ウォーク・イン(憑依)とかワンダラー(転生)が増えています。

米国では、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)が増えています。
ウォーク・インとは、異星人が人間に憑依して、完全に人格転換が起こる現象のことです。だからウォーク・イン現象が起こると別人になるということです。「あの人は人が変わった」という現象のことだそうです。ゲイの現象がウォーク・インの現象の一種だと言えましょう。ゲイは、「気持ち悪い」ということで、社会から迫害をうけますが、ウォーク・インの一種であることの認識は一般化しておりません。人間は、「記憶喪失の宇宙人」という説もあるくらいです。また、シリウス異星人は、自由にウォーク・インやワンダラーといって、人間に「転生」してくることもできるようです。前世を覚えている人は、少ないですが、自由に転生の選択のできるシリウス異星人は、神に近い天使といえましょう。「人間を思念で造った」といわれているシリウス異星人は、昔から地球を「殖民星」としていると言われています。シリウス人の地球支配が、ウォーク・インやワンダラーの形で行なわれ、非常に巧妙なために頻繁に戦争が起こったと言われております。米国でウォーク・インやワンダラーが増えている現象は、日本でも起きているということでしょう。ただ、そのような人たちは、記憶喪失しているのでしょう。
シリウス異星人も「光の天使と」と「暗黒の悪魔」の二派に分かれ、対立抗争をしているようです。SF映画のテーマのようですね。映画「スターウォーズ」の新作ができたので楽しみです。




************************************************************

・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ
「神の国か?」「人類の源郷か?」「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「アガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・・」
URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/

UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:39 | UFO | Comments(0)