チャネリングによって出された意識によれば、地球ユートピア計画は、250年後のニューヨークを最後の舞台としております。(2)

『光のなかへ』 -本当の自分を求めてー

桐生敏明   エルランティの光出版    198910

・今世の奇跡は、海が割れて道ができたり、物が宙に浮かんだりすることではなく、人の心が変わっていくことなんです。それこそが、本当の奇跡なんです。

<妻が霊道を開いた>

・神はすべてのものをこの上もなく生かしている愛の光、愛の生命、エネルギーです。

・知識で分かる部分は5%ぐらいです。あとの95%は心で分かるのです。

・人間は神より出て、神に帰る魂―神の子である。

・これから私達の学んで行くことは、人生を勝ち抜くためのハウツーではなく、勝ち負けも身分の上下もすべて超越した、神の許へ近づいて行くという人として生まれた本来の目的を全うしていく方法だと思うのです。

・私達の暗い想念が、磁石となって暗い霊を呼び寄せ、今度は私達が、知らず知らずのうちに、その霊の影響を受け、暗い思いをさらに膨らませて行くのです。

 自分が暗い思いを出せば、それは形となって自分に返ってきます。自分の周りに起こって来るすべての現象は、所詮は自分の心が作り出した影でしかありません。原因はすべて自分の心にあるのです。

・心がフィルムで、私たちの住む現象の世界がスクリーンです。私達は、スクリーンに映し出された影を現実だと思い、それを変えようとしますが、何も変わらないのです。フィルム(心)を変えれば、映し出される映像も自ずと変わってくるのです。

・肉の自分が気づかないだけで、私は、エルランティに救いを求め、エルランティはそれに答えてくれていたのです。

・エルランティとは神に最も近い意識のことです。

・エルランティ田池となると、何かハワイの日系二世の名か、歌手の芸名のような気がするのです。

・「自分の井戸を掘りなさい」と田池先生は常々おっしゃっていました。

・六大天使の意識もやがてはエルランティの意識へと成長して行くのだそうです。すべてがいつかはエルランティの意識となり、神へ帰って行くのです。

・私達が、「自分は神の子である」、と心から気づけばそれでよいのです。その時、私たちは、もう永い旅のゴールにたどりついているのです。心から気づけないからこそ、永い輪廻を繰り返し、神の下に帰るべく修行しているのです。

・サタンへの道から神の子の道への軌道修正、それが天変地異なのです。

・最終ユートピアの建設は、自分を変えて行くことだと、そして、自分が肉体ではなく霊であることに気づき、その霊性を向上させていくことーそこに人生の目的を見出していくことーそこから始まるものだと。

<神の子の道>

1、人間は神より出でて神の下に帰る。

2、目に見えない世界こそ実在の世界であって、目に見える世界は、その影・現象の世界である。

3、神はすべてのものをこのうえもなく生かしている光、愛の生命、エネルギーである。

4、人間はすべての神の子であり、平等である。

5、生命は永遠である。

6、人間(霊)は過去世、現世、来世の三世を流転する。(転生輪廻)

7、人生の目的と使命は、自己の魂の浄化と神意の具現、最終ユートピア建設にある。

8、意識・心が肉体を支配する。

9、肉の思いは、己の心を汚し、神の光を遮り、己の心を神の心から離してしまう。

10、想念はものを作る。

11、自分の世界に起こる一切の諸現象の原因は自分の心の中にある。

12、神は人間に理性と自由を与えている。

13、苦悩の原因は己の無知とエゴにある。

14、暗い意識、粗悪な波動を出している者は悪霊に憑依され霊障を受ける。

15、試練は神の愛の揺さぶりである。

16、反省(止観)は、神の慈愛である。

17、母の愛情は、神の愛に通じるものである。

18、愛の実践によって己の神性が開顕する。

19、神と一つになり、心底から熱心に祈れば、その祈りは神の心に通じる。

20、浮かばれていない死者の霊は、物や形ではなく、愛によって救われる。

21、宇宙における地球の存在意識及び、絶滅の危機に瀕している今日の状態を正しく認識し、遠い宇宙から投げ掛けられている神の死者の愛の光を感謝して受け取り、地球救済と宇宙のユートピア化の為にエルランティと共に最善を尽くす事が当面、最大課題である。

22、自己の確立に努め、霊の道、神の子の道を真っ直ぐに進み上がっている時に本当の幸せが感じられる。

23、喜びは神の愛である。喜びは喜びの種を蒔き、喜びの花を開かせ、喜びの実を結ぶ。

24、最終ユートピア建設の幕は上がっている。

『心を学ぶために』

エルランティの光出版    199112

<意識のプリントとは、どのようなものですか。>

5年ほど前、(1986年)から、田池留吉さんが色々な形で研修会を開くようになって以来、現在(1991年)では、90数名のチャネラーがおります。それらのチャネラーが意識を受け、ワープロで打ちプリントにしたものです。

<なぜ、この集まりは組織や宗教団体の形を取らないのですか。>

・神の心に反した心を修正していくのに、組織による統制や宗教団体のような教祖による引率は必要ないのです。また、今や組織を作って束縛する必要もないのです。

<私たち人間はいつ、どこから来たのですか。>

・この地球上での人類の発生は、36千年前、エルカンターレという所に今の人間の肉体を持って現われたと、チャネラー(霊的交流者)が意識を受けています。

<エルランティとは何ですか。>

・チャネラー(霊的交流者)が、神の光を感じた時、その波動をエルランティと言いました。本来、神の光を言葉で現すことはできません。しかし、今の人間の頭に理解できる神の波動はエルランティとなります。

<なぜ、エルランティが日本から出てきたのですか。>

・神の計画によるものです。心の中の神を伝える田池留吉さんが日本に生まれたことも神の計画であり、人間の頭では計り知れないほどの意味があります。

『経営者の条件』

田池留吉の意識が語る     エルランティの光出版 1992

<すべての内容はチャネリング(霊道現象)によるもの>

・神の道という道はあるのです。ただ、その道にあなたは、目を塞ぎ、自分の人生を自分の心を見ることを塞いでしまったその結果が、今のあなたの心の中です。

・何もないその世界が本当の世界なのです。心の世界が真実の世界なのです。もしあなたが肉体を捨てられたら、残るのはあなたが生まれてくる時に同様に持ってこられた心それがただ唯一残るものなのです。

・どんなに大きな企業の経営者であろうと、心病んでいるその姿は愚かだと思いませんか。

・本当の自分の姿を知らなかったら、この物の世界に心奪われ、それが真実の世界として、追っかけ最後に残るものは愚かな自分の姿しか目に映らなくなるのではないでしょうか。

・経営者の心の中にどんなに大きなオアシスがあるか、そのオアシスを働く人々に与えるかによって、その企業は大きく発展するか、つぶれていくか、それだけの違いだと思います。

・いわゆる競争心とは闇の中の争いです。己しかないのです。神とは遠く離れ、自分が自分がと肉を真っ正面に押し出して人と比べて争うわけですから、これは苦しみなんです。どうしてこのように競争することを小さい時から教え込まれ、苦しみの中に身を置くことを奨励されるのでしょうか。

・あなた方霊道者が、いつまでも、この闇の意識、競争心に振り回されていては、いつまでたっても、そこから抜け出すことはできず、必要な情報を受け取ることができないのです。

・今の日本の、いえ日本だけではないかもしれません。先進国の教育は間違っているのです。競争心で相手を見て、己をどうやって認めさせ表すか、つまり自分中心の子供たちを作るために教育しているようなものだからです。

<競争社会をあおるサタンの意識>

・我らはサタン、サタン。人の功績をあげたい心、人よりも上に立ち、認められ、人よりも素晴らしいと言われたい、この己を大きくする心を操るサタン。そうそう、世の中皆、自分次第。

・向上心という綺麗な名の下で努力して、どんなことにも耐えて、上に上がっていくことをする。さも美徳のように持ちあげて、どんどん己を表われしていったらいいんだ。

・誰が何を言おうと決まるのは、そいつの持っている肩書さ、地位、そして、財産。その上で人間性があいまって完璧な支配者になれるのさ。どんどん努力しろよ。自分の力を大きくしていくのだ。

<田池留吉の意識>

・もっと立派な大人になるために、もっと立派な学校に入り、もっと立派な人間へと、そのように教育され、幼いころから努力を強いられてくるのですね。努力です、精神的圧迫にも耐えて、常に一番にならんと教育されていくのです。

・現に今の社会がこの競争を善として見ている以上、この社会の中で子供をのびのびとした心を持たせ続けることは大変に難しいのです。

<向上心とは悪魔製造の政策です>

・本当の向上とは神へ近づくこと、神に向かうこと。

・ここに存在しているすべてのものが神と言う優しいエネルギーに生かされているんです。

・ですから、肉体で「ああしよう」とか「こうしよう」とか頭を回すのではなくて、ただただ神に心を向けていったならば、それが素晴らしい本来の意味のリーダーシップと言えることでしょう。

・変わらない常識をお教えします。それは神が存在していることです。

『運命の女神に愛されると素敵な奇跡が次々起こる』

ムラキ・テルミ  KKロングセラーズ  2010/9/25

<昔から私たちは、成功することを女神の仕業だと考えてきました>

<私の守護神は宇宙人?!>

3年ほど前に出会った岐阜のお寺の住職様から顔を見た途端に言われたのです。

「いやあ、宇宙を背負ってきましたね。そういう人がいるとは聞いていたけれど、あなたの守護神は宇宙人だね。シリウスから来てます」

 守護神が宇宙人?!そんな地球人がいるなんて、思ってもみなかったことですし、何より本人に全く自覚がありませんでした。でも・・・言われてみれば、中学2年の時に、UFOを目撃したことを思い出しました。その時に、生まれて初めて「宇宙」を強く認識したのです。

・UFOだって宇宙人だって運命の女神だって、すべて存在していると考える法が理にかなっていると思うのは、私が「宇宙好き」のせいだけでしょうか。

<前世の記憶が今世の私を創る>

<無尽蔵に注がれる宇宙のフリーエネルギーと「愛」は同義語>

・と言うのも、宇宙からのフリーエネルギーと「愛」が同義語であると考えれば、いろいろな事に辻褄が合うのです。

<失敗は成功へ向かう途上の一休み>

・何かをやりたくても「お金が無いから先へ進めない」と思うと、本当に進めなくなります。でも、「行ける!」と思ったら、不思議とどこからか工面できたり、貸してくれる人が現れたりするのです。

「足りない」ということに思いを集中するより、「十分に豊かである」と信じたほうが、本当に豊かさがやってきます。

<無限の豊かさを信じて導かれ方を楽しむ>

・私の場合、一文無しどころか、ローンしか無いという体験が何度もあります。

<宇宙を循環しているお金の流れの中から必要に応じて使う>

・私達が、生まれてきたのは、生きるためですが、それは生活の糧を得るため、働くためだけではないはずで、人生にもっと高次の目的があります。お金は、そんな人生の目的をサポートはしても、決してそれ自体が目的にはなりません。

<デザインした人生の設計図は必ず実現すると信じること>

・運命の女神のメッセージを受け取ろうと思えば、「聞く」という態勢が必要です。

・最後に、私を救ってくれた「聖フランチェスコの祈り」をお贈りします。

「聖フランチェスコの祈り」

神は、私をあなたの平和の道具にてお使いください。

憎しみのあるところに、愛を、

罪のあるところに、許しを、

争いのあるところに、平和を、

疑いのあるところに、信仰を、

絶望のあるところに、希望を、

暗闇のあるところに、光を、

悲しみのあるところに、喜びを蒔かせてください、

おお、神よ、

慰められるよりも、慰めることが、

理解されるよりも、理解することが、

愛されるよりも、愛することができますように、

なぜなら、与えることによって、与えられ、

許すことによって、許され、

死ぬことによって、永遠の生命を与えられるからです。

アーメン。

『エルランティ』   新生編

高橋信次復活の原点

大川隆法  幸福の科学出版  1990/1

36千万年前に、大船団を率いてベーター星からやってきたエル・ランティ

・そこで今から36千万年近い昔にね、えーマゼラン星雲の一角の中にベーター星っていうのがありましてね。ここからエル・ランティっていうね、アール・エル・ランティっていう指導者が渡ってきたんですね。地球に。大船団率いまして渡ってきたんですね。有名な人ですね。

 このベーター星、ベーエルダ星とも言いますが、ベーター星って言うんですけれども、ここは非常に進化した都市でね。

今で言うと、地球で言うとね、いま地球が20世紀ですが、そうだね、ちょうど、30世紀ぐらいだろうかねえ。地球の未来史からいくと、30世紀ぐらいの感じの発達した都市だったんですね。

・まあそこは非常に進化した、地球で言うと30世紀ぐらいの文明を持っとったとこですね。そこからやっぱり魂が分かれて、この地球に飛んできたんですね。初期はまあ6千万人ぐらいいたんですね。

6千万人来たんです、ほんとうは。それで大船団です。

 よくUFOで見る葉巻型の大船団ね。大きな母船がありましてね。非常にこの母船が大きいんですね。

・全長10キロメートルぐらいあるね。全長10キロもある大きな飛行船なんですね。地上でないでしょ。

・この程度の飛行船で、大きさがね。だから長さ10キロですから、幅もどうでしょうかね。やっぱり5百メートル以上あったでしょうねえ、幅がね。それぐらいのやつです。

で、これ葉巻型の母船なんですね。

・こういうふうにベーター星というとこに住んでおった植物、動物をね、積んできたんです。これがまあ最初のノアの箱舟みたいですねえ。その話の原型です。いつもこういう原型があるんですね。ノアの箱舟のでかいのが、10キロもあるのが飛んできたんです。

・そういう10キロぐらいのでかい葉巻が5千本ぐらい飛んできたんです。ダーンと大編隊組んでね、飛んできたんだ。

そしてね、その母船が地球の上空に達してね、地球をしばらくグルグルまわっておって、そして、やがて今のエジプト、あのナイル渓谷のほうへ落ちていったんですね、降りていった。母船がね。まあそういう段階であったんです。

『イエスの真実』

合田秀行   エルランティの光出版  1990/11

・心の窓を開かれた霊道者(チャネラー)を通して語られてくるイエスの言葉を中心にまとめたもの。

・昭和611986)年以来、田池留吉先生が、ご指導されている研修会や学習会に参加される方々の中で、霊道を開かれる方々が、次々と現れました。現在、その数は70名以上に達しています。

・こうした霊道者の方々が受けた意識は、ワープロで起こされて、資料として保存されています。霊道者は、増える一方であり、それに比例して資料も増え続け、かなりの量になっています。

・かってのイエスやブッダも、まぎれもなく霊道者であったのです。そして、この霊道現象ということが受け入れられなければ、本書は単なる空想の産物に過ぎないということになってしまいます。

・聖書やキリスト教の問題とイエスの真実とは、全く別の次元で考えなくてはなりません。霊道者を通して明らかにされてくる、あるがままのイエス像、そして、イエスが求めた真なるものをここに表していきたいのです。当然、その過程で聖書の問題やキリスト教のあり方が批判的に問われてくることもあるでしょう。しかし、本書を貫く基本姿勢は、あくまでも神の心を心とし、イエスの心を心とするということであり、霊道現象を通して明らかにされた真実をお伝えするということにあるのです。

『インターネットの中の神々』  21世紀の宗教空間

生駒考彰  平凡社   199910

<UFOカルト、ヘブンズ・ゲート>

1997326日、39人の信者が集団自殺したカルト教団「ヘブンズ・ゲート」のニュースは世界中の人々を驚かした。ヘール・ポップ彗星を追うようにして巨大な宇宙船が地球に近づきつつある今こそ、それに乗って高次元の世界へ旅立つ、として死を選んだ人々が存在するのが、不思議だ、というコメントが聞かれた。

・さて、UFOカルトだが、宇宙人が宇宙船で飛来し、人類を救済するという考えや運動は60年代から70年代にアメリカで盛んであった。UFOと宗教を結びつける人々は、その根拠として最も多く使うのが聖書である。

・聖書にはUFOや宇宙人の存在を示唆する箇所が随所に見られる。

・また、ゼガリヤ書(512)には、「私がまた目をあげてみていると、飛んでいる巻物を見た。・・・・その長さは20キュビト、その幅は10キュビトです・・・」という語がある。UFOカルトの人々の説明によると、これは葉巻型のUFOと同じだ、という。

・70年代、UFOカルトとして注目されたものの一つに「ボー・アンド・ピープ」といいうものがあった。75年、サンフランシスコで、一宗派としてスタートした。彼らは、「地球の終末がやってくるが、巨大なUFOが飛来し、人々を父なる国の惑星へ連れていってくれる」と説いた。この教団を始めたのは、マーシャル・アップルホワイトという大学教授であった。実は、彼こそヘブンズ・ゲートを始めることになる人物なのだ。

70年代に彼が率いたボー・アンド・ピープもヘブンズ・ゲートも基本的には変わりがない。ただ、ただ、70年代には、ワイオミング州やテキサス州で百人が集団となってキャンプを作り、集団生活をしていたようだ。そして、物乞いやアルバイトで生活をしていたらしい。

・アップルホワイトは、カリフォルニア州の高級住宅地ランチョンサンタフェ市で最後の集団生活をする邸宅を購入し、宇宙船への旅立ちの準備を始めたのである。彼らが、集団自殺をしたのは、その教えに基づいている。肉体は魂を入れる単なる器にすぎない、と説いたのである。それゆえ、宇宙船に乗るためには肉体は不要だ、と考えた。

・ヘブンズ・ゲートのようなUFOカルトは他にもかなりある。

・特に宇宙人については「天使なのか、それとも悪魔なのか」という議論がかなり出てくる。

<同性愛者の教会>

80年代には、「エイズ患者イコール同性愛者」と考える人が多かった。宗教界もかなり揺れ動いた。また、麻薬愛好者の中に患者が多かったこともあって、保守派の宗派やテレビ伝導師は、「エイズこそ神の与えた懲罰なのだ」という考えをしていた。

・だが、現在、インターネットで「同性愛と宗教」を検索すると、次々と新しい宗派が誕生しているのがわかる。

・ところで、宗教界のホームページが一般化するにつれて目につくようになったのは、各宗派の同性愛者のグループのページだ。カトリック教会は、もとより、自由主義派、保守派のプロテスタントのほとんどの宗派に同性愛者のグループがある。しかもいずれもかなり立派なページを持っている。

・社会に背を向け教義的にも同性愛者を厳しく非難しているエホバの証人にも同性愛者のグループがある。

<同性愛者の聖職者>

・同性愛者を信者として認める宗派が多いのは、すでに述べた通りである。

・宗派として正式に同性愛者の叙階を認めているのは、合同キリスト教会だけである。

・同性愛者の聖職者は、まだ市民権を十分に与えられていない、と考えてよかろう。

『フリーメイソンとロスト・シンボルの『真実』』

並木伸一郎    竹書房     2010/4/27

<シリウス信仰復活とイルミナティ系メイソン>

・シリウス信仰が再び歴史の表舞台に姿を表したのは、1776年のことである。シリウス信仰のひとりの青年によって、歴史の闇から掘り出されたのだ。その青年の名は、アダム・ヴァイスハウプト。24歳にしてババリアのインゴルシュタット大学法学部教授に就任した、早熟の天才であった。ヴァイスハウプトは、その後ミュンヘンに移り住み、秘教科学の研究に没頭し、ケルト・ゲルマン信仰と出会い、ローマの密議、ギリシアの密議などと秘儀の系譜をたどるうちに、 太古のシリウス信仰と出会い、その神聖知識を得たという。

 シリウス信仰に帰依したヴァイスハウプトは、「超感覚世界を再び地上の人間に移植するため」に、「イルミナティ」と称する秘教結社を設立する。177651日のことだ。

「イルミナティ」とは、英語でいえば、「イルミネーション(光明)」。それは叡智の光明であると同時に、シリウスから発せられる光明でもあった。

・この秘教結社イルミナティは、当時の知識階級にもてはやされ、急速にヨーロッパで膨張していった。18世紀の知識階級といえば、学者、学生、弁護士、裁判官、医者、薬剤師、貴族などがあげられるが、彼らの多くがフリ-メイソンリーだった。しかし、当時のフリ-メイソンは沈滞状況に陥っていたために、そこからなんら知的刺激を得られなくなったエリートたちは、こぞってイルミナティに入団した。多くの組織がイルミナティに吸収されていったのである。さらに、マルタ島で孤高を保ち、シリウス信仰を秘儀として継承していたマルタ騎士団もイルミナティに合流している。

 

・メイソンを凌ぐ勢いのイルミナティだったが、17985年、反体制結社と目されたことで守旧派に弾圧を受け、解散を余儀なくされる。これによって、イルミナティに吸収されていたフリ-メイソンの組織(イルミナティ系フリ-メイソン)は行き場を失い、その多くが新興国家アメリカへと渡ったのである。

 

・アメリカはメイソンがつくった国だ。そのメイソンはイルミナティ系の幹部たちが中心であった。アメリカの国璽がイルミナティのシンボルである「ホルスの目=イルミナティの目」になったのも当然の成り行きであったのだ。

 この時代からメイソンは二極化していったと見ていいだろう。それが自由・博愛・平等を唱える「表のメイソン」と、陰謀を企てる「裏のメイソン」、すなわちイルミナティ系メイソンである。彼らは、フリ-メイソン本来の基盤となっている「自由・博愛・平等」の精神など持ち合わせていない輩たちだ。

 

・その裏のメイソンたちは、たちまちアメリカの経済界の中枢へと食い込んでいった。現在、世界中の資産の90パーセントはユダヤ系財閥がおさえていると言われている。そして、そのユダヤ系財閥のトップは、ほとんどがアメリカの高位のメイソン、それもイルミナティ系メイソンとそのメンバーたちによって構成されているのである。高位のメイソンたちが政財界のトップを占めているのである。

<ヒトラーの秘密結社とフリーメイソン>

天空にひときわ怪しく輝くシリウス。

 それを崇める集団が、超自然の力、転生、超人的な力の存在を信じ、さらには宇宙の秘密を解く超自然の力を会得して秘教集団と化した。彼らが会得した“叡智=秘儀”は、中世のヨーロッパに出現したカタリ派や、マルタ騎士団らを通じ、後世に生まれた秘密結社に継承されていったのである。

 近代の秘密結社で最も有名なのが、国をまるごと“オカルティズム=神秘主義”一色たらしめたヒトラーのナチスドイツである。1912年に結成された「ゲルマン騎士団」は、ドイツ各地に散らばっていた「ゲルマン人(アーリア人)の失われた北方の故郷」を信じる小集団を統合して「秘密同盟」を築きあげ、「ハルガドム」という究極の目標を打ち立てた。このハルガドムとは、「北方出自(ノルディック)の人種・民族による霊的共同体」の創造であり。これこそが、ヒトラーが掲げた「第三帝国」の思想的原点となっている。

19188月、ゲルマン騎士団は、「トゥーレ協会」として正式発足。

『エルランティ』  天使編  高橋信次復活の原点

ノストラダムスの予言を超えて

大川隆法  平成元年9月  幸福の科学出版

<ポスト・ノストラダムスの時代、日本に希望の光ヘルメスが甦る>

・それから、東の国にね、ヘルメスが甦ることをノストラダムスは予言しております。ヘルメスが東の国に出るだろうと。そして、ヘルメスのもたらす繁栄が、やがて世界を救うであろう。ノストラダムスは、そういうふうに予言しています。

・このヘルメスが甦るというのは、どこからというと、東の国というのは日本なのです。

・まあ、ヘルメスの生命体は何かっていうと、みなさん、ご存じでしょうかね。あと、有名な方は、リエント・アール・クラウド、それからブッダ、コーダマ・ブッダ、ラ・ムー、トス、こういう人たちが同一生命体の魂のグループなのですよ。

 だからそのグループの中の誰か一人が生まれ変わってくるということですよ。そういうふうに理解してくださいね。

・光の天使達が地上に出て、世界を救う。そして、ヘルメスが末法の世を救い、東の国から起きるヘルメスの繁栄が、やがて世界を救うだろうと、予言しました。

 このときに、西暦二千年ごろにも私の予言も終わるというふうに、彼は言いました。なぜ彼の予言が終わるのか。

それは新しいいわゆるヘルメスの時代になって新たな予言が説かれていくからです。新たな教えが説かれていくからですね。それでノストラダムスの使命が終わったということです。そういうことなんです。

<スウェーデンボルグのいう霊太陽の存在>

・霊界探訪記のなかで、スウェーデンボルグという北欧の偉大な霊能者はね、霊界に太陽があるということを言っていますね。霊界の霊太陽というのがあって、それが霊界の人々を照らしてると、こういうふうな話をしとります。

 実際に、霊太陽というのがあるのです。地上のみなさんが太陽の光のもとで、生活しておるように、霊界にもちゃんとした霊太陽というものがあります。

そして、その霊太陽がね、4次元の人たち、5次元の人たち、あるいは6次元の人たち、いろんなところを照らしておるのですね。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

・それで、霊界物語を読むとよくわかるのですが、たとえば、地上にいる人たちが幽体離脱して、あの世の世界に行ったときも、あるところの世界までは行けるけれど、それから上のほうは行けなくなるのですね。


[PR]
by karasusan | 2016-10-22 19:05 | UFO | Comments(0)