勿論、官僚である以上は、陽界の官僚社会と同じく、陰界の官僚社会にも、賄賂や汚職も存在すると考えられている。(8)

・「先代が苦心の結果、元は何もないのに、一代の間に数千金の金をためだんだん財産を殖やして、当代は相当の蓄えもできた家があるとすると、その家は、外道持ちだと噂された。子供までもその家の子供と遊ばないほど差別待遇を受ける」ということもあり、昔は迷信のはびこる全く現代からは想像もできないほど、遅れた社会だったようです。

・「外道持ちは、多くは金持ちになっているという。しかし、いくら金持ちでも、この地方の人は、決してこれを羨望したりしない」ということもあったようです。「狐憑き、犬神持ちの恐ろしいところは、『急に金持ち』になるばかりではなく、『急に貧乏になる』こともある点である」といわれているということです。が、「急に家庭が不幸になること」は、現代では非常に機会が多いようですので、現代でも異次元からの謎の力が働いているのかもしれません。

・背後霊とか、憑物で、運勢が悪くなると、徐霊をしなければならないそうです。神懸りは恐ろしい面もあるようです。悪魔憑きには、「悪魔祓い」をしなければならないということで、医者以外のエクソシスト(悪魔祓いの祈祷師)が必要のようで、これではまるで「中世の暗黒世界」のようです。

・「“犬神持ち”といわれる家は、たいてい村でも屈指の財産家である。しかし、あの家は、“犬神持ち”だといわれると、昔は、年頃の娘があっても、貰い手がないので、金子をいくらか持参するとか。田地三十俵持参するとか言って、持参金つきで嫁入りさせた」そうです。現代でも、昔の迷信の伝承が残っているところもあるのでしょうか。先進的な科学技術の時代ですが、いまだに迷信や因習を信じている人もいるのでしょうか。「これは迷信であり、財産家への嫉妬」を指摘する学者もいるそうですが、「魔のもの」にたいする、農民の表現が「犬神持ち」になったといえるそうです。が、「憑依現象」は、異次元からの異星人の影響、ウォーク・イン(憑依)現象と解釈すれば、説明がすすみましょうか。

・日本の農村には、古くから色々な特殊家筋があるそうです。それらの家筋の中には、「第一の区分けとして、「禰宜(ねぎ)(昔の神職の一つ)筋」「神子筋」「稚児筋」「稲荷筋」「陰陽筋」「鬼筋」「山ごぼう」「ごそぼ種」「生霊筋(沖縄ではこれをいちじゃまという)」というものがあった」そうです。その他は、「第二の区分けとして、「狐持ち」「犬神持ち」「蛇持ち」「外道持ち」「とうびょう持ち」「おさき狐持ち」「くだ狐持ち」「おとら狐持ち」「やこ持ち」「いづな持ち」「河童持ち」などの特殊家筋があって、ほとんど全国に散在したといわれる」そうです。そういえば、昔「犬神家の一族」という映画がありました。現代では迷信ですら忘れられています。

・これらの現象は、異次元からの異星人によるウォーク・イン(憑依)現象とか、「あの世」からの生霊の現象とも考えられましょう。「あの世」の現象が、「この世」の現象に波及するとする量子力学の考え方を理解すれば、迷信や因習ではないともいえましょう。

・「犬神は、普通、神さんといわれ、あの家には神さんがおるなどと言う」そうです。「外道持ち。飯戸村の喜三郎の妻に人狐が見入って難儀をした」といわれていたようです。人狐と外道とを同一視していたようです。憑依現象は、「狐憑き」といわれていたようです。

・「とうびょう(狐)持ち。今まで貧乏であった家に急に財産ができると、その家には、とうびょうが飼ってあるという」という迷信や因習も頑固に信じられていたようです。「狐が憑くと、霊現象で財産ができると考えられたり、悪くすると、病気の原因にされた」ようなのです。狐憑き現象は、オカルト映画より奇妙奇天烈なのかもしれません。

・「それにしても、人狐組合の財力は大したものでした。前原屋姉弟の西国巡礼、京都や出雲大社での祈祷料など120両が相場で、それに旅費などを合算すると、数百両にも及んだでしょう。ためしに、文化・文政の時代の20両を今に換算すると、約百五十万円くらいになるようです。人狐組合の総帥徳田屋は、きびしい村八分にも耐え抜いて、今日なおも島前第一の山林所有者であることからでも、その財力がいかに莫大であったかが推測されます」との伝承もあったそうです。「人狐組合」の不思議な話は「知る人そ知る」世界のようです。

・「神がかり」現象は、異次元の「霊的な存在」「神々や天使などの宇宙人の存在」を普通の人々に認識させるもののようです。憑依する神々も高級神霊から低級神霊までいろいろとあるようです。高級神霊が「神がかり」して新興宗教ができたりします。そして小規模なもの(カルト)から徐々に大規模な宗教団体になっていくこともあるようです。一方、下級神霊が憑くと「狐憑き」とか「犬神憑き」とか呼ばれるような、不思議な現象になるようです。「悪魔憑き」と呼ばれる現象もあり、危険な場合があります。下級神霊がはるかに多いようで、世の中には不幸な人々が多いのかもしれません。

・昔から世界中でシャーマンのような存在があり、あの世の「霊的なもの」との交信が可能だったようです。現代語でいえば、あの世とのチャネラー(霊的交流者)とかコンタクティといえましょうか。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ともいわれ、人間はさまざまな次元や異星を転生してきたようなのだそうです。人間の背後霊や守護霊も詳しくは分かりませんが、天使のような宇宙人の憑依の形態なのかもしれません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。

・遥かに進化した異星人は、目に見えない霊人のような形態で霊界のような世界を自由に往来するようです。幽霊のように現れたり消えたりするようです。幽霊現象も宇宙人現象の一種であるといえましょうか。宇宙人は空飛ぶ円盤にばかり乗ってくるのではないようです。「神々は、はるかに進化した異星人と考える説」が有力のようです。高次元のマスター(大師)クラスも様々な形態で、人間とコンタクトすることもあるようです。膨大なあの世の情報は、人間の想像力からは創作できないそうです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ドイツのゲルマンの神々だったようです。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。

・人間の死後の世界、幽界や霊界は比較的知られておりますが、そのような高次元の世界は遠いところにあるのではなく、「地上1メートルのところに霊界がある」ともいわれます。幽界や霊界と「この世」が交錯しているともいわれます。死後の世界の幽界は、「この世」と似ているが、大きく違う世界だとも言われます。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球」ともいわれますが私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。

・「パラレル・ユニバース(並行宇宙)は、幽界のような地上の世界と似てはいるが大きく違う世界」なのかもしれません。「神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしているので誰も識別できない」ともいわれます。が、夜中にパラレル・ユニバース(並行宇宙)の「あの世」に幽体離脱して行っているのかもしれません。現代でも人々が宗教に救いや、癒しを求めるのも、大きな力を感じて信じているからなのかもしれません。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人と相談して死後、人間は次の自分の人生のシナリオを作り、転生するそうです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は、目に見えないが、すぐ隣にあるといわれます。

・死後、人間は自分も「霊人であった」ということが自覚できるそうです。自分が霊人とは、自分であって自分でない不思議な状態なのでしょうか。死後、人は、若い時の一番、はつらつしていた時の容姿になるそうです。もちろん、身体障害はなくなっているようですが、精神障害は天国でも治らないという話もあるようです。この点が大きな疑問です。

・「前世の記憶を持つ子供達」は本にもなり評判になりましたが、米国でも前世の記憶を持つ人が多いそうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、あなたも前世では、別の恒星系で人生を送っていたのかもしれません。

・ニューヨーク、カリフォルニアやオーストラリアなど異星人の多い地域にはゲイが多いといわれています。ゲイ(LGBT等)は宇宙人(神や悪魔)により『人格転換』された結果だという説もありますが、あの世や前世での思考記憶が完全にこの世の精神に転換した結果なのかもしれません。「多重人格」や「人格転換」や「ゲイ」の話も現代科学では解明できない不思議な現象です。

・人口13億人、日本の約10倍の人口を持つ中国には、多くの不思議現象があるようです。「人は記憶喪失の異星人だ」という話もありますが、あの世での記憶を強制的に消して再びこの世に生れてくるそうです。

・天国に自由に出入りし、人間の転生や人間への憑依を自由に操作するといわれるシリウス星人ですが、人間が死ぬときに誰でも出会える天使的な宇宙人の存在のようです天使的な存在が、普通の人として地上に現れるという話もあるそうです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。

・ちなみに中国は、欧米と劣らないくらいフリーメイスン王国だそうです。中国のフリーメーソンとは、謎の存在のようです。中国の昔における道教の神々の『スター・ウォーズ』と地上の戦争を描いた文学作品に『封神演義』があるといわれます。

・中国は10億人を超える人口を持つ大国だけに、様々な超能力者も多く、異人や神話の宝庫のようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですから、前世の記憶を持つ人も増えており、この中国の村(生まれ変わりの村)のように「神々しい村」も他にもあるのかもしれません。

・「他力本願」といいましょうか、あまり必死の自助努力をしないほうが、むしろ良い結果を生むこともあるようです。

・「運命は決まっているが、自分でも変えれる可能性がある」というのが多数説だそうです。天国で天使と相談して、「転生」後の人生のシナリオを組み立てるそうですが、不幸な人生のシナリオを自分がつくるとは不思議です。

・著者(森田健)は、実地調査した中国の『生まれ変わりの村』について著作を出した研究家です。「生まれ変わりの村」というのは、村民のほとんどが自分の前世を覚えている村のことだそうです。死んで「あの世」に行き、「あの世のお婆さん」の差し出す「スープ」を飲まなければ、前世の記憶を持って、この世に再び「転生」できるそうです。『生まれ変わりの村』の本は、映画「スープ」に映画化されたようです。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人については、このブログでたびたび説明していますが、中国の『生まれ変わりの村』では、あの世の[仙人]については、言及がありません。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですが、中国では、あの世のスープを飲まなければ自分の前世について記憶喪失に陥ることはないようです。

・人間の「転生」を操作できるのは、天国の天使だといわれていますが、高次元の異星人と天使は同じようです。「人間は皆、記憶を失った異星人である」そうです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だといわれます。

・大天使ラファエルは、歴史的にも人間界に顕現して来たようです。私たち一般人は、神学者や敬虔なキリスト教徒ではないので、詳しいことは知りませんが、コンタクティが多い大天使だったようです。キリスト教ではミカエル、ガブリエルと共に3人の大天使の1人と考えられているようです。キリストのように遥かに進化した異星人だったようです。夢の中でアストラル・トリップしてクリスタル・シティでキリストに出会ったという欧米のチャネラーが多いそうです。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。キリストや大天使、天使を「宇宙人」とみる説が増えてきています。「天使は神の秘密諜報員である」ともいわれます。「シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である」ともいわれます。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。源平合戦はハム系とセム系のオリオン、シリウスと北極星、北斗七星の戦いということになってくるそうです。

・ルルドの聖母マリアについても多くの伝承があるようです。聖母マリアについては、カトリックのキリスト教徒は、詳しいようです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると1858211日、村の14歳の少女ベルナデッタ・スビルー(フランスでは「ベルナデット」)が郊外のマッサビエルの洞窟のそばで薪拾いをしているとき、初めて聖母マリアが出現したといわれている。ベルナデッタは当初、自分の前に現れた若い婦人を「あれ」(アケロ)と呼び、聖母とは思っていなかった」とのこと。

・聖母マリアもアルデバラン星人のように、「幽霊」のように現れたり消えたりしたようです。ベルナデッタにしか見えなかったようですが、奇跡が次々とおきたようです。当時のフランスでは、熱狂的に注視されたようです。新興宗教の教祖のように見えない神々が憑依したり、現れたりして、異界のメッセージがもたらされます。貴重な異界のメッセージ情報です。天使のような異星人の役割はいろいろとあるようです。大きな組織を統括する大天使(進化した宇宙人)もいるといわれます。

・ポルトガルの「ファテイマの聖母」の出現も有名です。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると、1916年春頃、ファティマに住むルシア、フランシスコ、ジャシンタら3人の子供の前に平和の天使とする14-15歳位の若者が現れ、祈りの言葉と額が地につくように身をかがめる祈り方を教えた。その後も天使の訪問は続いた。1917513日、ファティマの3人の子供たちの前に聖母マリアが現れて毎月13日に同じ場所へ会いに来るように言った。子供たちは様々な妨害に遭いながらも、聖母に会い続けて様々なメッセージを託された」とのこと。

・このときには、巨大な光の空飛ぶ円盤も現れたそうです。マスター(長老)クラスは、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所にニルヴァーナ(涅槃・天国)から瞬時に移動できるそうです。聖母マリアもエーテル界やアストラル界から、「この世」の人々にコンタクトするようなのです。聖母マリアにはキリスト教会には豊富な記録が残っているようです。聖母マリアもキリストのようにアプ星人だったのかもしれません。アプ星人は現代では南米に飛来していたようです。南米はUFO飛来の豊富な地域のようです。アプ星人の本が2冊出版されています。『銀河間トラベラー「アプ星人」との170時間』(5次元文庫)、『地球人になったアプ星人はこうして歴史を動かした』(ヒカルランド)という本です。

・「1917年、ファティマに現われたのは、マリアのような女神のようだった」そうです。空中でUFOを目撃した後、地上で宇宙人を目撃したという話は多いようですが、UFOが時空を超えているということが窺われるそうです。

・「悪魔と天使」の争いのように、黒があるから白が輝くという論理のように、相対立するものがあって、事象が発展するということでしょうか。「実験室で人間を創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人と「思念で人間を創った(?)」といわれる天使的な宇宙人、シリウス星人との太古からの争い、スター・ウォーズは続いているようなのです。堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反乱したという「天の戦争」が続いていると語られています。

・天で戦闘があり、大天使ミカエルによって地獄に落された堕天使ルシファーは、現代風に言えば「遺伝子科学者」だったという話があります。小柄な宇宙人グレイがUFOの中にアブダクション(誘拐)をして人間に人体実験をしていた横に金髪碧眼の長身の人間タイプの宇宙人がいたという話が多くありますが、「遺伝子科学者」の連中だったのかも知れません。ナチスの人体実験が連想されます。また、サタンと呼ばれるのは、「遺伝子科学者の一団の名前」だという話もあるようです。

・宇宙連合が地上に影響力を行使しているようなのですが、私たち一般人には分からないようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人も地上にウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形ででてきているようなのですが。

・プレアデス星人、リラ星人、シリウス星人は太古から人類や日本に関係のある宇宙人のようです。様々な異星人の遺伝子が混ざっているといわれます。

・世界の怪奇現象、超常現象は、異次元の異星人が関与しているのかもしれません。キリストとUFOの関連は、昔から多くの絵画があるようです。ポルトガルのファティマで現れた“聖母マリア”は有名です。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。

・「神」のイメージ(白く長いローブに身を包んだ長老が玉座にこしかけているイメージ)は、天使のイメージと比べて、多く記録されていないのですが、多数説のイメージ通りなのでしょうか。神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依しているのでしょうか。

・「『神』がその超能力を示さず、市井の人となり、一般人となり全く分からない」という説もあるそうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」「人は皆、神だ」という説に似ているのでしょうか。デーパック・チョプラのように『神』への物理学的なアプローチ、解明も進んでいるようです。「神は最初のフリーメーソンだ」そうです。

・サタン(悪魔)であるリラ星人がいう「神はいない」という話も、「神はいないと考えた方がよい」という意味で解釈している説もあるようです。日本で放映され評判を呼んだ米国のテレビ映画『Xファイル』でも『神のような人物』が登場しましたが、神や異星人が米国の一般社会に溶け込んでいるのかもしれません。「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」といわれます。「シリウス星人が世界中で奇蹟を演出している」という話もあったそうです。

・我々が住む3次元において、4次元、5次元を連想することは無理のようですが、『死後の世界』、『夢の中の世界』と思えば、少しは理解が進むそうです。我々にとっては「異次元の地下世界」という観念も理解不能の観念のようです。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」ともいわれます。

・アブダクション(誘拐)にしても、あの小柄な異星人グレイですら、「締め切ったドアを透き通るようにして侵入してくる」といわれており、異次元移動ができるエイリアンには、どうしようもない現象だそうです。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました。それがバシャールだ」というそうです。

・人間の肉体をアブダクション(誘拐)するというよりも人間の異次元の体、幽体(アストラル体)を操作するようです。そして、記憶を消すのですから始末がおえないようです。「半神半人」であり「神と人との混血」(レプティリアンの混血種)という概念もエイリアンとの異類混血も太古から現われている現象のようです。昔は妖精との「取り換え子」も多かったようです。

・天使や大天使クラスである異星人とのチャネラー(霊的交流者)やコンタクティが米国では増えていると語られています。とにかくストレンジャーが米国には昔から多いといわれます。天使たちが神秘的な夢の中で会ったり、町中で普通の人として会ったり、その形態はさまざまなようです。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。地球上にはかなり多くの宇宙人が「同化」して住んでいるそうです。

・進化した異星人は人間の精神体に憑依できるので、コンタクトは自由自在のようです。キリスト教では、大天使の扱いも教派ごとに違うようです。中世の宗教画に見られるキリストや天使、大天使たちも現代では、異星人だが街中の誰も識別ができない普通の人々に化体しているそうです。

・竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球の支配を行っている」とのことですが、クラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると人間タイプの爬虫類的異星人(レプティリアン)は知性的な顔をしているそうです。イルミナティはフリーメーソンを部下として使っているともいわれます。イルミナティが強力なのは低層4次元に潜むテレポート(瞬間移動)自由な宇宙人だからだという説もあるそうです。イルミナティは人間化した宇宙人で「闇の勢力」の中心のようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」といわれます。

・「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」という説も荒唐無稽な話です。が、それに関しては、いくらかの説(プロセレネ(月以前の人々)もあるそうです。月に関しても非常識な話が増えてきております。非常識が常識になるまでは時間がかかるようです。

・爬虫類的異星人(レプティリアン)のイルミナティが地球に文明をもたらしたのかもしれません。「月のない地球」の時代についてもコンタクティからの話があるようです。月に関する非常識が常識になるのは、どのくらいの年月がかかるのでしょうか。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で、彼らは東北地方の青森県を中心に、下北半島、津軽半島、十和田湖周辺から秋田県の一部に広まったようです。シリウスA人はイスラエル政府と契約の宇宙の商人ともいわれます。「何とか苦労して宇宙人といわれる人に会ったが、そこらへんにいるオッサンと変わりなかったので驚いた」という話もあるそうです。 

・金髪碧眼のノルディックが爬虫類的異星人(レプティリアン)を低層4次元に追放したともいわれています。アルデバランの宇宙人が神に近い異星人なのかもしれません。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。ハリウッド映画などで謎の人間タイプの不思議な異星人のような人物が登場することがありますが、「彼ら」なのかもしれません。イルミナティや爬虫類的異星人(レプティリアン)の人間タイプも人間社会に混じって普通の生活をしているのかもしれません。「知る人ぞ知る」ということでしょうか。進化した宇宙人は人間の精神体に憑依しますので、宇宙人と人間の区別ができなくなったようです。

5年前の東日本大震災についてもさまざまな荒唐無稽な話があったようです。「地震兵器」という荒唐無稽な話についても出版社が書籍を出しているので、誰でも驚くことでしょう。異次元を絡めて解釈しないと理解不能の話かもしれませんし、とにかく「地震兵器」の話は荒唐無稽で誰でも笑ってしまうような話です。その本の価値を否定するような話ばかりですが、何らかの意味があるのでしょうか。誰も信じられない馬鹿げた、荒唐無稽な無意味なことも本の内容に記載することで意味を持つかもしれませんが、その編集者の意図は不明です。とにかく意図的な「トンデモ本」も多く出版されているのです。読者がいるのかもしれません。荒唐無稽な内容を意図的に入れる編集テクニックがあるのかもしれません。真偽のほどは分かりませんが、非常識が常識に変るのは、数世紀必要だそうです。

・「サタン(悪魔)」といわれる琴座のリラ星人系列と天使的なシリウス星人系列が、宇宙を2分して大戦争をしたというスター・ウォーズの物語。堕天使ルシファーが、天使団の3分の1を率いて神に反乱を起こした「天の戦争」の物語。神と天使長ミカエルと堕天使ルシファーの争いが続いているそうなのです。ちなみにサタンもルシファーも現代風にいいますと「遺伝子科学者の集団の名前だ」そうです。「天の戦争」は未来永劫、眼に見えない異世界で続いていくのかもしれません。ある種の生体実験に関して争いがあるといわれます。

・「実験室で人間を創った」というリラ星人と「思念で人間を創った(?)」といわれる神か天使のようなシリウス星人の対立の構図は、複雑な様相を示しているそうです。が、現在では、大規模なスター・ウォーズは、互いに起こさないようにしているらしいのです。神と悪魔の「最初の人間」の作り方も違うようです。神の側近だった(堕天使の)ルシファーが神になろうとしたところから争いが起こったそうなのです。現在も堕天使グループが神の世界に戻ろうとしてさまざまな争いが起こっているともいわれているそうです。かつて神だった者が、魔神になり世界を苦しめるというまるでファンタジー物語のような現実もあるそうです。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、「世界中で奇跡を演出している」ともいわれていましたが、詳しいことは分からないようです。そのシリウス星人にもネガティブ・グループが存在し、モンスター・タイプの生物を創りだし、神に嫌われているそうです。現代でも、宇宙人のおぞましい生体実験の話がリークされたりしてきます。異類混血がスター・ウォーズの原因だともいわれます。

・「プレアデス人は、ローブを着た白い姿で現れる非物質的存在が率いる最高評議会の指揮下にある」そうですが、この評議会と各国政府、国際連合とのコンタクトがあったのでしょうか。準マスター(大師)クラスが、人間の姿を装い、地上に出てきているともいわれているそうですが、マスター(大師)・クラスや日本に関係する神々も超能力を隠して密かに来ているのかもしれません。

・人間の姿を装う場合もワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその形態はさまざまなようです。また人間の寿命と変わらないので、誰も分からないようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ということで、人は分からないもののようです。

・「理論的には神々は『不死』で、時空を超えており、何でもできる」そうですので、現代の神話も多いはずです。が、アバブ・トップシークレットでマスコミも取り上げないので、一般人には分からないようです。また誰にも認識が出来ないのかもしれません。イルミナティといえば、ドイツのヴァイスハウプトの話しかないような本が多いのですが、イルミナティは太古から存在するようなのです。人間化した爬虫類的異星人(レプティリアン)のイルミナティ宇宙人が、歴史のシナリオを描いていたのかもしれません。「イルミナティは宇宙人の集団なので強力なのだ」といわれます。

・昔は「金星蛇人と火星霊人の戦争」といわれましたが、金星蛇人と現代のキリストの転生したサナンダと言う金星のマスター(長老)との関係はどのようなものなのでしょうか。「アヌンナキが2012年に戻ってくる」ともいわれていました。神々もさまざまな段階、階級があり、「天使を神として崇めるな」ともいわれ、さまざまな神々についての迷信や混乱が輪をかけているようです。世の中は分からないことが多すぎるようです。サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。「キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船上で会見したという日本人がいた」そうで驚きます。

・アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という存在がよく米国のスピリチュアルな本で言及されます。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスターフッド)の空挺部隊のことだそうです。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となったといわれます。

・スター・ウォーズもめぐりめぐって、「異類混血」などの結果、元来、人間は完全なものだったのですが、「人間の子供に障害児が生まれる原因」になっているという話もあり、事は重大です。障害児は困りますよね。子供を生みたくないという女性も増えているそうです。さすがに神々も障害児が生まれるのを防ぐことができないようです。また「魔神が人間の障害児を作る」という話もあるそうです。これも荒唐無稽な話なのかもしれません。「魔神がエリートを殺す」という奇説もあるそうです。魔神もかつては善神であったというファンタジー物語のような展開のようです。

また難病や奇病で凝っている子供や市民が急増しています。限られた予算、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字ということで、福祉も劣化しています。「政治は税金なり」ということで、税制の劣化を早急に防ぐ必要があるといわれます。

・アメリカやイスラエルのようにエイリアンの超テクノロジーなどの異星文明を国家戦略として、国家機関の総力をあげて導入すべき時なのですが、その歴史的な経緯からアバブ・トップシークレットにして日本的な対応が限界だそうです。日本にもコンタクト話は多いそうですが。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は米国の一人勝ちでしょうか。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。現在、米国では大統領予備選挙の最中ですが、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの「宇宙人情報を公開せよ」とクリントン大統領候補が主張しているようです。

・「思念で人間を創った(?)」という神か天使的なシリウス星人と「実験室で人間を創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が宇宙を2分してスター・ウォーズを始め、宇宙の一部を壊したと言われています。リラ星人に関してもさまざまな説があるようです。すべてはリラ星人から発するという説もあるようです。「神はいない」「神はいないと考えたほうがよい」というサタン(悪魔)の無神論もあるようです。

・また病原菌をばらまく堕天使もいるそうです。黒死病(ペスト)は中世ヨーロッパで大流行し14世紀のヨーロッパの全人口の3割が命を落としたともいわれるようです。中世ヨーロッパの上空に、「空飛ぶ円盤」が現れて霧状のものをばらまいた後、その付近では黒死病が大流行したという説もあるそうです。「黒死病は異星人の細菌兵器だった」というのです。「貧者の核兵器」といわれる化学兵器や細菌兵器が将来の戦場に登場するのはいつのことでしょうか。「未来の大戦では核兵器はもちろん、『貧者の核兵器』も使われる」という未来透視もあるそうです。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。

・「スペインかぜ」が異星人の細菌兵器だったという「奇説」もあるそうです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「スペインかぜは、191819年にかけ、全世界に流行した、インフルエンザのパンデミックである。感染者6億人、死者40005000万人」、「米国発であるにも関わらずスぺインかぜと呼ぶのは、情報がスペイン発であったためである」、「一説によると、この大流行により多くの死者が出たため、第一次世界大戦終結が早まったと言われている」、「日本では、当時の人口5500万人に対し39万人(当時の内務省は39万人と発表したが、最新の研究では48万人に達していたと推定されている)が死亡、米国でも50万人が死亡した」とのこと。

・スター・ウォーズの原因は、「異類混血」でモンスター・タイプと人間タイプが異常にその遺伝子操作による容姿の変化を憎んだからだという説もあるそうです。現代でも一部ではスター・ウォーズが続いているともいわれています。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」ということですが、明治時代では、警察の捜査はどうなったのでしょうか。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。「異人」はオリオン星人だったようです。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。

・「ネガティブなシリウス星人が遺伝子操作でモンスター・タイプの生物を創り神に嫌われたそうで、神が大洪水でそれらの生物を全滅させた」という神話もあり複雑だそうです。裏宇宙(底層4次元)には人頭のモンスター・タイプの生物が依然として存在しているともいわれています。


[PR]
by karasusan | 2016-08-17 22:14 | その他 | Comments(0)