アメリカ軍のスパイにして諜報活動を行う秘密機関とくれば、ひとつしかない。国家安全保障局/NSAである。MIBとはNSAのエージェントなのである。(3)


■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)で「世界の諜報機関」を見てみますと、以下です。

「(アメリカ合衆国)

アメリカ政府は、20019月の同時多発テロを受けて、情報機関の連携強化などを目的として国家情報長官を設置した。国家情報長官は連邦政府の15の情報機関の予算、人事を統括する権限をもつ。しかし、各情報機関への指揮権は不明である。予算規模も公表されていなかったが、2005年、メアリー・マーガレット・グラハム(英語版)国家情報副長官がテキサス州サン・アントニオの会合で誤って公表し、15の情報機関を合わせて年間約440億ドルという巨額に上ることが明らかになった。

また、アメリカはイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドとの間にUKUSA協定を締結しており、これらの国々と協力して世界的な通信傍受システム「エシュロン」を運営している。

中央情報局(CIA - 第二次世界大戦中の戦略事務局OSSの後継機関。NIAOPCCIGなどの名称を経て現在のCIAに至る

連邦捜査局(FBI) 国家公安部(NSB - 2005年に新設された。

国家核安全保障局(NNSA

財務省情報支援局(英語版)(Office ofIntelligence Support

国務省情報調査局(英語版)(Bureau ofIntelligence and Research

アメリカ沿岸警備隊情報部(英語版)(Coast GuardIntelligence

アメリカ国防総省傘下の情報機関 国防省情報本部(DIA

国家安全保障局(NSA

国家地球空間情報局(NGA

国家偵察局(NRO

アメリカ陸軍情報保全コマンド(INSCOM

海軍情報部(ONI

空軍情報・監視・偵察局(AFISR

海兵隊情報コマンド(英語版)(Marine CorpsIntelligence Command)」とのこと。

・近年では、CIAがあまりにも有名になったので、将来は、解体するという話もあったようです。むしろNSAや特にNRO(国家偵察局)が、異星人とのコンタクトの中心になっているともいわれているようです。

・エイリアンの情報は、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、マスコミに漏れてこないようです。「とある米軍基地に行くと神に会える」とか「イルミナティのようなフリーメーソン組織に入ると神に会える」とかの荒唐無稽な摩訶不思議な話もあるそうですが、ロズウェルのUFO墜落から60年以上経っても、荒唐無稽かつ支離滅裂でマスコミは、ほとんど正確に分からないようです。

・「霊体が神々で肉体は一般人」という『神人』は容易に私たち一般人には分かりません。神話の宝庫のインドでは、一般人にウォークイン(憑依)した神々が、『神人』として、現代でもいるそうですが、詳しいことは全くマスコミも分からないそうです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。それで「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だともいわれます。地球上にはかなり多くの宇宙人が「同化」して住んでいるそうです。

・映画「MIB」「メン・イン・ブラック(黒服の男たち)」は、数作品も作られ日本のテレビでも放映され「宇宙警察」のイメージでしたが、映画を使って情報操作する手法はCIAがよく使うメディア利用法だそうです。ロシアのスパイ逮捕・交換の話が話題になりましたが、CIAが何をしていても「極秘行動」となるようです。

・小柄な異星人グレイとともに飛来した人間タイプの宇宙人、金髪碧眼のノルディックが住んでいたという廃棄された米海軍の軍事基地内の様子を写した「UFO特番」のテレビ番組が昔あったそうです。が、彼らの足跡は、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、マスコミも手がでないそうです。

・天使や異星人、異人、神人、それどころか神々が人間の姿を装い地上を秘密裏に徘徊していたとか、地上の社会生活にとけ込んでいるとか、諸説ありますが、「世にも奇怪な人物」も少なくないようです。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。異人はオリオン星人だったのかもしれません。一部は神や天使に近い能力があるようです。当時の警察が「異人」をどの程度、把握していたのかは不明です。

・メン・イン・ブラック(黒服の男たち)は、テレポート(瞬間移動)など凄まじい超能力を示したとかの報告もあるようですが、ハリウッド映画「MIB」では、「宇宙警察」のイメージでした。地球上には、様々なネットワークが昔から、秘密裏にあるそうです。昔から存在するフリーメーソン組織も異星人のネットワークとのつながりがあるという説もあるようです。

・数万年や数十万年進化した異星人の超テクノロジーや超能力は、想像を絶するものがあり、私たち一般人には理解不能の話だそうです。

・ハリウッド映画ではメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)「MIB」は、宇宙警察のイメージでした。UFO研究家を襲い殺すという恐ろしい話は、誇張や誤報の面があったのかもしれません。ハリウッド映画で正しいメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)のイメージをプロパガンダしたのかもしれません。ハリウッド映画「MIB」は評判になりシリーズで制作され、またアニメーションもつくられたようです。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)は圧倒的に米国での報告事例が多いそうですが、その他の国々でも報告されているようです。英国も宇宙人現象の多い国のようです。怪獣のネッシーで有名なネス湖の周辺もUFOや宇宙人現象の多い地帯で、ハイランド地方の近くにベン・マックドゥーイ山という「灰色の巨人」で知られる謎の多い山があります。

・宇宙警察と宇宙人の脅迫者・犯罪者では大きな違いです。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)の妨害にもかかわらず、異類異形の宇宙人や「生体実験」など、5万年進化している異星人のネガティブな面が知られるようになりました。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)はオリオン星人といわれています。その超能力が凄まじいそうです。

・フランス人のクロード・ボリロン・ラエルというリラ星人のコンタクティによると、人類に3万年進化しているリラ星人が「実験室で人間を創造した」そうです。しかしながら、人間の魂をどのように創るのか私たち一般人は、想像もできません。遺伝子にすべての情報があるともいわれています。「古代リラ星人は、アセンション、つまり上位の次元、5次元以上の移行を待っている」といわれます。

・アメリカ合衆国のダルシーの秘密基地では、オリオン星人系列のリゲルやドラコ星人が遺伝子工学の実験を行っているそうです。「魚、鳥、ネズミなどの異種生物の形質合成、人間の多肢化、グレイ族のクローン化、地球人とグレイ族のハイブリッド化など、戦慄を感じる、おぞましい生体実験が行われている」そうです。ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球の爬虫類的異星人(レプティリアン)がエリア51等の秘密基地で活動しているともいわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。

・太古から数万年から数十万年以上も進化している人間タイプの異星人が地球に飛来して、人類を観察していたそうです。中世の薔薇十字団員もその超能力が凄まじく、天使のような異星人だったようです。ストレンジャー(異人)は、欧米社会に一般人として浸透しているともいわれています。異人や神人、進化している宇宙人などが、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)やその他の形態で、地球上に登場するようです。

・「歴史のシナリオを描く」ともいわれているのは、シリウス系オリオン星人でしょうか。低層4次元に潜む爬虫類的異星人(レプティリアン)の系列のイルミナティが世界を陰で動かしているともいわれます。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を管理している」ともいわれます。

・現代では、米国に現れたメン・イン・ブラック(黒服の男たち)がオリオン星人だったようです。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)は、アストラル界の住人ともいわれております。テレポート(瞬間移動)やテレパシーが自由自在で、異次元から人間を観察しているともいわれています。「アストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっている」といわれます。

・小柄な宇宙人のグレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジの人間タイプの異星人が飛来して、その後に東洋人タイプが来たそうです。スイスの有名なプレアデス星人のコンタクティのビリー・マイヤーによると日本民族の原流となった異星もあるそうですが、詳細は不明のようです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア45”から来ているといわれています。

・ゼータ・レチクル人は、多くの意味で地球人とは対照的な種族のようです。グレイの一種が、ゼータ・レチクル人だそうです。グレイの一種は生体ロボットとか言われていますが、異次元移動ができるようです。やはり米国のUFO研究家は、情報豊富なようです。洋書を読めばかなりのことが分かるそうです。元アメリカ空軍の中佐でもあった有名なUFO研究家の Wendelle C. Stevensは、書籍やCD-Rなどで、以下の情報を集め販売しているそうです。同氏は、何か冤罪かもしれませんが、数年間、刑務所に入れられたようです。

・「Message From the Pleiades - TheContact Notes of Eduard Billy Meier」、「UFO CONTACT FROMPLANET KOLDAS」、「UFO Photographs Around the World」、「UFO CONTACT FROM PLANET ITIBI-RA」、「UFOCONTACT FROM PLANET NEP-4」、「UFO ABDUCTION AT BOTUCATU」、「UFO CONTACT FROM PLANET KORENDOR」、

・「UFO CONTACT FROM ALCYON OF THEPLEIADES」、「UFO CONTACT FROM PLANET KLERMER」、「UFO CONTACT FROM PLANET APU」、「UFO Crash atAztec」、「UFO CONTACT FROM PLANET UMMO」、「UFO CONTACT FROM THE DAL UNIVERSE OF ASKET OF THE TIMMERS SOCIETY」、「UFO Contact from the PleiadesMessage fromthe Pleiades The Contact Notes of Eduard Billy Meier 4」、

・「Ultimate UFO Series Andromeda」、「UFO Contact from Reticulum Update」、「UFOCONTACT FROM PLANET BAAVI IN PROXIMA CENTAURI」、「UFO'sOver Modern China」、「UFO CONTACT FROM PLANET ACART」、「UFO CONTACT FROM PLANET ZETI IN ORION」、「S-4Leak The Connor O'Ryan Story」、「UFO Contact From Mars  Among The Saucers」、「UFO Contact fromAndromeda」、「Ufo Contact fromPlanet Iarga」、「UFO Abduction At Maringa」、 

・「グレイ」は「レチクル座のゼータ星人」とも呼ばれており、人間を誘拐する主要な宇宙人種であると考えられています。キャトルミューテレーション(動物虐殺)の犯人でもあるようです。グレイの人間誘拐といっても異次元移動をさせ、肉体というよりも人間の幽体を操作するとも言われていますし、処置後、記憶を消すそうです。

・ドアを透き通るようにして部屋に侵入してくるグレイは気味が悪いようです。グレイは、生体ロボットともいわれていますが、異次元移動もでき、超テクノロジーは、凄まじいようです。

・宇宙人は本質的にタイム・トラベラーともいわれます。『竹取物語』のように日本民族とプレアデス星人とは、強いつながりがあり、日本民族の原郷は、プレアデス星座にあるという説もあるそうです。オリオンやプレアデスに多くの日本人が住んでいるという法螺話もあるそうです。

・エササニ人は、地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つだそうですが、異類混血が進んでいるのでしょうか。異類混血がスター・ウォーズの原因となるという説もあるようです。同じ宇宙人種族でもポジティブ・グループとネガティブ・グループがおり複雑な様相を示しているようです。「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました」。それがエササニ人のバシャールだというのです。

・リラ星人とネガティブなシリウス星人の対立は、スター・ウォーズの原因となっているのでしょうか。米国には、シリウス星人がウォーク・イン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の形態で人間化しており、その数は、多いともいわれています。メン・イン・ブラック(黒服の男たち)は邪悪なオリオン星人だという有力説があったそうです。その昔、大規模なスター・ウォーズ「オリオン大戦」を起こした種族のようです。

・ハリウッド映画『MIB(メン・イン・ブラック(黒服の男たち))』は、1997年と続編が2002年に2度も制作されましたが、日本のテレビでも放映され多くの人が視聴したようです。映画では「宇宙警察」のイメージで、悪玉の非人間タイプの宇宙人が地球に来るのを防ぐ役割でした。その後も多くのアニメ、テレビ映画等の題材になったようです。

・宇宙艦隊も来ているそうで、違った「宇宙連合」の一部門として活動していたのかもしれません。宇宙連合も様々な種類があるそうです。オリオンの邪体霊ともいわれ、スター・ウォーズの原因となった勢力のようですが、現在は、小康状態を保っているそうです。すでにメン・イン・ブラック(黒服の男たち)は、地球を去ったともいわれます。

・アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という存在がよく米国のスピリチュアルな本で言及されます。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスターフッド)の空挺部隊のことだと述べられています。サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。

・かってイエスであった存在は現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいると述べられています。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。アプ星人は現代において南米に飛来しているともいわれます。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。「キリスト(アプ星人)の一族が地球を管理している」という奇説もあるそうです。

・「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、映画のように異星人は市民社会にとけ込んでいるのかもしれません。米軍にも昔から異星人が混じっていたという話もあったそうです。メン・イン・ブラック(黒服の男たち)やバイオロボットといわれる小柄なグレイは、人前から消えたりする、つまりテレポート(瞬間移動)するともいわれ、その超能力も想像を絶するもののようでした。異星人にとっては、テレポート(瞬間移動)のテクノロジーはそれほど難しくないテクノロジーだそうです。日本のマスコミのUFOマニアの担当者たちも40年前と違って、この方面の活動は現在、低調のようです。

・ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア45”から来ているといわれています。グレイの「空飛ぶ円盤」に同乗していた「ナチス」とも言われている金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人といわれていました。

・映画「メンインブラック」の異星人は、オリオン星人だといわれます。映画の「メン・イン・ブラック」(MIB)を見られた人も多いでしょう。シリーズ数作に渡って異星人の面白いアクション映画でした。実際のメン・イン・ブラックは、UFOコンタクティーを脅す怖い存在として、報道されてきました。

・テレビ映画「Xファイル」でも、機密を守るために、爆殺事件や殺人事件を引き起こす怖い存在として描かれています。異星人情報は、国家安全保障上の最高機密なのですから、諜報機関や、特務機関が秘密を守るために、殺人事件を引き起こすような場面があったように思います。怖い話ですね。

・ところで、メン・イン・ブラックは、シリウス系のオリオン星人で、グレイの母船に同乗しているそうです。グレイの母船には、人間も乗っており、多くの人がグレイの星に行っているように思われます。人間タイプのオリオン人が、人類の未来の鍵を握っているようです。勿論、秘密裏に、彼らは地上に降りてきておりますが、最高機密ということで、実体は不明です。なお、異星人情報の公開などに関して、裁判や訴訟が行なわれているという報道はないようです。訴訟になる前にMIBに片付けられてしまうのでしょうか。MIBについての謎は、深まるばかりでしょう。一部は神や天使に近い能力を持つともいわれます。

・メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)の超能力は凄まじく、オリオン星人ともいわれています。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるそうです。

・オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。一万年以上前のベテルギウス(オリオン座の恒星)星人の容姿は現在の「エンジェル」とほぼ同じであったらしいのです。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配しているともいわれます。

・メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)の映画のイメージは、『MIB』としてSFアクション・コメディ映画として世界中の人の目に触れたようです。脅迫者、殺人者というよりも「宇宙警察」のイメージでした。

・「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」という不思議な話もあります。

「シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている」といわれます。

・ナチス・ドイツが「金髪碧眼の超人」、アーリア人を崇拝していたようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。金髪碧眼の「ノルディック」と呼ばれる異星人(プレアデス人)は、金髪碧眼のアルデバラン星人とよく混同されたそうです。人間に最も近いといわれたプレアデス人が「ユダヤ人のホロコースト(大虐殺)」に関係していたという説もあり、驚きです。ヨーロッパ世界は暗黒時代が続いていたのかもしれません。中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。

・シュメール文明を打ち立てたのが金髪碧眼のアルデバラン星人といわれ、牡牛座のアルデバランが故郷の惑星のようです。地球から68光年の距離にある牡牛座のアルデバラン太陽系の二つの惑星からなる“スメーラン帝国”はどのような国だったのでしょうか。

・スペインなどで評判になった「ウンモ星人」も金髪碧眼といわれ、「神々に近い種族」ともいわれているようです。スペインなどのウンモ星人も金髪碧眼で、ヨーロッパにその末裔が多く住んでいるともいわれています。人間社会への同化の程度がかなり進んでいるそうです。異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視調査し社会生活をしているともいわれます。

・異次元の都市の詳細な記述は、少ないようですが、幽界や霊界に似たエーテル界やアストラル界に都市があるというのは神智学の定説だそうです。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となったともいわれます。現在では、金星と火星の異次元(アストラル界)には、壮大な都市文明が存在しているそうです。金髪碧眼のノルディックは、人類に6千年進化しているプレアデス星人といわれています。

・人間の死後の世界の精霊界がパラレルワールド(並行世界)で、現実世界と相似の世界だといわれています。高等知性体の住む高次元の世界は、現代科学が認識していない、エーテルのような精妙な非常に細かい粒子でできているそうです。「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」そうです。

・「火星人の生命波動も地球人の物理的な密度のものではありません」ということも、理解が難しい原因なのかもしれません。目に見えない異次元の世界については、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。現在では、金星と火星の異次元(アストラル界)には、壮大な都市文明が存在しているそうです。ここでいう金星というのは副金星、異次元の金星、アストラル界にある目に見えない金星のことのようです。

・昔は地球に係る異次元の「火星霊人と金星蛇人」という対立の構図でしたが、火星人が秘密主義であるということは、コンタクティのほとんどが「金髪碧眼の白人種の金星人」とコンタクトしているという事実が物語るようです。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となったそうですので、超太古には「金星蛇人と火星霊人」の対立・戦争もあったようなのです。スター・ウォーズでは「牛神」が「龍神」をテクノロジーの面で圧倒し、「爬虫類的異星人(レプティリアン)を低層4次元に追いやったともいわれます。

・火星人が秘密主義で正体がはっきりしないため、宇宙人理解の大きな障害になっているようです。火星人の系統から日本の神々の系列が分かるのかもしれません。日本民族はプレアデス星座のとある惑星に原郷があるという説もあります。

・「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という伝承の「異人」はオリオン星人だったそうです。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。「藤原氏の北極星、北斗七星信仰はシャンバラ信仰、物部氏のオリオン信仰はアガルタ信仰となる」といわれます。

・地球は波動レベルが低くて、未来数世紀経っても宇宙連合に入れないそうですので、確認しようのないことのようです。また異星人情報が国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのために、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。

・米国のUFO関係者やハリウッド映画の関係者によって、グレイやエイリアンのイメージがテレビや映画を通じて全世界に流れましたが、アバブ・トップシークレットのためSFと単純に片づけることもできるようです。

・米国のように、「エイリアンの存在を大衆に知らせない」というのは、政府(超政府?)関係者とエイリアン双方の利益としての“密約”らしいのです。これを打開してきたのが、メディア関係者やUFOマニアたちなのですが、この力関係は、むこう50年から100年以上、続くものでしょうか。「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」そうです。

・高次元の高等知性体は、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)の形で、地球上に現れてきているそうです。宇宙人は進化の程度が極端に大きく違い、天使クラスの宇宙人は、いわゆる目に見えるUFOという乗り物を必要としないとも言えるのでしょうか。UFO自体もその進化の程度に応じて、性能・機能が大きく違うようです。

・ガーディアン(守護神)―昔、人間であったが、霊的に進化し、霊的存在となった。人間世界の指導をしているそうです。「アセンディド・マスター(高級教師)がガーディアンより、さらに進化した霊的存在の生命体。7人存在し、7色の虹のように輝いているようです。上には上の神々がいるようです。

・したがって、異次元の異星人によって“人格転換”をうけた地球人も一般社会に交じって増えており、「人はみな記憶を失った異星人だ」そうです。一見してすぐ分かる“人格転換者”というのは、“ゲイ(LGBT等)の人たち”だそうです。「不思議なゲイの現象は、宇宙人の人格転換である」という説もあります。

・遥かに進化した宇宙人、天使クラスのシリウス星人や一部のプレアデス星人は、『天国』『死後の世界』『ニルヴァーナ』『涅槃』の世界に出入りしているそうです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だそうです。ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるともいわれます。

この遥かに進化した宇宙人クラスは、異星人・天使・神々として、幽霊などの“心霊現象”にも関係しているようです。

・ナチスが崇拝した金髪碧眼の白色人種アーリア人は異次元の金星から来たとも、アルデバラン星人だったともいわれます。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。

・異星人情報の秘密主義のため情報は混沌としたものになっているようです。秘密主義に走るのは異類混血を進めているからでしょうか。「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)」が、エリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。

・カリフォルニア州のシャスタ山のアガルタ・ネットワークは、目に見えない異次元世界の話のようです。シャスタ山における不思議な話は多いようです。シャスタ山の異次元世界には、エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来していたのかもしれません。

・「シャスタ山の小人」とは、グレイ・タイプのゼータ・レチクル星人のことでしょうか。ハイパーボーリア人、レムリア人、アトランティス人とか太古の種族と現代とのつながりがあるようなのです。「アガルタ・ネットワークは地下にある120の光の都市」とは、目に見えない異次元・高次元の話のようです。そして目に見えない異次元の話として理解しても私たち一般人には、把握が難しいようです。

・マスコミでも活躍していた秋山氏は、カシオペア座の付近の惑星に行って来たと述べています。同氏は、著書も多く、当時テレビに出演してマスコミでは有名人でしたし、その後の話が続いていないのが残念ですが、金髪の宇宙人の正体とは、白人タイプの金髪碧眼のノルディックのことでしょうか。

・同氏は、『私は宇宙人と出会った』(ゴマブックス)(秋山眞人)など50冊くらいの本を出版している人ですが、メイジャーな情報になりきれないところに限界があるようです。

・国家機関の総力をあげてエイリアンの超テクノロジーを入手している米国の「一人勝ち」の状況が向こう100年間以上、予想されるそうです。国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上位の情報『厳秘(アバブ・トップ・シークレット)』扱いの宇宙人情報はほぼ完全に守られているそうです。

・エイリアンは、日本でも評判を呼んだテレビ映画『Xファイル』の中でも見られたように米国の市民社会に溶け込んでいるので、あなたは何も知る必要はないそうです。新聞などのマスコミも政府に協力して追いかけないようで。日本に河童(グレイに近い宇宙人種族、バイオロボットともいわれている)とともに飛来したといわれる異人たちの末裔も社会に紛れ込んでいるのでしょうか。「平家がプレアデス星人の末裔。源氏がオリオン星人の末裔」という話もあり、昔から異人の末裔が日本に拡散していたのかもしれません。

・昔は金星人とか火星人とか言われましたが、現代では、金髪碧眼のノルディックがグレイの母船に同乗するオリオン星人ではないかといわれているようです。また、金髪碧眼のノルディックがプレアデス星人という説もあるようです。とにかく金星とか火星とかの異次元に、人間の目に見えない高次元の壮大な宇宙人の都市文明があるそうです。人間の死後の幽界や霊界に似た世界のようです。アストラル界やエーテル界に宇宙人の都市があると述べられています。

・宇宙人の“長衣”に関しては、1960年代後半にサンフランシスコを中心としたアメリカの若者の間で生まれたムーブメントで『ヒッピー』というのがありましたが、ヒッピーがよく着ていた“長衣”を思い出しました。何か契機があったのでしょうか。レプティリアンは、地球人がイメージする爬虫類人とは全く違うと理解しないと、デーヴィッド・アイクの説は理解できないそうです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリアのマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類人(レプタリアン)も人間化しており知性的な顔をしている」そうです。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」といわれます。

・『トンデモ本』の範疇に入るとこの著作者(デーヴィッド・アイク)もよく批評されるようですが、実に特異な見解のようです。金髪碧眼、白い肌、レーザー光線のように輝く双眸のイメージは「GODS(神々)」の姿というよりもミカエルなどの天使のイメージでしょうか。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球だ」という説もあるそうです。また「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」という話もあるそうです。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」そうです。

・金髪碧眼のノルディックと爬虫類人レプティリアンとグレイなどの間の関係も戦争状態になったり、休戦平和になったり複雑怪奇のようです、アメリカの陸軍の情報員のリークに「グレイの後に金髪碧眼のノルディック、赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプが来た」そうです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア45”から来ているといわれています。

・とにかく、映画でイメージができたグレイのほかに、アバブ・トップ・シークレットのラージノーズグレイ、ノルディック、オレンジと言われる4種類の異星人が来ていたと米国の秘密公文書には載っているそうです。もちろん宇宙人は西洋人タイプばかりでなく、東洋人タイプも黒人もいるようです。

・メン・イン・ブラック(黒服の男たち)も異星人が混じっているという説もあるそうです。「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)はオリオン星人だ」という説もあるようです。ラージノーズグレイは中世の鉤鼻の魔法使いのお婆さんのイメージのようです。

・「進化した異星人」だからテレポート(瞬間移動)もできるのでしょう。このテレポート(瞬間移動)を人間が理解できず、「奇跡」は秘密にしようとするパワーがはたらくようです。しかし、テレポート(瞬間移動)の超テクノロジーは、宇宙人にとって比較的難しくないテクノロジーだそうです。人間の肉体や精神体に自由に憑依する遥かに進化した異星人は誰も認識できないようです。

・グレイの巨大母船に同乗する金髪碧眼のノルディックはレプタイル・アーリアン白人種ということなのでしょうか。「異星人の情報」も多くの人たちの情報公開法やリークとインターネットの普及で、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』の状況がくずれてきつつあるともいえましょうか。「神々は憑依などで市井の人となり普通の生活をしているので誰も認識できない」のかもしれません。1.6キロもある巨大なUFOの目撃事例は、一段と進化した天使のような異星人の飛来が窺われると語られています。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2016-09-01 15:31 | UFO | Comments(0)