日本は津波による大きな被害を受けるだろう 26

「2008年9月13日に中国で地震が起き、30メートル以上の津波が海岸を直撃します。震源地は、南寧と海南島です」?2003年に日本で新たな地震が起きさらにひどい地震が2005年と2009年に発生し、死者は50万人以上となる。場所は大阪市や川崎市です
『未来からの警告』(ジョセリーノ予言集1)
(マリオ・エンジオ)(たま出版)2007/4/10

<予知夢を見るブラジルの霊能者ジョセリーノの予言>

・「事件11」 中国、日本の大地震と南米の強風被害(1990年予知―2001年~2008年発生)

・私は長い間、世界の出来事をあらかじめ夢で見てきましたので、その重要な事柄をここにお伝えいたします。

・「アジアで大きな地震が発生し、10メートルの津波によって7つの国が被害を受けます」これは、2004年12月に起きたスマトラ沖大地震とそれによる津波であると思われる。

・「第4項」は、アジアで起きる近未来の災害である。「2008年9月13日に中国で地震が起き、30メートル以上の津波が海岸を直撃します。震源地は、南寧と海南島です。これによる死者は、百万人以上に上ります。地震の前に小さな地震が頻発し、国家と国民を不安にします」これは北京オリンピック閉幕の直後ということになる。この詳細については、別にブラジルの中国大使館に手紙を出している。

・「第5項」は、日本を特定している。「2007年もしくは2008年の7月13日に、日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われます」

・「事件21」 米国テロ再発、アジア、日本の地震、小惑星の衝突ほか(2001年予知→2025年までに発生)

・2003年に日本で新たな地震が起きさらにひどい地震が2005年と2009年に発生し、死者は、50万人以上となる。場所は大阪市や川崎市です。(「監修者注―この一文は2010年までの日本の主要な地震を列記している。
・まず、2003年として川崎市で、2005年に、さらに2009年に多数の犠牲者を出す地震が大阪市で起きるということが他の文書から分かる。日本で起きる巨大地震については、これ以外の年に関する文書がある。
「事件25」 新潟県・中越地震、北朝鮮の核、ほか(2003年予知→2004年発生)

・「第18項」―2004年から2005年に大きな地震が日本に衝撃を与え、死者は数千人にのぼる歴史的な災害となります。この時期に日本で起きた地震では、2004年10月24日の新潟県中越地震がある。

「第22項」は、北朝鮮問題で、この国がアメリカに対して挑発的行動に出るというもので、これはすでに核開発から原爆の所持を匂わせている。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・神々と何らかのコンタクトを持つチャネラー(霊的交流者)、予知夢を見る霊視者の予言は、昔から確度が高く、無視できないものがあるようです!?
・この太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるグレート・マスターやマスター(長老)クラス以上のものが人間の姿を装い人間とコンタクトすることがありましょうか。

・ブラジルのジョセリーノの予言は、有名で、具体的で日時が正確で、膨大な量の予言は、ノストラダムスの予言をはるかに超えているのではないかともいわれています。が、突飛で荒唐無稽な予言も少なくなく、解釈・整理が必要なようです!?

・「2008年の7月13日に、日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われます」!?高次元の存在からの予知夢だそうですが!?日本の場合は多くの識者が「大地震の到来」を予想しており、対策を十分にする必要があると言われています。
・この度の東日本大震災で全ての楽観的な観測・希望は吹き飛びました。なお最近のジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの書籍は日本では出版されていないようです。マスコミがフォローしなければ私たち一般人には何も分からないようです。)
アメリカ大統領選の予言など多岐にわたるジュセリーノの予言の確度とは!およそ1年もかかるこの選挙において誰が大統領になるのかは、まったく予断を許さない。夏の全国党大会で過半数に達する候補がいない場合、予備選挙における拘束がなくなり新しい候補者が指名されることがあるという。ここで思いかけない人物が登場する可能性を指摘する専門家もいる?
『続 未来からの警告』(ジョセリーノ予言集2)(たま出版)
(ジョセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース、サンドラ・マイア) 2008/4/5

<2008年のアメリカ大統領選挙でアル・ゴア氏が勝利すること>
・「文書4」 アル・ゴア氏からのメール(2007年10月12日)とジョセリーノ氏の返信予言(2007年10月18日)

予知内容―(2008年のアメリカ大統領選挙でアル・ゴア氏が勝利すること)

「拝復 アル・ゴア様   2007年10月18日
今、あなたには大統領選に勝利するチャンスが訪れたのです。あなたがそのチャンスを見分ける前に、私は、その予知をお教えしましょう。その可能性を実現する確率は90%であると、私は、思っています。
            ジョセリーノ・ノーブレガ・ダールス」

・この返信のオリジナル・メッセージがアル・ゴア氏に送られた2時間後に弊社にも、掲載したメール文書が届けられた。

・この時点では、まだゴア氏は大統領選出馬の意思表示はしておらず、ニュースにでているのは民主党ではヒラリー・クリントン上院議員やオバマ上院議員、共和党ではマケイン上院議員といった名前である。

・およそ1年もかかるこの選挙において、誰が大統領になるのかは、まったく予断を許さない。夏の全国党大会で、過半数に達する候補がいない場合、予備選挙における拘束がなくなり、新しい候補者が指名されることがあるという。ここで思いかけない人物が登場する可能性を指摘する専門家もいる。

・2008年1月に2度目の来日の際に、この予知内容を聞くことができた。それは以下のようなものであった。「ゴア氏は今立候補すると、ノーベル賞を政治に利用することになるので、できませんが、いずれ多くの人が彼を推挙することになります。そこで彼が立つならば、高い確率で当選を果たすことになるのです」とのことだった。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・これは「もしアル・ゴア氏が立候補すれば」という仮定の話なのでしょうか!?ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースも日本のテレビなどへの出演など、過度にメディアに登場すると、当たる確率も当然低下するようです。
・この種のエスパー(超能力者)は、日本の有識者もまともに取り上げる学者もいないようです。UFOなどのようにタブーとされているものには、まともな学者と考えられている人たちは、なぜか近づかないそうです。「タブーに触れると学者生命が絶たれる」という与太話もあるそうですが。

・予知は、時、場所、出来事において完全に100%というわけにはいかず、通常考えられないような予知だと誰も信じられなくなるのでしょうか!?

・ブラジルの霊能者ジョセリーノの予言は、90%の確率の予知夢ということで、確度が高いので注目されているという話でした。が、その後の検証の結果、かなり当たる確率が低下しているように思えます。公表されているのは全体の0.2%しかないという話のようです。)
[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:46 | UFO | Comments(0)