日本は津波による大きな被害を受けるだろう 25

私が勧めるベスト・シナリオ。復興費用に政府は貨幣を自らの手で発行せよ!政府が貨幣発行権を発動したときの経済効果は、日銀の直接引き受けとほぼ同じです。一つ違うのは財政赤字になりませんから、健全と言われる3%程度のインフレになるまではいくら発行しても大丈夫です
『原発大震災の超ヤバイ話』知らない方が幸せかもしれない
阿部芳裕  ヒカルランド      2011/7/12

<私が勧めるベスト・シナリオー政府は貨幣を自らの手で発行せよ!>
・最後に、まったく検討されていませんが、ベストのシナリオとして私がお勧めするのが、政府の貨幣発行権を発動することです。

・日銀券は、日本銀行が持っている国債などの資産の分だけ発行できることになっています。ですから、国債は日本国政府の借用証書ということになります。当たり前ですが。

・日本銀行は「銀行の銀行」という役割を持ち、日銀の発行する銀行券を市中銀行が借り受け、融資を通して世の中に流通させます。銀行は融資において“無”からお金をつくり出しているのです。この融資によってつくり出された預金通貨はすべて借金が元になっています。さて、政府には貨幣発行権があります。何も銀行からお金を借りる必要はありません。
・政府が必要なら、必要なだけお金を作れば良いのです。実際、硬貨は政府が作っています。硬貨は作れば作っただけ経費を差し引いて政府の一般会計の歳入の部に入ります。借金にはなりません。そして、何も10円、50円、100円、500円だけしか作ってはいけないわけではありません。

・いくらでも必要な額のお金を作れば良いのです。たとえば、100兆円必要があったら、100兆円札を一枚作って、それを日銀の政府口座に入金します。そうすれば、政府の口座に100兆円のお金が記載されます。政府は必要なときに必要なだけ現金を引き出しても良いし、振込先を指定して送金することもできます。

<貨幣発行権を持つ政府がわざわざ銀行からお金を借りることは馬鹿げています>
・これは単に歴史的な経緯で、銀行家にとって都合の良い通貨制度ができあがってしまっているだけで、本当に馬鹿げたことを全世界で習慣的に行っているのです。
・政府が貨幣発行権を発動したときの経済効果は、日銀の直接引き受けとほぼ同じです。一つ違うのは財政赤字になりませんから、健全と言われる3%程度のインフレになるまではいくら発行しても大丈夫です。むしろ発行すればするほど景気が良くなり財政赤字は解消されます。
・ですから、復興費用だけではなく、被災者への補償や再生可能エネルギーや新エネルギーへの転換、送電網の整備などに、どんどんお金を発行するべきです。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・「ベイシック・インカム」とか「政府の貨幣発行権の発動」とかエコノミストや経済学者たちが様々な提案を行っているそうです。政府筋のエコノミストの経済政策はオーソドックスでは革新的なことはできないそうです。

・50年前の経済学理論と今のそれを比較しても人類の格段の進化がわかります。「職業を研究している天使」もいるといわれますが、「経済を研究している天使」もいることでしょうか。エイリアンの超テクノロジーだけが注目されているようですが、エイリアンの「超経済学」もあることでしょう。
・エイリアンの世界は、高次元な世界程、貨幣が必要でなくなるほど進化しているようです。しかし、レベルの低い地球人に対しては「マネジメント万能至上主義の精神的資本主義」を提唱しているのかもしれません。競争至上万能主義、ビジネス至上万能主義のアメリカ型資本主義の根本理念は、資本蓄積の違う日本型資本主義に適用するには無理があるようです。

・地球の人類と進化段階が同じ程度の異星も非常に多くあるそうで、「宇宙連合」とのコンタクトによる膨大な情報が必要となりましょう。宇宙人は地球語と宇宙語のネイティブ・スピーカー、コンプリート・バイリンガルが多いそうです。
・またテレパシーを使うことが多く言葉の問題も解決しているようです。宇宙語も種類が多いようです。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象ですので、日本はUFO後進国ですから、メイジャーなこととマイナーなことが逆になっているように思えます。
・「大衆は3S(スクリーン、スポーツ、セックス)の大衆娯楽で政治を忘れさせよ」というシオンの議定書がありますが、大衆がベイシック・インカムを政府に要求する日はいつのことになるのでしょうか。

・政府の貨幣発行権の発動は、「禁じ手」、「最後の手段」だそうですが、「政府の貨幣発行権が常識化」することがいつかは断定できませんが世界で常識化するときがきましょう。
・もちろん「弱い経済の国」では、貨幣を異常に多く発行するとアフリカの某国のように凄まじいインフレになるそうですが。ヨーロッパのユーロの通貨危機とかの話がありますが、ユーロ通貨を以前の状態に戻す動きも出てくるでしょうか。
・以前には「イタリアのリラは比較的弱い通貨だったがユーロはドルに匹敵する強い通貨であるためユーロ高傾向にあり、輸出や観光に依存しているイタリア経済界からはリラに戻そうと言う声も出た」そうです。「政府の貨幣発行権の発動」の話は経済学と無縁な私たち一般人にも分かりやすい話のように思われます。

・「米国のドルの発行高と円の発行高を数量比較すると、1ドル=50円が相当」という説・議論もあり、学者や実務家・金融家の議論が、かまびすしいそうです。)
[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:45 | UFO | Comments(0)