空中都市は、古代のサンスクリット文献にも登場

空中都市は、インドの叙事詩「マハーバーラタ」にも出ており、アガルタのシャンバラが都市型の超巨大宇宙船であるのと符合します。

それによると、魔神族が鉄と銀と金で造られた3つの空中都市を持っていたとされています。宇宙船をヴィマーナと呼んでいた。また、サブハー(空中都市)だけではなく、海中都市もあったといわれています。また、ヒランヤブラ(黄金の都)と呼ばれた巨大な宇宙ステーションもあったそうです。その巨大さは、内部に宇宙船ヴィマーナを数千機も搭載できるほどだったようです。内部には、8千人も収容できる空を自由に移動できる巨大な乗り物の報告もありました。インドラのサブハー(空中宮殿)は、全長1200キロもあったといわれ、最近では、土星の輪の中に同様な物体の報告もあるようです。

プレアデス星人に関する報告では、直径100キロメートルの母船の情報もあり、ハリウッド映画「インデペンデンス・ディ」の巨大な宇宙船を思わせます。映画「未知との遭遇」以来、映画の中の母船が、巨大化するようです。映画スターウォ-ズの中でも種々の母船が出てきてマニアの関心を引いているようです。ただ単に「都市型の巨大宇宙船」が、宇宙に浮かんでばかりいるのではなく、自ら飛行でき、エーテル界という異次元に突入できることは驚異でしょう。

************************************************************

・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/



UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:48 | UFO | Comments(0)