金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。(18)

・<黄金の惑星(ティアウーバ)と浄土経の無量光の世界の相似(7)>

仏の六つの神通力として、1、神足通(じんそくつう)。思いのままに行く力があること。2、天眼通(てんげんつう)。透視する力のあること。3、天耳通(てんにつう)。遠くの隔たった音声を聞く力。4、他心通(たしんつう)。他人の心の中を知る力。5、宿命通(しゅくみょうつう)。前世の生涯を知る力。6、漏尽通(ろじんつう)。煩悩がつきること。自分の思いのままに世の中を動かせること。などがありますが、たとえば、距離と空間がない4次元以上の世界では、可能でしょう。

・ヘルメスの千里靴(すぐに千里を飛べる靴)などは、西洋と東洋の神話の性格が似ていることを示していると思います。またこの世界(エーテル界)に一度でも浸った人間は、超能力を持つともいわれます。黄金の惑星(ティアウーバ)の本では、「また仲間たちも興味を示したのは女性の頭をした馬で、トビウオのように折り曲げて体に密着できる翼を持った生物を見たときであった」「そのうちの何頭かが我々に人間の言葉では話しかけてきた」という箇所があります。

・「思念で人間を作った」といわれるシリウス人は、「神がぞっとするようなタイプの生物を遺伝子の操作等によって作ったので、神に嫌われた」とどこかの本で読んだ記憶があります。人面の動物では、エーテル界であっても気持ち悪いのでしょう。まるでファンタジー映画のようですね。米国よりもむしろヨーロッパのほうが太古からUFOとの関係があるようです。アメリカインディアンも太古には異星人との繋がりがありました。

・役小角(えんのおづぬ)と宇宙人との関係もあったようにも解釈できます。「役行者(えんのぎょうじゃ)は、7~8世紀ごろの山岳修行者で、葛城山を拠点に活動し、山伏の間では「神変大菩薩」の尊称がある。彼が生涯を通じてなしたとされる奇跡は釈迦やキリストにも劣らないと言われている。葛城山は、大阪府太子町と奈良県当麻町の間に位置する二上山から、南の金剛山まで伸びる山系のことである。ここには、「土蜘蛛(つちぐも)」と呼ばれる土民として登場する人々だ。彼らは背が低く、異様に長い手足を持った異形の集団とされている」とのこと。現代風に言えば、グレイのようなヒューマノイドの宇宙人の集団だったと言えるかもしれません。

・役小角が、使役したとされる鬼神も、実体は異形の山の民だったのではないかとする説があります。役小角の伝承は、少しずつ形を変えながら何度も語り継がれて、中には小角の前世を2回の生まれ変わりにわたって語った伝承もありますし、別の伝承では、さらに7回もの生まれ変わりが、語られています。伊豆へ配流となった小角は、夜になると空を飛んで富士山へ出かけていったともいわれます。そして、最後は、日本を見限り、老母を伴い唐へ飛び去ったとされています。彼の出生や伊豆への配流を巡るこの伝承も数多くのバリエーションがあると語られています。

・役小角の正体は不明であり、その事実も検証はできませんが、何らかの宇宙人との関係が窺われます。現代風に考えると、歴史の記録に残るヒューマノイドの宇宙人と関係するウォークインの宇宙人だったかもしれないとも考えられます。

・「竹内文書」の超太古、日本は地球の中心地だったという説は、スケールの大きい仮説のようです。“竹内文書”に登場する地下都市「磐城ノ国」とはシャンバラのことでしょうか。地下都市「磐城ノ国」の話は、紀伊半島にある異空間から、UFOや宇宙船に乗って異次元宇宙の地下都市に行ったと言うことでしょうか。

198211月に『悪魔の黙示(アポカリプス)666大予言事典』(ついに解明された恐怖の人類未来史)(学研)、謎の地底王国アガルタ(アレック・マクレラン/高橋良典監訳を出版するなど、活躍中の高橋良典氏の『驚異の地底王国シャンバラ』(銀河連邦の宇宙都市へようこそ)も出版されました。

・『グルーグル・ブック』ができましたが、グーグル社は、慶応大学とその図書館の書籍のネット化で提携をしたと報道されました。なお、今後このような動きが加速されますと、無料・有料で書籍がパソコンやタブレットで大量に見れることになり、革新的な便利さを享受できるようになりましょう。グーグル・ブックの動きが注目されました。

・シャンバラの説話は、世界各地の伝承ばかりでなく、現代においても体験談があるようです。異次元の地下都市とは、パラレル・ワールドなのかもしれません。

・グレイがアンドロイド、バイオロボットであることが多数説になりました。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」等が存在するといわれます。

・三つ目の人間。三本以上の腕と三本以上の足を持った人間は、仏像などに現れますが、アンドロイドだそうです。ドーリル博士のシャンバラ訪問記にも目のない青い肌のアンドロイド(眼がないが見える)の話があります。人間タイプ以外の多種多様な宇宙人たちが存在するようなのです。『オスカー・マゴッチの深宇宙探訪記』よりみますと、「クローン人間が本物の人間にとって代わり、本物の方はそのままそっくり地球を脱出し、完全に若返り、新たに長寿を与えられます」、「住む人々も水棲動物、両生類、甲殻類、爬虫類、哺乳類、鳥類、昆虫類、などなど多種多様だ。さまざまな方向に分岐し進化したことから生まれたヒューマノイドの異星人達だろう」、「アンドロイドというのは、考えられるあらゆる方法で人間の役に立つために作られたヒューマノイドのロボットとことで、限られた自意識しか持たず、長期的に見て『人道的なジレンマ』を引き起こさないように、30年未満で消耗するようになっている」、「食料工場と同じく、修理工場も、その巨大な機械類と手に負えない複雑さで、私にとっては仰天するほど不可解な代物だ。機械工学について私が知っている基礎知識を持ってしても、ミニ円盤の余りにも細かすぎる説明を聞いても、全然理解の助けにならない。多肢機械工を目にしても大して役立たない。多肢機械工、つまり、三本以上の腕と三本以上の足を持った人間というのは、驚くほど新奇に映った。ミニ円盤の説明によると、通常の本数以上の手足は装甲作業着の一部であるとか、あるいは、効率向上のためにバイオニックの手足を『単に継ぎ足したもの』であるという」とのこと。「三つ目人間」もアンドロイドの可能性としてはあります。SFやテレビ漫画などにも登場しています。人間タイプ以外の多種多様な宇宙人たちが存在すると語られています。

・幸福の科学出版から大川隆法氏の本が100冊以上出ておりますが、曽於中に「三つ目の男性」についての記述があります。中国の小説『封神演義』は、仙人の世界(神々、宇宙人)と地上の世界が平行して、戦争に巻き込まれ、仙人と人間が殺しあったフィクションの物語です。

・『封神演義』には「第三眼をもつ男たち」が実在したようです。アンドロイドは実在するらしいのです。太古、額にあった人間の三つ目も今は「松果腺」になっているそうですが、『三つ目小僧』の昔話もあるそうです。道教の宇宙・都市が語られています。道教の宇宙の話はさまざまなです。『封神演義』の世界の玄都の玉京は、アガルタのシャンバラに相当するのかもしれません。

・講談社文庫に『封神演義』というのがありますが、これも一種の仙人(宇宙人)と地上世界が関係しつつ歴史を動かしていることのフィクションの読み物のように思われます。『封神演義』完全ガイドブックも同じ講談社文庫から出ています。その中で、封神演義に出てくる兵器が近代兵器や宇宙兵器に似ていることを指摘しています。道教の宇宙は、仏教の三界と似ているところがありますが、三界の28天(欲界、色界、無色界)に加えて、三界の外の8天(四梵天、三清境と最高の大羅天)があります。

・大羅天には、大羅宮があり、その仙界に住む神仙を大羅神仙というそうです。道教の神々の頂点にいる「玉皇高上帝」は神々を統御する神だそうです。三清境には、玉清境(元始天尊が住む)、上清境(雲宝天尊つまり通天教主が住む)、太清境(太上老君。老子の神格化した神仙。古い時代には最高神とされた)があります。太清境に玄都があり、その中心部を玉京というそうです。そうとすれば、玉京は、シャンバラかもしれません。

・また、最高の大羅天にあるのが、「玉皇高上帝」が統治する玄都であるという説もあるようです。玄都は、広大な地域を占めており、玉皇高上帝の住まう玉宮から中心街に限定した地域を玉京、さらに郊外まで含めると玄都、と一般に呼びわけるそうです。ただ、他の地域から見た場合は一般的には玄都と呼ぶそうです。人間界に関わるのが、三清境の神々ですので、「封神演義」では、「玉皇高上帝」は、出てきません。例えば、「太乙真人(たいつしんじん)」は、リラ星人のように思われます。全ての内容は、現代語には訳されていませんが、「封神演義」は、一種の宇宙戦争を描いたものとも解釈できます。「玉泉山金霞洞」というような「洞」という多くの惑星を思わせる地名がでてきますが、それを特定することはできません。

・エーテル界やアストラル界にある都市とはどんな超近代的な都市なのでしょうか。筆舌に尽くせない都市のようです。チャネラー(霊的交流者)がチャネリングする神々はシリウス星人のような異次元の高等知性体のようです。日本人のチャネリング情報には、国常立大神(くにとこたちおおかみ)という神様はよく登場するようです。

・プレアデス異星人の生活でも一夫一婦制ではないようです。正確なことは分かりません。人間は、あの世では子供が作れませんが、神々は作れるようです。霊界通信は、当然報告内容が同じになります。今求められているのは、最新の日本人のチャネリング情報や霊界通信のようです。

・天国に自由に出入りできる宇宙人は「思念で人間を創った(?)」といわれるシリウス星人だそうです。「実験室で人間を創った」というリラ星人によると「神は存在しない」という無神論ですが、私は「神がいないと考えた方が良い」という意味ではないかと解釈しています。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。

・『私は宇宙人と出会った』(秋山眞人)(ごま書房)という本の秋山氏は30年前は、テレビなどに出演して話題となったようです。日本人のコンタクティー秋山氏は、カシオペア座方面に行ったことがあるといわれます。

・マゴッチによると人間タイプの異星人の多くは地球人に溶け込んでいるそうです。このようにチャネリングで宇宙の膨大な情報が流れてくるようです。

・ネガティブなシリウス星人とポジティブなシリウス星人の話を連想させますし、「実験室で人間を創造した」リラ星人と「思念で人間を創造した(?)」シリウス星人との対立もスター・ウォーズになったのでしょうか。ヨーロッパでも昔からUFOとその搭乗者の記録が多いそうですが、現在ではテレビなどのマスコミは活発に取材し報道番組にあまりしてないようです。マスコミ関係者の関心度は低下しているともいわれます。昔から日本にも異星人、異人が飛来し、コンタクトしていた記録も多いようです。あなたは、"聖天子"の話はご存知でしょうか。

・異星人とのコンタクティーも増えてきているようです。クラリオン星人とのコンタクトは50年前に米国で報告されているようです。

・インターネットは印刷機の発明以上のインパクトを持っているようです。“インターネット・ネイティブ”、つまり生まれた時からインターネットがあった世代が急増しています。大きな変革のパワーになるともいわれます。そして、小学校からプログラミングの教育を始めるというのですから大変な時代です。

・以下は日本で出版されたラエルの著書です。『不死の惑星への旅』『異星人を迎えよう』『真実を告げる書』『ハーモニーメディテーション』『天才政治たちに権力を』『フランスの偽善』。

インターネット情報によると、

(クロード・ボリロン・ラエル)

1946年フランス生まれ。当時カーレーサーであった彼は、19731213日、異星人「エロヒム」に遭遇した後、国際ラエリアン・ムーブメントを創設。

著者は、27年前から人類がクローンをつくるようになると予告しており、人類社会が「楽園」を迎えることができると主張。

世界初のクローン人間会社「クローネイド」を設立。クローン人間第1号をつくる発表をして注目を浴びている。

・異星人「エロヒム」とは、聖書の原点であるヘブライ語聖書の「創世紀」に、一番最初に出てくる言葉だが、ヘブライ語で「天空より飛来した人々」という意味を持ちれっきとした複数形です。単数形は「エロハ」。

・ <人間のクローニングー永遠の生命の扉>

私は、エロヒムが私の額から採った細胞を巨大な水槽のような機械に入れ(注;日本語版「不死の惑星への旅」参照)、数秒で私の完璧なコピーを作るのを見ました」と述べられています。

・ラエルの体験は1973年のことですが、国際ラエリアン・ムーブメントを創設したり、米国ではクローン人間で社会問題になったりしたようです。

・著者が言うように日本人の多くが「あの世」を理解するには少なくとも10年以上必要だろうとのことです。あの世との境界。向こうの世界への架け橋は、いつの時代でも多くの人の関心事のようです。フォーカス27の「向こうのモンロー研究所」とはパラレル・ユニバース(並行宇宙)を連想させます。昭和32年からかなりたちましたが、「裏世界・表世界」ということで、表面化することが少なくなるような印象です。

・清家博士はUFOの研究所も作ったそうですが、その後の活動はあまり知られていないようです。清家博士は、昭和32年ころからの体験を述べています。清家博士は「エリア51」向けの科学者だったようですが、大平元総理が研究資金を補助したというエピソードもあったそうです。

<●●インターネット情報から●●>

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)より、

清家 新一(せいけ しんいち、1936年(昭和11年)4 - 200912月)は、日本のUFO研究家。

愛媛県宇和島市出身。東京大学理学部大学院修了後、茨城大学機械工学や愛媛帝京短期大学物理学教室で教鞭を取る。本人の弁によれば、学生時代に火星人の女性からの手紙を受け取ったという。1969年(昭和44年)に「超相対性理論」を発表し、1973年(昭和48年)に宇和島市長堀、三島神社下に「重力研究所」(現「宇宙研究所」・同市、野川)を設立してUFO研究や宇宙人の研究に本格的に取り組む。重力消滅の実験、「空飛ぶ円盤」の試作やタイムマシンの理論と試作、重力子反応炉などの研究に執念を燃やし、完成間近であるかのようなタイトルの著作を何冊も刊行と論文発表(識者の査読はなされていない)したが、未だに完成はしていないようである。1973年より雑誌『宇宙艇』を刊行していたが、1998年の163号を最後に休刊している。

・米国のマスコミのエイリアンへの関心度は、現在はどうなっているのでしょうか。日本のマスコミも米国のUFO動向を追跡しなくなったようです。

・山男や山女の話も農民の作り話ではないと柳田国男は言うのですが、そして彼らの正体とはオリオン星人だったのでしょうか。明治時代の『遠野物語』現われた異人たちの話は、彼らが昔から地上を徘徊してきたことを物語るのでしょうか。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。異人はオリオン星人だったのかもしれません。

・明治時代の柳田国男の『遠野物語』は不思議な話が多い民話集のようです。明治時代、民俗学で大きな功績を残した柳田国男は、『遠野物語』は農民の作り話ではなく「これらはすべて真実の物語だ」と述べているそうです。異人たちは遠野地方を通過してどこに行ったのでしょうか。

・日本も昔から神々との交流話は全国にあるようです。聖徳太子の祖母が「かぐや姫」であったという話もあり、現代では「かぐや姫」は、プレアデス星人で宇宙船で帰ったという説もあり、聖徳太子と異人とのつながりはあったともいわれます。

・“天国”に出入りしている高次元の知性体も報告されており、次第にあの世のことも分かりかけてきたようです。天使との遭遇話も欧米では多いそうで、観念的なことからリアルな話が多くなっているようです。

幽霊現象や心霊現象も「宇宙人現象」と理解すればかなり分かるようです。家に死人がでるときの怪奇現象は、多いようです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だとも述べられています。

・現界と異界が交錯しているという話もあり、平野氏はUFOから宇宙人、お化けなどに関心が深く、これらをテーマに本を残したそうです。

・米国にしてもCIAや国家安全局、米軍情報部などに紛れ込んでいると噂されている異人たちの状況も、彼らが望んでいるように、情報は何も日本のマスコミなどには流れてこないようです。昔から天使たちのような異人たちが地上の諸国を遍歴していたのかもしれません。

・リモート・ビューアー(遠隔透視者)として有名なマクモニーグルの書籍は数冊出版されています。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。

・死後の霊界の世界も万国共通で、故人とのコミュニケーションを何らかの形でとれる人たちも、時代がすすむと増えてきているのでしょうか。個人個人の霊的な体験は、世間に発表されずに終わることがほとんどのようです。故人とのコミュニケーションのような霊的な体験は、幻視、幻覚の一種かもしれませんが、米国では体験者は、非常に多いそうです。

・小人族のグレイが登場する前は、長老格の威厳のある人間タイプの異星人の話が多かったそうです。大変動の話も昔話になって迫力がなくなったようです。

・宇宙人が地上に着陸するという現象よりも、ウォーク・イン(憑依現象)やワンダラー(転生現象)の現象は、高次元の知的生命体による霊的な精神界の現象として考えられるのでしょうか。人は皆、前世から転生する時に記憶を消去される“記憶を失った異星人”だという説もあるようです。

・エイリアンからちょっと上の世界も分かりませんし、神々の世界となると全く分からないそうです。ひよっとしたら、神々は、特異な方法で、人間界にも影響を与えているのかもしれません。評判だったテレビ映画『Xファイル』の一番組では、神のような人物がストーリーになった内容のものがありましたが、印象的でした。小人族のグレイも異次元移動をして部屋に侵入してくるという報告もあり、異次元に関しては、エイリアンの領域であり、人知はそこまで及ばないようです。「人は皆、記憶を失った異星人だ」そうです。

・守護霊の存在には、普通の人はなかなか気付かないそうです。死後世界で人間が遭遇する天使的宇宙人とは、『天国』に自由に出入りし、人間の転生や憑依を自由に操作できるシリウス星人のことでしょうか。発明のアイデアが出てくるのも、何か憑き物的な現象だと言っている人もいたようですが。万国共通の死後世界の実相の話が蓄積されて、霊界とのテレパシー交信する人も増えてくるのでしょうか。

・死後の世界の精霊界は、人間世界と相似の世界だそうですが、当然、死後の世界の記述は、世界共通で似てくるそうです。天国に自由に出入りしていると言われる高次元の知性体の話も、霊界などのコンタクティたちから、不思議な情報が伝えられてきているそうです。

・金星によく似たエーテル体の副金星からやって来るエーテル人とは、『天国』に自由に出入りしているといわれているシリウス星人のことでしょうか。「エーテル界の思念による物質化」は、霊界の現象と同じようにしばしば、高次元の現象として報告されているそうです。

・エーテル界に存在する天使のような異星人や、奇妙な特徴はしばしば地球人に知らされるそうです。肉体を持った宇宙人の現象と異次元の霊の世界やアストラル界、エーテル界の現象を結びつけることは、『夢の中の話』になってしまい、夢想だにできないと語られています。「アストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっている」といわれます。人々がアストラル界で過ごす期間は、数週間から何百年にもわたります。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成している」と述べられています。

・高次の世界を操作する天使のような高等知性体の存在を知覚することは、一般の人には難しいそうです。コンタクティはテレパシーなどの超能力で交信するといわれますが、これも体験してみないと理解できない現象で、夢のような話になってしまうそうです。

・古代ケルト人は典型的な金髪碧眼の白人タイプの原型だそうで、現代米国に飛来した宇宙人の金髪碧眼のノルディックとの相関をうかがわせるそうです。

50年ほど前に発足した我が国で最も古いUFO問題の研究会「宇宙友好協会」は、当時多くの支持者を集め、出版活動などをしていたそうですが、主宰者が病気になり解散したようですが、情報的に面白いものがあったと語られています。多くの人が空飛ぶ円盤に熱中した時代があったようです。

・ラエルの話は日本でも10冊くらいの書籍になり、日経新聞などで広告を打ちだしたので記憶に残っている人も多いでしょう。サタンと呼ばれるリラ星人は「実験室で人類を創造した」と主張しているラエルは、クローン人間の創造という実験のことで、米国で社会問題を起こしたこともあるそうです。カルトは、いろいろ悪い評判がありますが、その後も活動しているのでしょうか。小柄な人間タイプのリラ星人がもたらした情報はその後大きな影響を世界に与えたようです。

・中世ヨーロッパでは、異星人が飛来し地上を探索していたようであるし、悪疫の腺ペストの黒死病の生物兵器と異星人の関連もあったのでしょうか。中世のヨーロッパはあまりにも暗黒時代であったようです。UFOや宇宙人と人類のつながりを示す民間伝説は世界中にあると述べられています。「フランスの『美女と野獣』の話は、異類婚姻譚だ」そうです。

・悪疫や病気をはやらせる恐ろしい堕天使か悪魔がいるそうで、大宇宙ではスター・ウォーズが絶えないそうです。本来、人間は完全な神の似姿であって寿命も長かったようなのですが、魔神や悪魔のために肉体的にも精神的にも病気になるという終末的な様相を生みだしたようです。

・太古から飛来している異星人と人類との関わり合いは、核戦争や生物兵器戦争もあったのでしょうか。中世のヨーロッパは魔女狩りや戦争などの悲惨な話が多かったようです。

・空飛ぶ円盤は、マイナーな情報ではなく、メイジャーな情報になってこそ人類の進化も進むのでしょうか。一時期多くの支持者を得ていたCBA(宇宙友好協会)は、主宰者の病気なので活動が衰えたそうですが、終わりがよくなかったようで残念だったそうです。円盤は神人や悪魔の乗り物なのでしょうか。スターゲイトのようなもっと進化した異次元移動手段があるそうですが。”日本人らしく見える宇宙人”のような神人も来ていたのでしょうか。

・“エリア51”に関するテレビやマスコミの関心も最近は衰えたようで、秘密基地の場所を移動したという話もありますが、報道番組もないようです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。

・ヒトラーは霊媒であったといわれていますし、現代風にいえば、コンタクティでアブダクションをうけていたのでしょうか。ドイツ国民を狂わし数百万人の犠牲者をだしたヒトラー・ナチスとは、人格転換を受けた悪魔の集団だったのでしょうか。ヒトラー・ナチスが妄信した“金髪碧眼のアーリアの超人たち”は、戦後の米国に現れた“金髪碧眼の宇宙人ノルディック”、“金髪碧眼のエンジェル“なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。一時、米国のマスコミを賑わしたエイリアンのアブダクションやキャトルミューティレーションの話も最近では現象が起こっていないのでしょうか。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。まるでSFのような話ですが、異類ということで、地球を回避して離れたのでしょうか。

・「宇宙には発生上に2種類の宇宙人がおり、抗争がありスターウォーズをしている」と語られています。「サタン(悪魔)といわれるリラ星人系列の宇宙人とエンジェルといわれるシリウス星人系列の宇宙人の争い・スター・ウォーズがある」そうです。「実験室で人間を創った」といわれるリラ星人と「思念で人間を創った(?)」といわれるシリウス星人との対立でしょうか。小人族のグレイも核戦争で退化した姿ともいわれますが、「人類の未来の姿」という説もあるようです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。

・空恐ろしいほどの進化したエイリアンの超テクノロジーに驚いて、米国政府は、宙人情報を核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』(アバブ・トップシークレット)に閉じ込めて、『コンタクトの独占』を計るのでしょうか。はたして“エリア51”では何が行われているのでしょうか。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は米国の一人勝ちでしょうか。

・米軍のみならず国連幹部も空飛ぶ円盤に震撼した時代があったようです。空飛ぶ円盤は米国への領空侵犯機なので、すぐに撃墜行動をとった米軍の戦闘機の多くが撃墜されたようです。自衛隊に関してはファントム戦闘機がUFOに撃墜されたとか、いろいろな話題があるそうです。また昔の話ということで、時たま雑誌にとりあげられたりしますが、最近では、情報を追跡するマスコミ関係者も少ないようです。UFOは、たまに国会などでとりあげられることもありましたが、日本的な国家安全保障上の最高機密のようで、米軍のようにリアルなエイリアンとの遭遇話ではないようです。

・彼ら異人は、普通の人として米軍の軍属などとして、紛れ込んでいるのでしょうか。しかもその存在は異人同士しか分からないというのですから驚きです。米国のテレビ映画などでは、異人が一般社会に潜伏しているようなストーリーが多いようです。

・金髪碧眼の白人の元祖タイプの宇宙人は、昔から地球の社会に溶け込んでいるそうです。地球の一般社会に紛れ込んでいる異人は不思議な存在のようです。本書でもあるように「米軍に異人が混じっている」そうです。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるといわれます。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。

・グレイの後に米国に来たと言われている金髪碧眼のノルディックの情報も最近はどうしたのでしょうか。非常に細かい粒子の世界に生息する高等知性体の正体も不明で、しいていえば“幽霊のイメージ”で“エーテル界の世界”でしょうか。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。

・ヒル夫妻が遭遇したレティクル座人とは小人族のグレイタイプなのですが、いろいろな情報があるようです。2000年前は色々な日本のUFOマニアが書籍を出版したようですが、最近は米国からの情報が入ってこないようで、低調のようです。どこまでが正確な情報かは不明なようです。ゼータ・レチクル星人が「500年前に惑星連合政府を創設。指導種族として恒星間貿易ルートの50%を支配」とありますがどこからの情報なのかはわからないようです。いわゆる霊能者にしか分からない情報がコンタクティよりもたらされるようです。天使の存在する世界を知覚できる霊能者も多いのでしょうか。

・ヒトラーのナチスが狂い崇拝した“金髪碧眼のアーリアの超人たち”と戦後米国に現れた小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックという異星人とは、同一の種族なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。

“金髪碧眼の宇宙人”の話は非常に多いのですが、中世ドイツに現れた異人たちと同じなのでしょうか。「中世ドイツの領主は異人が多かった」という伝説もあるようです。金髪碧眼の異人は“白人の元祖”タイプで、ケルトの神話などのヨーロッパの伝承に多く見られるそうです。ウンモ星人も金髪碧眼で、ヨーロッパにその末裔が多く住んでいるともいわれています。

・ヒトラーについては世界で1万冊以上でしょうか、関連研究書籍が出ているようなのですが、ヒトラー研究家が多いにもかかわらず、謎の部分が多すぎるようです。ドイツ民族を狂わせたヒトラー・ナチスには何か“超常的なもの”が存在したようです。ナチス・ドイツ支配民族創出計画の原因となった“アーリアの超人たち”とはアルデバランの宇宙人のようです。ヒトラーについて昭和初期から現在まで日本で出版された関連書は3000冊を超えると語られています。

・「彼ら“ガーディアン”は肉と血のある生物ではなく、時空を超越した非物質的領域に住む純粋エネルギーの存在だ」というのは天国に自由に出入りしているといわれているシリウス星人のような“天使”タイプの異星人のようです。

・フランスのコンタクティのクロード・ボリロン・ラエルのように「不死の惑星から来たリラ星人」との話があるそうですが、クローン技術で“不死”が可能だそうです。プレアデス星人も20歳に見える女性が実は200歳以上だとか、宇宙人の寿命に関しては多くの報告があるそうです。

・マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界では、人類の未来は悲観的なことばかりではないそうです。米軍の超能力研究もすすんでいるようです。臨死体験の間、神の光を見たという話は非常に多いそうです。

・シリウス星人は自由に”天国”に出入りしているといわれています。死後の世界の天使たちが、波動レベルを下げて人間に感知されるレベルにまで降りてくることもあるそうです。高次の知性体は霊的な存在であり、霊の世界と高次元の宇宙人の世界は、同じようなエーテル界やアストラル界に存在するようです。

・太古の昔、『光の勢力』と『暗黒の勢力』との間に宇宙大戦争が起こったという話は多くあります。とにかく宇宙を2分するような大惨事であったようです。宇宙には発生的に2種類の宇宙人がおり、互いに争い殺し合い戦争になったという構図だそうです。一方が絶滅するのではなく、その争いは永遠に続くというスケールの大きい話のようです。

・MIBすなわち『黒服の男達』は、嫌がらせや威嚇、テロや殺人を専門とする『暗黒の勢力』の手先だそうで評判が極めて悪かったようです。映画“メン・イン・ブラック(黒服の男たち)”では、“宇宙警察”のイメージもありましたが、地球に来るのは情報部関連、諜報機関関連の先遣隊みたいなものでしょうか。プレアデスとオリオンは宇宙社会の構図が違うという報告があるようです。オリオンは階級色の強い神々の社会で、プレアデスはどちらかといえばフラットで神々ではない社会だそうです。


[PR]
by karasusan | 2016-08-27 04:29 | UFO | Comments(0)