日本は津波による大きな被害を受けるだろう 32

ジュセリーノに未来を伝える「助言者」の正体とは異次元の高等知性体なのでしょうか!ちなみにブラジルの予言者ジュセリーノは目が覚めているときも、ときどき耳に手をあてて何かを聞いている仕草をするときがあるという。これは「助言者」たちが、夢以外のところでもジュセリーノに何らかのメッセージを送っているためのようだ?

(雑誌『ムー』2008年2月号)
<「神」とつながる聖なる回路!?「助言者」が知らせる未来図!>
・ちなみにブラジルの予言者ジュセリーノは目が覚めているときも、ときどき耳に手をあてて何かを聞いている仕草をするときがあるという。これは「助言者」たちが、夢以外のところでもジュセリーノに何らかのメッセージを送っているためのようだ。

<助言者=異星人説>
・ジュセリーノはおびただしい予言を行っていますが、その予言の規模、スケールの大きさを見ていると、単なる守護霊的な存在が言わせているだけとは思えません。
・ジュセリーノの口を通して、彼らが最終的に何をいいたいのか?そのことを考えると、私(韮澤氏)は地球外の知的生命体による関与があるのかなと考えてしまいます。
・地球外の知的生命体といっても、なにも肉体を持った異星人というわけではありません。どのような形態をしているのかは、想像もつきませんが、地球を含めた宇宙をコントロールしている存在といえばいいでしょうか。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・目に見えない異次元と存在とコンタクトするチャネラー(霊的交流者)により、時空を超えた情報がもたらされることがあるそうです!?
・異星人=神々や天使と考える人が増えてきていますので、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のような天使的な宇宙人が、人間にチャネリングしたりコンタクトしたりしているのかもしれません。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうです。
・神々も市井の人となり普通の生活をしているという話もあるそうです。しかし、その超能力を示さなければ誰にも分からないようです。また「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、私たち一般人には理解不能、認識不能の世界のようです。)
ブラジル本国ではジュセリーノの予言は国民的な注目を集めている。そんな彼が世間に広く知られるようになったのは、つい10年ほど前からである。ブラジル国内のテレビ局をはじめ、さまざまな媒体に顔をだすようになり予言のメッセージが特集された雑誌なども売られるようになったのだ。日曜日を除いて毎日、予知夢を見るブラジルの予言者ジュセリーノ
(雑誌『ムー』2008年2月号)
<日曜日を除いて毎日、予知夢を見るブラジルの予言者ジュセリーノ>
・ジュセリーノは、通常は朝早く起きると、目を覚ますためにシャワーを浴び、予知夢の下書きをする。手紙を送る相手の身元を確認して、タイプライターで要点項目を、だいたい2枚以内で書き上げる。そして、そのメッセージを投函するために、公証役場や郵便局へ出向いて行くのである。

・そんな彼が世間に広く知られるようになったのは、つい10年ほど前からである。ブラジル国内のテレビ局をはじめ、さまざまな媒体に顔をだすようになり、予言のメッセージが特集された雑誌なども売られるようになったのだ。
・こうして今では、ブラジル本国では、彼の予言をメディアがこぞって取り上げるようになり、国民的な注目を集めているのである。

・そのなかでジュセリーノは「2007年あるいは2008年の7月13日に日本で地震が発生」と明記しているのだ。彼はその日、日本は巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われると予言していたのである。
・そして、新潟中越沖地震が発生したのは、2007年7月16日のことだった。マグニチュード6.8の規模で、幸いにも死者こそ11名だったが、重軽傷者は2000名にも及んだ。この地震とジュセリーノの予言には3日ほどの誤差があるが、彼が日本で起こる巨大地震を予言していたことは間違いないだろう。

<警告を受け入れれば未来は変えられる!>
・ところで、警告文を公表すれば、事件が回避される可能性が高くなることはすでに述べた。しかし、それだからこそ、「事件予知の公表は難しいのだ」と韮澤氏は説明する。
・「予言を聞いて行動を変えてしまうと、事件を回避できるため、やはりイタズラだったのか、ということになってしまうからです。大きな出来事の場合など、風評被害と言われ、訴訟すら起こされかねません。
・そもそも事件の発生をあらかじめ伝えられていても、どのような対策を取ればいいのか、当事者は、当惑してしまうでしょう。だから事前に未来の警告を発することは、かなり難しいことなのです」

・また実際のところ、ジュセリーノがブラジル国内である殺人事件の予言を行ったところ、その事件が本当に発生してしまったため、共犯の疑いをかけられてしまったこともありました。それでもジュセリーノはメッセージを送り続け、事件の回避のために尽力しているのです。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・ジュセリーノは、今後も公証役場や郵便局で証明をとりながらメッセージを送り続けるでしょう。天使というよりも神のような存在とのコンタクト話でしょう。人は誰でも夢の中で異次元に入れるそうです。また、「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。

・また、事件予知の公表は種々の理由から難しいそうですが、数万件にも及ぶ予知夢による予言も公開されていくものと思われます。ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの現在は報道されていないようです。

・ジュセリーノを指導する「助言者」は、時空を超えたアストラル界やエーテル界の存在で、天使などの高等知性体なのかもしれません。
・異次元との知性体とのチャネラー(霊的交流者)は、世界中で増えているそうですが、マスコミにのる人々は少ないようです。)
ブラジルの予言者ジュセリーノの警告を知って、あらかじめ危険を回避すれば未来は変えられる!ジュセリーノによれば予知情報は夢の中で「助言者」たちによって与えられる。「助言者」たちが彼に「声で指導する」のである。声の調子がいつも同じなので「助言者」だと認識することができるのだという? 
雑誌『ムー』2008年2月号
<「ジュセリーノの大予言」驚異の的中率を誇るブラジルの予知能力者>
・ジュセリーノによれば“予言は生き物”であり、彼の警告を知ってあらかじめ危険を回避すれば、未来は変わるものなのである。

・スマトラ沖で発生した地震では、大津波が甚大な被害を及ぼすことになった。残念ながらこうした自然災害の場合、災害そのものを防ぐ手立てはないのだ。

・「あなたの学校で、スンヒという名の韓国人が、32人を殺害し、自分の犯行を説明するビデオをマスコミに送ります。その事件は、2007年4月16日に起こります」(バージニア工科大学の銃乱射事件の予言)なんと!驚いたことにジュセリーノは「スンヒ」という名前まで具体的にあげて、事件の発生を警告していたのだ。
・事件の8年前も前に書かれたこの手紙は、確実に大学に郵送されたはずだが、事件を回避することはできなかったようだ。

・ジュセリーノによれば、予知情報は、夢の中で「助言者」たちによって与えられる。「助言者」たちが、彼に「声で指導する」のである。声の調子がいつも同じなので、「助言者」だと認識することができるのだという。
________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
(・ジュセリーノのいう「助言者」は、神の領域に住むものでしょうか!?助言者=異星人説もあるそうです?!異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうです。そこで、未来のビジョンも異星人には知覚できるようです。
・「未知の上位者」でないと人間を意識の変性状態にして未来の出来事を見せることはできないでしょう。人間にビジョンを見せて未来を預言する例は、過去にもあったようです。
・「メディアの報道では預言が当たった当たった」ということに終始するようで、当たる確率が低くなると誰も関心を示さなくなるようです。)
[PR]
by karasusan | 2013-04-24 11:54 | UFO | Comments(0)