もっともグレイは我々が遺伝子工学、バイオ化学、宇宙科学を駆使して造ったロボットでしたが今では宇宙や特定の星の調査などさまざまな分野で活躍しています。

『浦島太郎の日本史』

三舟隆之     吉川弘文館    2009/11

<『日本書紀』の浦島説話>

<「浦島太郎」の原型>

・われわれが知っている浦島太郎の物語は、室町時代に流行した庶民文芸の『御伽草子』『謡曲』などによって一般に知られるようになった。しかし浦島物語の原型は、実は古代の浦島説話に遡ることが出来る。『御伽草子』の「浦島太郎」の源流は、平安時代に成立した『浦島子伝』や『続浦島子伝記』などに求めることができるが、作者不詳でありその成立年代を類推するのは難しい。

 

・しかし『浦島子伝』の内容から見て、基本的なストーリーは奈良時代の『丹後国風土記』逸文と大差なく、「浦島太郎」の物語のベースとなった浦島説話は、日本では8世紀段階までさかのぼることができるのである。

 奈良時代の浦島説話は『丹後国風土記』逸文ばかりでなく、『日本書紀』『万葉集』にも見ることができる。この中でもっとも最古の文献は、『日本書紀』である。

<『日本書紀』の浦島説話>

・『日本書紀』雄略天皇22年(4787月条には、丹波国余社郡の管川の人、瑞江浦島子、舟に乗りて釣す。遂に大亀を得たり。便に女に化為る。是に、浦島子、感りて婦にす。相逐ひて海に入る。蓬莱山に到りて、仙衆を歴り観る。語は別巻に在り。

とあり、簡潔に浦島子の説話が記されている。「瑞江浦島子」がどのような人物であったかは明らかではないが、説話の舞台は丹後国余社郡の筒川(現京都府与謝郡伊根町筒川に比定)であるとされている。丹後半島の東側の先端に近いところで、現在も筒川という川が流れていて浦島太郎を祀る浦嶋神社(宇良神社)がある。

 

・説話の内容は、主人公の浦島子が亀に化した女性と結婚して、蓬莱山(常世国)に行ったことが述べられている。ただ、蓬莱山では神仙にめぐり会うということのみ記せられ、浦島子のその後については触れておらず、詳しくは「別巻」を参照せよ、と記しているだけである。この「別巻」については、『丹後国風土記』逸文や「伊予部馬養連記」を指すという説などがあるが、よくわからない。

<神仙思想との関係>

・亀は『延喜式』によれば祥瑞の中でも最高位であり、神の化身であるとされている。また長生の秘訣を知る動物であることが『抱朴子』に見える。しかし亀が女性に化すという説話は、浦島説話以外には古代日本では見当たらない。亀が女性に化す例は、中国の魏晋南北朝の志怪小説の『捜神記』や『志怪』などに見られる。亀との異類婚姻譚が日本の他の説話にはほとんど見られないことから、亀が登場することはむしろ大陸的といえる。

 

・蓬莱山とは、中国の遥か東方海上に存在すると言われる蓬莱・方丈・瀛州の三神山中で最も名高い仙境で、そこには仙人が住み不老不死の妙薬があると信じられていた。秦の始皇帝も徐福という方士に命じて、不老不死の仙薬を探しに行かせている。

 

・ただ『日本書紀』は、「蓬莱山」は、「とこよのくに」(=常世国)と訓読している。「常世国」とは『古事記』『日本書紀』などに散見され、これらの史書が成立する以前に存在していた古代日本人の世界観である。そもそもそこは、海原の彼方にある楽土境として理解されていた。「蓬莱山に到りて、仙衆を歴り観る」とあるところから、この説話ではすでに常世国と神仙境が同一のものと考えられていることを示している。「仙衆」とは不老不死の仙人たちを指すものと理解され、亀から変身した女性も「仙女」と考えられ、神仙思想の影響を受けていることが明らかである。すなわち、『日本書紀』に見える浦島説話は、『万葉集』や『丹後国風土記』に見える浦島説話の骨幹をなす物語となっているのである。

<物語の特徴>

・『万葉集』の浦島説話は、亀が出てこない点や白髪の老人となって死んでしまう点など、細部については丹後系浦島説話とは異なるところが多い。亀や蓬莱山が登場せず、海神の神の宮や海神の乙女が登場する点は大陸的な神仙思想が後退し、神話的な世界が強調されているともいえるが、全体的なモチーフは『日本書紀』や『丹後国風土記』と同一である。

・『日本書紀』では、神仙境に行った浦島子のその後については触れられていない。『日本書紀』には「蓬莱山に到りて、仙衆を歴り観る」とあって、「蓬莱山」という神仙思想の三神山のひとつに代表されている世界に浦島子が行ったとだけあるが、ここではそれは全く見られず、「常世国」に代表される世界が現されている。ただ「常世国」は、海神の乙女と結婚して楽しく暮らす歓楽的な楽土であり、「老いもせず 死にもせずして 永き世に」という不老不死の神仙境でもあった。すなわち記紀では「常世国」が遠方の永遠の世界を表していたのが、ここでは神仙境と同一化している。

『プレアデス星訪問記』 
上平剛史  たま出版   2009/3


<宇宙太子との再会>
・それは、私が故郷である岩手県に住んでいた16歳のときのことである。

<葉巻型巨大宇宙船へ>
・「葉巻型母船は長さ4キロメートル以上で、太さは一番太いところで、直径78百メートル以上あります」
                     
・「この母船はひとつの都市機能を持っており、ありとあらゆるものが備わっています。生き物のような船であると言っても過言ではないでしょう」

・なんと、これでも中規模程度の母船らしい。10キロメートル、20キロメートル、さらにそれ以上の大きさの地球人類には想像もできないほどの巨大な母船も存在するという。この母船では縦横およそ50メートルおきに道路が設けられ、階層は最も厚いところで4050層になっているそうである。母船の中に公園や山河まであるらしい。この母船で生まれ育ち、一生を過ごす者もいるそうである。

・宇宙人にはそれぞれ母星があるが、母船には母星の都市機能が備わっており、母星の社会がそのまま存在している。母船の惑星としての役目を果たすため母船が故郷となる者もいて、そういった者は、ある意味で、母星で暮らしている人間よりも精神的に進化しているらしい。

・「この母船には我々プレアデス星人だけでなく、様々な星人が協力のために同乗しています。地球人類がグレイと呼んでいる宇宙人もいます。もっともグレイは我々が遺伝子工学、バイオ化学、宇宙科学を駆使して造ったロボットでしたが、今では宇宙や特定の星の調査など、さまざまな分野で活躍しています。他にも爬虫類、鳥類、魚類、昆虫、植物などの生態から進化した人間もいます」

・「この母船は、最大収容能力は5千人ですが、現在は4千人くらいでしょう。ただ、乗せるだけならば、1万人は乗せられるでしょうが、常時生活して長く滞在するとなると5千人が限度です。食料やその他の問題がありますからね。この母船には、ここで生まれた子供たちを教育する係もちゃんといるのですよ。子供達が大きくなれば、母星の学校や他の進んだ星へ留学する場合もあります」

UFO研究家で有名な韮澤潤一郎氏も「微に入り細に入る教訓的宇宙オデッセイであり、近頃には珍しい詳細な本物の体験記であると思う」と記している。

・だれしも、ある時夢での宇宙をさまよったこともあるのだろうが、本書によって、しばし宇宙旅行を楽しまれることをおすすめする。


■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・浦島太郎の伝承が「亀」との異類婚姻譚とすれば、「亀」にあたる宇宙人はグレイの長身体であるオリオン星人のリゲル人だったかもしれません。また「亀」を宇宙船と解する説もあるようです。グレイの顔は、鼻がほとんどなく「亀のような顔」として見られるのかもしれません。またリゲル人の中に天女などが混じっていたのかもしれません。宇宙人には動物タイプが3割もいるそうですので、実際どのようなタイプかは想像を絶するようです。

・エリア51などやダルシーの米軍の秘密基地では「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド族」が生体実験などをしているという報告があるようです。リゲル人はグレイの長身体であり、かなり進化しており、異類混血を進めているのかもしれません。ドラコ族が昔の「烏天狗」、爬虫類的異星人(レプティリアン)が「龍神」だったのかもしれません。

・「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説があるそうです。『遠野物語』にでてくる「山人」や「異人」は、オリオン星人系列の異星人だったのではないのでしょうか。昔は「火星霊人と金星蛇人の争い」といわれましたが、近年になって具体的な異星の名前がでてくるようになりました。「山神」としても超能力を示さなければ、誰も正体が分からなかったようです。

・ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「天津神は高天原にいる、または高天原から天降った神の総称、それに対して国津神は地に現れた神々の総称とされている。ただし、高天原から天降ったスサノオや、その子孫である大国主などは国津神とされている」とのこと。また私たち一般人は、「産土神」(うぶすなかみ)についても詳しくありません。国津神も天津神も異星人だったようです。

・世界的不況で困難に直面している産業界が渇望している宇宙連合の超テクノロジーは「エリア51」などで、米国は国家機関の総力をあげて取り組んでいるようです。『ペンタゴンの陰謀』という本によれば、エイリアンの超テクノロジーが現在までかなり新兵器などに応用されたといいいます。太古から宇宙連合が地球人を偵察していたようなのですが、宇宙連合も2種類あるそうです。邪悪なオリオン星人といわれるように、オリオン大戦という大規模なスター・ウォーズをした種族だそうです。アブダクション(誘拐)やキャトル・ミューティレーションをしたグレイやゼータ・レチクル星人と同盟を結んでいるようなのです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。

・「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-『遠野物語』第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」とあるように「異人」の犯行だったようですが、オリオン星人系列の異星人ではなかったのでしょうか。「人さらい」や「神隠し」事件についても柳田国男は警察を調べなかったようです。異星人には、人間の感覚が通じない宇宙人もいるようです。

・戦後、米国に登場してハリウッド映画にもなり話題になった「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)」は、オリオン星人だったともいわれ、その超能力は凄まじく異次元移動ができたようなのです。またプレアデス星人が東北地方に来ていたという本『プレアデス星訪問記』(上平剛史  たま出版 2009/3)もあります。最近でもいろいろとコンタクティの話があるようです。「進化した宇宙人は人間の肉体や精神体に憑依するので誰にも分からない」状況のようです。

・超太古には日本にはプレアデス星人、シリウス星人、オリオン星人、リラ星人、アルクトゥルス星人などさまざまな宇宙人が飛来して「人間を創り」、異類混血して人口を増やしていたそうです。プレアデス星人といえば、スイスのビリー・マイヤーのコンタクト話が有名で、いろいろと書籍が出版されています。プレアデス星人は若く見えても実際の年齢が例えば、数千歳とかという話のようです。異星人は一般的に長寿のようで、フランスのクロード・ボリロン・ラエルのいうリラ星人の「不死の惑星」の異星人もいれば神々のように正体不明の異星人もいるようです。リラ星人のエロヒムは遺伝子技術で「不死」の実現ができるそうです。恒星間飛行技術を持っているのですが、地球人と変わらない異星人もいるそうです。

・エイリアンの超テクノロジーの導入は、国家プロジェクトとして、取りかからないと、超テクノロジーのコストという面で、遥かに米国に遅れることになるのでしょうか。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の超テクノロジーに関しては、米国の1人勝ちのようです。ちなみに、ロシアも異星人とコンタクトがあり「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」を研究しているのかもしれません。

・江戸時代の「鎖国」から「開国」したように、プレアデス星人の宇宙連合との「開国」は将来も無理のようです。「地球はあまりにもレベルが低くて宇宙連合に参加できない」とかっては、いわれていたそうです。「異星人情報も開示される」という話もいくつかありましたが、結局アバブ・トップシークレットですから向こう数百年は無理のようです。

・日本にも「沈黙のコンタクティ(接触者)」が多いようで、日本人も太古からプレアデス星人と関係が深いので、当然のことなのでしょう。「マスコミが嫌だ」ということで、コンタクト体験を発表しない人もいるのかもしれません。プレアデス星団に日本民族の原郷の惑星があるという説もあったようです。プレアデス星人も人類に6千年ほど進化しており、プレアデスまでは6時間で行けるそうです。

・プレアデス星人は人間と似て肉体的にはあまり進化していないそうで、自由に幽体離脱ができる、はるかに進化した異星人とは区別できるようです、しかし、恒星間飛行技術を入手しており、宇宙連合を通じて、パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人と交流をしているそうです。ですから、異星連合に入ると一挙に神の世界ともコンタクトできるそうです。さまざまな「宇宙連合」を通じて、異星人は地球に飛来しているようです。つまり宇宙人は一部を除いて、組織的、系統的に動いているようです。

・アストラル界に住む異星人とエーテル界に住む異星人は進化の段階が違いますが、アストラル界の住人がさまざまな形態をとり、人間の姿で地上に潜伏しているといわれます。『遠野物語』の「異人」もアストラル界やエーテル界などへ異次元移動ができたようなのです。異次元の金星の葉巻型宇宙船の中で金星のマスター(長老)に会った日本人もおり、そのコンタクティ・グループもあったそうです。キリストの転生歴を持つサナンダという金星のマスター(大師)もいたそうです。マスター(長老)やグレート・マスターも地球に対して何らかの影響力を行使しているのでしょうか。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2015-01-09 18:20 | UFO | Comments(0)