聖書は、必ずしも2014~2015年とは特定していないものの、世界は近い将来「大患難期」に入ると明確に予言している。(5)

・日本における地震研究所と地震学者の数を考えると何とかならなかったのか、被害をもっと少なくできなかったのかと思えて残念です。津波の想定を半分に見積もったために引き起こされた原発事故も、土木学会に博学の人材がいなかったということでしょうか。

10メートルの大津波が何度も来ていたのに、エリート官僚や選良たちが、原発の想定津波高を5メートルに決めて、10メートルの防潮堤を作るという世紀の大失政をして前代未聞の国家危機を招いてしまったと語られています。地震対策は全国的に関東大震災を基準にして、その2倍、3倍程度の強度だそうなのですが!?

・世界中に自然災害、大地震や大津波のリスクは無数にあるそうですが、「天災は忘れたころにやってくる」そうです。「大都市における地震はいつ起きても不思議ではない」という不気味な悲しい一般常識になったようです。ちなみにカナリア諸島、ラ・パルマ島に起因する大津波を懸念する地震学者は少なくないそうです。

・世界中の災害に関してもジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースやジョー・マクモニーグルの預言は、詳しく本に出ていますが、世界中の大災害が世界経済に与える打撃を考えると日本の大災害の予測だけにこだわることはできないようです。

・「地震兵器」「気象兵器」等の誰もが荒唐無稽な話と思うようなことも出版されていますが、100年前の人々にパソコンなどの現代の文明の利器を説明しても全く分からないように、その時代の人々の常識とあまりにもかけ離れたことは、封印されてタブーとされるようなのです。「そんな馬鹿な荒唐無稽な話、誰が信じるのか」と言った類の話。しかし、出版社もあり、胡散臭い話でも何らかの意味があるのかもしれません。

・「宇宙人情報は米軍に始まって米軍で終わる」といわれますが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱い、「アバブ・トップシークレット」のため、マスコミも国策に協力していますし、オバマ大統領も宇宙人の存在についても知らされていないそうなのです。政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。米軍は宇宙連合とコンタクトして異星航路に向かっていることでしょう。

・宇宙人情報をリークした米海軍の情報将校も脱税事件に絡まった警官隊との銃撃戦で射殺されたそうですが、「宇宙人情報は金にならないだけでなく、命も狙われる」といわれます。「アバブ・トップシークレット」の怖さです。昔の空飛ぶ円盤の時代では宇宙人やコンタクティが謎の組織により命を狙われたこともあったようで、安全確保の観点から、何も知らさない手法がとられたようです。

・普通の公務員は守秘義務と罰金や禁固刑などで沈黙を守るそうです。だがバイオロボットともいわれている小柄な宇宙人グレイの存在はハリウッド映画などにより、世界中の現代人の常識になりました。

・県庁の役人たちに今後の復興を期待するというよりも今まで「何をしていたのだろうか」という疑問がわいてきます。「学者の進言に基づいて内務省と岩手県当局が一致して勧めた復興策の基本は、集落をあげての高所移転であった」ということですから、その頃から政策として一貫して高所移転を進めておくべきだったのでしょう。優れた人材が県政や国政を担当しておればということでしょうか。

・地震学者の知見が実用的に活用されませんでしたし、地震学者が先頭にたって防災準備をすべきであったのでしょう。

・「カナリア諸島の噴火と九百メートルの津波の予測は地震学者間でも議論されている!このとき、崩れ落ちる土砂の大きさは、積的には、おそらく富士山が一つ海に落ちて行くのに近いと思われる」と語られています。

・日本のテレビにも出演したジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの「夢見の予言」は、神のコンタクティらしく世界中で注目をあびましたが、その内容が荒唐無稽な点も多く、にわかに信じ難く最近では、マスコミでもとりあげられないようです。

・ブラジルのジュセリーノの予言は、解釈の仕方で色々に評価できるようです。「カナリア諸島の噴火と津波の予測」は、地震学者間でも真面目に議論する人が多く、地震学者の本も数冊出ているそうです。

・たとえば、「水不足が起こる」ということでも、原発事故で日本の水のペットボトルがスパーの店頭からなくなりパニックがおこりました。原発事故は想定津波の高さを低く見積もった、(基準5メートル)とした経済産業省の前代未聞の失政の結果だったそうです。

・「人類の終末」を予言するジュセリーノの夢見の予言はあまりにも荒唐無稽で当たらなかった予言も多くマスコミでも評価が低下しているようですが、不気味な要素が残っているので不安です。

・神々とのチャネラーやコンタクティも世界的に増えているそうですので、マスコミが取り上げてくれれば私たち一般人にとって貴重な情報になるようです。

・「千年先の未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える。タイム・トラベラーによる情報も増加している!残っているのは現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない」とジョー・マクモニーグルは未来透視して語ります。

・未来は4次元以上の世界のコンタクトが一般化してくるそうですので、アストラル界、エーテル界の世界の描写が常識化してくることでしょう。死後の世界、幽界や霊界は、4次元以上の世界でエスパー(超能力者)による言及が増えてくるそうです。

・あの小柄な宇宙人グレイですら壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるそうです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の存在も多くの人々の共同幻想ではなく、意識されてくるようになることでしょうか。人間の背後霊や守護霊も異星人が憑依したものかもしれません。

・宇宙人は一般的にタイム・トラベラーであり、宇宙人情報は、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱い、「アバブ・トップシークレット」のため、マスコミも手がでないそうです。

・未来情報や宇宙人情報、(日本に関係する)神々の情報が、向こう百年、公開されないようなので私たち一般人には、無縁の情報、与太話のようです。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですので貴重な情報を失っているようです。また地球人のレベルがあまりにも低すぎるために遠い未来でも宇宙連合に参画できないともいわれていました。

・が、「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうです?神々も市井の人となり普通の生活をしているそうですが、これも私たち一般人には理解不能、識別不能のようです。戦後、米軍に混じっていた異星人が「私たちは2012年にもどってくる」と言っていたようです。

・未来透視もどのようなメカニズムなのか不明です。「今日の日本からは大きく様変わりしているようです。残っているのは、現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない」という個所も私たち一般人には理解不能のようです。

・「日本は未来の地球でも、すこぶる順調に繁栄しているという感じを強く受ける」そうですので、この大震災も乗り越えて、犠牲者も非常に多く出るそうですが未来の多くの国難を乗り越えて、なお明るい未来があるそうです。

・もしかしたらヴェルヌにも遠隔透視の能力があって未来を透視できたのかもしれません。また、異星人とのコンタクティであったのかもしれません。

・「宮古市田老地区の防潮堤は万里の長城と呼ばれ、10.45メートルの高さだった。低い。2倍は必要」と語られています。「天災は忘れたころにやってくる」といわれますが、「東日本大震災は、1000年に一度の『天災』ではなく100年に一度の『人災』であった」といわれても仕方がないようです。「明治三陸地震の大津波を基準にしておけば、これだけの損害・死者・犠牲者はでなかっただろうに」といわれます。

・「これが皆が寝入っている真夜中に起こったらと思うとぞっとする」といわれます。「逃げた避難所の高さが低すぎて避難者が溺死した」、「明治三陸地震の大津波を基準にしておけば原発事故はおこらなかっただろうに」と指摘されています。「昭和三陸津波後、『高所移転』を法制化しておけば、これほど甚大な被害を受けなかっただろうに」と語られています。

・「歴史は繰り返す」と語られています。「地震研究所の数と研究者・津波の専門家の数を考えると言葉を失った。”役たたず”であった」といわれます。「各大学の地震研究所はしっかりと仕事をしていたのだろうか」といわれます。「なぜ明治三陸津波の基準で防災計画を作らなかったのだろうか」と指摘されています。

・「これでは『日本の失われた20年』が、『失われた30年』になってしまう」と指摘されています。「新聞は『経済は一流、政治は二流』という酷評の表現を頻繁に使いますが、これでは経済も二流になってしまう」といわれます。「193333日の昭和三陸津波の教訓も県庁の役人たちは生かせなかったのだろうか」「県庁の役人たちは何をしていたのだろうか」、「三度も大津波で親族を殺され、壊滅的な被害を受けた三陸地域の住民にとって『三度目の正直』とは?」といわれます。

・「失われた20年の日本経済の惨状」とか「数多の失政と政治の貧困のためか”欠陥のあった防災計画”」などの背景には、国家経営の実務に精通した優れた政治家や公務員が登用されてこなかった結果なのでしょうか。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートの英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。

・好意的にみても「あまりにも専門的な知識が膨大なためにその習得に全精力を費やし、全体像の見通しが、天災については天才たちでもできなかった」のかもしれません。常に大局や政治の失政に注目している必要があるようです。

・この「100年に一度の国難」は、国家経営の実務に精通した本当に優れた政治家や官僚・行政官でなければ乗り切れません。大変な時期、非常時なのです。国の興廃がかかっています。正気になってやらないと大変なことになります。「民族の英知が国家経営・国政を担当しておれば、世界の先進国になれただろうに」という話だそうです。

・この『遠野物語』は4次元以上の異次元・高次元の『霊界』や神智学でいう『エーテル界の都市』を連想させますが、河童が小柄な宇宙人のグレイ(ゼータ・レチクル星人)の一種で人間との交流もあったなど、伝説によく出てくる異人や天狗は宇宙人ではなかったのでしょうか。イタリアのクラリオン星人とのコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「河童は現在でも異次元に存在している」そうです。

・柳田國男によれば『遠野物語』は農民たちの作り話ではなく、事実だそうです。異星人の異次元世界や霊界、霊人もかいま見られたようです。

・遠野地方は「人さらい(宇宙人のUFOのアブダクション(誘拐))」「神隠し」「異類混血」などなんでもありの異星人の世界があったようなのです。米国で大問題となったエイリアンのアブダクション(誘拐)が明治時代の遠野地方を舞台にあったようなのです。ちなみに「人さらい」や「神隠し」などの明治時代の現象は全国的にあったようです。

・神隠しや人さらいの犠牲者たちはどうなったのでしょうか。明治時代の警察の限界が窺われます。人さらいのおぞましい話も歴史の闇に隠されたようです。「民に知らしめるべからず」という警察の伝統があるそうですが、明治時代の警察の異人に対する知識はどの程度のものでしょうか。

・「山田で見られた蜃気楼の都市は、神智学でいう『エーテル界の都市』すなわち、『幻の神々の都市』ではなかったのでしょうか」。多くは幻覚と幻視で片づけられます。「神々の都市で神々と魔女たちが何をしているのかは大きな謎である」といわれます。むしろ超近代的な世界で、マネジメント万能至上主義の精神的資本主義を遂行しているのかもしれません。

・米国の著名なUFO研究家が「アリゾナ州セドナ上空にエーテルのシティが滞空している」と言っていたそうですが、山田上空に見えないエーテルのシティでも滞空しているのでしょうか!?山田町の十二神山の由来が知られています。その昔様々な異人や神人が東北地方を徘徊していたのでしょうか。

・つまり明治時代に『宇宙連合』が東北地帯に飛来していたようなのです。(アデプト(達人)たち)や異人たちネットワークもあったらしいのです。以前にも『遠野物語』を紹介しましたが、現代では異人や天狗は宇宙人であるという仮説が提示されています。

・爬虫類人(レプティリアン)も人間タイプは非常に知性的な顔をしているそうです。進化の早い異人たちもほとんど人間と変わりがなくなっていることでしょう。異人のネットワークの存在についても誰も分からないようです。

・全国に伝説があり農民たちの共同幻想の産物ではなく、実在したという『天狗』や『異人』。幽霊話も多いですが、意識変性状態で異次元のアストラル界の住人たちが地上に出てくるのを一般人が認識することもできるようです。幽霊はアストラル界の住人たちで、人間がかいま見ることもできるようです。

・天狗は「人間よりも劣る」むしろ「神に近い存在」なのかもしれませんが。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、日本に来た異人たちも社会に浸透してきたのかもしれません。異人たちは、アストラル界の住人たちであったのかもしれません。

・アストラル界の住人たちが人間の姿を装い地上に出てきていたということは「アバブ・トップシークレット」のようです。現代では宇宙人が空飛ぶ円盤で来るというよりもウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)やその他の形態で異星人が地上に登場してきているそうです。

・背後霊や守護霊は宇宙人の憑依体なのかもしれません。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですし、「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。

・地震の予知に関しては、荒唐無稽な話も多いそうですが、「CIAの超能力透視部隊」、ジョー・マクモニーグルの「FBIの超能力捜査官」のようなエスパー(超能力者)の組織を30億円程度で設立する必要があるそうです。

・エスパーによる透視研究は高くつくものではありません。阪神大震災で20兆円の損害と約6千人の死者、この度の東日本大震災で30兆円の国家損害と約3万人の死者の惨状を考えた時、費用対効果として、30億円は安いものでしょうか。

・「日本は先進国だ」そうですが、非近代的な面や遅れた点、頭の古い点や制度が、非常に多いとはいいませんが、予想外に多いそうです。この国家的危機の時には「どの党も関係者もあらゆる面で改革、近代化を急がなければなりません」、この国難・国家的危機に民族の英知を結集するばかりでなく、世界中の英知を投入しなければ間に合わないでしょう。

・そうでなければ、過去何度もの大津波で親族を殺され、今また壊滅的な被害を受けた被災者の苦悩を救うことはできないでしょう。さて、どこに『震災の英知の集団』があるのでしょうか。地震学者たちはしっかりと仕事をしていたのでしょうか。

・『『日本は先進国』のウソ』(平凡社新書)(杉田聡)という本がありますが、「日本の失われた20年の日本経済の惨状」という背景ですが、20年は、あまりにも長いものでした。この震災で消費が低迷しマイナスが加速されるそうです。テレビなどで社会の「遅れた面」がしばしば報道されますが驚きです。かつて賞賛されたエリート官僚たちの働きは昔の面影もないようです。本当でしょうか。様々な日本の分野の近代化を遅らせる原因は何なのでしょうか。「あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである」といわれます。「改革が遅れているのは本当に優れた官僚や政治家が登用されていないからだ」といわれます。

・かなりの確率で当たったといわれていたブラジルの予知夢で有名なジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの未来予知も、有名になったためなのか、メディアに載り注目を浴びると予言が当たる確率が低くなったようです。

・神とのチャネラー、コンタクティであるともいわれる同氏は、日本でも数冊の本が出版されています。ところで2008年8月には『2011年、日本経済は破綻』、『2012年、大阪でM8.9の大地震が起き、多数の死者がでる』と予知夢で予言していたのですが、正確に当たらなくなったとはいえ不気味です。

・ちなみに、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの予知夢は、近未来の予言が凄まじく私たち一般人には、にわかに信じ難く、多くの人々が荒唐無稽な印象を受けますし、予言が当たる確率が低くなったようなので、最近はさすがにマスコミ、出版社も取り上げないようです。

・「1000年に一度の『天災』ではなく100年に一度の『人災』であった」といわれます。「(明治29年の大津波(明治三陸地震))明治29615日(旧暦55日)夜8時ごろ岩手県を中心とする三陸沿岸を襲った大津波のことです。波高は38.2メートルを記録し溺死者は22千人といわれ最大級の津波でした。とくに大槌町では日清戦争の凱旋記念花火大会が行われていて一瞬のうちに全滅という惨状だった」と語られています。この度の大地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々と、そのご遺族の皆様に深くお悔やみ申し上げます。

・さて「専門家の想定外の大津波」で壊滅的な約30兆円の被害と約3万人の死者がでた東日本大震災ですが、チリ地震の津波を基準にして作成された防災計画は役に立たなかったことは、非常に残念です。なぜ明治29年の大津波の40メートル(明治三陸地震)を基準にしなかったのでしょうか。昭和8年(1933年)の昭和三陸地震の教訓は生かされたのでしょうか。昭和三陸地震の際、津波が襲来した後の田老村は、家がほとんどない更地同然の姿となったそうです。

・3階以上も超えてくる大津波ではたまりません。原発の津波の防災レベルも5メートルの津波基準で低かったので未曽有の国家危機となりました。放射能が東京まで飛んできたら大変な危機でした。東京の住民が避難する懸念もあったそうです。松下幸之助が「国土の狭さが諸悪の根源だ」と言ったことが思い出されます。

・防災計画は日本の津波災害史上で最大の被害となった明治29年の大津波40メートル(明治三陸地震)を基準にすべきだったそうです。

・明治三陸津波の到達高は、全般的に10メートル程度、最大で38メートル。防潮堤の高さは、資金面から限られますが、避難基準に「明治29年の大津波(明治三陸地震)」のものを参考に適用すべきだったそうです。「明治29年の大津波(明治三陸地震)」教訓は、一部の民間人の教訓にも活かされたようです。

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏の予言は、荒唐無稽で私たち一般人にはにわかに信じ難い予言が多いようです。しかし、30年以上にわたって、世界中に送り届けた予知夢の警告レターは9万通以上と言われ、そして、その的中率は9割であると書籍には書いてあるのですが!?私が一読するとあまり当たっていないように思えます。量的な面と質的な面に疑問を感じます。

・最近の彼の動きを示す書籍が出ないので詳しくはわからないのが残念です。しかし、その的中率9割ということには、疑問が生じます。預言の世界は、1件でも当たらないと、すべてが否定される傾向があるようです。そして、読み捨てにされる傾向もあります。

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏は、書籍も数冊、日本で出版しており日本でもテレビなどに出演したそうですが、その破滅的な予言のせいか、最近では、マスコミも相手にしていないそうです。

・「予言が的中しなかった」という事実は、事件や災害が未然に防げたということになるので、大変嬉しい結果なのです」と同氏は語っていますが。どうやら一種の神とのコンタクティらしいのです。

・「日本沈没」のSF作家、小松左京氏が、亡くなられましたが、「日本沈没」については欧米の著名な予言者数名も言及しています。どういう解釈をとればいいのか私は分かりません。理解不能な荒唐無稽な予言でしたが、パラレル・ユニバース(並行宇宙)の解釈が違うのではないでしょうか。

・直接的に解釈すると奇妙な話になるようです。日本映画で「日本沈没」というSF映画もありましたが、地軸の移動のような大異変があるとは思えませんが。「日本沈没」の予言は、さまざまに解釈されていますが、例えば「日本は遠い未来に異次元のエーテル界(海)かアストラル界(海)に沈む」という解釈ではないかと思うのですが!?エーテルは、古来から「光り輝く海」のイメージとして言及されてきました!?

・「2008年10月;地震が原因で、柏崎刈羽原子力発電所で放射性物質が漏れる」という具合に原発事故も預言していたので、背景に神のような者の存在が窺われるといわれます。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド


[PR]
by karasusan | 2017-02-09 20:51 | その他 | Comments(0)