男を背負うと屏風のような断崖をやすやすと登って医者の門口まで運び、すーっと姿を消した。4)

・ポリネシアなどの南太平洋の島々の異人や神人の伝承は、多いのですが、それに似た伝説は、世界中にあるそうです。つまり、異人や神人が古代の原住民の生活様式やしきたりの起源を創って教えたようなのです。南太平洋諸島の多くの伝承やUFO目撃談、カーゴ・カルトなどの存在は、異人が原住民に部落生活、社会生活などのしきたりを教えたことが窺われます。性風俗も当初は異人が教えたともいわれます。またトウモロコシを異星から導入したり、作物の作り方も宇宙人が教えたようです。進化論が定説ですが、インド神話の猿の神様は「ケンタウルス座α星人」ともいわれます。宇宙人の動物タイプが3割も存在しているようです。

・日本でも「異人」の伝承は多いのですが、柳田國男が明治43年に発表した『遠野物語』の異人の伝説には、明治時代の頃の遠野地方にうごめく異人の姿があります。「真っ赤な顔の異人」は目立ちましたが、現代では、異類混血や同化で一般人と区別がつかないようになっているのでしょうか。現代の異人の情報もメディアで報道されないと、私たち一般人には、何も理解できないでしょう。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」ということで、住民たちからは恐れられていたようです。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、記憶の甦った人が異星人で、普通の人間との差は少なくなっているようです。前世を記憶する米国人も少なくないそうです。異次元に存在するといわれている異星人の存在は、精神世界の話になってくるようです。現代では人間と宇宙人の区別ができない時代のようです。また前世を記憶するアメリカ人も多いようです。ウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の人々も増えてきているようです。「何とか苦労して宇宙人といわれる人に会ったが、そこらへんにいるオッサンと変わりなかったので驚いた」という話もあるそうです。

・「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですが、現代のメディアでも把握できないようです。同化の能力も想像を絶するようです。人間と寿命も同じなので誰も気づかなくなるのでしょうか。遥かに進化した宇宙人(神)が人間の精神体に憑依するともいわれています。「宇宙人は“幽体”や“霊体”で目に見えない異次元に存在している」そうです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」ともいわれます。

・旧約聖書と新約聖書の神が違い、牛神と龍神との争いが古代のスター・ウォーズになったという説もあります。モンスタータイプの異星人が神々の役割をしていたのでしょうか。鬼もオリオン星人の系列なのかもしれません。オリオン星人も長身のグレイのようなリゲル人とか、羽の生えたドラコ人とか、人間タイプもいるそうで、多種多様のようです。「シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている。奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」そうです。「異人」はオリオン星人だったようです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。

・牛神というのは鬼やモーゼのように頭に二本の角が生えていたのでしょうか。「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」といわれます。牛神も人間の精神体に憑依したり、幽霊の形態で、この世に関与するのかもしれません。モンスタータイプの異星人も種類が多いようです。全宇宙では人間タイプの異星人は7割、動物タイプが3割いるともいわれています。戦後「米国にキリストがきていた」という話もありましたが、キリストの星はアプ星人といい、南米にも来ていました。アプ星人は国際連合の設立に協力したそうです。そのことを考えれば、スサノオかスサノオの転生体が生きており、日本にも来ていたのでしょうか。スサノオは単体とみるのではなく宇宙人種族として見るべきなのでしょうか。スサノオはオリオン星人だったようです。そうするとアマテラスは、リラ星人系列だったのかもしれません。オリオンETグループは、「邪体霊」といわれます。

・「山人」の実在性や正体については、柳田國男も晩年にはあまり強調しなくなったようです。「山人」や「異人」の正体は伝承だけでは分かりませんし、詳細な伝説はないようです。山姥も2メートル40センチとか、当時の人々の背丈と比較して、とても大きく、宇宙人との繋がりが窺えるようです。山人を宇宙人と結びつける説は学界にはないようです。

・小柄なリラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」といわれます。リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたようです。ラエルの報告によるリラ星人は小柄ですが、巨人タイプもいるのでしょうか。グレイの長身タイプがリゲル人といわれます。リゲル人が最も過激のようです。リラ星人の遺伝子やプレアデス星人、シリウス星人、オリオン星人等の多くの宇宙人の遺伝子などが、人類のDNAに含まれているともいわれています。また「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれます。地上でのネットワークが宇宙人間に認識されていたようです。「異人」は、世界的にも広く存在したようなのです。「中世のドイツの領主はほとんどが異人か異人の末裔だった」ともいわれています。ドイツの異人はアルデバランの宇宙人の系列だったようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、金髪碧眼のゲルマンの神々だったようです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。闇の同胞団の正体もわかりません。オリオンETグループともいわれますが。

・「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という伝承があるように“異人”はオリオン星人の系列だったようです。全国各地の伝承にはアブダクション(誘拐)の犠牲者のアブダクティや生体実験の被験者や犠牲者の話が多いそうです。神隠しは東北地方ばかりではなく全国であったようなのです。天狗や鬼もオリオン星人の異類異形の宇宙人だったのかもしれません。「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」とイタリアのクラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロは述べています。河童もグレイの一種で、ゼータ・レチクル星人の系列だったのかもしれません。

・「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)」が、ダルシー基地やエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。翼のある「烏天狗」は、オリオン座の有翼のドラコ族のバイオロボットなのかもしれません。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。また堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。「世界中の不思議なゲイ(LGBT等)の現象は、異次元の宇宙人の人格転換である」という説もあるそうです。ゲイ(LGBT等)も世界で蔓延していますが、日本でもマスコミをにぎわしたり、政治家にも増えてきているそうです。ゲイ(LGBT等)の問題も日本的な解決方法で、法律も整備されていないようです。また「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。

・「異界」の伝承も、農民たちの「作り話」ではなく、異次元の宇宙人の現象のようです。宇宙人やUFOのサブ・カルチャーでは、作り話やフィクションの荒唐無稽な話が多いようです。「人間の死後の世界と似た、アストラル界やエーテル界に進化した宇宙人が棲んでいる」ともいわれます。人間の死後の世界、幽界や霊界、宇宙人のアストラル界やエーテル界も似ている世界ですが、私たち一般人は、当然詳しくはありません。「アストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっている」といわれます。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成しています」とのこと。「人々がアストラル界で過ごす期間は、数週間から何百年にもわたる」といわれます。人間の死後の世界の「幽界」は、この世に似ていますが大きく違う世界のようです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は「幽界」のように「この世」に似ている世界ですが非常に大きく違うアストラル界のような世界です。異次元のパラレル・ユニバース(並行宇宙)の巨大な建物に、遥かに進化した宇宙人(神)がいるともいわれます。

・「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説があるそうです。『遠野物語』にでてくる「山人」や「異人」は、オリオン星人系列の異星人かその末裔だったのではないのでしょうか。誘拐された者や異種交配の被験者も多くいたようです。昔は「火星霊人と金星蛇人の争い」といわれましたが、近年になって具体的な異星の名前がでてくるようになりました。「山神」としても超能力を示さなければ、誰も分からなかったようです。

ウィキペディア(フリー百科事典)によると「天津神は高天原にいる、または高天原から天降った神の総称、それに対して国津神は地に現れた神々の総称とされている。ただし、高天原から天降ったスサノオや、その子孫である大国主などは国津神とされている」とのこと。また私たち一般人は、「産土神」(うぶすなかみ)についても詳しくありません。「スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。理論的には「神々(進化した宇宙人)は時空を超えているので神々(宇宙人)といわれる」ようです。スサノオ命のその後は分かりません。

・世界的不況で困難に直面している産業界が渇望している宇宙連合の超テクノロジーは「エリア51」などで、米国は国家機関の総力をあげて取り組んでおり、『ペンタゴンの陰謀』という本によれば、エイリアンの超テクノロジーが現在までかなり新兵器などに応用されたといいいます。太古から宇宙連合が地球人を偵察していたようなのですが、宇宙連合も2種類あるそうです。邪悪なオリオン星人といわれるように、オリオン大戦という大規模なスター・ウォーズをした種族だそうです。アブダクション(誘拐)やキャトル・ミューティレーションをしたグレイやゼータ・レチクル星人と同盟を結んでいるようなのです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」そうです。クイントニアに住む異星人もグレイタイプのようです。

・「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-『遠野物語』第三十一話」とあるように異人の犯行だったようですが、オリオン星人系列の異星人ではなかったのでしょうか。「人さらい」や「神隠し」事件についても柳田国男は警察を調べなかったようです。当時の警察はどのように対応していたのでしょうか。異星人には、人間の感覚が通じない宇宙人もいるのでしょうか。昔は東北地方には宇宙人のアブダクション(誘拐)が多かったようです。神隠しの現象は全国的にあったようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ということですから、「異人」は、オリオン星人だったのかもしれません。また東北地方には宇宙人とのコンタクティも少なくないようです。「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」そうですので、人間社会に昔から溶け込んでいるようです。

・戦後、米国に登場してハリウッド映画にもなり話題になった「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)」は、オリオン星人だったともいわれ、その超能力は凄まじく異次元移動ができたようなのです。またプレアデス星人が東北地方に来ていたという本『プレアデス星訪問記』(上平剛史  たま出版 2009/3もあります。最近でもいろいろとコンタクティの話があるようです。

・超太古には日本にはプレアデス星人、シリウス星人、オリオン星人、リラ星人、アルクトゥルス星人などが飛来して人間を創り増やしていたそうです。プレアデス星人といえば、スイスのビリー・マイヤーのコンタクト話が有名で、いろいろと書籍が出版されています。プレアデス星人は若く見えても実際の年齢が例えば、数千歳とかという話のようです。異星人は一般的に長寿のようで、リラ星人の「不死の惑星」の異星人もいれば神々のように正体不明の異星人もいるようです。恒星間飛行技術を持っているのですが、地球人と変わらない異星人もいるそうです。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族という“陰と陽”の二系統の血脈の関わり、抗争の中で歴史は動いてきたようです。

・エイリアンの超テクノロジーの導入は、国家プロジェクトとして、取りかからないと、超テクノロジーのコストという面で、遥かに米国に遅れることになるのでしょうか。エイリアンの超テクノロジーに関しては、米国の1人勝ちのようです。ロシアも秘密裏に「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」を研究しているのかもしれません。

・『平成維新』を実現するとすれば、江戸時代の「鎖国」から「開国」のように、プレアデス星人の宇宙連合との「開国」が常識となりましょうか。「地球はあまりにもレベルが低くて宇宙連合に参加できない」とかっては、いわれていたそうです。「異星人情報も開示される」という話もありましたが、アバブ・トップシークレットですから向こう数百年は無理のようです。

・日本にも「沈黙のコンタクティ(接触者)」が多いようで、日本も太古からプレアデス星人と関係が深いので、当然のことなのでしょう。プレアデス星団に日本民族の原郷の惑星があるという説もあったようです。プレアデス星人も人類に6千年ほど進化しており、プレアデスまでは6時間で行けるそうです。プレアデス星人は人間と似て肉体的にはあまり進化していないそうで、自由に幽体離脱ができる、はるかに進化した異星人とは区別できるようです、しかし、恒星間飛行技術を入手しており、宇宙連合を通じて、パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人と交流をしているそうです。ですから、異星連合に入ると一挙に神の世界ともコンタクトできるそうです。プレアデスに日本人の原郷があるともいわれます。プレアデスやオリオンには日本人が多く住んでいるそうです。プレアデスには6時間で行けるそうです。

・アストラル界に住む異星人とエーテル界に住む異星人は進化の段階が違いますが、アストラル界の住人がさまざまな形態をとり、人間の姿で地上に潜伏しているといわれます。『遠野物語』の異人もアストラル界やエーテル界などへ異次元移動ができたようなのです。異次元の金星の葉巻型宇宙船の中で金星のマスター(長老)に会った日本人もおり、そのコンタクティ・グループもあったそうです。キリストの転生歴を持つサナンダという金星のマスター(大師)もいたそうです。マスター(長老)クラスは、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所にニルヴァーナ(涅槃・天国)から瞬時に移動できるそうです。

・アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という存在がよく米国のスピリチュアルな本で言及されます。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスターフッド)の空挺部隊のことだそうです。現代でもマスター(大師)と交信している人間が存在するようなので不思議です。マスター(大師)にもゲイ(LGBT等)が少なくないともいわれます。

・『遠野物語』は「青空文庫」のインターネットで、無料で読めるので便利です。「あの世」と「この世」の人々との交錯の伝承は、幻覚やイリュージョンでしょうか。そのような現象には幻覚、幻想、共同幻想、幻影、錯覚と様々な形容ができるようです。単純に農民たちの「作り話」として片づけることができないほど、不思議な現象で反復して起こったようです。変性意識状態の場合が多いようです。柳田国男は「『遠野物語』は作り話ではなく事実の話だ」とも述べています。

・「はっと気づいたら明晰夢であった」という話も多いようです。異次元の現象は「夢の中」で頻繁に毎日、個人的に起こっているようです。夜ごとに「あの世」に入って、夢の世界を知覚して、朝に目が覚めるパターンのようです。異次元の宇宙人現象は夢の中で起きるようです。「宇宙人は“幽体”や“霊体”で目に見えない異次元に存在している」とか「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」とか言われます。夢の中でアストラル・トリップしてクリスタル・シティでキリストに出会ったという欧米のチャネラーが多いそうです。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。

・河童との異類混血の話も少なくなかったようです。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」とマオリッツオ・カヴァーロというクラリオン星人のイタリアのコンタクティが述べています。グレイはまたゼータ・レチクル星人の一種ともいわれます。「エササニ人は、地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つだ」そうです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。異次元の科学については、地球人の科学者は理解不能だそうです。人間の死後世界の幽界や霊界に似た、目に見えない非常に細かい粒子の世界、アストラル界やエーテル界に宇宙人は棲んでいるそうです。「宇宙人はあの世とこの世を幽霊のように往来している」そうです。

・グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」などが存在します。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。グレイはバイオロボットだという説もあり、その超能力は想像を絶するそうです。「人さらい」や「神隠し」で(世界中の?)多くの子供が消えたようですが、詳細は不明です。グレイも人間タイプが増えているともいわれます。

・シベリアの少数民族の伝承にも「山男」や「山女」、「山神」、「妖怪」などがよく出てきます。柳田國男の『遠野物語』のように、山間地の住人達の「作り話」ではないようです。「異人」といわれる異星人が、人間と関わり合いを持っていたようです。シベリアも宇宙人の話が豊富なようです。「異界」やアストラル界を出入りする「異人」がシベリアの住人達に知覚されていたようです。異次元の宇宙人現象が、「不思議な伝承」になっているようです。「太古から“堕天使”が人間の女と交わり、人口を増やしてきた」ともいわれています。「堕天使がさまざまな形態をとり、地上に出てくるのは性交渉が目的だ」という奇説もあるそうです。昔から異類異形のものとの異類混血があったようです。「山の人」は、幽体離脱が自由にできる異星人だったのかもしれません。不思議な現象は、「山の人」が肉体から離れて「幽体の幽界のようなアストラル界」に存在するからのようです。

・現代では「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」とか「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」ともいわれます。アストラル界の住人とのコンタクティ(宇宙人から伝達接触されたという人)も少なくないそうです。

・アメリカのアブダクション(誘拐)の事例では、小柄なグレイが「壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。部屋から体が持ち上げられ、気が付けば宇宙船の中におり、生体検査を受けたりするそうです。小柄な宇宙人グレイの宇宙船内には人間タイプの金髪碧眼のノルディックという宇宙人がいたそうです。人間の幽体を操作できるようなのです。グレイは下働きをしていたようで、金髪碧眼のノルディックの部下だったそうなのです。そして、アブダクション(誘拐)された人は、元の位置(ベッドなどに)に戻されていたようなのです。肉体がどのように宇宙船内に引きこまれるかは分かりません。グレイはアイゼンハワー大統領の前で空中浮遊をしたそうで、エイリアンの超テクノロジーは超高度なもののようです。

・人間が消えていなくなる。そして長い期間をおいて戻ってくるという神隠しの事例も詳細は分からないようです。神隠しの事例も昔からかなりの数になったようです。「異人」の正体も当時は分からなかったようです。『遠野物語 山の人生』では、すべての事例が「人さらい」や「神隠し」の場合ではなかったようです。気が狂ったりして山に入った人々もいたようです。

・小柄な宇宙人グレイもさまざまなタイプがいるそうです。バイオ・ロボットともいわれたり、人間タイプも増えているそうなのです。アブダクション(誘拐)の現場で働くのは、グレイですが、上官が位の高い金髪碧眼のノルディックといわれる人間タイプの宇宙人だそうです。日本の場合では「異人」と「河童」が一緒に飛来していたのかもしれません。カッパが宇宙船を操縦している日本映画も作られました。小柄なグレイと金髪碧眼のノルディックの組み合わせのようです。「異人=オリオン星人」説はいまだに少数説のようですが、「河童=宇宙人」説が増えているそうです。

・洋書の本によりグレイのさまざまな種族の区分けが分かります。米国には相当豊富にエイリアンに関するペーパーブックなどの洋書があると思いますが、私は、現在ほとんど洋書は勉強していません。ちなみにamazonの「洋書」に「alien」と入力すると18680件、「UFO」と入力すると6577件が分かります。アバブ・トップシークレットですが、洋書を読めば、様々なことがかなり分かることでしょうか。

・精霊界と高次元の異星人(天使)が住むアストラル界やエーテル界も似ているといえるでしょうか。そして、アストラル界やエーテル界にもシティがあるそうです。アストラル界は、欧米では“サマーランド”といわれています。米国人の死後世界、サマーランド(常夏の国)やブルーアイランドからこの世にさまざまな影響があるそうです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だそうです。サマーランドから宇宙人がさまざまな形態できているのかもしれません。

・エイリアンの超テクノロジーの導入は、国家プロジェクトとして、取りかからねば、超テクノロジーのコストという面で、遥かに遅れることになるのでしょうか。宇宙連合とのコンタクティも世界的に増えているようです。「地球はレベルが低すぎて、宇宙連合に参画できない」と言われていましたが、今もそうなのでしょう。『平成維新』のいま、江戸時代の「鎖国」から「開国」のように、プレアデス星人の宇宙連合との「開国」が常識とならないようです。

・日本にも「沈黙のコンタクティ(接触者)」が多いそうで、日本も太古からプレアデス星人と関係が深いそうですから、当然のことなのでしょう。東北の田舎や山間部には、昔は『異人』が俳徊していたそうです。それでコンタクト・ストーリーは豊富なようです。異人は宇宙人だったと解すれば多くの謎が解けるようです。異星人のアブダクション(誘拐)の被害者や交配実験の被験者を地上で見た伝承が多かったようです。

・「天狗は宇宙人だったと」いう説が有力のようです。また「異人」や「山人」は宇宙人、オリオン星人だったのではないでしょうか。プレアデス星人も東北地方でコンタクティがいたようです。宇宙人は、だいたいタイム・トラベラーで、宇宙人の存在する4次元以上は「時間のない世界」で、コンタクティ(接触者)が宇宙人から未来の機械で「人類の未来」を見せてもらったという話は多いそうです。エイリアンからの「未来情報」は貴重です。

・異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視し調査しているそうですが、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形をとると識別不能になるそうです。

・現在の経済的な困難の世界の対策には、色々な説があるでしょう。いわゆる高等知性体の経済発展の歴史・経済学説・経済システムもあるらしいのです。おそらく、現代の常識とはかけはなれているものでしょうか。しかし、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、詳細は全く不明のようです。

・異星人の「超科学」「超テクノロジー」に挑もうとする現代の科学者も増えてきているそうです。明治時代の柳田國男の『遠野物語』にみられるように東北地帯の山地には『異人』が徘徊しており、UFO目撃の多い地帯と考え合わせれば、異星人の飛来・異人のネットワークがうかがわれるそうです。宇宙人の社会では「貨幣システム」がなくなるといわれていますが、現代では、「貨幣制度の廃止」も超未来のSF話になるのでしょうか。

著者(上平剛史)の生まれ故郷、岩手県浪打村は、現在は岩手県一戸町ですが、世界遺産を目指している「御所野遺跡」があります。また、「御所野縄文博物館」ができています。ちなみにメキシコの古代遺跡と宇宙人のつながりの話がありますが、古代遺跡と時空を超えたはるかに進化した宇宙人とのつながりが窺われます。

・宇宙太子(エンバー)の正体も分かりませんが、プレアデス星人から「神人」にでもなった者が、東北地方に現れたのでしょうか。「神人」と「異人」の関係も不明です。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」ともいわれます。プレアデス人は、人類に近いポジティブな種族との定説がひっくりかえるような話で驚きます。わが国の天皇家の天之御中主神(あめのみなかぬし)やキリスト教の“天の父なる神”がスバル(プレアデス)信仰にあたるともいわれます。大宇宙にはさまざまな点において、歴史的にも理論的な混乱があるように思われます。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろ

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2016-03-22 15:08 | その他 | Comments(0)