・未来透視もどのようなメカニズムなのか不明です!「今日の日本からは大きく様変わりしているようです。残っているのは、現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない」という個所も私たち一般人には理解不能のようです。
・「日本は未来の地球でも、すこぶる順調に繁栄しているという感じを強く受ける」そうですので、この大震災も乗り越えて、犠牲者も非常に多く出るそうですが未来の多くの国難を乗り越えて、なお明るい未来があるそうです。
・もしかしたらヴェルヌにも遠隔透視の能力があって未来を透視できたのかもしれません。また、異星人とのコンタクティ(宇宙人から伝達・接触されたという人)であったのかもしれません。)
[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:41 | UFO | Comments(0)