この神のような人は、蛇として表現されるが、人間の姿をとって現れることが多い。蛇というのは彼のシンボルであり分身だ。また通常は「背の高い白人で顎鬚を生やしている」と叙述される神秘的な人物だ。(6)

・霊界に似たアストラル界やエーテル界には都市があり、壮大な文明が存在しているそうです。高等知性体の超科学には、容易にアクセスできないようです。神々の都市も異次元にあるというイタリアのコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロの報告がありますので、驚きです。神々の世界で神々や女神や魔女達が何をしているのかも分かりません。

・現代風に言いますと世界の宗教の始まりには教祖と高次元の異星人とのコンタクトがあったといえるでしょう。この太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるグレート・マスターたちも活動しているようなのですが、はるかにレベルの低い地球に影響力を行使しているのでしょうか。また、マスター(長老・大師)が人間の姿を装い、地上で活動でもしているのでしょうか。昔は、地球はレベルが低すぎるために異星連合に参画できないといわれていました。アストラル界の住人達は、人間の姿を装い地上にでてきているという話もあるようです。アストラル界の住人たちとのコンタクトをメイジャーな情報にしていく必要があるそうです。

・「米国で制作された映画で、イスラム教の預言者ムハンマドが女性好きのほか、同性愛者などとしても描かれたので、リビア東部のベンガジで911日夜、米国大使が群衆の襲撃を受けて殺さた」事件がありました。これもイスラム教の大衆の世界の認識が、米国政府でも認識不足ということでしょう。

・また、以前の大統領選挙で「共和党の大統領候補のロムニー氏がモルモン教徒、つまり末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師として伝道活動に2年間、フランスのボルドーで従事した」ということです。これも、モルモン教の地盤や影響力が非常に強固なことを窺わせました。物質文明の国、米国でも精神生活である宗教の政治における影響力が強いそうです。

・あの世とこの世は結びついており、個人の人生において“心霊体験”は、多くの人が、経験しているそうです。有名人の“心霊体験”などの書籍も多いのですが、米国では特に“天使体験”が多いといわれます。「人は皆、記憶を失った異星人だ」といわれます。また、シリウス星人などは天国に自由に出入りしているそうですので驚きです。

・シリウス星人という種族は、「思念(?)で人間を創った」ともいわれるほど、思念の力が強いそうです?!太古、シリウス星人は、遺伝子操作か何かでモンスターのような生き物をたくさん作り、神に嫌われたといわれます。

・また、天使団の3分の1を率いて神に反逆したといわれるルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。「ハリウッド映画にもなった小柄な異星人グレイもバイオロボットだ」といわれます。ルシファーは、地獄に落とされ、そこで悪魔の王、サタンと呼ばれるようになったともいわれています。神々や天使の世界は、時空を超えており、今もルシファーは健在だそうです。

・ちなみに、ルシファーやサタンというのは、“遺伝子科学者”の集団の名前だという説もあるようです。米国で話題となり映画にもなった 『メン・イン・ブラック(黒服の男たち)』は、シリウス星人系列のオリオン星人だという説もあるようです。フリーメイスンと異星人との結びつきは、太古から結社員自身しか分からないといわれます。

・シリウス星人や一部のプレアデス星人は、“天国”“涅槃(ねはん)”に出入りしていると言われています。死後の世界の天国は、エーテル界やアストラル界などにあるらしいのですが、筆舌にはつくしがたい世界のようです。

・エイリアンのアブダクション(誘拐)の際の超テクノロジーは人間の幽体の異次元移動を伴う想像を絶するもので、私たち一般人には理解できないようです。空飛ぶ円盤まで人間の肉体をベッドから空中浮揚させる超テクノロジーは人類に5万年進化しているエイリアンの超科学のようです。アイゼンハワー大統領の前でエイリアンが空中浮揚したりして、あまりに超テクノロジーが凄かったので、アメリカ軍は、異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたようです。

・そして、異星人情報を公開しようとしたケネディ大統領が「サイレンス・グループ」により暗殺されたという説もあるそうです。ケネディ大統領もアダムスキーの案内で異星人(金星人)と会見したともいわれています。

・アメリカ合衆国のダルシィ秘密基地の異星人については以下のような情報があります。「なお、ダルシィ地下基地に居住する異星人は1種族ではなく、次の4種族で構成されている。

1.標準的グレイ族=身長1メートル20センチ前後。レティクル座ゼータ星出身。

2.長身グレイ族=身長2メートル10センチ前後。オリオン座リゲル系出身。

3.ドラコ族=レプティリアン(爬虫類人)で身長2メートル前後。肌の色は白くて有翼。オリオン座ドラコ星系出身。基地全体を統括する支配階級。

4.レプトイド族=身長2メートル前後。恐竜から進化した地球の先住民らしい。最下層の労働階級で、掃除や炊事、運搬など日常的な雑用を担当」とのことですが、ドラコ族のように「有翼の異星人」もいるようです。

・これらの生体実験をしている異星人は、アブダクション(誘拐)をしている宇宙人種族として知られています。これらのオリオン星人の系列の異人が、『遠野物語』に登場する異人なのかもしれません。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」といわれますが、詳細は不明ですが、異人はオリオン星人だったようです。

・「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれますので、オリオン星人はかなり昔から社会に同化して浸透しているのかもしれません。識別できない異人も、歴史上には多くいたのかもしれません。そしてアストラル界とこの世を往復していたのかもしれません。天狗は、人間が弟子になりたいと思うほど霊格は高くないそうです。有翼の烏天狗の絵図もあります。

・「長身のグレイ族」は、オリオン座リゲル出身と言われますが、かなり進化しており宇宙で最も過激な宇宙人種族なのかもしれません。有翼のドラコ族が、有翼の天狗として日本史に現れたようです。オリオン星人にも色々な種族があるそうです。人間タイプの異星人は、アメリカ軍に超テクノロジーを提供することを拒否したともいわれております。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。アメリカ空軍士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうです。

・アブダクション(誘拐)の現場の話では小柄なグレイとともに金髪碧眼のノルディックといわれる異星人がいたことも報告されています。妖精やエイリアンが中世のヨーロッパなので目立ったのは、異類異形で小柄だったので目立ったからでしょうか。人間タイプの異星人は、昔から人間社会に溶け込んでいたようです。「中世のドイツの領主のほとんどは異人だった」という説もあります。「暗黒のヨーロッパの中世」では、魔女狩りや、さまざまな非人間的なことが行われていたようです。

・また日本でも「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれています。天狗と違って、異類混血などで人間化した異人は昔から社会に溶け込んでいたようです。人間タイプの異星人は、金髪碧眼のノルディックのように、バイオロボットといわれる小柄なグレイを「部下」「使用人」として使っているようです。またグレイもさまざまな種類があり、ゼータ・レチクル星人とかリゲルのように高度に進化していった異星人もいるようです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」そうです。

・高度に進化した異類異形の異星人と神々や天使クラスの人間タイプの異星人が対立しているようです。また全宇宙を創造した「虹の神々」も地球にきているという話もあるそうです。人間の精神体に憑依できる進化した異星人は誰も分からないようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ともいわれますし、「神々も市井の人となり普通の生活をしている」とか「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ともいわれます。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。

・「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」ということですが、オリオン星人にでもアストラル界やその他の異界に超テクノロジーで引き込まれたのでしょうか。被害者やアブダクティたちは、その後どうなったのでしょうか。

・フリーメーソンとユダヤの陰謀論の本は、少なくないようですが、根も葉もない論理だと「トンデモ本」にする識者も多いようです。「人類の文明は異星人によるもの」という説は、欧米の有力説になりつつあるともいえましょうか。ニーチェのいう「超人」とは、アルデバラン星人のことでしょうか。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。イタリアのコンタクティのマオリッツオ・カヴアーロが、神々の都市の実在を語っています。フリーメーソンの薔薇十字団の正体は、歴史の大きな謎です。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人がパリに来ていたのかもしれません。オリオン座の領域から異星人が、地球に来ているという情報がありますが、地上のネットワークが存在するのでしょうか。ケンタウルス座アルファ星(アルファ・ケンタウリ)からは、人間タイプの金星人の末裔がきているといわれます。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。金髪碧眼のノルデック・タイプの異星人の後に、東洋人タイプの異星人が来ていたという情報もあるようです。

・世界を悩まし、アラブ諸国を宗教色一色にしているようなイスラム教も、教祖が異次元の大天使ガブリエルとの遭遇により始まったようです。ヘルメス文書も太古の情報を伝える貴重な文献のようですが、まるでファンタジーのような世界です。異星の都市、異世界の都市を描いたものがあったのでしょうか。近年では神々の都市に行ったというイタリアのコンタクティ(宇宙人から伝達・接触されたという人)、マオリッツオ・カヴアーロがいます。聖書の黙示録の「ニューエルサレム」は、色々な解釈があるようですが、都市型の超巨大宇宙船なのかもしれません。・ニューエルサレムが、移動する「都市型の超大型宇宙船」と解釈すれば、納得のいく描写となるという説もあるようです。これはインドの叙事詩に見られる超巨大な都市型の宇宙船を連想させましょう。近年ではカナダのコンタクティ(宇宙人会見者)が「宇宙にシャンデリアのように輝く都市規模の巨大な宇宙船」を目撃しているようです。

・「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうですが、当然、私たち一般人は、知らないことや理解不能なことが多いようです。「イルミナティは宇宙人の集団なので強力なのだ」そうです。「イルミナティ・エージェントが第三次世界大戦を引き起こす」という不気味な予言もあるようです。「イルミナティなどのフリーメーソンに入ると『神』に会える」という与太話もあるそうですが、イルミナティについては私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。イルミナティの空飛ぶ円盤はタイム・トラベルができ、「米軍の将軍が同乗していた」ともいわれます。竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を管理しているともいわれます。

・「第2次世界大戦後、元ナチスの大佐が空飛ぶ円盤に乗っていて米国に着陸した」とか「小柄なグレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼のノルディックはナチのようだった」とかナチと異星人の結びつきを示す話はいろいろとあるようです。また、ドイツのナチスが「空飛ぶ円盤」を開発していたという本も数冊あるようです。ナチスは金髪碧眼のアルデバランの宇宙人とコンタクトを取っていたとも言われます。

・アルデバランの異星人、ゲルマンの神々は「超人」ともいわれ、ヒトラーも非常に恐れていたそうです。ヒトラーは「誰もいない部屋の中を指差し、彼ら(超人)がそこにいる」と側近に叫んだそうです。異次元の見えない「超人」たちをヒトラーは感じていたのかもしれません。フランスのナポレオンと「赤い人」とのつながりのように、超人や異人と関わり合いは世界中に伝説があるようです。「中世のドイツの領主はほとんどが異人かその末裔だった」ともいわれています。

・「ユダヤ人のホロコスト」についても多くの謎がありますが、金髪碧眼のノルディックというプレアデスの異星人が仕掛けたという説もあるそうです。プレアデス星人のイメージとかけ離れていますが、異種交配の結果なのでしょうか。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」といわれます。

・アイゼンハワー大統領の後のケネディ大統領の暗殺事件については現代でもいろいろな憶測や説があるようです。「ケネディ暗殺はナチの陰謀だ」ということは金髪碧眼のノルディックなどの異星人グループが背景にあったのでしょうか。「ケネディ大統領は、宇宙人情報を公開しようとして暗殺された」という説もあるそうです。前のアイゼンハワー大統領が異星人と「秘密協定」を結んだからだともいわれています。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるそうです。1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張されています。また「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府はコンタクトがあるようです。

・またアイゼンハワー大統領の前でグレイというエイリアンが空中浮遊を見せたり宇宙船や超テクノロジーを公開したりしたそうです。あまりの超テクノロジーにアメリカ政府は驚愕して、異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたともいわれます。米軍は「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の開発に全力をあげているそうです。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。

・ウィングメーカーは、アメリカ・インディアンとの関係から見ても人間タイプのシリウス系のオリオン星人のことではないのでしょうか。

・「宇宙連合との明らかな公開されるコンタクトもあなたの存命中には実現しない」と予言されているようです。宇宙連合にとっては、地球はまだ遅れた惑星で、ここ数世紀以内には、宇宙連合に加盟する資格はないということでしょうか。宇宙法の中には、「地球の人類の進化に介入してはならない」というのがあるそうです。映画「インデペンデンス・ディ」の中でもアメリカ合衆国大統領とエリア51という秘密基地との場面が出てきますが、情報操作は、完全に高等知性体に握られているのかもしれません。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。

・映画『インデペンデンス・デイ』を地で行くような話のようです。ウィングメーカーの話もフィクションとナンフィクションが絶妙に入り混じった話のようです。だが、その用語使いは、単なるSFをはるかに超えているといわれます。はたして、シークレット・タイム・トラベラーは存在するのでしょうか。

・ウィングメーカーの本は、3冊が出版されていますが「映画のシナリオ」のような感じで、気軽に楽しめばよいとおもいます。が、あまりにも相似性と、独自性と関連性のあるストーリーに感じられます。“ウィングメーカー”の描写表現は、新鮮な感じを与えるようです。「疑うより楽しむ」姿勢が、このような本には、必要なようです。クロード・ボリロン・ラエルの「リラ星のエロヒム」以来の珍しい切り口の本のようです。)

・「異人」で「大男」や「巨人」の話も各国の伝承に多く出てくるようです。森の主カルガマもどのくらいの「大男」だったのでしょうか。人間タイプというよりも妖怪のイメージです。Giantとかnephilimとかannunakiとかの単語をYou Tubeにいれると米国の奇妙な動画が豊富に見られます。偽物も多いそうです。インチキ動画にしても奇妙なものです。北欧神話でもアース神族とヴァン神族のほかに巨人の国がありますが、どの程度大きいのか分かりません。宇宙人のコンタクティ(宇宙人から伝達接触されたという人)によるとトールホワイトと呼ばれる宇宙人の存在があります。長身の宇宙人は、2メートル40センチくらいともいわれています。You Tubeの動画を見ると巨人や大男の人骨でもでてきたのでしょうか。

『ウィングメーカー』(ウィングメーカーLLC) (VOICE)という本は、フィクションの小説として理解されています。その中で興味を引くのは3メートルの身長のコルテウムです。「コルテウムの技術は、地球の最高のコンピュータ・テクノロジーより約150世代進んでいます」とのことで、宇宙人の中では、トップクラスのようです。単なるフィクションと読めない面白い内容だそうです。3メートルの宇宙人の現代のコンタクティ(宇宙人から伝達接触されたという人)はいるのでしょうか。日本人のコンタクティ、「安井清隆」さんがコンタクトしたのは、2メートル40センチのヨーロッパ系の宇宙人だったそうです。とてつもなく進化している宇宙人ですが、この系列の宇宙人が3メートルの大男の宇宙人の系列かもしれません。

・ちなみに、クロード・ボリロン・ラエルがコンタクトしたリラ星人は小柄なサタンとよばれるエロヒムだったそうです。神話に存在していたネフィリムも異世界に存在しているのかもしれません。3メートルの大男の宇宙人が神々に近いのかもしれませんが、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。人間を基準にして、長身と小人の異星人がいるといわれます。小柄な宇宙人の報告も多いようです。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府はコンタクトがあるようです。

・『ウィングメーカー』の小説の中で「この話では、2018年に最初の世界政府の選挙が行われた後、国連を乗っ取って、世界政府を支配することになっています」とありますが、あくまでも「影の政府」としての「フィクション」でしょう。もしそうだとすれば、急激に情報公開がすすむことになりましょう。このストーリーは、超巨大な宇宙船で地球を侵略しようとしたエイリアンの映画「インディペンデンス・デェイ」のシナリオとよく似ています。このあたりは、フィクションの濃密なストーリーの印象を与えます。が、過去45年間、エイリアンが人間誘拐「アブダクション」をして人体実験をしてきており、一時マスコミも大きく報道してきた事実も今は、どうなったのでしょうか。キャトル・ミューテーション(家畜虐殺)では米国もメディアも大騒ぎをしたようですが、その後の展開は、政府に協力してメディアから無視されたかのようです。

・アメリカ・インディアンは、太古からグレイ・タイプと人間タイプの2種類の異星人によってコンタクトを受けていたようです。そして、彼らは再び地球に飛来して来ているようですが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、その存在も否定されて、情報も流れてこないようです。また、“メン・イン・ブラック“のような地球上のネットワークもそれに一役買っているのかもしれません。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)の超能力は凄まじく、オリオン星人ともいわれています。

・トールホワイトの正体も不明ですが、米国や日本のマスコミに露出度が大きくなると、次第に明らかになるのでしょうか。白人種の原型のオリオン星人なのかもしれません。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」といわれます。

・このままだと、米国に異星文明の超テクノロジーは独占されるのでしょうか。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」で兵器開発がなされているそうです。

・これらの異星人情報が明らかになることでも人類の進化は、数世紀すすむことでしょうか。米国の空軍士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうですが、その後、改編されたのでしょうか。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。

19477月2日午後10時の「ロズウェル」の空飛ぶ部円盤の墜落から68年たちますが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱いの呪いのため、プロ野球のように日々の話題にならないようです。57種類の宇宙人の中には、「天使」クラス、「神人」クラスの異星人もいたのでしょうか。

・「ウイング・メーカーの日本版が八咫烏です」という話ですが、異星人は一般的にタイム・トラベラーであり、UFOなどで異次元瞬間移動をするときにタイム・トラベルが起こるそうです。

・「ウイング・メーカー」は、人類の未来から来た、今から大よそ750年先に生きるタイム・トラベラーだそうですが、「ウイング・メーカー」の本は日本でも翻訳出版されフィクションなのかナンフィクションか両者を交えているのか訳が分かりませんが、評判を呼んだそうです。

・「ちなみに、その予言は八咫烏を組織した聖徳太子が残した予言書である可能性もなくはない」そうですが、聖徳太子も神人との交流の伝承もあるそうです。

[矢追純一UFO取材特報 ウンモ星人]の動画を久しぶりに「You Tube」でみましたがウンモ星人は、スペインなどで出没した金髪碧眼のノルディックといわれる北欧系の宇宙人のイメージだそうですが、東洋人タイプのウンモ星人も来ている可能性があるそうです。日本にも来ていたのではないでしょうか!?ウンモ星は地球から14.5光年離れたところにある冷たい惑星で、イウンマと呼ばれる太陽を持っているそうです。

・「裏神道の漢波羅秘密組織の名は八咫烏(やたがらす)」については、今後の学研の取材力に期待したいものです。

・日本の神道とヨーロッパのホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)とは相似関係があるそうですが、「多次元同時存在の法則」によれば、世界中の神々や神人は共通点で分類されるようです。たとえば、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は太陽神ですのでギリシア神話のアポロに相当するなどの区分けができるようです。「未来の地球人、タイム・トラベラーとの遭遇もあり」なのでしょうか。

・チャネラー(霊的交流者)の情報とか、ウォーク・イン(憑依された者)やワンダラー(転生者)の情報は、貴重なものが多いそうです。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。また「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だともいわれます。

・輪廻転生に関しては、「人は皆、記憶を失った異星人」だそうですが「前世の異星人の記憶」を持って転生してくる米国人が増えてきているそうです。ウィングメーカー(今からおよそ750年未来の地球人のタイム・トラベラー)についての書籍3部作、『ウィングメーカー』(ヴォイス社)がありますが、内容が非常に濃密なのでSFファンタジーと単純には片づけられない内容だそうです。タイム・トラベラーの概念もSF100%ばかりではないそうです。

30年ほど前は、エイリアンの生体実験やインプラントやアブダクション(誘拐)には、事件性がありマスコミが盛んに取り上げていました。

・グレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼のノルディックもナチスとかいわれたりして、インプラントなどの生体実験に関与していたようです。現在では、種々の理由から、あまりマスコミも騒がなくなったそうです。

・現在でも「広島地方にプレアデス星人が現われた」という話もあり、プレアデス星人とは関係の深い地域のようです。

・SFとしてのタイム・トラベラーの本は多いのですが、異星人は本質的にはリアルのタイム・トラベラーであり、コンタクティ(接触者)の報告も多いようです。我々も「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、タイム・トラベラーの素質もあるということでしょうか。

・ルシファーやサタンといわれる者は、その職業が一種の科学者であったという主張は、以前にもありましたが、新鮮な解釈と言えるでしょう。以前にもサタンと言う名は、遺伝子の科学者であるということを主張した者がおりました。リラ星人のコンタクティのクロード・ボリロン・ラエルです。神と堕天使との“天界の戦争”の話も遺伝子実験の見解と実験の対立に過ぎないと言うことになります。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。リラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」といわれます。リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたそうです。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろ

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2016-05-25 08:38 | UFO | Comments(0)