その長方形の長い一辺は1600メートルほどあり短い一辺はその半分(800メートル)くらいです。(1)

『終末へのカウントダウン』 スペースプログラムが予言する

韮澤潤一郎   たま出版     2015/11/17

<地球に突きつけられた宇宙人からの最後通告>

・この時代に大国間でどうにも止まらなかったのが、原爆と水爆の核実験競争であった。

・この方針は、2010年に公開された数千ページものイギリスのUFO機密文書で明らかになる。

 それは「2次大戦中にイギリス空軍のパイロットがUFOに遭遇した情報を当時のチャーチル首相が50年間封印するよう指示していた」というものだ。

 その文書によると「空軍偵察機が任務を終えてイギリスに帰還する際、UFOに遭遇した情報を当時のチャーチル首相が50年間封印するよう指示していた」というものだ。

・また、95年の機密文書には、「民間機の機長が報告した情報によれば、マンチェスター空港に接近していた際に、UFOとニアミスし、地上からの目撃者によると、その物体はサッカー場の約20倍もの大きさがあった」などと書かれた部分もある。

 アイゼンハワーが連合国最高司令官であったのは1945年末までだから、チャーチルが「UFO機密扱い」を依頼したのは第2次大戦中で、すでに戦時中から世界的にUFOは隠蔽するという傾向にあったのだ。

<警告としての前兆>

・いっぽう、地球温暖化が原因とされる気候変動が激しくなり、20058月に、ジョージ・W・ブッシュ大統領の出身地テキサスに隣接するルイジアナ州のニューイーリンズに、最強のカテゴリー5のハリケーン「カトリーナ」が上陸した。市の8割が水没し、48万人の市民に避難命令が出されたが、州兵の多くがイラクに派兵されていたため、救助活動や治安維持が手薄になったうえ、大統領令の対応が遅れ、結果的に2500人以上の死者・行方不明者を出してしまった。このためブッシュ大統領の支持率が急落した。

 

・この状況を憂慮した宇宙からのレスキュー部隊が、ブッシュ大統領に対し、不気味なプレッシャーをかけるという事件が発生したのである。安易に戦争を起こしたりせずに、やがて来る大変動にもっとまじめに対応せよという警告として、驚愕すべき巨大UFOが、当時「西のホワイトハウス」といわれたブッシュ大統領のテキサス州の私邸に現れたのである。良きにせよ悪しきにせよ、アメリカ合衆国は地球という星の中心的な国家であり、この世界の未来に責任があるからであろう。

 200818日夕方、テキサス州ダラス南西部で、巨大な正体不明光体群が飛び回り、軍のジェット機が騒がしく追跡しているのが目撃された。

 午後715分、ダブリンという町の上空1000メートルほどに「2つの巨大な琥珀灯をつけたスクールバス状の物体」が現れ、ゆっくり東南に移動していくのが見られた。あるときは停止したかと思うと、急に少し進んだりして、のろのろと移動していく。

ちょうどその直線上16キロ先には、「西のホワイトハウス」と呼ばれたブッシュ大統領の私邸があるクロフォード農場があったのである。この巨大なUFOはブッシュ大統領の私邸に着陸したのだろうか。

<最大のUFOは長方形だった>

・現地目撃者の証言は一致しており、18日の日没のころ、夕暮れの空に巨大な一つの構造物があり、それを取り囲むように、黄色や赤、青、白のまぶしい光を見たと言っている。

 その構造物がそれほどの大きさなのかを明確にしたのは、地元で運送会社を営むスティ-ブ・アレン氏(50歳)であった。彼は自家用飛行機を持ち、30年以上にわたるパイロットの経歴があったので、航空機の距離や大きさ、そして速度などについて非常に的確な判断ができた。

 アレン氏は、午後612分、グレン・ローズにあるオフィスから、仕事を終えて自宅でキャンプ・ファイアーをするため旧友2人を車に乗せ、個人で所有する飛行場と自宅があるセルデンの丘陵地に向かっていた。

 

・夕日が地平線に落ちようとしていたそのとき、右手の方から4つの白い光体がすごい速度で近づいてくるのを見た。

「おい!右手のあれが見えるか?」と、隣席の友人たちに声をかけた。

「見えるぞ!何だろう?」と、一緒にいた他の2人もそれに気付いた。

 この時の状況について、アレン氏はABCネットワーク・ニュースに次のように答えている。

4つの光体は、長方形の巨大な構造物の四隅に位置していることがわかりました。その長方形の長い一辺は1600メートルほどあり、短い一辺はその半分(800メートル)くらいです。そこは私の飛行場エリア内で、離着陸する航空機の距離や大きさ、そして速度などを私は正確に認識できるのです……。長方形をなすその物体は、私たちとの距離が30キロメートルほどになったあたりから徐々に速度を落としているように見えました。はじめは時速4800キロメートル(マッハ4=ジェット旅客機の5倍)くらいでしたが、やがて私たちの近くに来たころには、一般の旅客機ほどの速度である時速480キロメートルくらいになっていました。それはセルデンの丘の頂上北部の地表から900メートルくらいの高さを通り過ぎていました……」

<方形UFOの存在は隠された>

・テキサス事件の顛末をもう少し説明すると、ダブリンの自宅から、回転する板状物体を見たロイ・リーという郡警察の巡査が、「最も明瞭に物体を確認できる映像は、200818日午後730分にスティーブンビル(郡庁所在地)市内を巡回中に、3人の仲間の警官がパトカーの車載カメラで撮った大写しの画像(ダッシュボード・カム・ビデオ)だった」とテレビのインタビューで証言している。しかし、「そのビデオ画像は、軍の“お偉いさん”が見たいといって持っていってしまった」という。結局、決定的なビデオ画像は軍に没収されて、二度と出てこないことになってしまった。

・テキサスの現地では、目撃者に対し、ひどい個人攻撃のいやがらせが軍当局から行われ、事実を忠実に報道した新聞記者は首にされ、目撃者の多くは、口外することに対して恐怖を感じるほどの軍当局からの抑圧があって、匿名者が大半だったといわれる。そのため、状況の総合的な把握は困難をきわめ、それ以降の報道は途絶えてしまった。この辺の詳細は、ジム・マースの『マスメディア・政府機関が死にもの狂いで隠蔽する秘密の話』が参考になる。

 

『ニラサワさん』

(韮澤潤一郎研究会)(たま出版)  2003/11

ビジョンで見た素晴らしい街の様子 「地球に宇宙人の生活をもたらすこと」

<ビジョンで見た素晴らしい街の様子 「地球に宇宙人の生活をもたらすこと」>

・「今一番やりたいこと。それはなんといっても地球に宇宙人の生活をもたらすことでしょう。宇宙人に連れ去られ、空飛ぶ円盤での他の惑星に行ったという人を取材したことがありますが、彼はその社会には、戦争と病気と貧困がないと言いました。これは素晴らしいことではありませんか。

・こうした世界を私達は、『ユートピア』とか『桃源郷』『極楽浄土』などと呼んできました。確かにそれは、夢のような理想の世界でありますが、なにも夢物語で終わらせてしまう必要はないのです。

・実は、私は、その世界を見たことがあるのです。もちろんそれは、『ビジョンの形で、実際に見た』という意味です。若い頃、静岡県でものすごいUFOとの接近遭遇をしたとき、目の前の景色が一瞬にして変わり、すばらしい一体感に満ちた街の様子が見えたのです。ほんの短い時間でしたが、あまりの感動によるショックで、その日は一日ぼう然としていたことを覚えています。UFO問題を研究し、世界を回ってみると、地球外の知的生命の存在とその社会の実在を実感することができます」。

『宇宙人はなぜ地球に来たのか』

韮澤潤一郎     たま出版    2011/2

<宇宙人の大半は人間型>

・米陸軍の一等下士官によると「私が1989年に退役した時に、すでに57種類の異星人が軍の目録に記載されていた。その大半は人間型で街を歩いていても誰も区別がつかないということです。これは生物学者を悩ませるでしょう。明らかに宇宙には二足歩行のヒューマノイド(人間型宇宙人)が多いということです。グレイタイプは三種類あり、私たちより背の高いのもあります」

<史上最大の事件が起きる>

空軍基地でのケネディと宇宙人の会見を半年前にアレンジしたのがアダムスキーだった。そして、ケネディが乗り込んだ葉巻型UFOにはアダムスキーも同行していた。

 大統領は着陸していた船内で数時間の会談を終えて地上に出たが、アダムスキーはそのまま離陸し、土星に向かった。このときの宇宙旅行については、いわゆる『土星旅行記』として残されたが、その中には、ケネディの名はなく、「アメリカ政府の一高官」とだけ記されている。旅行記によれば、9時間で土星に到着し、それから4日間にわたって各惑星の代表者が出席した太陽系会議などが開かれたとなっている。

<なぜ宇宙人たちは協力しているのか>

・エリザベス女王の遠縁で、イギリス軍の最高司令長官だったマウントバッテン卿の私邸の庭に1950年代にUFOが着陸してコンタクトを試みたことがあった。

 UFOが着陸した時、私邸の侍従が外にいて、金髪で体にぴったりとした青いウェツトスーツのようなものを着た人間型宇宙人に会っている。しかも円盤型UFOの中に招かれた。しばらく離陸して飛行したという。

 

・しかし、このことを侍従から詳しく聞いていて、当時からUFO問題に精通していたマウントバッテン卿自身は特にUFOに関する政治的側面に関与し、マリリン・モンローやケネディ大統領の死に影響を与えたといわれ、1979年にアイルランドにあった自分の別邸近くで殺されている。

『柳田国男の忘れもの』

 松本三喜夫  青弓社   2008/3

・柳田国男を確立された像として読むのではなく、彼の作品と対峙する方法で、帰納的とされる柳田の学問的方法が直感的でもあり、いかに未完成で新しい挑戦をめざしたものであったのかを立証する。

<山人に思いをめぐらす>

<もう一つの民族「山人」>

・日本の国民の成り立ちやそこに暮らす人々の生活を考えるとき、「アイヌ」という存在を等閑に付すことによって「一国民俗学」を追及することは可能と思われた。しかし、いわゆる「日本人」と居住の地や空間を同じくしているもう一つの民族が日本には存在していると柳田国男は考えた。それが彼のいう「山人」である。

・つまり柳田は課題を共有化するために疑問を提出したが、その疑問についてだれからの解答もなく依然として疑問のままだというのである。

結論を先にのべるようになるが、ただ柳田は山人の存在を証明できなかったところに、山人論の致命的限界があったといえるし、それゆえに柳田の山人論は文学的であると評されるゆえんでもある。

・山人について、もっとも要領よく彼の考え方をまとめているのは『妖怪談義』に収められている「天狗の話」であり、講演の記録である「山人考」である。「天狗の話」では、いまなおこの明治の末期の時期に「我々日本人と全然縁のない一種の人類が住んでいる」、これは「空想ではない」こと、そして「平地と山地とは今日なお相併行して入り交わらざる二つの生活をしている」としている。

・人びとは山中の幽界を畏怖するあまりに、理解が容易でない現象を天狗の仕業の話として帰してしまうこと、山人は本州、四国、九州の山中に分布していること、教科書には日本の先住民族が次第に追い払われて北へ退いたかのごとく記しているがそれは正しくないこと、そして山人の特徴などに柳田はふれていく。柳田は現状として「きわめて少数ながら到る処の山中に山男はいる」とする。彼の実感としては「いわんや人の近づかぬ山中は広いのである」といい、山中にはいまなお人びとの理解を超えるものがおり、それが山人という存在であると考えた。

『山の人生』そのものの内容は、神隠しの話や狐、天狗などいわゆる不可思議な話の見聞談や資料によって構成されている。

・『遠野物語』は直接的に山人論を展開しているものではないが、内容的には、深い山で山男や山女に出会う、若い女が行方知らずになる、その女が何年かのちにときとして姿を見せるという話のほか、オクナイサマやオシラサマ、座敷ワラシの話、山にすむ狼や猿の話、淵の主や河童の話など、119話から成り立っている。またその拾遺には、類似の229話が収録されている。

 この作品はまことに不思議な作品で、読み進んでいくと次第に自らが異次元のなかへと引きずりこまれていくような感覚さえ覚えさせられる。

しかしながら柳田自身ものべているように、そこに記載されているのは架空のことでもつくり話でもなく、遠い過去のことでもない、まさに「目前の出来事」であり「現在の事実」であった。そこにこの作品の意味もまたあった。

・柳田は人びとが忘れ去ろうとしていた時代をひとつの記録として残したのだった。物語のなかには、山男や山女などの話が豊富に散りばめられ、柳田は明らかに平地人とは異なる人びとの存在を意識していたことを十分にうかがわせる。

・このように、柳田はさまざまなところで山の神秘や不可思議を意識している。ときにはそれを山の神といい、また山男などとものべながら説明しているが、そこには明らかに平地人とは異なる人びとの存在、つまり山人がいるからこそ平地人にとって不可思議が発生するのだと考えるようになっていく、柳田としては、明らかに山人の存在に信念を抱いていくようになる。

・それでは、柳田の考える「山人」とは一体どのような存在だったのだろうか。以下、柳田の山人像を見てみるが、そのとらえ方は、時代により、住んでいる場所により、また姿・形によるなどまちまちである。

 柳田の山人像は、大別するとおおむね次の六つのとらえ方があるだろう。①山人とは「国津神」の末裔である、②先住民族と農耕民族との比較から、先住民族である、③あとから入ってきた平地人に駆逐された存在である、④農耕民など定住民に対する漂白民である、⑤人びとの目の前に現れる姿としての山男、山女、山童、山姥、山姫、山丈などである、⑥動物、とりわけ狒々(ひひ)を見誤ったものとして理解され区分できよう。

 まず「国津神」についてだが、柳田は「山人考」のなかで、日本が単一の民族から成り立っているのではなく、数多の種族の混成であるという考え方を前提としている。

・柳田によれば、前九年後三年の役のころまでに東征西伐、つまり天津神による日本の同化事業が終わることになるという。そのなかで柳田は被征服民として、土蜘蛛や大和の国樔(くず)、そして陸奥の夷民などにふれていく。土蜘蛛がどのように天津神によって同化されていったかについては、坂東眞砂子の小説『鬼に喰われた女ー今昔千年物語』(集英社)の第十篇に滅ぼされた者の怨念という視点から興味深く書かれている。

『プレアデス星訪問記』 

上平剛史  たま出版   2009/3

<宇宙太子との再会>

・それは、私が故郷である岩手県に住んでいた16歳のときのことである。

<葉巻型巨大宇宙船へ>

・「葉巻型母船は長さ4キロメートル以上で、太さは一番太いところで、直径78百メートル以上あります

                     

・「この母船はひとつの都市機能を持っており、ありとあらゆるものが備わっています。生き物のような船であると言っても過言ではないでしょう」

・なんと、これでも中規模程度の母船らしい。10キロメートル、20キロメートル、さらにそれ以上の大きさの地球人類には想像もできないほどの巨大な母船も存在するという。この母船では縦横およそ50メートルおきに道路が設けられ、階層は最も厚いところで4050層になっているそうである。母船の中に公園や山河まであるらしい。この母船で生まれ育ち、一生を過ごす者もいるそうである。

・宇宙人にはそれぞれ母星があるが、母船には母星の都市機能が備わっており、母星の社会がそのまま存在している。母船の惑星としての役目を果たすため母船が故郷となる者もいて、そういった者は、ある意味で、母星で暮らしている人間よりも精神的に進化しているらしい。

・「この母船には我々プレアデス星人だけでなく、様々な星人が協力のために同乗しています。地球人類がグレイと呼んでいる宇宙人もいます。もっともグレイは我々が遺伝子工学、バイオ化学、宇宙科学を駆使して造ったロボットでしたが、今では宇宙や特定の星の調査など、さまざまな分野で活躍しています。他にも爬虫類、鳥類、魚類、昆虫、植物などの生態から進化した人間もいます」

・「この母船は、最大収容能力は5千人ですが、現在は4千人くらいでしょう。ただ、乗せるだけならば、1万人は乗せられるでしょうが、常時生活して長く滞在するとなると5千人が限度です。食料やその他の問題がありますからね。この母船には、ここで生まれた子供たちを教育する係もちゃんといるのですよ。子供達が大きくなれば、母星の学校や他の進んだ星へ留学する場合もあります」

UFO研究家で有名な韮澤潤一郎氏も「微に入り細に入る教訓的宇宙オデッセイであり、近頃には珍しい詳細な本物の体験記であると思う」と記している。

・だれしも、ある時夢での宇宙をさまよったこともあるのだろうが、本書によって、しばし宇宙旅行を楽しまれることをおすすめする。

『宇宙太子との遭遇』    上平剛史作品集

上平剛史  たま出版     2009/12

<宇宙太子(エンバー)との遭遇>

<御家倉山(おやくらやま)での出遭い>

・宇宙船は私のほぼ真上までくると滞空した。やがて、グリーンの光の帯が降りてきたかと思うと、その光に乗って、『ひとりの人間のような者』が、地上へ降りてきた。そして私と30メートルほどはなれて降りたった。髪は美しい栗色で、肩のあたりまであり、きれいにカールされていた。目は青く澄み、美しく整った顔は、神々しさをたたえて、ニッコリと微笑んでいる。黄金色の柔らかな絹のジャンプスーツのようなものを着ており、腰にはベルトのようなものが巻かれていた。私には、天使か神様かが地上に降り立ったかのように思えた。私が驚いたまま、じっとその存在を見つめていると、相手は静かに口を開いた。日本語だった。「やあ、剛史君、初めまして。いつか、のろさんが話したことのある宇宙太子というのが私です。よろしく。今日、ここへ君を来させたのは、私が呼んだのですよ」

<「昔から御家倉山(おやくらやま)には天狗が出ると言われていたから、それは天狗だべ」>

<未来>

・ちなみに、我々、プレアデス星人は6次元から7次元のレベルにあります。あなた方から我々の科学を見ると、進歩の度合が高すぎて神がかっているように思われるようですが、この宇宙には我々にも分からないことがまだたくさんあるのですよ。ていねいに調査しても、まだ宇宙のほんの一部分しかわかっていないのです。さあ時間がないから先を急ぎましょう。次は東京です。

・前と同じように、画面に日本地図が現れ、宇宙船の現在地が示され、赤い点がするするっと東京の位置まで伸びてとまった。また、一瞬思考が止まったような感覚と、かすかになにかをくぐり抜けたような体感があった。わずか数分のことである。赤かった印がきれいなピンク色に変わると、やがて正面の画面に東京の街並みが映し出された。

・しかし、それは今までのビル群とは明らかにちがっていた。全体がガラスかプラスチックのような透明な建物で、ピラミッド型や丸いものが多かった。レールも、煙を吐きながら走る汽車もなかった。車も従来の車輪がついたものではなく、浮きながら滑るように走っていた。窓へ駆け寄って下を見ると、やはり、それは画面に映っている光景だった。皇居と思われる画面が映し出された。が、そこに皇居はなく、人々の憩いの公園となっており、だれもが自由に出入りしていた。

・私は、びっくりして、「まさか、未来の・・・・」とつぶやいた。

剛史、よく気がついたね。そう、これが日本の未来です。日本という国はなくなり、世界連邦のひとつの州になっているのです。世界連邦においては、もはやお金は必要なくなったのです。地球人類も少しは進歩したようですね

『北の大地に宇宙太子が降りてきた』

上平剛史  たま出版    2004/6

・著者は、昭和16年生まれ、岩手県浪打村(浪打峠に「末の松山」のある所で有名)出身。

<大いなるもの>

・目には見えない極微極小の世界から、波動によって織りなされて、物質は発現してきているのである。すなわち、「この世」に「大いなるもの」によって、発現されたものは、全て感性を持っているのであり、「大いなるもの」は、波動によって段階的に次元をつくりながら息吹によって気を起こし、自分を発現していったのである。

<貨幣経済の廃止>

・国は、歳入不足に陥ると、すぐに国債を発行して、帳尻を合わせる。国民からの借金で、目先をしのぐのである。その国債には利払いが発生し、その利払いが大変な額になって毎年のしかかり、利払いのためにも赤字国債を発行しなければならなくなる。そのため、赤字国債は雪だるま式に巨大な額となり、ついには元金の返済は不可能という事態に陥る。その地点を「ポイント・オブ・ノーリターン」という。

・日本はすでに、ポイント・オブ・ノーリターンを超えてしまった。超えてはならない線を越えてしまったのである。

・ポイント・オブ・ノーリターンを超えているのに、日本は自衛隊をイラクに派遣し、赤字国債乱発で得たお金をそれに使う。

・国内には経済問題による生活困窮者が激増しその結果借金苦や事業の行き詰まりから自殺する人達が増加したのである。

・日本は国家予算の使い方を抜本的に考え直さなければならない。従来の予算の使い方を隅から隅まで洗いなおして、何が無駄に使われて、何が有効的だったかを、はっきりさせなければならない。

<宇宙連合>

<宇宙太子からのメッセージ>

・地球人類よりもはるかに進化した星人により組織されている宇宙連合の仲間(オリオン人、シリウス人、アンドロメダ人、リラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人・・・・)に加わってください。

・人類が宇宙連合に到達したならば、宇宙考古学により、地球人類のルーツが、明らかになるでしょう。そして、宇宙に飛び出すことに力を集中してください。私も宇宙連合もいまかいまかと人類を待っているのです。

・人類の英知を科学の進歩、医学の進歩、文化の進歩に総結集したならば、人類は星間宇宙旅行のできるスペースマンにまで進化し、地球人類よりもはるかに進化した異星人たちによる宇宙連合の仲間入りを果たすことができる。

・進んだ星人(宇宙人)は、すでに宇宙と生命の原理を解明していて、神の領域にまで到達し、星から星へ瞬時に宇宙のどこへでも意のままに行けるシステムを開発している。

その驚くべきシステムは新しいエネルギーの発見と、その利用の仕方に負うものであり、地球人類は、新エネルギーの発見と利用については、あまりにも遅れすぎているのである。

<「あの世」と「この世」>

・「大いなるもの」は、波動によってさまざまな次元をつくりながら、この大宇宙を創造し発現させている。

「この世」の裏側には「あの世」があり、「あの世」の裏側には「この世」がある。その認識は正しいのだが、「この世」と「あの世」は、異なった次元に同時に存在しているともいえる。

その「この世」と「あの世」も「大いなるもの」が波動によって発現させたものである。

「あの世」が普通の人間に見えないのは、祖の次元を普通の人間の感覚器官がレシーブできないからである。波動の違いによって見えないだけなのである。

・進化した星人、宇宙人においては、貨幣経済というものはなく「誰もが平等に平和に暮らせる社会」は、人類が誕生する以前から確立されていた。その後に誕生した地球人類は進化した星人に追いつけないばかりか、いまだに自然を破壊しながら、戦争ばかりを繰り返している。

<そんな感傷の日々を送っていたある日、突然、私に宇宙太子が降りられ、私に「宇宙の法」を授けられたのである>


[PR]
by karasusan | 2015-12-31 18:26 | UFO | Comments(0)