私は議員時代から大幅に移民を迎え入れる体制を法律的にも整備すべきだといってきたが、仲間内での反応は極めて乏しい、というより顰蹙さえ買ったものだった。

 

 

『平和の毒、日本よ』

石原慎太郎   産経新聞出版   2012/7/30

 

 

<新しい移民法を>

・日本の人口の減少は大分以前からしられていたことなのに、現在この事態になっても移民政策について根本的な議論が見られぬというのはおかしい、というより政治家たちの時代認識の欠如、危機感の欠如というよりない。

 

・私は議員時代から大幅に移民を迎え入れる体制を法律的にも整備すべきだといってきたが、仲間内での反応は極めて乏しい、というより顰蹙さえ買ったものだった。反対論の根拠は、日本は日本人と言う単一民族で形成されている国家であって、そこへ多くの異民族を迎え入れると国家社会のアイデンティティを損なうことになると。

 

・しかし、日本の国民が単一民族から成っているなどというのは基本的に間違った歴史認識で、我々の民族的ルーツは実は東西南北あちこちにあるのだ。

 

・アメリカは一時合「衆」国とも呼称されたが、日本はまさにアメリカをしのいで古い合衆国なのだ。特に徳川時代の長きに及ぶ鎖国の結果、限られた国民の間で徹底した混血が行われ、大脳生理学が証す通り、異民族間の混血による大脳生理としての独特の酵素の活発な働きで優秀な人材が輩出し、「元禄」に象徴される文化の成熟をみた。

 

<間近な周囲の、かっての民族的ルーツの国々から大幅に新しい日本人要員を迎え入れるべき>

・EUはすでに同じ試みを展開し成功の道をたどっている。民族的に歴然と異なるトルコ人移民との摩擦に悩むドイツのような例もあるが、かっての共産圏東ヨーロッパからの移民に関しては、一時的な労働力の偏在現象もありはしたが結果として地ならしされ東西ヨーロッパの新しい成熟の基盤が出来つつある。

 

・そうした民族交流の文明原理を踏まえれば、日本が新しい移民法によってアジアの近隣諸国に大きく門戸を開くことでアジアの発展成熟に拍車をかけることになるにも違いない。著しい人口減少によってさまざまな問題を抱える日本の国家社会にとって、かっての民族的ルーツであった国々から、新たな同胞を迎え入れることで我々が失うものはありはしまい。

 それに比べて、現行のかたくなな閉鎖主義を維持することで、我々が現に何を失いつつあるかを考え直したらいい。

 

・入国管理の杜撰さは新しい社会混乱を育みつつあるが、実はその根底には日本独自の奇妙な閉鎖性がある。ならば法律的に大幅な門戸解放を行い、その施行には厳密な審査を行う方が結果として優秀な新しい同胞の獲得造成に繋がるのではなかろうか。

 

・人材に対して国を開くといった姿勢なくして、一体我々は我々だけでこの国をこのまま維持発展させることができるのだろうかということを、そろそろ本気で考える時と思われる。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・移民の問題は政党間でもよく議論されており、おおむね認める方向の議論もあるようです。移民が国家発展の原動力だといえるのは、「移民の国」アメリカのみのようです。ヨーロッパ諸国でも近年、移民を大幅に入れたようですが、移民に伴う社会的なトラブルや問題が大きな社会問題となっているようです。

 

・ヨーロッパは比較的昔から民族的な交わりと言う点では土地続きのために自然とあったようですが、ソ連邦解体に伴い東ヨーロッパでは民族紛争が激化して多くの国が経済基盤の脆弱なままに増えてきました。そしてドイツやフランスなどの「経済の強い国への移民」しか解決策がないというのです。

 

・移民問題はただ単に労働力を入れるという問題ではなく、国際結婚と言う民族的な混血を進めるということになります。移民はアジア系に限るということはできないでしょう。文化摩擦もひどくなりましょう。つまり顔かたちや皮膚の色が多種多様になり、アメリカ人のアイデンティティのように「星条旗に忠誠を誓う」という事と同じように無形なものにアイデンティティを持つことになります。また日本の経済力が「移民を受け入れるほど」豊かで強力ではなくなるという劣化論も有力です。

 

・「日本は移民を入れるほど豊かでもなく土地もない」と言う見解が有力ですが、日本の過去の移民政策も失敗だったという事になります。「金持ち国に移民を送り、貧乏国に移民を送るな」といわれますが、戦前からの移民政策は経済と通貨の弱い国に移民を送り、移民に大変苦労をさせたそうです。

 

・移民を認めなくても現在でも「職業を求めて」世界中から労働者が集まってきているようです。田舎の街中でもよく隣に外国人と出会います。移民を認めなくても将来は1000万人くらいの海外労働者が入ってくるという説もあるそうです。移民を入れたところで、少子化の人口問題は悪化するし、なお一層経済力そのものも弱くなるというネガティブな説もあります。

 

・「強い経済力の日本」が昔の話になることもあります。外国人労働者や移民に「職と土地」を提供できない「本来移民を出す国」では、より一層の混乱となるのではないのでしょうか。世界中の国のほとんどは経済力が弱くて、大量の失業者がおり、「移民を出したい国」がほとんどのようです。

 

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使的宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

 


[PR]
by karasusan | 2014-02-03 16:44 | UFO | Comments(0)