サードマン現象に対する説明として最も簡単なのは古来から考えられている守護天使の現代版にすぎないというものだ。(3)


■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・amazonの「本」に「天使」とうちこみますと8300件、「すべてのカテゴリー」だと108389件分かります。また「洋書」に「angel

と入れますと58535件の書籍がわかります。「天使」は、それほど普遍的で、普通の日常生活に浸透しています。しかし、キリスト教の文化のある欧米人の「天使体験」と日本人の天使体験は大きく違っているようです。日本人の個人的な天使体験の本について、調べたことがないのですが、神秘体験や天使体験の本は少ないのではないかと思います。日本文学における「天使体験」とは、どうなっているのでしょうか。「天使体験」というジャンルはないと思いますが。日本人にとって「天使」という概念は近代になってから普遍的になったようです。昔の人は、さまざまな神秘体験をしていたようですが十把ひとかげらで「神さま」と呼んだようです。現代では神々や天使が「進化した異星人」であるというアイデアが普及しているようです。「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」ともいわれます。

・西洋のキリスト教の天使や悪魔、堕天使、東洋の神話に登場する神々や悪魔、日本の神話や伝説に登場する異類異形のものたちは、「太古から飛来している宇宙人」の別称であったようです。現代の宇宙人の話から、昔からの異類異形の奇妙なものたちが「宇宙人」であったことが推測されるようです。「堕天使とは、堕落した天使、天上世界から落下した天使たちの総称だが、さて、堕落とは何だろうか?堕落の内実として考えられてきたものには大きく分けて2つある。1つは人間の女への欲情で、『エノク書』に説かれた。もう1つは神からの離反である」とのことですが、「堕天使が人間の女への欲情が非常に強い」ことは意外に知られていないそうです。ネフィリムと人間の女との交わりの神話があるように「堕天使の性的能力は、人間をはるかに超えている」ともいわれます。「売春は世界最古の女の職業」ともいわれますが、その辺の事情を物語るのかもしれません。堕天使の地上への現れ方も、さまざまな方法(ウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)等)があるようです。今も世界中で売春は密かにまた盛んにおこなわれているようです。

インターネット情報によると、「よく「売春は世界最古の女の職業」といわれるが、もともとは売春といっても、金銭のやりとりがなく、慈善的なものとしてはじまった。

 シュメール人といえば、史上最古の民族とされ、紀元前3000年ごろにはメソポタミア南部に都市国家をつくり、楔形文字を発明したことで知られる。

 このシュメールに「神殿娼婦」と称する、性交に熱達した女たちがいた。のちにギリシャ人は、彼女たちを「ヒエロドゥロス」と呼んだ。各地から男たちが貢ぎ物をもって神殿にやってくる。神殿娼婦たちは、そうした男たちのすべてと性行為を行なう義務があった」とのこと。

・ルシファーとサタンという名も、昔は「堕天使」として、神話にあったようです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」そうです。リラ星人のサタンとのコンタクティ(宇宙人から伝達接触されたという人)も昔から少なくなかったようです。現代では、リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたそうです。リラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」といわれます。サタン(悪魔)といわれるリラ星人は無神論者のようです。リラ星人は人類に3万年進化しており、リラ星人も人類の源流ともいわれ謎の多い宇宙人種族のようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれますが、リラ星人の末裔も多いようです。日本人の遺伝子には、さまざまな異星人のDNAが含まれているそうです。

・世界中のチャネラー(霊的交流者)やコンタクティ(宇宙人との接触者)が一斉にインターネットのブログで自分の体験談を語り始めると、恐らく膨大な量になるのではないでしょうか。沈黙のコンタクティ(宇宙人との接触者)も多いそうです。

・宇宙人は、チャネラー(霊的交流者)やコンタクティ(宇宙人との接触者)による、人間との接触方法以外に『取り替え子』等の方法で、人間との交流を果たしたようです。異星人の子供と、人間の子供を取り換えたというヨーロッパの非常に多くある伝説も、事実だそうです。

・異星人や神人、異人は、『取り替え子』の手法で、地上の『観察者』としての役割を果たしていたのでしょうか。異星で育った『取り替え子』が空飛ぶ円盤で地球を訪問したり、テレポートして現われたという話もあるのでしょうか。

・シリウスの大天使の代表であるというヘルメスは、ギリシア神話に登場する青年神です。ギリシア神話のヘルメスは、旅人、泥棒(ウラ稼業の窃盗・詐欺・賭博)、商業(商売繁盛)、羊飼い(家畜の繁殖)の守護神・富の恵み手であり、神々の伝令役を務めているとされています。ヘルメスの役目と似た神様は、日本の神様の中にもいるそうです。

・ヘルメスとチャネリング(霊通)している現代の霊能者も少なくないのかもしれません。ノストラダムスのいう「日本はヘルメスが統治する国だ」という話もありますが、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。

・サタン(悪魔)といわれる琴座のリラ星人系列と天使的なシリウス星人系列が、宇宙を2分して大戦争をしたというスター・ウォーズの物語。堕天使ルシファーが、天使団の3分の1を率いて神に反乱を起こした「天の戦争」の物語等、2種類の宇宙人のスター・ウォーズが頻繁にあったようです。しかし、「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。神と天使長ミカエルと堕天使ルシファーの争いが続いているそうなのです。ちなみにサタンもルシファーも現代風にいいますと「遺伝子科学者の集団の名前だ」そうです。「天の戦争」は未来永劫、眼に見えない異世界で続いていくのかもしれません。

・「実験室で人間を創った」というリラ星人と「思念で人間を創った(?)」といわれるシリウス星人の対立の構図は、複雑な様相を示しているそうですが、現在では、大規模なスター・ウォーズは、互いに起こさないようにしているらしいのです。2種類の異星人の対立・戦争の詳細も不明であり、超太古からのようで、インド神話では、帝釈天と阿修羅の戦争と神話となっているようです。神と悪魔の「最初の人間」の作り方も違うようです。神の側近だった(堕天使の)ルシファーが神になろうとしたところから争いが起こったそうなのです。現在も堕天使グループが神の世界に戻ろうとしてさまざまな争いが起こっているともいわれているそうです。かつて神だった者が、魔神になり世界を苦しめるというまるでファンタジー物語のような現実もあるそうです。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、「世界中で奇跡を演出している」ともいわれていましたが、詳しいことは分からないようです。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。そのシリウス星人にもネガティブ・グループが存在し、モンスター・タイプの生物を創りだし、神に嫌われているそうです。現代でも、宇宙人のおぞましい生体実験の話がリークされたりしてきます。

・「プレアデス人は、ローブを着た白い姿で現れる非物質的存在が率いる最高評議会の指揮下にある」そうですが、この評議会と各国政府、国際連合とのコンタクトがあったようなのですがアバブ・トップシークレットのようです。準マスター(大師)クラスが、人間の姿を装い、地上に出てきているともいわれているそうですが、マスター(大師)・クラスや日本に関係する神々も超能力を隠して密かに来ているのかもしれません。

・人間の姿を装う場合もワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその形態はさまざまなようです。人間の寿命と変わらないので、誰も分からないようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ということで、人は分からないもののようです。

・「理論的には神々は『不死』で、時空を超えており、何でも可能だ」そうですので、現代の神話も多いはずですが、メディアも把握できず、一般人には分からないようです。「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」そうです。「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」ともいわれています。また誰にも認識が出来ないのかもしれません。イルミナティといえば、ドイツのヴァイスハウプトの話しかないような本が多いのですが、イルミナティは太古から存在するようなのです。人間化した爬虫類的異星人(レプティリアン)のイルミナティ宇宙人が、歴史のシナリオを描いていたのかもしれません。竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を管理しているともいわれます。

・昔は「金星蛇人と火星霊人の戦争」といわれましたが、金星蛇人と現代のキリストの転生したサナンダと言う金星のマスター(長老)との関係はどのようなものなのでしょうか。「アヌンナキが2012年に戻ってくる」ともいわれていました。神々もさまざまな段階、階級があり、「天使を神として崇めるな」ともいわれ、さまざまな神々についての迷信や混乱が輪をかけているようです。世の中は分からないことが多すぎるようです。また「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。

・スター・ウォーズもめぐりめぐって、「異類混血」などの結果、元来、人間は完全なものだったのですが、「人間の子供に障害児が生まれる原因」になっているという説もあり、事は重大です。障害児は困りますよね。さまざまな理由から子供を生みたくないという女性も増えているそうです。さすがに上位の神々も障害児が生まれるのを防ぐことができないようです。現代では、子どもや大人の難病や奇病も増えてきており、介護も含めて困っている人が増えてきているようです。また「魔神が人間の障害児を作る」という話もあるそうです。これも荒唐無稽な話なのかもしれません。

・アメリカやイスラエルのようにエイリアンの超テクノロジーなどの異星文明を国家戦略として、国家機関の総力をあげて導入すべき時なのですが、その歴史的な経緯から日本的な対応が現界だそうです。「イスラエルがシリウスと通商協定を結んだ」ともいわれます。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」はアメリカの独り勝ちなのでしょうか。

FBI超能力捜査官マクモニーグルは、幽霊もよく見たようです。「部屋に入って、『あのドイツ人は誰だ?』と聞くと『ああ、それは幽霊のハンスだよ』と、あっさりいわれた。部隊では有名な幽霊だったようだ。悪さをしないが頻繁に姿を見せるという」という話が本に載っています。「幽霊のハンス」は、「ドイツのナチスが崇拝したアーリアの超人、アルデバランの異星人、ゲルマンの神々」だったようです。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。

・マクモニーグルがバハマで見たフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOは、『悪魔の船』だったのでしょうか、それとも"神々"でも搭乗していたのでしょうか。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。

・このようなアストラル界の住人が人間の姿を装い地上の人間とコンタクトする幽霊の話は、日本でも昔から多いようです。アストラル界の住人を幽霊として、変性意識状態で知覚するようです。幽霊現象や心霊現象も「宇宙人現象」と理解すればかなり分かるようです。アストラル界下層にいる霊たちの多くは、地球上の種々の問題を引き起こす原因となります。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成している」といわれます。

・空飛ぶ円盤や異星人とのコンタクトを通じて超能力がつく場合があるそうです。異星人そのものが超能力を持っている場合が多いそうです。マクモニーグルの透視能力は、先天的なものなのでしょうか。

・「ドイツ語は悪魔の言葉」だそうですが、悪魔だったら幽霊でもでるのでしょうか。霊能力者は、通常、人が見ることのできない幽霊も見ることができるでしょうが、『幽霊のハンス』は、当時の米軍部隊内でも有名だったようです。幽霊現象や心霊現象も「宇宙人現象」と理解すればかなり分かるようです。「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」そうですが、幽霊の形態で現れたり消えたりすることもできるようです。

・アストラル界の存在で幽霊としてか見えないような存在が人間の姿を装い地上にワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他の形態で出てくることは「アバブ・トップシークレット」のようです。人間の背後霊や守護霊も宇宙人が憑依したものかもしれません。米国には、シリウス星人がウォーク・イン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の形態で飛来しており、その数は、非常に多いともいわれます。

・『幽霊のハンス』は、ヒトラー・ナチスが崇拝したという金髪碧眼の『アーリアの超人』たちとは関係があったようです。異次元視力が発達した人か意識の変性状態でないと幽霊は見えないのかもしれません。普通の人でも幽霊との遭遇話は世界的に多いようです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ナチスが崇拝したゲルマンの神々だったようです。

・「ブラジルの夢見の予言者ジュセリーノは四川大地震も的中させていた」そうです。彼の予知は「夢見」というかたちで行われるようです。「未来に起こるであろう出来事を夢で見て、その内容を関係者や当局へ手紙で知らせ警告を発するのだ。その記録は地元の郵便局や登記所に残している」そうです。マクモニーグルやジョセリーノの現在の活動を知りたいものです。世界には「沈黙の予言者」も存在しているのかもしれません。

・地下世界への入口を見つけ出そうと躍起になっていたヒトラーは霊媒で、事実上、異次元のレプティリアン(爬虫類人)の繰り人形であったそうです。またヒトラーは、霊媒の多い地方で生まれたともいわれます。アルデバランの宇宙人に「人格転換」を受けていたという説もあるそうです。「不思議なゲイ(LGBT等)の現象は、異次元の宇宙人の人格転換である」という説もあるそうです。

・「反ユダヤ・反マルクス主義とゲルマン支配種の復権が、トゥーレ協会の教義の中心となった」ようです。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、彼らは過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」そうです。ユダヤ人のホロコースト(大虐殺)の背景にどのような魔神(異星人)がいたのでしょうか。ネガティブなプレアデス星人の存在は奇妙な話のようです。

・「68光年のかなたから火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人」とナチスが狂い崇拝した金髪碧眼のアーリアの超人たち、そして戦後の米国に現れた小人族のグレイと共に飛来した金髪碧眼のノルディックは、人間タイプの同じ種族なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人といわれています。

・現代のコンタクティたちは、テレパシーで情報を得ると言われますが、「ヒトラーも霊媒であった」といわれているそうです。“彼らとの通信方法”とは、どのようなものだったのでしょうか。また、ヒトラー総統は、霊媒の多い地方で生まれたともいわれますし、ユダヤ人の血が混じっていたともいわれます。

・「68光年の彼方から火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人」は、いわゆる神人であったようです。「地球は、これまで、はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響を受け続けてきた。それは、東洋では『黒い竜』として知られる勢力であり、共産主義や全体主義を 推進しているのは彼らである」そうです。宇宙人に関わる、さまざまな伝承があるようです。

・「ヴリル・ソサイエティーのチャネラーたちによると、シュメール語はアルデバラン星人の言語であり、その音は、「不可解なドイツ語」のようであり、そして、ドイツ語とシュメールーアルデバラン語は波長が同じであるとも彼らは、信じていた」そうです。宇宙人の中には、宇宙語と地球語の「ネィティブ・スピーカー・コンプリート・バイリンガル」も多いそうです。宇宙人はテクノロジーの面でも「言葉の問題」を解決しているそうです。

70年前は、プレアデス星人とかリラ星人という言葉がなくて、“金星人”と“火星人”という言葉が使われていましたが、探査衛星などが火星や金星に近づきだしますと、“異次元の金星”とか“異次元の火星”という表現になりました。そして、書籍では「金星蛇人と火星霊人の戦い」という表現になりました。“金星人”と自称する宇宙人の話は多くの書籍になりました。しかし、“火星人”については彼らの秘密主義のためか、まとまった情報は出てこないようです。しかしながら、探査衛星が金星や火星の表面の写真を撮り出しますと、「異次元の金星、火星」という表現になりました。また「金星や火星を経由して別の宇宙から来ている」ともいわれます。

・膨大な犠牲者をだした第二次世界大戦の震源地ドイツでは、金髪碧眼のアーリアの超人たち、金髪碧眼のアルデバラン星人、現代でいえば宇宙人の金髪碧眼のノルディックが、陰でヒトラー・ナチスを操っていたのでしょうか。現在では第2次世界大戦の「ナチス」に関わる問題は法律的に禁止の規定がつくられ、ドイツ社会ではタブーになっているようです。それほどナチスは、ドイツ社会に悪影響を与えたようです。ちなみに、ヒトラーの著書『我が闘争』の内容に、日本に対する人種差別的な箇所があり、当時の政府によって「修正」されたという話もあったようです。

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「第2次世界大戦後のドイツでは、ナチス式敬礼は「ナチ賛美・賞賛」と見做され民衆扇動罪で逮捕・処罰の対象となる。オーストリアでも同様な法律があり、取り締まりの対象になっている。2006年、ドイツで店のクリスマスディスプレーで右手を挙げた複数のサンタクロース人形が、ナチス式敬礼とされ問題となり撤去された」とのこと。このように現代でもナチスの影響がドイツ社会に深刻であったことが窺われます。「中世のドイツの領主はほとんどが異人か異人の末裔だった」ともいわれています。「異人」はアルデバラン星人の末裔だったようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。シュメール文明を打ち立てたのが金髪碧眼のアルデバラン星人といわれ、牡牛座のアルデバランが故郷の惑星のようです。

・「ドイツ語は悪魔の言葉」なのでしょうか。シュメール語と似ており、アルデバラン星人系列の言語のようです。「ルーン文字」は天使の文字とも言われ、アルデバラン星人の文字だったのかもしれません。「サンスクリット語(梵語)は神の言葉」という説もあるようですが、どうなのでしょうか。

・戦後米国に飛来した小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックは、人類に6千年進化しているプレアデス星人といわれています。グレイの「空飛ぶ円盤」に同乗していた「ナチス」とも言われている金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人といわれていましたが、アバブ・トップシークレットのようです。また金髪碧眼のウンモ星人は、ヨーロッパで同化している異星人として知られています。

・日本でも太古、紀伊半島から異次元の地下世界へ“天の浮船”が往来しており、世界の中心地だったという“竹内文書”の説く説話もあります。金髪碧眼ばかりでなく黒目黒髪のマスター・レイス(支配人種)も存在していたのでしょうか。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という話です。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。またオリオン星座は「神の住処」ともいわれ、日本の神々と繋がりがあるのかもしれません。

・「グレイの後に金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプの異星人が来た」そうですが、宇宙人情報については、米国では核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』のため、リークもないそうです。宇宙連合の情報も公式には公表されていません。「ブラジル政府のみが宇宙人の存在を公式に認めている」ともいわれます。

30年ほど前は、エイリアンの生体実験やインプラントやアブダクション(誘拐)には、事件性があり米国のマスコミが盛んに取り上げていました。キャトルミューテレーション(動物虐殺)事件でも米国の新聞社などが大騒ぎをしたようです。現代では、何故か米国の大手メディアも沈黙しているようです。

・グレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼のノルディックもナチスとかいわれたりして、インプラントなどの生体実験に関与していたようです。現在では、種々の理由から、あまりマスコミも騒がなくなったそうです。宇宙人情報がサブ・カルチャーとなってしまいました。シオンの長老の議定書では「大衆は3S(スポーツ、セックス、スクリーン(映画))で政治を忘れさせよ」という政策もあるそうです。

・現在でも「広島地方にプレアデス星人が現われた」という話もあり、プレアデス星人とは関係の深い地域のようです。異星人情報は、日本的な対応がなされているそうです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ということで、日本史を再構成できるのかもしれません。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」。「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という「異人」は、オリオン星人だったのかもしれません。オリオンやプレアデスに多くの日本人が住んでいるという法螺話もあるそうです。「セム系氏族が北極星、北斗七星信仰、ハム系氏族がオリオン、シリウス信仰であることを明らかにしてきた」ともいわれます。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました。それがバシャールだという」話もあるそうです。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。

・SFとしてのタイム・トラベラーの本は多いのですが、異星人は本質的にはリアルのタイム・トラベラーであり、コンタクティ(接触者)の報告も多いようです。我々も「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、タイム・トラベラーの素質もあるということでしょうか。宇宙人のほうが進化の速度が大変早く、タイム・トラベラーになっているともいわれています。

・天使や大天使クラスである異星人とのチャネラー(霊的交流者)やコンタクティ(宇宙人から伝達接触されたという人)が米国では増えているそうです。とにかくストレンジャーが米国には昔から多いそうです。天使たちが神秘的な夢の中で会ったり、町中で普通の人として会ったり、その形態はさまざまなようです。

・進化した異星人は人間の精神体に憑依できるので、コンタクトは自由自在のようです。キリスト教では、大天使の扱いも教派ごとに違うようです。中世の宗教画に見られるキリストや天使、大天使たちも現代では、異星人だが街中の誰も識別ができない普通の人々に化体しているそうです。

・「交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている」とのことですが、クラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると人間タイプの爬虫類的異星人(レプティリアン)は知性的な顔をしているそうです。イルミナティはフリーメーソンを部下として使っているともいわれます。イルミナティが強力なのは低層4次元に潜むテレポート(瞬間移動)自由な宇宙人だからだという説もあるそうです。イルミナティは人間化した宇宙人で「闇の勢力」の中心のようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」そうです。「イルミナティ・エージェントが第三次世界大戦を引き起こす」という不気味な予言もあるようです。

・「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」という説も荒唐無稽な話です。が、それに関しては、いくらかの説(プロセレネ(月以前の人々)もあるそうです。月に関しても非常識な話が増えてきております。非常識が常識になるまでは時間がかかるようです。  

・爬虫類的異星人(レプティリアン)のイルミナティが地球に文明をもたらしたのかもしれません。「月のない地球」の時代についてもコンタクティからの話があるようです。月に関する非常識が常識になるのは、どのくらいの年月がかかるのでしょうか。

・金髪碧眼のノルディックが爬虫類的異星人(レプティリアン)を低層4次元に追放したともいわれています。アルデバランの宇宙人が神に近い異星人なのかもしれません。ハリウッド映画などで謎の人間タイプの不思議な異星人のような人物が登場することがありますが、「彼ら」なのかもしれません。イルミナティや爬虫類的異星人(レプティリアン)の人間タイプも人間社会に混じって普通の生活をしているのかもしれません。「知る人ぞ知る」世界ということでしょうか。進化した宇宙人は人間の精神体に憑依しますので、宇宙人と人間の区別ができなくなったようです。

・東日本大震災についてもさまざまな荒唐無稽な話があったようです。「地震兵器」という荒唐無稽な話についても出版社が書籍を出しているので、誰でも驚くことでしょう。異次元を絡めて解釈しないと理解不能の話かもしれませんし、とにかく荒唐無稽で誰でも笑ってしまうような話で、その本の価値を否定するような話ばかりですが、何らかの意味があるのでしょうか。誰も信じられない馬鹿げた、荒唐無稽な無意味なことも本に記載することで意味を持つかもしれませんが、その編集者の意図は不明です。とにかく「トンデモ本」も多く出版されているのです。何かあの世の道理でもあるのでしょうか。非常識が常識に変るのは、数世紀必要だそうです。

・アメリカやイスラエルのようにエイリアンの超テクノロジーなどの異星文明を国家戦略として、国家機関の総力をあげて導入すべき時なのですが、その歴史的な経緯からアバブ・トップシークレットにして日本的な対応が限界だそうです。日本にもコンタクト話は多いそうですが。

・「思念で人間を創った(?)」という神か天使的なシリウス星人と「実験室で人間を創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が宇宙を2分してスター・ウォーズを始め、宇宙の一部を壊したと言われています。リラ星人に関してもさまざまな説があるようです。すべてはリラ星人から発するという説もあるようです。「神はいない」「神はいないと考えたほうがよい」というサタン(悪魔)の無神論もあるようです。

・また病原菌をばらまく堕天使もいるそうです。黒死病(ペスト)は中世ヨーロッパで大流行し14世紀のヨーロッパの全人口の3割が命を落としたともいわれるようです。中世ヨーロッパの上空に、「空飛ぶ円盤」が現れて霧状のものをばらまいた後、その付近では黒死病が大流行したという説もあるそうです。「黒死病は異星人の細菌兵器だった」というのです。「貧者の核兵器」といわれる化学兵器や細菌兵器が将来の戦場に登場するのはいつのことでしょうか。「未来の大戦では核兵器はもちろん、『貧者の核兵器』も使われる」という未来透視もあるそうです。

・「スペインかぜ」が異星人の細菌兵器だったという「奇説」もあるそうです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「スペインかぜは、191819年にかけ、全世界に流行した、インフルエンザのパンデミックである。感染者6億人、死者40005000万人」、「米国発であるにも関わらずスぺインかぜと呼ぶのは、情報がスペイン発であったためである」、「一説によると、この大流行により多くの死者が出たため、第一次世界大戦終結が早まったと言われている」、「日本では、当時の人口5500万人に対し39万人(当時の内務省は39万人と発表したが、最新の研究では48万人に達していたと推定されている)が死亡、米国でも50万人が死亡した」とのこと。

・スター・ウォーズの原因は、「異類混血」でモンスター・タイプと人間タイプが異常にその遺伝子操作による容姿の変化を憎んだからだという説もあるそうです。現代でも一部ではスター・ウォーズが続いているともいわれています。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」ということですが、明治時代では、どうなったのでしょうか。「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という伝説もありました。が、当時の警察がどのように対応していたのか柳田國男でも一切言及がないようです。

・「ネガティブなシリウス星人が遺伝子操作でモンスター・タイプの生物を創り神に嫌われたそうで、神が大洪水でそれらの生物を全滅させた」という神話もあり複雑だそうです。裏宇宙には人頭のモンスター・タイプの生物が依然として存在しているともいわれています。

・「地球は、プレアデスからシリウスの支配へと変わる」という「天の予定・計画」があるそうですが、実現が遅れているのでしょうか。どのような変化が地球に現れるのでしょうか。「アセンションの年、2012年」も過ぎましたが、世の中に変化の兆しがでてきているのでしょうか。特定の人々が次元上昇の恩恵をうけるのでしょうか。また、チャネラーやコンタクティが増えるのでしょうか。

・「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人がとても進化しているそうです。この「透明人」も近年、地球に来ていたそうで、宇宙連合の飛来が窺われます。高次元の神か神に近い宇宙人のようです。異星人の宇宙船に突如、実体化して乗り込んでくるさらに進化した異星人がいるようです。透明人とシリウス星人が爬虫類的異星人(レプティリアン)を創ったようです。そしてシリウス星人を作ったのは神(オハル評議会)のようです。上には上があって、下位の異星人は上位の異星人に支配されるようです。「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」ともいわれます。「神が造物主を作った」という奇説もあるようです。

・以前は「地球は文明レベルが低すぎて宇宙連合に加入できない」と言われていたそうですが、近年、米国とイスラエルが『シリウス星人と交易協定』を結んだそうです。「ユダヤ人の頭脳は良い」といわれていたのですが、イスラエルの知識階層の指導者レベルが高すぎて、『シリウス星人との交易協定』を結ぶことができたのでしょうか。ユダヤ人は「神の選民」だったので、ナチスの時代にアルデバランの異星人かゲルマンの神々系列の宇宙人に狙われたのでしょうか。どこかの国のように、かなり宇宙人が社会に溶け込んでいる状態で誰も気づかないということもありましょうか。

・宇宙人も進化すると天使や神々のクラスに到達して、我々の認識できない存在になるのでしょうか。マスター(大師)の情報も分からないようです。マスター(大師)・クラスが、地球社会に影響力を行使しているそうですが誰にも分かりません。「キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船上で会見したという日本人がいた」という話があり驚きです。サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。

・アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という存在がよく米国のスピリチュアルな本で言及されます。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスターフッド)の空挺部隊のことだそうです。

・進化した高等知性体は、4次元以上の高次元のアストラル界やエーテル界とよばれる非常に細かい粒子の世界の存在になるようです。リラ星人は人類よりも3万年進化しているので、それ以上に進化している異星人とのコンタクトの例は、報告が非常に少ないようですし、神々の領域に達しているのでしょうか。宇宙連合に入るとプレアデス星人のように人類に6000年程度進化している宇宙人でも神クラスの異星人とコンタクトができるようです。恒星間飛行技術を持っているが、人類と進化の程度が変わらない異星人も多いそうです。一説では神々は人類に70億年進化しているという話もあるようです。

・天国に自由に出入りして人間の転生や人間への憑依を自由に操作できる天使クラスのシリウス星人は、数10万年(?)以上も進化しており、天界の秘密情報を握っているようです。これも確かな話ではありません。米国に自称シリウス人もいるそうで、何らかの形で社会に溶け込んでいるのかもしれません。それに「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説もあり、太古からシリウス星人も日本に来ていたようです。「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」ともいわれます。

・『遠野物語』の「異人」もオリオン星人らしいのですが、オリオン星人もシリウス星人系列かもしれません。ですから日本にもシリウス星人のコンタクティがいて、ネットワークがあるのかもしれませんが、「UFOや宇宙人」の話がマイナーなものになっているので、社会に溶けこんで誰も認識できないようです。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。地球上にはかなり多くの宇宙人が「同化」して住んでいるそうです。

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「(三合会)1970年時点で香港警察の3分の1の人間が黒社会(三合会)の成員を兼ねている者かまたは黒社会と何らかの繋がりを持つ関係者であるという証言が存在した」とのことです。何等かの背景があって中国の三合会とイルミナティのつながりがあったのかもしれません。警察関係者にも浸透していたということからも、「超常的なもの」が窺われます。中国は昔から神人や異人の話の宝庫ですが、すべて異星人の話と結びつけると分かりやすいようです。中国には「天の役人」もいたそうです。

・『中国『秘密結社』が共産党政権を倒す日』(講談社)という本がありますが、中国は、昔から異人や神人、異星人の宝庫ですからその大きな働きが作用するのかもしれません。また、秘密結社も昔から多くあり、それらによる内乱が歴史を動かしてきました。マルクスの共産主義思想も宇宙人的なアイデアだという説もあるようです。

・しかし、共産党政権は、そのようないわゆる非科学的な事、秘密結社を禁止・拒否してきたようなのです。昔から秘密結社が農民たちの内乱の要因となってきた歴史的な事実から、今後の動静が注目されているようです。

・フリーメーソン王国のアメリカが「共産党を非合法」としており、中国共産党は「共産党を否定する秘密結社を禁止している」ので、対立が表面化するそうです。「そう遠くない未来に中国はロシアのように、3分割か4分割される」という予測もあり、「地球の主神」(アセンディッド・マスターのクラスか?)の影響力の行使が何らか関係があるのかもしれないそうです。ちなみにソ連がいくつもの国に分割したのは「地球の主神」か、「ニルヴァーナ(涅槃・天国)評議会」が関係していたという説があるそうです。

・「フリーメーソンの主神は魔王、堕天使のルシファーである」とか「デミウルゴス」とかのいろいろな説もあるそうです。欧米の王室や支配階層を統括するフリーメーソンもアセンディッド・マスター(地球の主神か?)が関係しているのかもしれません。イルミナティ結社の正体も一層分からないようです。

・「中国の『天地会』の秘儀は、志願者の地下の世界(死の世界)を通り、『柳の都市』と呼ばれる神の聖なる都市(復活)へ至る魂の旅を象徴している」そうですが、『柳の都市』というのは神智学でいうエーテル界にある「神々の都市」のことでしょうか。また。アガルタ・ネットワークの「光の都市」でしょうか。シリウスの世界、『柳の都市』で神々や女神、魔女達が何をしているのでしょうか。はたして魔女が存在するのでしょうか。また神々の都市には日本を管理する超高層ビル(天の政庁)があるのでしょうか。ちなみに、「アリゾナ州のセドナ上空に目に見えないエーテルのシティが滞空している」というアメリカの著名なUFO研究家がいるそうです。「エーテルのシティ」とは「神々の都市」なのでしょうか。

・よく「宇宙人もの」の本には、金星人とか火星人という宇宙人がでてきますが、平行宇宙か、異次元の金星か火星であって、探査機が調査し、写真を送ってくる3次元の火星や金星とは違うそうです。

・フォース・フィールドで空飛ぶ円盤の船体を見えなくしていることは、人間には、理解が困難で、進化の程度が数段と上の知的存在なのでしょう。キリストの惑星アプ星からも異星人がきているようです。ビクター・クラス宇宙船もラスベガスの付近の異次元に置いてあるというのですが、「異次元」という概念は私たち一般人には理解不能のようです。彼ら異星人は、時たま、人間とコンタクトをとるといわれているようですが、宇宙連合としてまとまって動いているようです。

・天使の位階は、上位から、熾天使、智天使、座天使、主天使、力天使、能天使、権天使、大天使、天使だそうです。聖書のエロヒムという語を「神」と訳していますが、エロヒム(エルたち)は、神的存在の位階から言うと、エクスシアイ(能天使)に相当するそうです。天使に関しては、諸説ありますが、人間に最も親しみがあり、関係があるのは、もちろん最下層の「天使」です。「天使は実在する」と考える人が非常に多くなってきておりますが、あなたはどうですか。「天使」のテーマも大きな課題となるでしょう。「誰にでも守護天使がいる。あなたがた自身も本質においては、天使である」ともいわれます。太古には人間は天使と交信して生活していたともいわれています。

・米国に限らず、世界的に天使に関するチャネラー(霊的交流者)やコンタクティ(接触者)が激増とまではいかないかもしれませんが、アセンションの時代になって増えてきているそうです。天使に関する本も増えてきているのは、人類の大きな転換点に来ているのでしょうか。

・船井幸雄氏の「全ては必然必要である。またベストである」、「どんなことも肯定し、感謝し、プラス発想を心がけよう」という発想も実践は難しいのかもしれません。

・シャンバラに関する説も色々ありますが、エーテル界に突入した「都市型の超巨大宇宙母船」という説もあるそうです。目に見えない非常に細かい粒子の世界、エーテル界は、現代科学では解明できない世界ですが、昔から神智学などで語られているようです。シャンバラには、パスカルなどの不死になった地球の偉人がいるともいわれます。そこに神々などの高等知性体が存在するようなのです。エーテル界にある神々の都市で、高等知性体は、何をしているのでしょうか。私達の現実の世界に神が影響力を行使しているという説もあるそうですが。

・米軍は、天国に自由に出入りし、人間への"憑依"や人間の"転生"を自由に操作するシリウス星人とコンタクトしているようなのです。イスラエルがシリウス星人と通商協定を結んだという話もあり、事態は相当進んでいるようなのです。日本に関係する神々も来ているという与太話もあるそうです。アメリカ空軍の士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているともいわれます。そしてアメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろ

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2016-01-23 20:16 | その他 | Comments(0)