日本は津波による大きな被害を受けるだろう 23

地震は毎日14百回程度、発生している。カナリア諸島の大津波の可能性は多くの地震学者が注目しているそうだ!日本(世界有数の地震国)のような国では人々は生まれた時からこの自然現象と共存する術を学び、地震対策の知識も身につけています。スマトラ島沖大地震。インド洋に面する国々の海岸線に襲いかかった津波は25万人以上を死に至らしめたのでした
『マヤ2012 宇宙のニューサイクル』
先端科学とマヤ歴がつかんだ、天変地異と未来予測のすべて
サブリーナ・ムニョス   徳間書店  2011年1月31日

<ガイアは震動するー地震、津波、火山噴火>
・地震は毎日14百回程度、発生しています。とはいえ、イタリアは、アメリカのカリフォルニア州西海岸ほど深刻な状況にあるわけではありません。カリフォルニア州西部と残りの合衆国をほぼ13百キロメートルにわたって分断する「サンアンドレアス断層」は、住民にとってはまさに脅威です。

・事実、1906年4月18日には、未曾有の大地震が発生しました。サンフランシスコの街は壊滅し、無数の死者が出てしまったのです。それ以来、人々は「ザ・ビッグ・ワン」再発の恐怖に常に怯えながら暮らしているのです。特に、現在の人口密度を考え合わせれば、なおさらのことです。
 
・地震は、一部予測可能な火山の噴火とは違い、予測ができません。しかしながら、人口密集で避けるべき危険度の高いエリアというのは十分な精度で判明しています。とはいえ、こうしたエリアの人口密度が高くなってしまっているのが現実です。
・日本(世界有数の地震国)のような国では人々は生まれた時からこの自然現象と共存する術を学び、地震対策の知識も身につけています。ですが、地球という生命体が強烈に震動して犠牲者を出そうと決めたならば人間には何ら打つ手はないのです。海底で岩盤が破壊されると、その影響が更に拡大する場合もあります。

・隕石衝突で発生する津波は、高さ数百メートルの超巨大波になり得ますが、他の原因の場合には、大きくても高さ数十メートルが限度です。とはいえ、この高さでも死者を出すほどの破壊力は十分に備わっています。
・その典型的な例として、挙げられるのが、先ほども触れた、2004年12月26日に発生したスマトラ島沖大地震です。インド洋に面する国々の海岸線に襲いかかった津波は、25万人以上を死に至らしめたのでした。

・同じような状況にあるのが、ハワイ島の海底です。そこでは、約70の巨大な海底岩屑なだれが確認されていて、その堆積物量は1千立方キロメートル以上にも上るのです。もし不安定な状態にあるこの岩屑が崩壊するようなことになれば、太平洋沿岸に散在する街が全て呑み込まれるほどの超巨大津波が発生することになります。
・とはいっても、こんなものは、地球の他の地域に起こりかねない災害に比べれば微々たるものです。カナリア諸島。ラ・パルマ島には数百立法キロメートルの巨大岩塊が、ケンプレビエハ火山の西斜面に不安定な形が残されています。

・これが崩壊すれば(崩壊することは確かですが、いつそうなるのかは分かりません)、大西洋沿岸は巨大津波に襲われることになります。一部の研究者は山が崩壊し岩屑が海に流れこんでから、僅か2分後には、高さ9百メートルにも及ぶ「水の壁」が聳え立つと算定しています。また、その後45分間で波の高さは百メートルにまでに低くなりカナリア諸島沿岸に大打撃を与えるとのことです。

・そして、この殺人津波は制御不能に陥った列車のように、アメリカ大陸に向けて突き進んでいきます。噴火から数時間を経て、高さ数十メートルの津波が沿岸部に襲来することになります。
・大西洋沿岸の街は壊滅状態に陥り、海岸線の地形は大きく様変わりすることでしょう。もちろんのこと甚大な被害と数多くの犠牲者が出ることになってしまいます。

<地震と津波は同じコインの裏表なのです>
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・北日本大震災によって、地震学に無知な私たち一般人はショックを受けました。が、各大学の地震研究所の学者たちが、もっとしっかりといわゆる仕事をしておれば、被害の程度はかなり違ったものになったであろうとのことです。
・日本における地震研究所と地震学者の数を考えると何とかならなかったのか、被害をもっと少なくできなかったのかと思えて残念です。

・津波の想定を半分に見積もったために引き起こされた原発事故も、土木学会に博学の人材がいなかったということでしょうか!?
・10メートルの大津波が何度も来ていたのに、エリート官僚や選良たちが、原発の想定津波高を5メートルに決めて、10メートルの防潮堤を作るという世紀の大失政をして前代未聞の国家危機を招いてしまったそうです!?地震対策は全国的に関東大震災を基準にして、その2倍、3倍程度の強度だそうなのですが!?
・世界中に自然災害、大地震や大津波のリスクは無数にあるそうですが、「天災は忘れたころにやってくる」そうです。「大都市における地震はいつ起きても不思議ではない」という不気味な悲しい一般常識になったようです。ちなみにカナリア諸島、ラ・パルマ島に起因する大津波を懸念する地震学者は少なくないそうです。
・世界中の災害に関してもジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースやジョー・マクモニーグルの預言は、詳しく本に出ていますが、世界中の大災害が世界経済に与える打撃を考えると日本の大災害の予測だけにこだわることはできないようです。
・「地震兵器」「気象兵器」等の 誰もが荒唐無稽な話と思うようなことも出版されていますが、100年前の人々にパソコンなどの現代の文明の利器を説明しても全く分からないように、その時代の人々の常識とあまりにもかけ離れたことは、封印されてタブーとされるようなのです。「そんな馬鹿な荒唐無稽な話、誰が信じるのか」と言った類の話。
・「宇宙人情報は米軍に始まって米軍で終わる」といわれますが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱い、「アバブ・トップシークレット」のため、マスコミも国策に協力していますし、オバマ大統領も宇宙人の存在についても知らされていないそうなのです!?米軍は宇宙連合とコンタクトして異星航路に向かっていることでしょう。
・宇宙人情報をリークした米海軍の情報将校も脱税事件に絡まった警官隊との銃撃戦で射殺されたそうですが、「宇宙人情報は金にならないだけでなく、命も狙われる」そうです!?「アバブ・トップシークレット」の怖さです。昔の空飛ぶ円盤の時代では宇宙人やコンタクティが謎の組織により命を狙われたこともあったようで、安全確保の観点から、何も知らさない手法がとられたようです。
・普通の公務員は守秘義務と罰金や禁固刑などで沈黙を守るそうです。だがバイオロボットともいわれている小柄な宇宙人グレイの存在はハリウッド映画などにより、世界中の現代人の常識になりました!?)
[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:43 | UFO | Comments(0)