日本は津波による大きな被害を受けるだろう 27

「第二の関東大震災」の予知夢を見るジョセリーノの予言の内容は不気味だそうだ!関東では、2010年が問題で、この年は5月のマグニチュード7.7と、9月にマグニチュード8.4というのがあり特に9月は「第二の関東大震災」といわれる規模になると考えられる?
『続 未来からの警告』 (ジョセリーノ予言集2)(たま出版)
(ジョセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース、サンドラ・マイア) 2008/4/5

<東海地方で起こる地震>
・私としては2018年に東海地方で起こる地震が心配です。なぜならそれはマグニチュード10(もしくはそれ以上・・・)に達するからです。

<日本で起きる地震>
・まず気になるのは日本で起きる地震の予知である。これは主として関東、中部、大阪に分かれている。
・関東では、2010年が問題で、この年は5月のマグニチュード7.7と、9月にマグニチュード8.4というのがあり、特に9月は「第二の関東大震災」といわれる規模になると考えられる。

・また中部地区で起きる地震は、いわゆる東海地震、あるいは東南海地震になるわけだが。2008年9月13日(名古屋ならマグニチュード8.6、中国ならマグニチュード9.1)がまず注意すべきタイミングであろう。その次が2018年のマグニチュード10.6があり、これは大きい。
・関西地区では2009年1月のマグニチュード8.2と2012年にマグニチュード8.9という大きい地震が予知されている。

「文書31」 世界の宗教者あてに「ファティマの聖母のメッセージ」(2003年11月2日)

・人類は絶滅のふちに置かれているという警告にあなたは、声をあげなければならない。人類を滅亡に追い詰める災難の種は、人の手によって植え付けられた。そしてそのひとつが自然破壊である。マヤ暦の終わり(2012年)に巨大な破壊の雲が生まれる。それでも暴力は無知な人の心をまだ支配する。
・これからの年々に、巨大な環境破壊による変動が起きる。まず地球温暖化で水が大地にとどまることができず、不足し、そして海が多くの大陸を奪い、かくして新しい疫病が生まれる。

・注意せよ。聞きなさい。なぜなら地球はマヤ暦の終わりから31年以上は生き残れないからだ。人の政府は、善意の下で、懇願する住民の真の求めを満たすことをしない。

<予知が起きても誰も証言しない>
・これまで、ジョセリーノ氏が、発信してきた文書は、2008年に入ってトータルで8万9千件を超えたと言われている。発表されているのは、単純に計算して0.2%である。あとは、公表されていない。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・「マヤ暦の終わり(2012年)の後に何か“大変なこと”が起こる」という理論は最近の精神世界・オカルト界では流行している話だそうです!?人間が考える予言にしてはあまりにも詳細で、世界的な事柄で、異次元の高等知性体か神のような者の存在が窺われるそうです。

・この度の東日本大震災で全ての楽観的な観測・希望はなくなり、地震学者間でも厳しい悲観的な予測が幅を利かしています。

・識者の誰もが「日本では大地震はいつでも起こりうる」、「大地震“第二の関東大震災”の到来」を予想している日本では、行政的に対応手段がうたれているようですが、もちろん十分なものではありません!?

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの地震の預言は多いようですが、津波の預言もあるようです。ちなみに、地震と津波はコインの両面のようで、当たる確率だけを問題にする必要はないようです。

・米国のCIA(中央情報局)やFBI(連邦検察局)などでは超能力者や霊能力者を採用し困難な事件の解決を図っています。ジョセリーノ氏も米国政府から声がかかったそうですが、米国行きを断ったそうです。諜報機関はフリーメーソンの研究から始めるそうです。

・「神は最初のフリーメーソンだ」そうですので、大災害の未来予知について諜報機関は当然つかんでおく必要がありましょう。大震災や大災害の未来予知につても諜報機関は知っておく必要があるそうです。)

・ジョセリーノの不気味な予言は以下の本で分かります。
『未来からの警告』(たま出版)、
『続 未来からの警告』たま出版)、
『ジョセリーノ未来予知ノート』(ソフトバンククリエイティブ)、
『ジョセリーノの予言』(テレビ東京))

[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:47 | UFO | Comments(0)