<   2005年 06月 ( 72 )   > この月の画像一覧

人間タイプの宇宙人は、レベルが高すぎて、人間にコンタクト(接触)する機会が少ないというのは、本当だろうか?

・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/
UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:51 | UFO | Comments(1)
さて、宇宙人の年令について述べますと、プレアデス人等は、20歳に見えても、実際は、200歳だったりするのですから、人間の感覚は、通じないわけです。
色々「宇宙人もの」の書籍が、古今東西出ておりますし、「Xファイル」などのテレビ映画のように超常現象をを扱うものが増えてきておりますので、今後のハリウッドの映画などに期待することになりましょう。宇宙人ものの書籍がメインの書籍になれば、相当、人の意識も進むものと思われます。

・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/

UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:51 | UFO | Comments(0)
米国は人類に2万年も先行するといわれている異星人と交渉を持っており、密かに科学技術も導入しているといわれております。
テレビ映画「Xファイル」でも、米国人がアルファ・ケンタウリという星に大挙して行っているような場面もありました。
わが国も国家機関の総力を挙げて、異星文明の導入を図るべきでしょう。
コンピュータも異星人の技術であるといわれております。
「宇宙人情報」を隠す勢力が強く、宇宙人問題をメイジャーな問題にしようとする勢力を圧倒しているようです。スポーツ番組以上に、UFO番組が頻繁に流されるのはいつのことになるのでしょうか?


かって、日本テレビで矢追さんというディレクターがUFO番組に取り組みましたが、現在は、UFO番組も下火になっています。


・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/


UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:51 | UFO | Comments(0)
宇宙人情報は、米国では最高国家機密として、公開していないわけですが、マニアが実写ビデオなどをテレビに公開して、盛んに情報公開を求めているようです。
宇宙人の存在を公式に認めているのは、唯一ブラジル政府だそうです。
日本も、行政府が調査機関を作るべきだと思いますが、「民に知らせず」という伝統か、何もないというのが表面上の見解です。

現実にシリコンウェハーなどのコンピュータのハードウェアは、墜落したUFOからのものですし、2万年も先行する異星人の科学が、米国に渡りつつあるようですので、
一方的に、米国に先端科学が独占される恐れがあります。

一番重要なことが、無視されているので、米国の一人勝ちの状態になるのではないでしょうか?一部政治家もそれを認識しているようですが、国家機関としての動きがないようです。



・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/
UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:50 | UFO | Comments(0)
米国でもリークという形で宇宙人情報を流すようですが、テレビや映画などの商業部門の人たちは色々な手法を使って情報を集めておりますし、民間人のコンタクト情報も豊富にあるようです。
「河童がグレイであった」ということなら、相当日本の伝説や、伝記を書き直しする必要がでてきましょう。
人間タイプの宇宙人も地上に住んでいるようですが、「宇宙人の安全を守る」という理由で、本や映画などで推測するくらいです。
現在は、出版不況とかで、10年以上前と比べると「宇宙人もの」の出版は低調のようです。最近では、米国のテレビ映画「Xファイル」のDVDが店頭に並んでいますが、これによっても、かなり事情が推測できるのではないでしょうか。
地球があまりに遅れているので、宇宙連合に参加できないそうですが、情報公開が望まれます。


・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/
UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:50 | UFO | Comments(0)
宇宙人の話には、よく4次元だの5次元世界だの、エーテル界などと異次元の世界の話が出てきます。異次元に行くには、UFOに乗ってゆく、幽体離脱をしていくなどとありますが、一番簡単で、もっとも高次元に行けるのは、「夢」の中で行くことです。

夢の科学的な解明は十分には進んでおりませんが、異次元は、死後の世界とも似ているのです。高次元の宇宙人の世界と死後の「あの世」は、似ておりますが、はっきりと解明されておりません。高次元の宇宙人(神人)は、人間に転生してきたり、ウォーク・インといって、人間に完全に憑依したりしますので、目に見えない世界の現象として、量子力学等の研究領域は膨大です。宗教家などは、目に見えない世界が主導権を握っているといいますので、世の中は複雑です。



・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/
UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:50 | UFO | Comments(0)
フリーメーソンと宇宙人は関係があるのだろうか。ニコラス・ゲイジ主演の映画「ナショナル・トレジャー」が現在上映されていますが、米国のフリーメーソンに関するものだそうです。米国の独立宣言に署名した人物のほとんどがフリーメーソンといわれております。歴代の米国大統領もそのほとんどが、フリーメーソンだそうです。
ブッシュ大統領もエール大学のスカルズ・アンド・ボーンズというフリーメーソン組織に所属しているそうです。


フリーメーソンの文献を調査しても、その宇宙人との関係を見出すのは難しいようです。しかし、フリーメーソンは、神に近い領域から来た超人と関係があるようにうかがわせる記録もあるようです。

フリーメーソンにしろ、宇宙人問題にしろ肝心の重要な問題が国家のトップ・シークレットになっています。映画「メン・イン・ブラック」も人気を集めましたが、実際の「メン・イン・ブラック」は、シリウス系のオリオン星人で、例の小柄なグレイという宇宙人と行動をともにしているようだといわれております。宇宙人問題もハリウッドの映画などで、次第にメイジャーな問題、人々の関心事項になりましょう。

・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/


UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:49 | UFO | Comments(0)
UFO問題に関しては、首相レベルでもかって動きがあったようです。故大平首相は、有名なUFO研究家に反重力機関の発明の研究資金を出そうとしたこともあったようです。また、海部元首相も「日本はUFO後進国だ!」と嘆いたそうです。そして、「日本の研究レベル、情報収集は明らかに立ち後れているようです。UFO後進国の日本としては、今後どのようなことをすればよいか、もう少し時間をかけて考えたいと思います」と海部元首相は、述べています。米国でも大統領が宇宙人と会見したとかの記録もあるようですが、なにせ国家最高の極秘事項なのですから、隠す方が圧倒的な力を持っているようです。テレビ映画「Xファイル」の内容が衝撃的で、全米を沸かせたのもうなずけることです。人類に先行すること2万年も先行するリラ星人とコンタクトを持つ米国政府の圧倒的な立場にはかなわないでしょう。まさしく、宇宙人とコンタクトすることが、国家の科学レベルの盛衰を分けることになるのでしょう。国家機関と国家資金のかなりをこの分野に回さないと、米国の一人勝ちを、指をくわえてみているしかないことになりましょう。「まさしく、日本民族の興
亡は、宇宙人研究のレベルにかかっている」という識者もいます。米国人もかなりグレイの星に行っているようにテレビ映画「Xファイル」の内容から推測できます。日本の行政府、首相レベル、官邸レベルの動きを期待したいものですが、「民に知らせず」という伝統が支配しているようです。人間に転生(ワンダラー)したり、完全に憑依(ウォーク・イン)して、人格転換を行なう宇宙人には、かなわないので、何もしないほうがいいということかも知れません。



・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/
UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:49 | UFO | Comments(0)
1、 地球はシリウス異星人の「殖民星」であるといわれている。
2、 世界中でシリウス異星人が「奇跡」を演出しているそうだ。
3、 シリウス異星人は、“思念”で人間を作ったといわれている。(一方では、リラ星人は、実験室でDNAから人間を作ったといわれている)
4、 人間がぞっとするような生物をシリウス人が作ったので、神から嫌われたといわれている。インドでは、「宇宙を3歩で歩く天使」ともいわれている。
5、 かって天界で戦争があり、ルシファーのもとに天使団の3分の1が神に反乱したといわれている。それで、フリーメーソンの主神は、堕天使ルシファーといわれている。ルシファーはシリウス異星人だろうか?
6、 シリウス人は、ウォークイン(人間に憑依、人格転換)やワンダラー(転生)の形で人間に転生してきており、外見からは見分けがつかない。シリウス人は,地球人にかなり混じっている!?

7、 シリウス人は、テレポート(瞬間遠隔移動)で地球に降りてきている天使に相当しよう。だが、人間には見えない。
8、昔アンタレス星には、エーテル(異次元の質料)を活用する住民がいて、地球に降りてきた。彼らは星から星へと旅行する秘密を解していた。彼らは物質と肉体を意思の命令のもとに変化できた。またエーテルから自分の要求するものを何でも創造することができた。ホワイトブラザーフッドを主宰するのは、神というよりもシリウス人らしい。
9、「歴史のシナリオを書く連中」とも「限界のない連中」とも言われているらしい。

10、イルナミティというフリーメーソン組織に関係しているらしい。
11、特定の人間にテレパシー交信をするらしい。
12、太古から人類に文明を与えてきたと言われている。

13、神の道(愛の道)に反して、人間を人格転換して、ゲイという特殊な人間を造ったといわれている。ゲイの多い地域に宇宙人の影響力が強いといわれている。

14、米国には前世体験を語る米国人が増えてきている。超能力者と関係がある!?



15、とてつもない力を持っているが、実体がつかめない。「神々は市井の人となり、普通の生活をしている!?」

16、シリウス人からみるとグレイ(リラ星人)のような宇宙人は、はるかにレベルが落ちることになる。二種類の宇宙人がいて、常に対立・戦争をしているようだ。

17、謎の集団「メン・イン・ブラック」は、シリウス人系のオリオン星人といわれている。そうすると、地球に降りてきていることになる。グレイの母船に同乗しているといわれている。

18、地球のレベルが、あまりに遅れているので、宇宙連合に参加できないそうである。「宇宙連合」に参加できるのは、何十年後か何百年後になるか分からないらしい。(映画スター・ウォーズの世界のようだ)
このようにシリウス異星人の謎は、深まるばかりだ。



・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/

UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:49 | UFO | Comments(0)
人が死ぬと4次元のアストラル界のパラレル・ワールド(平行世界)に行くといわれております。死後、暫くすると、守護天使に出会い、精霊界を案内してくれて、自分の家族や知人に出会えるというものです。精霊界は、地上生活に似ているが、少しずつ違うといわれております。いわゆるパラレル・ワールド(平行世界)であるといわれております。それ以上の次元の世界は、素晴らしくて筆舌に尽くしがたいといわれております。自分のような凡人は、精霊界の段階でずっと過ごしたいと思うほど、パラレル・ワールドは、素晴らしい世界であるといわれています。この霊界と、宇宙人の存在するアストラル界、エーテル界は、大変似ています。つまり霊界もアストラル界やエーテル界にあるからです。アストラル界やエーテル界は、また4次元や5次元とも言われております。

宇宙人=天使と考えれば、当然ながら、霊界、死後の研究もしなければなりません。

4次元、5次元の世界は、最も通常では、「夢」、「明晰夢」の世界になります。誰でも夢の中で異次元に行けるということです。伝説などに、「気がついたら夢だった」という話が大変、多くあります。普通の人間は、夢の中でのみ、4次元や5次元にいくことができます。オーストラリアの人で、夢の中で行ったすごい「異星訪問記」もあります。スェーデンのスェデンボルグも毎日のように、幽体離脱をして、異星に行っていた例があり、膨大な記録を残しています。

夢を記録して、それを参考にして、小説を書いたりする作家もいるようです。夢で発明をしたり、夢の世界や潜在意識が、天使の領域とつながっているようです。死後の記録を見ても、守護天使の存在を否定する記録はありません。神様は、なかなか出会えないようですが、天使の存在は、常識になりつつあります。天使についての文献は多くありますが、やはり、一般の人が日常生活で天使を知覚し、超能力を得たというストーリィが面白いと思います。

西洋の文献には、死後「サマー・ランド(常夏の国)」に行くという記録が大変多いのです。そして、ある文献には、「ブルー・アイランド」、青みがかった「都市」に行くというのがあります。

「クリスタル・シティ」にいたという米国人の前世についての報告もありますので、アストラル界やエーテル界の「シティ」に行けるようです。

あなたも、「あの世のシティ」の夢を見たことがありましょうか?

・サイト名称およびURL

名称: UFOアガルタのシャンバラ

URL: http://homepage3.nifty.com/goodpeople/
UFOアガルタのシャンバラへジャンプ
[PR]
by karasusan | 2005-06-26 16:48 | UFO | Comments(0)