聖母の出現を受けたのである。そのとき、聖母は雪のように白い衣服をまとい、黄金色で縁取られた白いマントを羽織っていた(1)

『聖母マリアの奇跡』

世界中に出現する「キリストの母」からの預言メッセージ

鬼塚五十一  学研  2003/5

<『ファチマ第3の秘密を全世界に公表しろ!』>

・改めて振り返ってみると、すでに23年の歳月が流れている。当時、私は『週刊現代』(講談社)の記者をしていた。

 そんなある日、デスクから「面白そうだから、これを追いかけてみろ」と、小さな新聞記事の切り抜きを渡された。記事といっても、わずか1段数十行の、いわゆる「ベタ記事」と呼ばれるものである。丹念に隅から隅まで読む人でないと、思わず見落としてしまうような小さな記事だ。そこにはこう書かれてあった。

「ハイジャック犯の要求『ファチマ第3の秘密を全世界に公表しろ!』」

 ロンドンのヒースロー空港で、旅客機がハイジャックされ、犯人はそう要求しているものの、その要求内容はまったく不明だということだった。そのほか、詳細は何も書かれていない。

<聖母出現の聖地に続々と訪れる巡礼者たち>

ポルトガル人を夢中にさせるものは、3F。ファチマ、ファド(ポルトガルの演歌)、フットボールである。その3Fのひとつ、ファチマが聖母出現の聖地であり、毎年513日がその祝日となっている。人々の群は、そのファチマへ向かう巡礼者なのだ。

 彼らは昔から何日もかけ、歩いてファチマに巡礼する。今やこの国民的行事となった巡礼のため、政府の軍隊や赤十字は国道の要所に仮宿泊所や治療所のテントを設け、国をあげてこの宗教的行事に対応するのである。

3人の子供たちに告げられた3つの預言>

・ファチマは、首都リスボンから北東へ約150キロのところにある、人口わずか2500人の小さな村である。この村に聖母マリアが出現したのは、ロシア革命が勃発した1917年のことだった。

・その年の513日、ルチア・ドス・サントス(当時10歳)と、その少女のいとこにあたるフランシスコ・マルト(当時9歳)とヤシンタ・マルト(当時7歳)の兄弟が、羊を負いながらコーワ・ダ・イリアという窪地にやってきたとき、聖母の出現を受けたのである。

 そのとき、聖母は雪のように白い衣服をまとい、黄金色で縁取られた白いマントを羽織っていた。聖母はこの世のものとは思えない清らかな声で、3人の少年少女に優しく呼びかけた。「怖がらないで。悪いことはしません。私は天国からやってきました。世界が平和であるように、毎日熱心にロザリオの祈りを唱えなさい

 そして聖母マリアは3人の子供たちと、毎月13日の同じ時刻、同じ場所での再会を約束して別れを告げたのである。

「ご出現があったのは合計6回で、第3回目の713日、聖母は3人の子供に3つの預言をいたしました。第1の預言は、当時の第1次世界大戦(1914年~1918年)が間もなく終結するだろうということ。第2の預言は、第2次世界大戦の勃発、核兵器使用とソ連の脅威です。そして第3の預言は、まだ公表されていないのです。その第3の預言が秘密にされつづけたため、『ファチマ第3の秘密』といわれるようになったのです

 いうまでもなく、第1と第2の預言は見事に的中している。とくに第2次世界大戦の預言は、恐ろしいほどに当たっている。

・預言を受けた3人の子供のうち、ルチアは1948年から現在までコインブラのカルメル修道院で健在であり、2003年には96歳になる。彼女には、ローマ教皇の許しがない限り、親戚以外は面会することができない。

 筆者も当修道院を訪れ、取材を申し込んでみたが、ガードは堅く、断られてしまった。近所の人の話だと、彼女は選挙のとき以外は外出しないという。

 カルメル修道院はルチアに関して、厳しく沈黙を守ったままである。

 残りのふたり、フランシスコとヤシンタは、聖母マリアの預言どおり、出現から1年たらずのうちに死亡している。

<輝く太陽が火車のように回転し、落下した!?

・出現当時、3人の子供たちは当然のことながら、人々から嘘つき呼ばわりされ、地元の教会からもきつく戒められていた。

 ところが、噂が噂を呼び、第5回目の出現があった913日には、刈り入れの忙しい時期にもかかわらず、25000人から3万人の群衆がファチマの地に押し寄せてきた。その日の目撃者は次のように語っている。

「前の日からひっきりなしに人々の列が続き、明日の出現に立ち合うために徒歩でファチマへ向かった。それは本当に人の山だった。道を歩きながらロザリオを唱えつつ進む、無数の巡礼者の敬虔さ。燃える信仰。私は深く感動し、たびたび目から涙が溢れでた。10時ごろ、私たちは到着した。群衆はすでにおびただしい数にのぼり、ほとんどの人がひざまずいて熱心に祈った。最後には群衆の数は、3万人近くもなっていると思われた」

 

3人の子供たちには、球に乗った光り輝く聖母マリアが見えた。

・聖母マリアは3人の子供たちに、戦争の終結を願うためにはロザリオの祈りを続けることが必要だと説いた。そして、かねてからの約束である奇跡の実現の日と、1013日に再来することを告げ、再び光を放つ球に乗って太陽の中に消えていった。

 約束の1013日、ファチマには10万人以上の群衆が押し寄せ、興奮の坩堝と化していた。聖母マリアはその10万人の群衆の前で、太陽を火車のように回転させたのである。

 太陽の大きな光の束は、緑、赤、黄、紫、青と変化し、四方八方に飛び散った。周囲の雲は虹を浴びたように輝きわたり、木も草も人間も動物も、地上のものは大光線の綾なす世界に飲み込まれてしまった。群衆は息を殺し、身動きひとつせず、この光景に見入っていた。

 この光の乱舞は合計3回続いた。ところが、3回目の回転が終わると、太陽は赤く燃え上がる火の玉になり、群衆目がけて突進してきたのだ。まるで世界の終わりが来たかのようだった。

 詰めかけた群衆は大混乱に陥った。大多数はその場にひざまずき、うめき声や涙とともに、大声で今までの自分の生き方に対する改悛の祈りを唱えはじめた。人々はこのとき、強い熱を感じていたのである。

 人々の祈りが高まったとき、突如、太陽は落下を止め、降下したときのように稲妻の光のようなジグザグの経路をたどって元の場所に昇っていった。やがて、少しずつ普通の輝きを取り戻し、青空の中におさまったのである。

 奇跡は終わった。

 このとき、出現前に土砂降りの雨に打たれ、濡れていた人々の着物は乾いていた。

 群衆の中には信者もそうでない者も、田舎の人も都会の人も、科学者も新聞記者もいたが、すべての人々は一様に信じた。

 さらに、この現象を何も知識のない多くの人々が、ファチマから3040キロ離れたところで目撃している。

・翌日の新聞は、このファチマの大奇跡を大々的に報道した。教会ではあまりの事の大きさに、10年以上厳密な調査を重ね、19301013日、ファチマの聖母に対する信心を許可することを正式に宣言した。この奇跡が許可された日、出現があったコーワ・ダ・イリアには10万人もの巡礼者が、世界各地から集まってきた。

 1932513日には、リスボン駐在教皇大使自らが大巡礼団の団長を務め、ファチマを訪れた。

 現在、ファチマの聖母出現地には、広大なファチマ大聖堂が建てられ、世界各地のカトリック信者が年間200万人も訪れている。

<公表された「ファチマ第3の秘密」は捏造されていた!>

・「それは、内容が非常に重大なことだからです。私の先任の教皇たちは、外交的な配慮からこの発表を控えました。しかし、次のことがわかるだけで十分でしょう。すなわち、ファチマ第3の預言によれば、“おおきな大洋(大西洋、太平洋)が火の海となって大陸に襲いかかり、一瞬のうちに何百万単位で人々が滅びる”というメッセージです」

 まるで、核兵器を使用した第3次世界大戦の惨事を思わせるような内容である。

 しかし、この預言の公表は、それだけではなかった。第3の預言の中には、今の教皇ヨハネ・パウロ2世の後に、フリーメーソンに支えられた反キリスト的人物がローマ・カトリックを支配し、不正な方法で偽教皇として君臨するようになる、という不穏な内容も含まれているといわれている。

ところが、いざ蓋を開けてみると、そこには思わぬ結果が待ち受けていた。ヨハネ・パウロ2世のこの大英断にもかかわらず、ヴァチカンの担当枢機卿たちはその指示に従わずに、肝心の部分を握りつぶしてしまったのだ。

「ファチマのメッセージ」と題された43ページのその小冊子には、第3の預言としてこう書かれている。それは、白い服を着た司教(ヨハネ・パウロ2世のこと。教皇は司教職の最高責任者)が、ほかの司教、司祭、修道者たちとともに急な山を登り、荒削りな木材で作られた大きな十字架に向かっていく様子から始まっていた。

「そこにたどり着く前に、教皇は半ば廃墟と化した大都市の中を通り、そこに横たわる無数の死体のために祈り、その悲しみと苦しみで震え、進んでいったのです」

 とルチアの私記の一部を紹介している。そして、それはこう続く。

「教皇が山の山頂に到着し、大きな十字架の下にひざまずいて祈っていると、兵士の一群がやってきて、銃弾や矢で教皇を殺した」

 そして、教皇とともに来た人々も、同じように殺害されたという。

・第3の預言は、この教皇受難のことだと教理者たちは発表している。しかも、この教皇の苦しみと苦難のビジョンは、1981年にサンピエトロ大聖堂前広場で、ヨハネ・パウロ2世が狙撃された事件によって頂点に達したため、この預言はすでに終わっているというではないか。

つまり、もう秘密はなく、すべてが公表されたのだという。

 多くを知らない者なら、それで騙されたかもしれない。実際、マスコミはその主張どおりに報道し、日本のカトリック新聞でさえも「ファチマの預言は、すべての秘密がもう明かされた」と報じた。

 しかし、本当に預言の公開を待ち望んでいた人々は、すぐにその虚偽を見抜き、怒りの声を上げたのである。

80年以上も封印されていた預言が、こんなものであるはずがない!」

「ヴァチカンは預言の秘密を闇に葬ろうとしている。反キリストの勢力であるヴァチカン内のフリーメーソンの陰謀だ!」

 イタリアを中心に各国からの不満の声が高まった。

こうして、またしてもファチマ第3の預言の真実は公表されず、それは今もヴァチカン記録保管所に封印されたままなのである!

<ヴァチカンも認めた秋田の聖母出現>

秋田の聖母出現は、テレビに何度となく紹介され、日本ではあまりにも有名だ。日本だけでなく、諸外国にも知られるところとなり、外国からの巡礼者も少なくない。

 ことに韓国の巡礼団がこの秋田を訪れ、脳腫瘍から植物状態となった、ひとりの婦人のために聖母マリアに祈ったところ、なんと彼女の病床に聖母が3度も出現し、この婦人の病気は完全に癒されたため、韓国からの巡礼団はとくに増えている。

 婦人の脳腫瘍は断層写真からも完全に消失し、医学的にも完治したことが証明されている。そこでソウルのカトリック教会も、この奇跡を正式に認め、韓国の枢機卿の名のもとにヴァチカンに奇跡認定のための申請書を送り、ヴァチカンはこれを受けて調査を行った。その結果、ローマから正式に認められたのだった。そのため、この出現を否定的に扱い、関係者に威圧的な態度をとってきた日本の司教団も、とうとう追加公認せざるをえなくなっている。 

・出現を受けた笹川かつ子シスターは、昭和6年生まれ。娘時代の盲腸手術で、麻酔の失敗によって半身不随となり、20回以上も手術を受けている。しかし、結果はかんばしくなく、ある日、10日間も意識不明となり、危篤状態に陥った。そのときルルドの水をひと口、口に含ませてもらったところ、たちまちのうちに意識が戻り、麻痺して動かなかった手足もすぐに動くようになる、という奇跡を体験していた。

 だが、彼女の試練はその後も続き、1973年から進行性難聴のため、全聾となっていた。その笹川シスターが、聖母出現の前触れである不思議な出来事に遭遇したのは、1973612日のことだった。その日、笹川シスターは、聖体礼拝のために聖櫃の扉を開けようとすると、突然、まばゆい威光に打たれ、その場にひれ伏してしまった。

75日、その日、あまりの激痛に一睡もできなかった笹川シスターは、夜明けの3時ごろ、包帯のガーゼを取り替えながら祈っていた。そのとき、どこからともなく声が聞こえてきた。「恐れおののくことはない。あなたたちの罪だけではない。すべての人の罪の償いのために祈ってください。今の世界は、忘恩と侮辱で主の聖心を傷つけています。マリアさまの傷は、あなたの傷より一層深く痛んでいます。さあ、お聖堂へ行きましょう」

 声と同時に、彼女の守護天使と思われるひとりの美しい女性が現れ、彼女を案内するように聖堂へ導き、中に入るとすぐに消えた。

<ガラバンダル>

<聖母の出現と同時に脱魂状態に陥る子供たち>

・「それは歓喜の感情です。3回呼ばれます。1回目はやや弱く、2回、3回と心が高まり、特に3回目になると、なんともいえない幸福感に満たされます。私たちは2回目に行けばいいのです。なぜなら、1回目と2回目の間には長い時間があるからです」

 スぺインのガラバンダルで数千回も聖母マリアの出現を受けた4人の少女が、聖母から出現地に呼びだしを受けとるときの合図のことだ。この呼びだしを受けると、少女たちは各人ばらばらに出現場所の松の木の下に集まり、一瞬のうちに脱魂状態となる。

・こうした出現時における少女たちの身体・精神状態は、医学調査の結果、まったく正常であるという証明書が、今もバルセロナ大学に保管されている。

 さらに注目すべきは、首を後ろに傾けたまま、でこぼこした岩道をつまずくことなく、実に巧みに歩くことである。しかも、後ろ向きのままのこともある。1メートルあまりの岩をひょいと飛び超えて、歩いていく。電灯もない夜でも同じことだった。

 また、暗い岩だらけの田舎道を、顔を上に向けたまま、信じられないスピードで歩いていくこともあった。懐中電灯で足もとを照らしながら、人々はその後に従うが、その速さに追いつくことは不可能だった。それは彼女たちが後ろ向きで歩いても、結果は同じである。

 あるときなど、ひとりしか通れない木の板の橋に差しかかったことがあったが、ひとりは橋の上を歩き、残りの3人は空中を歩き、4人は同時に川を渡ってしまったのだ!

ガラバンダル――そこは、スペインの北西部のカンタブリヤ山脈に囲まれた、古い石造りの70軒の家しかない人口300人の寒村である。当時、電話はおろか、電灯さえ引かれていなかった。聞こえてくるものといえば、風の音と、羊や鶏の鳴き声。ときたま、牛につけた鈴の音が聞こえてくるぐらいだった。

 大天使ミカエルの出現は、そんな静かな村の人々を驚かすに十分な事件となった。

<人類は「大天罰」を免れることができるのか!?

・ガラバンダルで告げられたことをまとめると、神は「大警告」と「大奇跡」によって、人類へ覚醒としてのしるしを与え、その回心いかんによって、「大天罰」の大きさを測るというのである。

・聖マラキ(アイルランドの大司教。1094年~1144年)の有名な預言によると、そのふたりの教皇の亡き後、ヴァチカンはローマの街とともに破壊され、歴代のローマ教皇の流れとは違う、もうひとりまったく別の新しい教皇が誕生し、その名を「ペトロ2世ローマノフ」と預言している。

 この新しい教皇は、宗派とは関係なく、世界中の子羊たちをまとめながら、反キリストと戦い、「大天罰」の後のキリストの再臨に備える、神から直接任命された教皇になるという。

<聖母マリアの出現を受ける人たち>

・当然のことながら、取材費は自前で、現地に赴くと、まず現地語と日本語のわかる観光ガイドを雇う。通訳者だとガイドの何倍も、下手をすると10倍近い通訳料がかかるからだ。一介のライターの乏しい取材費では、とても負担できる額ではない。

・この本で紹介したように、各国のそれぞれの出現には、それなりの意味と特徴があり、それをテーマに取材を進めていったつもりだが、エジプトの空の色、メキシコの太陽の輝き、エルサレムの土の匂い、ポルトガルののどかな田園風景、カナダの大自然と木々の緑など、ここでは紹介できないものもあった。しかし、そこで聖母マリアの足跡を感じ、まるで風のように私の心の中を、何かが吹き抜けていったような気がした。

 聖母マリアの出現を受ける人たち(幻視者、預言者、神秘家)にも直に会った。その数は100人を下らないだろう。カリスマ的な人もいれば、普通のおばさん、子供、若者、社会人もいた。霊性の高い人もいれば、人間的にクセの強い人もいた。

『宇宙人遭遇への扉』

 (リサ・ロイヤル&キース・ブリースト)

(ネオ・デルフィ社)  2006/2

<日本の東北地方に残る「キリストの墓」>

<やはりキリストは日本に来ていた>

・東北地方には「イエス・キリストの墓」とされる伝承の地(編訳者注―青森県三の戸郡新郷村)があります。果たしてイエス・キリストは本当に日本を訪れて、そこに骨を埋めたのでしょうか?

 宇宙人たちは、イエス・キリストが誕生するはるか以前から、血統上の融合が進んだ種族をつくる計画を継続的に実施してきました。

・私たちは、イエス・キリストの誕生を、人類を進化の新たな段階に引き上げる計画の一環として捉えています。聖母マリアのいわゆる「処女懐胎」にまつわる物語が、現代の宇宙人による人間の拉致事件に通じる部分があるように映るのは興味深いことです。

・イエスは十字架の上では死なずに、多くの子孫を残しました。いわゆる「磔」の後、イエスは、南欧、インド、日本などを訪れて、そこで子孫を残しました。

私たちの理解では、日本の東北地方に残る「キリストの墓」には、キリスト自身ではなく、彼の子孫の一人が埋められています。東北の十和田湖の近くには「迷ヶ平」とよばれる場所がありますが、太古の昔、そこでは遺伝子実験が行われていました。そこが「エデンの園」(編訳者注―宇宙人の視点からすると「遺伝子実験場」)であったとする伝承は、実際に的を得ています。

私たちからすると、イエス・キリストが生きていた頃は、宇宙人による遺伝子実験が広汎に実施された、今から最も近い時代でした。

『悪魔の世界支配計画666』 

 (鬼塚五十一)(学研)1986/7/25

闇の結社フリーメーソンと反キリストの大陰謀

<漆黒の髪を持つルシファーのひとり子とは?>

<ルシファーのひとり子の陰謀を警告する聖母メッセージ>

・全地の人々は驚き恐れて、その獣に従い、また龍が、その獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらにその獣を拝んでいった。「だれが、この獣に匹敵し得ようか。だれが、これと戦うことができようか」{ヨハネの黙示録}第13章第24

・さらにベイサイドのメッセージは“666”の秘密まで暴き出す。

「ルシファーとその軍隊が、この世界に666として知られる、力強い邪悪な支配を作りました。私の子供たちよ、私が前に予言したことを聞かなかった人たちのために繰り返します。666とは、ルシファーをリーダーとした地獄からの悪魔全部を集めた数です。暗黒の王子であるルシファー自身が、今あなたたちの地上を歩いているのです・・・」

・かって悪魔を呼び出す魔術師だったジョン・トッドによれば、地獄の世界はサタンであるルシファーを頂点として、その下に聖書に登場するベルゼブブがいて、さらにその下にオカルトを司るレジ、よこしまな性的欲望をかきたてるレイダース、アルコールの悪魔バッカス、死の天使セット、知性を司り人間を憂鬱、自殺、精神障害などに導くハーンなどといった堕天使が控えているという。そしてさらにその下にも無数の堕天使、悪魔、悪霊などが霊の世界において存在すると言われている。

・聖母マリアのメッセージはその悪魔の数が“666”であり、聖書に書かれている“666”にはそんな意味が含まれているという。その地獄の軍団に支えられた邪悪な人物が反キリストとなるのだ。

・ジョン・トッドは、その反キリストと思われるような人物にも出会ったことがあるとバプチスト教会の講演で語っている。

・彼の証言によれば、その人物は漆黒の髪に雪のような白い肌をしていて、身長7フィート(約2.135メートル)あまりの長身で、ハンサムというよりは美しいという表現がピッタリだという。その目は深いすみれ色か、深い紫にたとえられ、なかを覗き込むと、まるでグランドキャニオンを見ているようで、底なし穴のようだと語っている。

・はたして、その人物が反キリストなのだろうか。

その真偽は別としても、反キリストはこれからも世界のメシアとして我々の前にどのように現れてくるのだろうか。

また、どのような集団を使って、メシアとなるべく世界統一宗教を築き上げようとしているのだろうか。

『宇宙人・謎の計画書』 

(ロビン・コリンズ) (二見書房)1982/7

<第二の天国は蛇つかい座2番星か>

・イスラムの伝承では、イエスの住んでいたところは、“第二の天国”となっている。そしてまた、伝道者のヨハネがヘビ使い座(または海へび座、さそり座といった同じような形の星座)から、やって来たとするなら、キリストも蛇つかい座からやって来たと考えられないだろうか?“第二の天国”とは、バーナード星ないしはヘビつかい座70番星の2番目の惑星のことかもしれない。いやもしかすると太陽系の二番目の惑星、金星のことを示しているのかもしれない。

・キリストが地球以外の惑星からやって来たこと、そして恐らくは、異星人との接触を保っていたことを示す記録は、その他からも見られる。次にあげた引用は、聖書外典(大いなる神のしもべヨセフの書)からとったものである。

・ イエスは、12歳のとき、既に天文に関する知識を持っていた。しかし、イエスの知っていたことは、当時の天文学者たちにはまだ発見されていなかったことである。

・ 主イエスは、それに答えて、天球の数、天体の数を彼に告げた。また、天体のなしている三角や四角の形、60度離れた二つの天体の位置関係、それら天球が前進したり後退したりする運行の状態、その大きさ、いくつかの予言、さらにその他のことなども告げた。しかし、これらはすべて人類の知恵ではとても分からないことばかりだった。

『聖母マリアの大警告』  

 (鬼塚五十一)(曙出版)1992/4

(UFOは反キリストの道を準備している)

<地底の王国―地獄>

<地底王国シャンバラは地獄の入口>

・ニューエイジ・ムーブメントが「聖なる住民の楽園」として称えているシャンバラ。

・そのシャンバラとは、中央アジアの奥地、ヒマラヤの雪深い山脈とゴビの広大な砂漠のかなたの地下にあると言われる、伝説の「地底王国」のことだ。

・ニューエイジが広めている「シャンバラ思想」によれば、ここでは太古の時代からの高度な科学文明が発達し、そこから遣わされる聖者や予言者によって、人類は様々な形で導かれ、多くの危機から救われてきたと。

・そのなかにはキリスト、マホメット、仏陀も含まれているーと彼らは、主張している。またこの、地底王国の最高指導者は、世界の帝王と尊称され、地球上のすべての出来事をコントロールし、あらゆる悪と戦うと言われている。

その最高指導者がラマ教(密教)の言い伝えによると彼らの未来仏であるマイトレーヤであるというのだ!!

『聖母マリアの大警告』 

  (鬼塚五十一)(曙出版)1992/4

UFOは反キリストの道を準備している)

<悪魔の超常現象UFO>

UFOは確かに存在します。しかし、それは神からではない地獄から来ているのです。これらは、悪魔が伴う巧妙な手口の一つで、これによって人々を盲にするためです。異星人と呼ばれている者の多くは、非常に悪魔に似ています。神ではなく悪魔が神のように振舞おうとしているのです。

<地球上には五つの邪悪な地点(UFO基地)がある>

・悪魔は、地上に来る時―地球上に五つの地点を持っています。このことを知っておくことは重要です。魔のトライアングル(バミューダ海域)は、五つのうちの一つです!!もう一つあります。オーストラリアの南・・・タスマニア海峡の間です!!

・また、この海域にはUFOが数多く出没し、とくにバミューダでは、UFOが空中ばかりでなく、空から海に潜ったり海中から空へ飛び上がったりする光景が目撃者の証言によって明らかにされている。

『現代アメリカの陰謀論』

(黙示録・秘密結社・ユダヤ人・異星人)(マイケル・バーカン)(三交社)2004/8

・なかでもその後のUFO陰謀主義で重要な役割を果たした新神智論者が、ガイ・バラードとモーリス・ドリールであった。

・ガイ・W・バラード(1878-1939)は、妻のエドナとともに『アイ・アム』宗教運動を創始した。バラードによれば、1930年に彼が北カリフォルニアのシャスタ山の丘陵地帯で真実を探し求めていたとき、最高位の尊である聖ジャーメイン(サン・ジェルマン)に出会い、グランド・ティートン山脈の下にある洞窟に運ばれたという。その後、バラードは聖ジャーメインと何度か会って教えを請い、これがアイ・アム信念体系の基盤となった。

・アイ・アム運動は、とくにガイ・バラードの存命中はかなりの成功を収めた。モンタナに本部を置く有名な万国勝利協会―1958年に創設され、最初はマーク・プロフェット、その後エリザベス・クレア・プロフェットが指導者になったーは、アイ・アム運動の支流である。

・シャスタ山は、バラード覚醒以前から、またこれ以降も、オカルト主義と深い関係があった。特にこの場所は、失われた大陸と結び付けられ、水没から生き残った人々がこの山の内部に避難したと言われている。ムーとの結合がとくに強いのは、ムーが西海岸側の太平洋にあったとされ、西海岸との連想が浮かぶからである。水没から逃れた人々が避難したのが、かっての大陸の一部で、水没しなかったシャスタ山だったのである。

・ドリール博士の「ホワイト・テンプル教団」については、日本では「白朋舎」が活動しており書籍も出版されています。ドリール博士のアガルタの「シャンバラ」の描写は、「秘教真義」(霞ヶ関書房)に詳しい。

・さらに重要なシャスタ山の探求者が、モーリス・ドリールことクロード・ドギンズ(-1963)であった。彼自身が好んだ呼び方に従えばドリール博士は、1930年ごろデンバーでホワイト・テンプル教団を創設した。彼の言葉によれば、バラードの体験後である1931年に彼はロサンジェルスで講義中、二人のアトランティス人にシャスタ山の地下約20キロにある巨大な洞窟に運ばれたらしい。教義にしか関心を示さなかったバラードとは対照的に、その後のドリールは、手の込んだ内部地球の宇宙論や、アトランティス人の証拠を拾い集めて地下人種の説明を発展させた。

・核攻撃を恐れた彼は、1940年代末から1950年代初頭にホワイト・テンプル教団を岩山で囲まれたコロラド州のセデーリアに移した。ドリールは、1953年に核戦争が勃発するが、彼の教団は山壁に守られているので安全であると予言して地元の不評を買った。バラードはUFO目撃証言の流行前に亡くなったが、ドリールは、現代の15年間のUFO出現の時期に活発な活動を行い、そのあいだに地球外生命体を彼のオカルト的な将来像に組み込んだのである。


[PR]
by karasusan | 2017-03-23 16:06 | その他 | Comments(0)