<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

『姫神の本』  聖なるヒメと巫女の霊力

  学研マーケティング   2007/8

<中山みき  天理教教祖>

<世界創造神の憑依により「陽気ぐらし」の理想を説く>

・天保9年(1838)、中山みきは長男・秀司の足の痛みを治すために、修験者の中野市兵衛を招いた。だが、加持台役が不在だったため、みずから加持台となって御幣を手にし、寄加持をしているうちに、神憑りとなった。「我は天の将軍である。元の神・実の神である。この屋敷(中山家)に因縁あり。このたび世界一列をたすけるために天降った。みきを神の社に貰い受けたい」

ふだんのみきとはまったく異なる、神々しい威厳に満ちた声であったという。

・また、みきに入り込んだ神は、世界の創造神で人類を守護しているとされ、親神(天理王命(てんりおうのみこと))と称される。

・以後、みきは家財などを貧窮者にどんどんほどこしたため、中山家は世間的には没落の一途をたどり、資産はほとんど底をついた、みきは狐に憑かれておかしくなったとみられていたほどである。しかし61歳の時に、「帯屋許し」と呼ばれる、お産に関する呪術的な安産の助けを行ったのを手はじめに、安産と

病気治しの生き神として評判になった。

・慶応3年(1867)、側近らによって、神祇管領の吉田家から布教の免許を受けたが、明治維新後は正式に認可されるまで、明治政府により邪教として扱われ、前後18回も検挙されるなど、弾圧をこうむった。みきは高齢であったにもかかわらず、警察で虐待や拷問を受けたが、彼らを非難することは一度もなかったという。

・晩年は、親神の啓示とされる『みかぐらうた』『おふでさき』などを著し、人間世界の創造を説いた神話『こふき』(泥海古記)をまとめ、中山家の土地の一点を、親神が鎮まる「ぢば」(世界人類の発祥の地とされる)と定め、そこに人類救済のシンボルである「かんろだい」の建設を計画した。

<出口なお  大本教開祖>

<世界の立替え立直しを啓示した膨大な「お筆先」を残す>

・出口なおが、明治25年(1892)旧正月5日、京都府綾部の自宅で突然、激しい帰神状態となって発した神示(「初発の筆先」)のはじめである。艮の金神(国常立尊)がなおに神憑り、世界の「立替え立直し」と、理想世界の実現を啓示した宣言というべきものであり、これによって大本教がはじまった。

 この年の元旦の夜から前兆はあった。霊夢が毎夜続いていた。初発の神示が降りてからは、昼夜を分かたず帰神状態となり、13日間、食事をとることもできなかった。

・明治26年、綾部で原因不明の火事が相次いだ。おりもおり、なおは神憑って、「今のうちに改心いたさねば、どこに飛び火がいたそうも知れんぞよ」と大声で叫んでいた。そのため、放火の疑いをかけられ、警察署に留置されて、40日も座敷牢に閉じ込められてしまったのである。

<大本教が国家に弾圧されたのは、なおの昇天後である>

・すると艮の金神は、「なおよ、筆で書かすから、筆をとれ」と伝えた。なおは困惑した。文字を書けなかったからだ。しかし艮の金神は、「お前が書くのではない。神が書かすのである」と言う。なおはなにかを書きたい衝動にかられた。そして、座敷牢の床に落ちていた古釘を手にすると、その柱に文字を書きつけていたのである。

・そのうちに放火犯が逮捕され、疑いが晴れたなおは、出牢後、堰を切ったようにお筆先をはじめるのである。以後、神の言葉が原則として文字によって伝達されることになり、半紙で5万枚以上といわれる膨大なお筆先は、後年、娘婿の出口王仁三郎によってまとめられ、『大本神論』として発表された。

『王仁三郎の霊界物語大預言』
富士山大爆発とミロク神人種誕生の神ドラマ
   海野光彦  徳間書店   1995/11


<ミロク神人種だけが「黄金のそりはし」を渡る!>
・国祖、国常立命は、太古の昔、地球主宰神の位についていたが、悪魔の謀議によって艮(とどめ)の地である日本列島に押し込められた・・・。では元の地球主宰神・国常立命の本拠地はどこにあったのか。
実はそれを解くヒントが『霊界物語』冒頭にのっている。
次に紹介する黄金のそり橋だ。

・黄金のそり橋は、太古の昔、亜熱帯の中央アジア・ゴビ海に浮かぶ白島にかかっていた。造り上げたのは、太古の地球主宰神サナート=クメラだ。サナート=クメラは、国常立命の別名に違いない。
 黄金のそり橋のかかる白島には、地球主宰神の黄金宮殿が澄みわたった青空にひときわ美しく輝いていた。

・そうしてこの橋を渡ると直に自分は、エルサレムの聖地に着いた。この聖地には黄金と瑠璃(めのう)とかいう宝の珠玉をもって雄大な、とても形容できない大神の宮殿が造られている。(霊界物語第1巻より)

・この神都の現界への移写が、かってゴビ海に浮かぶ『白島』に現れていた。
地球主宰神・国常立命が納める黄金の神都から数多くの『ミロク神人種』が世界各地に旅立っていった。

・日月神示やヒマラヤのミロク神人種が示すように原水爆の高熱やマイナス数十度の酷寒でも耐える超人体を保有する神人が日本を始め、世界各地に渡り、万物調和の理想郷すなわち『ミロクの世』を築いていたのだ。
 それが世界各地で潜伏する悪神の決起で灰と帰し、世界が泥海になったことが『霊界物語』に書かれている。

・しかし、王仁三郎が死をかけて、大日本帝国政府と戦い、厳しい特高警察の目をかいくぐって口述筆記した『霊界物語』は、世紀末、各種の予言の中でひときわ異彩を放っている。

・核の炎、核の冬、恐るべき極反転に伴う大地殻変動に負けないミロク神人種が21世紀に日本を中心に誕生することが『霊界物語』には秘められていたのだ。

・彼らだけが鶴仙に乗り、輝く肉体を霊化させ、『黄金のそり橋』を渡り、国常立命の治める神界の大都に結集することができる。


<『霊界物語』はテレポートと魂の旅行で作られた>
・それにしても『霊界物語』はあらゆる点で人間の常識を超えている。
最初に脅かされることは、口述筆記の驚異はスピードである。一巻をわずか3日で書き上げている。81巻、83冊からなる『霊界物語』に集大成していくが、最初から最後まで口述のスピードは変わらなかった。

・原稿用紙にして約10万枚でひとまず完成するが、王仁三郎は全120巻を予定していた。だから3分の2で彼は口述を終わったことになる。しかも、筆記中に王仁三郎は一冊の参考書も見なかった。

・ゴロリと横になって少しイビキをかいたかと思うと、王仁三郎の口から真珠のきらめきのごとき不思議な物語が紡ぎ出される。


<50世紀まで見通す人類最大の「予言暗号書」>
<王仁三郎は50世紀の未来を見通した>
・「24世紀の今日は、天国浄土の完成時代だ。中空をかける飛行機、飛行船はすでに廃物となり、天の羽衣という精巧無比の機械が発明され、汽車は宙を走って、1時間に5百マイルという速力だ。蓮華の花は所狭きまで、咲き乱れ、何ともかとも知れない黄金世界が現出しているのだ」 (『霊界物語』第14巻8章より)

・王仁三郎はミロク浄土の完成を目指していたが、それは24世紀、今から約3百年経なければ、本当のユートピアは生まれないと予言している。ミロク超科学文明が生まれると、黄金のUFOが大空を飛び交い、世界中に美しい花が咲き乱れる。これは彼の予言の中で最も楽観的なものである。

・さらに王仁三郎は、はるか50世紀頃の人類の様子をも透視している。
「何、神界ばかりか、現実もこの通りですよ。一番図抜けて大男といわれるのが、3尺(90センチ)内外、1尺8寸(54センチ)あれば、一人前の人間だ・・・。
少しも手足を使わないものだから、身体はおいおい虚弱となってしまい、もはや50世紀の今日では、こんな弱々しい人間になってしまった・・・・。
それと反対に6尺(1.8メートル)以上の体を持ち、現幽神界において神の生宮として活動しているミロク人種もありますよ」 (『霊界物語』第3巻20章より)

・つまり50世紀の人類は、ほとんど小人で頭脳だけの存在になっている。脳をある種の液体に入れて、スーパーコンピューターをつなぎ、あらゆる指令がコンピューターから出される。
 一方、普通以上の体を自由自在にテレポートさせ、現界と霊界を行き来するミロク人種も少数存在する。現代から見れば、完全なSFの世界である。

・50世紀の交通機関は奇妙なことに黄金の翼を人間に直接取り付けて、超高速で飛ぶようになっている。

・すなわち、松彦は、「みな様、しばらくお待ちくださいませ。空中交通機を上げませう」と又もや指先にて空中に、何事か記す其の刹那、金色燦然たる鳥の翼のごときもの四組、何処ともなくこの場に降り来たりぬ。「サァー、これを御着けなされ」と言ふより早く自然的に四人の肩の辺りに、金色の翼はピタリとくひつきたり、四人は一度に、「アア、これは立派だなァ」と羽ばたきを試むるや、身はますます高く空中に飛ぶ揚がり一瀉千里の勢をもって電波よりも早く、西の空を目がけて進み行く。 (『霊界物語』第15巻21章)

・このように王仁三郎の世界はまことに幅が広い。超古代から50世紀のはるかな未来まで見通した彼のような予言者は世界中どこにも存在しない。だからある面では、シャカ、キリストさえも超えた予言を述べていたことになる。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・天理教の中山みきも大本教の出口王仁三郎と出口なおも警察の宗教弾圧を受けていますが、特に大本教の宗教弾圧は熾烈で、当時の明治政府がその影響力の増大を恐れたからのようです。『霊界物語』の解釈本が多く出ているようですが、50世紀も遠い未来を見通したものは少ないようです。amazonで「大本教」と検索すれば、356件、「天理教」と入力すれば1111件がでてきます。艮(うしとら)の金神からの情報は膨大で有識者の評価も高いようです。

・国常立命は、ウシトラの金神ともいわれ、祟り神として封印され、抹殺された神々の代表みたいな神だそうです。大本教をはじめとする多くの新興宗教の教祖などに憑依して、頻繁に登場しているそうです。当初の主神だったのが、あまりにも厳しすぎて、異界に幽閉された神なのかもしれません。艮(うしとら)の金神は天国のような所から来たのでしょうか。はたまた、黄金の空のある黄金の神都の異世界から来たのでしょうか。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球」という説もあるそうです。天国は「サマーランド」、「ブルーアイランド」のように真っ青な空のようです。

・サナート・クメラといえば、貴船神社、鞍馬寺、魔王尊、地球の霊王、シャンバラの王などと単語が連なりますが、ウシトラの金神とともに有名です。現代のチャネラー(霊的交流者)の中にもウシトラの金神とチャネリングする者もいるそうです。

・官憲に弾圧された大本教は、その巨大さゆえに官憲に恐れられたのでしょうか。古史古伝マニアのいう『竹内文書』の「太古、日本は世界の中心だった」という話もいずれ再構成される時がくるのでしょうか。「神々も市井の人となり普通の生活をしている」という説もありますが、誰も認識ができないようです。

・太古から神々や阿修羅が争い、殺し合い、スター・ウォーズがあったのでしょうか。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」という説もあるようです。神人をめぐる争いのようです。また、堕天使グループが天国に戻りたいと暴れるのかもしれません。宇宙連合からの情報は膨大のようですが、アバブ・トップシークレットのため理解ができるのはイルミナティ・エージェントたちのようです。イルミナティ・エージェントが第三次世界大戦を起こすともいわれているそうです。イルミナティ・エージェントとは、謎の組織のようですが堕天使グループのことでしょうか。

・人類が50世紀に小人になる可能性はあるのでしょうか。戦後米国に飛来した映画でもお馴染みの小柄なグレイは、人造ロボットで最下層の労働者階級だとする説(金髪碧眼の人間タイプのノルディックは位が高い)もあって、その正体に関する説は色々あるそうです。

・その諸説の一つにグレイの「人類の未来の姿説」、「人類の未来からのタイム・トラベラー説」というのもあって、激しい核戦争を繰り返して、人間タイプがだんだん退化していき、グロテスクになり、我々の見る小人の異星人になったという説もあるそうです。人類も核戦争を繰り返して、グレイのように小人化していくのかもしれません。

・なお、ゼータ・レチクル星人は、多種多様なようですが、実際のスター・ウォーズは、激烈で惑星を吹き飛ばす超兵器も登場したようです。核兵器ばかりではなく、現代で『貧者の核兵器』といわれる『細菌兵器』や『化学兵器』も使われたようです。インドの古い叙事詩にもありますが、特にスター・ウォーズの歴史は非常に多かったようです。インドでも超太古に地上でのスター・ウォーズの続きがあったようです。神様の王様、インドラ(帝釈天)とアシュラ(阿修羅)の争いが続いているようなのです。

・未来には人類の退化した小人のものと長身の神人の2系列があるようです。人類は神人のレベルに到達できないようです。異星人の世界でも長身の金髪碧眼のノルディックと小人の従者のグレイの2種類がありますが、長身の神人とその従者(小人の人類)の組み合わせになるようです。

・また、裏宇宙には巨人タイプの異星人もいるようです。フランスの有名なコンタクティのクロード・ボリロン・ラエルの報告では、小柄で完全な人間タイプで2万年進化しているリラ(琴座)星人もいるそうです。

・神々の世界は時空を超えているので王仁三郎の『霊界物語』はリアルな感じがするそうです。神々からチャネリングした未来情報はすべてがあたるとは言えませんが、タイム・トラベラーからの情報ですから当たる確度は高いようです。実際には、多くのパラレル・ユニバース(並行宇宙)があるので、実現する未来が多様に変化していくそうです。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-30 16:38 | UFO | Comments(0)

『中山みき』

「心直し」から「世直し」を説いた生き神教祖

小澤浩   山川出版社     2012/12

<浄土信仰>

・みきの少女時代で注目されるのは、両親が浄土宗の信仰に驚く、みきもその雰囲気に馴染んで、早くから「浄土和賛」などを暗誦するくらいであった、という点である。浄土系の信仰が来世型のものであるとすれば、のちにみきが切り聞いた現世型の信仰とは異なるので、その影響はなかったとする見方が多いが、無関係と言い切るにはいささか問題がある。私はかつて近世の寺院文書のなかで、ある真宗僧侶の法話の速記録をみたことがあるが、そこでは平生業成に力点をおく現世での救いが強調されていた。先述した共同体村落の近世的発展による現世利益への関心が、浄土系の信仰にもある種の変化をもたらしていたとすれば、みきの接した浄土信仰も、そうした性格のものであった可能性が高い。

<教祖誕生>

1838(天保九)年、十月二十三日、長男の秀司が、にわかに足痛の発作を起こし、さらに善兵衛が眼を、その妻みきが腰を痛めて苦しみはじめたため、翌日、修験者の市兵衛を呼んで寄加持をすることになった。そして、いつも加持台をつとめていた婦人が不在のため、やむなくみきをその代役に立てて、祈祷が始まった。ところが、儀式が佳境に達するころ、突然みきが神がかりになり、「我は、元の神、実の神である。この屋敷に因縁あり。このたび、世界一列をたすけるために天降った。みきを神のやしろに貰いうけたい」と、おごそかな声で告げた。

<妻として人間として>

・その頃、かのという女衆があって、善兵衛の寵をよい事に、日増しに増長して勝手の振舞いが多く、終には、教祖をないものにして、我が身が取って替わろうと企て、或る日の事、食事の汁のものに毒を盛った。なにも知らず、これを召し上げられた処、やがて激しく苦しまれた。家族の者は驚いて、懸命に看護の手を尽くす一方、その原因を詮索すると、女衆の仕業であると分かった。余りの事に驚き怒ったが、教祖は、苦しい息の下から「これは、神や仏が私の腹の中をお掃除下されたのです」と、宥め容された。この廣いお心に触れた女衆は、初めて迷いの夢から醒め、深く己が非を詫びて魔底から悔い改め、やがて自ら暇をとって身を退いた。

<にをいがけ」>

・天理教で「にをいがけ」というのは、一言でいえば布教・伝道のことである。話は少し戻るが、善兵衛がなくなった悲しみも消えやらぬ1853(嘉永六)年、17歳になった五女のこかんが、神の指図に従って共の者二人とともに「親神」の御名を流すべく浪速の町(大阪)に向かい、人手でにぎわう道頓堀で、拍子木を打ちながら繰り返し神名を唱えた。「なむ天理王命(てんりおうのみこと)、なむ天理王命」。

・「天理王命」とは、みきが唱えはじめた親神のいわば固有名詞である。『教祖傳』によると「生き生きとした」こかんの声に人びとのこころは「勇んで」きた、とあるが、それはどうであろう。まだ「花も恥じらう17歳の少女にして、みきの意図も十分には理解しにくかったであろうこかんが、物珍しげな衆目に晒され、その声が羞恥心で震えていたとしても、それはそれでわれわれの胸を打つものがあるのではなかろうか。いずれにしても、天理教ではこれが「にをいがけ」の嚆矢であったとされている。

・みきが人助けの手始めに、女性の出産に着目したのはまさに時宜をえたものであったといえよう。出産は当時の女性にとっては生命にもかかわる大仕事であった。人びとは「毒忌み」を「凭(もた)れ物」などのさまざまな俗信に安産の願いをしたが、それはかえって、女性たちの不安や負担を重くしていた。それだけに、息を吹きかけお腹をさするという簡単な所作で安産が約束されるこの方術は、合理的な根拠を求めず、結果の如何さえ問わなければ、まさに出産の不安をかかえた女性たちに待望の福音をもたらすものであったといえよう。

・また、別の文献では、みきが寺社への拝み信心と違って、金銭を求めず「お話だけで助けてくれる」神様として評判をとっていた、という証言もある。伝承が残している「病気治し」の奇蹟話が、初期の教勢の発展に大きく寄与していることは疑いないし、みきもそれをためらった形跡はないが、「病気治し」はやはり信心の入り口であって、大きな救いはその先にあるというのが、みきの立場だったと思われる。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・天理王命については私たち一般人は、信徒ではないため詳しくは知りません。大本教の「艮(うしとら)の金神」のように多くの書籍が触れてはいないようです。江戸時代末期に成立した新興宗教だけに、天理王命については、どのような神様なのか分かりません。教祖の中山みきが浄土宗の信仰に篤く、何かその系統の神様なのかもしれません。ちなみに、阿弥陀仏とは、シリウス星人のことかもしれません。神様もいろいろな種類があるようですが、「神々=異星人、宇宙人」と認識すれば理解がすすむものと思われます。

・中山みきの「神がかり」についても不明なことが多いようです。新興宗教には、多くの信者を引き寄せる不思議なことや、病気治療などの奇蹟の話も多いようです。特に昔は病気は加持祈祷で治したことも多くあるようで、病気を治すことが信者の拡大につながったようです。天理王命については、病気直しの奇蹟も多かったようです。

・『教祖傳』によると教祖が毒殺されそうになった事件もあったようですが、新興宗教をめぐる人間模様は昔から複雑怪奇だったようです。「生き神」に対する官憲や信者の中の抵抗勢力や妨害勢力がいろいろとあったようです。天理王命が憑依した教祖の中山みきの事例も不思議な現象のようです。

・あの世から神々がこの世に出てきて女性と交わって子供を創ったり、人間に憑依したりして新興宗教が起こるのですから、奇妙な現象といえるのでしょう。国津神と天津神のように神々も二種類に分かれて、それぞれの活動領域や対立があったようなのです。天理王命は、その後の天理教が大きく布教した結果を見ると強力な神様だったのでしょう。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-26 20:42 | UFO | Comments(0)

 『ニーチェ入門』  悦ばしき哲学

   河出書房新社  2010/6/19

<「憑依としての哲学―ニーチェの場合」  須藤訓任  >

<哲学者ニーチェの課題>

・哲学者とはどのような存在なのでしょうか。歴史に残るほどの哲学者や思想家であるなら、誰しも自分なりの課題やテーマをもっていそうなことは、容易に想像できます。場合によってはその課題やテーマは何十年にもわたり生涯をかけて追及されるでしょう。いかにしても持続的に執拗に追及されるにもかかわらず、いかにしても汲み尽くせず、無尽蔵な問題がそこには潜んでいるようです。

・憑依という観点からニーチェ哲学を振り返ってみるなら、他にも憑依といってよい論題が見当たります。ヴァーグナー、ショーペンハウアー、ソクラテスと言ったところがその代表事例でしょう。この三者とのニーチェの関係は互いにきわめて対照的です。

・こうして、ヴァーグナー、ショーペンハウアー、ソクラテスと三者三様に、ニーチェはこの三人に取り憑かれていました。

<ソクラテスの憑依>

234歳の頃(186869年)ニーチェはつとに「恐ろしいのは、僕の背後にいるぞっとするような姿ではない。その声なのだ。それもその言っている内容ではなく、その姿の身震いがするほど不分明で人間とも思えぬ声音なのだ。」と「ひどい興奮状態」で書き残しています。それこそ、「身震いがする」ようなオカルトじみた文面ですが、先のソクラテスに関する「白状」は、極言すれば、この文面とどこかで切り結んでいるように感じられます。もしかしたらニーチェには憑き物に憑かれるような体質があったのかもしれません。そう言えば、ソクラテスも憑依を思わせるところのある人でした。例の「ダイモニオンの警告」にしても、あるいはプラトンの「饗宴」でアルキビアデスが報告している、一日中不動のまま立ち尽くし思索に没頭するソクラテスにしても、そういうところが認められるでしょう。憑依という点でもニーチェとソクラテスは共鳴していたのでしょうか。

・ソクラテスに憑依されたニーチェはもはや、ソクラテスの突きつけてくる課題から逃避することができないーそれが思想家ニーチェの「運命」でした。

 思想家ないし哲学者であるとは、こうした「不可抗力」(『この人を見よ』)の憑依が「宿命として贈与(ハイデガー)」された存在でしょうか。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・ニーチェの哲学については、私たち一般人は、詳しくは知りません。ただ彼の哲学の中には「超人」という言葉がでてきますが、ヒトラーが恐れたアルデバランの宇宙人、「超人たち」という単語を連想させます。ニーチェは、晩年は精神病で苦しんで、死んだようですが、梅毒であったという説もあるようです。歴史に残るような人物は、何か霊的な憑依により、歴史に残るような業績をあげることができるのでしょうか。ヒトラーも「霊界から来た男」ともいわれたそうで、アルデバランの宇宙人により異次元からの「人格転換」を受けたという説もあるそうです。また過去の有名な作家にはさまざまな霊的な現象の体験話があるようです。

・「人格転換」とか「憑依」といいますと新興宗教の教祖によく神々が憑依して、教団の信者が増えてくるという不思議な現象も世界中で多いようです。「あの世」と「この世」のつながりと言いますが、異類婚姻譚の伝承では「あの世」から神々が出てきて、「この世」の女性と交わり子供を残していくという不思議な伝承が多くあるそうです。「あの世」から神々が「この世」にでてくるという伝説も奇妙なものです。

・「人格転換」や「憑依」の不思議な現象としては「ゲイ」の問題があります。ゲイの問題も日本では大きな社会問題になっていないようですが、現代社会では増えているそうです。医学的にも科学的にもゲイの現象について説明ができないようです。ゲイはカリフォルニアやオーストラリアなど宇宙人の多い地域に増えており、原因は異次元の異星人による「人格転換」という説もあるそうです。ゲイの存在は魔神というよりも悪魔の仕業ということでしょうか。ゲイはテレビ界にも進出していますが、何か日本的な対応に終始している感じのようです。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-26 19:04 | UFO | Comments(0)


『あの世の存在に活かされる生き方』

 (パット・クビス&マーク・メイシー)(徳間書店) 1999/7


・「プラトンは、生きている私たちが死者で、本当に生きているのは死んだ人たちなのだと主張しましたが、その考えは正しかったのかもしれません」

・「アストラル界に住む人々のほとんどは、最も健康で美しかった年齢人生の全盛期の姿でいることを選びます」

<別世界より、エルンストの霊界通信>
・「ぼくは今再び昔のエルンストの姿でいます。いや、新しいエルンストの姿でいます。いや新しいエルンストとでも言うべきでしょうか。頭上には、三つの太陽が輝いています。気温はとても温暖で、澄み切った朝の空気の中、色とりどりのハチドリが何羽もぼくのまわりをブンブンと飛び回っています。この世界の蝶々は信じがたいほど美しいです。羽をふるわせながら花や草木にとまっている蝶の中には、スープ皿ほど大きなものもいるんですよ!」

・「親切な人々のおかげで、ぼくはすぐに自分の精神的、肉体的な力を再びうまく使えるようになりました。その人たちの中には、ぼくの地球での父や、その他の知り合いもいました。(中略)傷や切断された手足などが、ここで癒えて再生するには、ある程度の時間がかります。年老いた人は若返ります。時間がたつにつれて、ここにきた人は長い間失っていた力が体に戻ってくるのを感じるようになります。精神的な障害を持った人たちにとっては、この回復はゆっくりと、段階を踏んで進んでいきます」


<タイムストリームの地球との通信に従事>
・「タイムストリームによれば、彼らの施設はマルドゥクという名前の惑星にあり、アストラル世界の第三界に位置するということです。アストラルの惑星であるマルドゥクに住んでいる」

<思考が現実を創る>
・「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成しています。地球で亡くなった人々のほとんどはここで目を覚ますのです」

・「アストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっているといわれます」

・「人々がアストラル界で過ごす期間は、数週間から何百年にもわたります。そしてまだ学ぶことがあれば、彼らは肉体を持って地球や居住可能な他の惑星に再び(他の体を受け入れて)生まれるのです。必要なことを全て学び終えた場合は、ひとつ上の階層、またさらに高い意識の状態に移行します。実際、階層の違いは、意識の状態の違いと考えることができます」

・「死者の世界には、摩天楼があり、家々は萱葺きの屋根からガラスの搭と黄金の屋根がついた壮大なお屋敷まで実にさまざまです。考えつく限りの住居がここに揃っています。なぜなら、このエネルギーの世界では、これら全てが心によって創り出されるものであり、つまり、私達が、住んでみたいと願う夢の住まいが実現されているからなのです。アストラル界は意識の世界です。多くの人々が自分たちの人生に対する一時的な報いをここに見出します。これは永続的なものではありません。先にはさらに高次の世界、さらに高い次元があります」


<第三世界、アストラル界中層>
・「第三世界にあるものも、これは霧、夜、河川、湖、月、星、そして、極地方の氷、そしてそこには考えつく限りの住居があります。かやぶきの屋根の家々、ガラスの搭と黄金の屋根に飾られた屋敷・・・」

・「霊たちのほとんどは自分たちがこの新しい場所に渡ってきたことを理解しているのですが、ここにどうやって辿り着いたのかを思い出せるものはいませんでした」

・「『この新しい場所』とは、地球が所属する太陽系にはない、マルドゥクという星のことです。この惑星は、ひとつの太陽系の周りを公転していて、そのほかにさらに二つの太陽に照らされています。ここは決して真っ暗になることはありません。マルドゥクの円周は、約127000キロメートルで、ここには、地球の月よりも大きな月があります。エターナティ川と言う名の最深17000キロメートル、一番広いところで、幅3700キロメートルになる大河が惑星全体をぐるりと囲んで流れていて、この川のほとりには、600億もの人々が暮らしています。この星の風景は絶えず変遷しているわけではなく、中には全く変わらない物もあります。また、街があり学校や大学もあります」

・「アストラル界の目的のひとつは、人々から愛国主義や国粋主義といった垣根を取り払うことです。高次の世界には普遍的な理解があり、時代、空間、また次元などによる隔たりはありません。そこではひとつの魂が全体の一部なのです」

・「死亡したばかりの人を見つけ出すと言う主要作業のかたわらで、多くの人々が他の星に旅したり、惑星マルドゥク中を旅行したりします。彼らはまた、機械の力を借りたり思考の力だけを使ってエターナティ川に沿って旅をしたりします」

・「サルターは、さらに続けて、自分は、第4界にはいることができるので、第3界にいながらにして自分を精神的に他の現実へ送り込み、他の次元の心的存在とコンタクトを取ることができると言っています。また、バートンは、異なる惑星の住民と知り合うために、しばしば他の星まで旅行すると述べています」

・「アストラル界の地形を表す主要な特徴として、エターナティ川を挙げ、それはまるで、へびのように曲がりくねりながらマルドゥク全体を囲んで流れており、周りの山々からの水流が集まってできた川のようであると述べています」

・「私たちにもあなた方のように体があります。でもあなた方のように密度が高くて、きめの粗い物理的な体ではなく、もっと細かい物質と振動でできている体です。ここには病気はなく、失われていた手足も再生します。地球で変形してしまった体もここでは完全な形に戻ります。私達は、家具の揃った快適な家に住んでいますし、田舎の風景はとても美しいものがあります。ここの人たちの平均年齢は25~30歳です。地球で老衰のために亡くなった人たちは、再生の眠りの後にここで目を覚まします。この眠りは、地球の時間で約6週間続きますが、それより短い場合もあります」

・「他界の通信者によれば、彼らの髪や歯、その他の体の部分は、本来持っていたものと変わらないそうです」
「そして、そうここにはセックスも存在します。もちろん、妊娠することはありませんが」「この世界では『類は友を呼ぶ』という古いことわざがそのまま生きています」

・「<第3界の環境>エターナティ川は全長約1億キロメートルで、その川沿いには、かって地球に住んでいた人々が暮らしています。(中略)藻から巨大な樹木まで様々な植物が繁茂しています。建物の多くは木製です」

・「人や動物はここで目覚めて新しく生まれ変ることもあれば、(中略)年老いた姿でここにやって来て、再生の眠りの後で、再び若い姿になる人もいます」

・「存在におけるこの別領域は、これを体験した人たちによって、天国や地獄、至福の国、千の荒ぶる神々の場所などとして、さまざまに説明されてきました」

・「私たちが誕生と呼ぶものは、単に死の裏側で、これは丁度コインの表と裏の関係、またはドアのことを部屋の外側からは入口と呼び、内側から出口と呼ぶようなものだ」

・「アストラル界の語は、一般的な意味として、死後の全体をさす場合もあるが、死後の世界を7つの階層に分け、そのなかの第2~4界をアストラル界と呼んでいる」

・「神智論者のアリス・ベイリーは、亡くなった人たちが私達の住む地球との通信を行い、この通信が真の科学となっていく。(中略)死はその威力を失い、このような恐怖には、終わりが来るだろうと予言しています」

・「奇妙なことに、聖書には『最後の敵として、死が滅ぼされます』(コリント信徒への手紙15・2・6)と記されています」

・「生命の死後存続を研究するルクセンブルクのトランスコミュニケーション研究所、タイムストリーム研究所」。

・「マルドゥクは別の銀河系であるNGC4866渦状星雲にあり、これは物理的な4次元の世界には存在しないと聞かされてきました」

・「ここでは全く異なる可能性が私たちの前に開けてきます。私達は、心で宇宙を旅することができ、他の次元や惑星に行ってそこを探索することもできます。一方では、大きな飛行機を操縦したり、熱気球に乗って旅をすることもできます。飛行機も熱狂的な飛行機好きの人たちが乗る二人の乗りのものがあります。ここでは多くの人たちに使われているのは、ザイオルコプターです。これは地球のヘリコプターに似ていますが、異なる物理法則に従って飛ぶので、ヘリコプターとは構造が違っています。また、主に電気自動車とソーラー・パワーの乗り物を用いて地上旅行もできます」

・「アストラル界ではほとんど瞬時に『本を考え出す』ことができるのに、地球では本を書くとなると丸々一年はかかるだろう」

・「私達の亡くなった親戚、友人、または違う時代や文化背景を持つ人々の多くがマルドゥクに暮らしています。地球にいる人々にはたいてい霊界に大きな霊的家族が居て、私たちがその存在に気がつかなくても彼らは他界から仲裁に入ったり、守ったりしています」

・「『思考には限界がない!』思考は全ての次元を超えて届くものです」

・「エーテルは宇宙空間を満たしている。光を伝える媒質として考案された仮想物質。宇宙空間を満たしているエネルギーの源としてエーテルという物質が考えられている。エーテル・エネルギーという表現は、『気』『宇宙エネルギー』『フリーエネルギー』などと同じと思っていいだろう」

・「地球は、1000億もの星を持つ銀河系のなかの平均的な惑星で、この銀河系はさらに1000億の他の銀河に囲まれているのです」


・「個人が生まれ変りを決心すると、その人は転生の過程のための『特別な建物』へと案内されます」

・「この手順は、人々がこちら側に到着するときのものと似ています。ただ順序が逆行するだけです。これから転生しようとしている人が浴槽のようなものの中に横たえられると、その体(この階層では通常20~30歳が平均)は、変化を見せ始め、だんだん若く小さくなっていきます。そして子供の状態に戻っていき、赤ん坊になり、ついには小さな細胞になります。その体が細胞になる頃は、もう私たちと同じ場所にはいません。この細胞はその間に人間の女性の体内に到着しているのです」

・「他界から通信してくるものたちは、多くのアイデアはまずアストラル界で生まれ、それが現世の発明家に与えられると告げています」

・「多くの発明家たちが、貴重な情報を夢の中で受け取ったという経験を語っています。他界の科学者たちにとって、人間が夢を見ている間というのは、通信にもってこいの時間なのです」

・「ほとんどの人によって天国だと考えられている世界は、アストラル界高層にあります。神秘家や霊能者はこの世界を『常夏の国』と呼んでいます」

・「第3界が地球に良く似ているのに対し、第4界には地球との類似点はそれほどありません。第4界とは、完成された色と形からなる世界であります。そこにはこのうえなく美しい光や色があるのです。魂の外見は『人間の体が持つものとはかけ離れた光と色である』と言うことです。この世界の振動数は、さらに高いので、ここでの体は、とても精妙な物質からできています。第4界には、またアカシック記録があります」

・「マイヤーズは、心因界である第5界を『火焔界』と呼んでいます。ここで魂は、炎のように見えます。ここには際限のない自由とともに確個たる規律があり、強い感情があります。この世界に住む魂の分担作業のひとつに霊界に新しくきた者たちの運命を導くと言うものがあります」

・「光明界と呼ばれる天界つまり第6界では、霊はすべての感情を超えたものになります。このレベルでは、魂には、形態がなく、光のように見えます。この領域を的確に表現する言葉は存在しないと述べています」

・「永劫への旅たちを迎えられるほどに強い魂たちは、全ての世界の最高層である第7界、十字架にかかり人類の原罪の償いをしたキリストの宇宙界へと渡っていくことができます。魂は、ここでついに霊の源との融合を果たすのです」

・「第6界と第7界は、神の天界として知られています。第6界で留まる魂たちは、物質の世界で作業をする。そして、純粋で建設的な動機を持って、より低次の世界に下降することができます」


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・人間の死後の世界、「幽界」や「霊界」は古今東西において多くの描写があります。人間の死後、天使的な異星人、シリウス星人に出会うともいわれております。誰でも死後には、「天使」と遭遇するという話です。死後の世界からの霊界通信を実証しようとする研究機関があるようです。死後の世界と高次元の宇宙人が存在する世界は似ています。神智学ではアストラル界とエーテル界という単語がでてきます。人間の死後の世界の幽界や霊界と相似する世界のようです。

・「アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成し、地球で亡くなった人々のほとんどはここで目を覚ます。アストラルの惑星であるマルドゥクに住んでいる」とのことだそうです。「『この新しい場所』とは、地球が所属する太陽系にはない、マルドゥクという星のことです」ということで、死後、異次元の別の惑星に移行するらしいのです。「アストラル界の地形を表す主要な特徴として、エターナティ川がある」ということで、大河があるというのです。

・「アストラル界の語は、一般的な意味として、死後の全体をさす場合もあるが、死後の世界を7つの階層に分け、そのなかの第2~4界をアストラル界と呼んでいる」とのことで、死後の世界も幽界や霊界といういくつもの段階に分かれているようです。天国と地獄といいますが、皆さんは地獄とは無縁でしょうから、当ブログには詳しい説明がありません。悪人は地獄で処刑されるのでしょうか。

・「マルドゥクは別の銀河系であるNGC4866渦状星雲にあり、これは物理的な4次元の世界には存在しない」ということで、異次元の世界ですから時空を超えた世界のようです。「霊界は地上の1メートル上にある」という説もあり、異次元ですから人間の感覚ではとらえられないようです。

・「個人が生まれ変りを決心すると、その人は転生の過程のための『特別な建物』へと案内される」ということですが、幽界で天使たちと相談をして再び「転生の道」を選ぶことができるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。また量子力学のような異次元の科学もまだ発達していないようです。結局、人類には未知の領域が膨大なようです。

・「第3界が地球に良く似ているのに対し、天国はアストラル界高層にあり、『常夏の国』と呼ばれる」とのことで、青い空の「サマーランド」というところにあるようです。サマーランドはまた、ブルーアイランドともいわれ、どちらかというと青味がかった世界のようです。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」という説もあるそうです。爬虫類的異星人(レプティリアン)を創造したシリウス星人についても詳しくは分かりません。

・昔は「金星蛇人と火星霊人との対立戦争」といわれましたが、「火星霊人」がシリウス星人に相当するのかもしれません。シリウス星人にもネガティブ・グループがいて、全宇宙をより複雑にしているようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」という説もあるそうです。シリウス星人もウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)や様々な形態をとり、普通の人間として地上に登場しているそうです。もちろん、誰も識別できないのでしょう。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-24 23:01 | UFO | Comments(0)

『タブーの正体!』   -マスコミが「あのこと」に触れない理由

川端幹人  筑摩書房 2012/1/5

<メディアにおけるタブーとは何か>

<今も続く電力会社への配慮と協力キャンペーン>

・原発報道をめぐるこの異様な状況の背景には、メディアと電力業界の長年にわたる関係がある。

・テレビ、新聞、週刊誌などの既存メディアは何十年にもわたって電力会社から莫大な金額の広告提供を受け、電力・原子力業界と一体といってもいい関係を築いてきた。その結果、東電をはじめとする電力会社はメディアにとって絶対に批判が許されない存在になってきた。

・原発事故直後に取材した民放の報道局幹部はこう語っている。「電力業界は広告量もすごいし、上層部同士の濃密な交流もある。それにどんな些細な報道にも圧力をかけてくる。だからメディアはすごく電力会社を恐れているし、テレビではかなり前から、電力会社や経済産業省が発表したとき以外は不祥事の報道はしない。原発で事故やトラブルが起きても批判は最小限に抑えるというのが、暗黙のルールになってきた。今回の事故ではさすがに東電からの直接的な圧力はなかったが、この長年のタブー意識が強く働いている」

<「噂の真相」によせられたタブーの告発>

・国民の生命や財産を危機にさらすこんな事態になってもなお、電力会社を守ろうとし続けるメディア。この国が抱える電力会社タブーの強固さには愕然とさせられるが、しかし、これはあくまで氷山の一角にすぎない。

・テレビや新聞、週刊誌などの既存メディアは他にも数多くのタブーを抱えている。皇室、同和団体、宗教、あるいは有力政治家や検察・警察といった権力機関、大手自動車会社、さらには大手広告代理店、大手芸能プロダクション所属のタレント・・・・。

・私はフリーのジャーナリストとしていくつかの商業雑誌で連載を持ち、さまざまなメディアの取材に協力するようになったのだが、そこに広がっていたのは、かつて想像していた以上に「書けないこと」だらけの世界だった。

「そのネタはウチじゃちょっと」「この問題はまずい」「あそこにさわるのは危ないから」テレビや新聞関係者、週刊誌、月刊誌の編集者からこんな台詞を何度、聞いただろうか。

 その典型的な例といえるのが、数年前、私自身がある有力ユダヤ人団体について言及しようとしたときの体験だ。

<触れることすら許されなかった、ユダヤというタブー>

・このユダヤ人団体は、SWC(サイモン・ヴィーゼンタール・センター)という、アメリカに本拠を置くユダヤ差別やナチ礼賛発言を監視している組織だ。日本でもホロコースト否定論を掲載した月刊誌『マルコポーロ』(文藝春秋)に激しい抗議行動を繰り広げ、同誌を休刊に追い込んだことがある。そのSWCが当時、反ユダヤ的な書籍を出版したとしで徳間書店に販売停止を要求していたのだ。

・だが、SWCが問題にしていた『ユダヤ・キリスト教「世界支配」のカラクリ』という書籍はタイトルや内容の一部にやや扇情的な表現があるものの、ユダヤ差別や陰謀論を主張しているわけではなく、販売停止要求を受けるようなものには見えなかった。そこで、私は連載中だった朝日新聞社発行の月刊誌で、「無根拠なユダヤ陰謀論が横行する現状は問題だが、この程度の評言まで封殺しようとするSWCもおかしい。ユダヤへの恐怖がルサンチマン(恨み)に転化し、逆に水面下でユダヤ差別や陰謀論を助長する結果を招きかねない」と指摘したのだ。

・だが、原稿を入稿してすぐ、想像もしなかった事態が起きる。私の携帯電話にその月刊誌の編集長から直々に連絡が入り、こんな通告を受けたのである。

「SWCに関する記述をすべて削除してほしい」

・しかも、これは朝日新聞社だけの話ではなかった。同時期、知人の評論家が別の全国紙や大手出版社発行の週刊誌でこの問題を取り上げようとしたのだが、両方のメディアからまったく同じように一切の掲載を拒否されている。

 なぜユダヤやSWCに触れることが許されないのか、その理由については後に詳述するが、こういった強固なタブーを無数に抱えているのが、今のメディアの現状なのである。

<ネットはタブーを解体するか>

・要するに、ネットがいくら正確な事実を暴き、重要な指摘をしても、現実社会で無視されると、その情報は存在しないことになってしまう。ネットの情報が影響力を持てるのは、当事者がその情報を事実だと認めた場合か、国会や政府当局、あるいは新聞やテレビなどのマスメディアがそれを大きく取り上げた場合にかぎられるのだ。

 しかも、ネットワーク情報には膨大なバズ情報が混在しており、これがさらに困難な状況を作りだしている。

<メディア・タブーはかつて「タブー」ではなかった>

・実際、ここ数年のマスメディアの動きを見ると、その危惧は現実のものとなりつつある。マスメディアにおけるタブーはなくなるどころか、増殖の一途をたどっているのだ。数年まで、どのメディアでも平気で報道されていたスキャンダルが、捜査当局が動かなければ報道できなくなり、スキャンダルどころかほんの些細な批判や揶揄までも自主規制するようになった。

 ネットの上では殆ど言論の治外法権が出来上がるのと同時進行で既存のメディアの中では小さな禁忌がそこかしこに出来上がっている。

<ユダヤ・タブーを作り出した広告引き上げの恐怖>

<ユダヤ・タブーを決定的にした二つの事件>

・近年、暴力や権力以上にタブーを生み出す大きな要因となっているのが、「経済」だ。メディアといってもこの国の場合はほとんどが営利企業であり、自社に経済的損失を与えるような報道、表現はできるだけ回避しようとする。そして、自主規制を繰り返しているうちに、特定の企業や団体、個人が批判の許されない存在になっていく。

 実際、「経済の恐怖」によってタブーとなっている領域は想像以上にたくさんある。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・「日本の場合はメディアがほとんど営利事業のため、自社に経済的損失を与えるような報道、表現はできるだけ避けようとする」そうですが、私たち一般人は、マスコミ人ではないために、マスコミのいわゆる「しきたり」「暗黙のルール」は当然知りません。メディアも「儲けにならないこと」を本能的に避けるようです。最近では暴露的な週刊誌もおとなしくなったそうですが、サラリーマンの本脳でしょうか。テレビ界でも「世界の残虐なシーン」を露骨に放映してはならないということは一般的な常識になっているそうです。

・しかし、できるだけ穏当な話に終始して、おぞましい刺激を与えたり暴露的な話は、しないように無意識的に行動している人々がほとんどのようです。意識的にも無意識的にもそのような「タブーに対する日本的な態度」は、マスコミ以上に一般化しているのかもしれません。やはりトラブルに巻き込まれたくないというのが一般的な本音なのかもしれません。

・宇宙人情報は、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いですので、アメリカのメディアも大手は、全体的にタブーとして報道しないようです。昔はキャトルミューテレーション(動物虐殺)やアブダクション(誘拐)事件ではマスコミ全体が大騒ぎをしたようです。やはりアメリカのメディアにもタブーが多くできつつあるのでしょうか。

・日本でもごく一部のマニアックな出版社が、宇宙人やUFOを取り上げていますが、大手はほとんどがタブーにしているようです。日本の場合は、「あなたは、UFOや宇宙人を信じますか」という段階で、いつのまにかタブーになってしまいました。昔は新聞社やテレビ局などの報道機関もUFOについては熱く報道して特別番組なども作っていたようです。UFOについては「荒唐無稽な話をことさらに強調する部分」もあり、理解不能な表現や話も少なくないので、読者が離れていくケースも多いのかもしれません。

・やはり「タブーに触れにないこと」が大部分の人々には心地よい状態なのでしょうか。一般的な知識人の穏当な見解を受け入れることで、タブーに触れないようにしているそうです。「横断歩道、皆で渡れば怖くない」といいますが、日本人はとにかく全体的な空気を読み、子どもたちへの悪影響を考慮したり、社会の協調性を重視するようです。つまるところ、「社会に不安を与えてはいけない」というマスコミを動かす力学については、私たち一般人は、疎いようです。

*********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-21 22:49 | UFO | Comments(0)

『同行二人 松下幸之助と歩む旅』

 北康利     PHP     2008/3/25

<同行二人>

・資源のない我が国がアメリカのサルまねをすれば、今の国力を維持することさえ危うくなるに違いない。アメリカの良いところに学びながら、国際的にも通用する「日本型経営」を目指すためにも、松下幸之助の「和魂和才」の中には深い叡知が隠されている。

・みなさんは「同行二人」という言葉をご存じだろうか。近年、四国八十八箇所札所巡り(いわゆる「お遍路さん」)がひそかなブームになっているようだが、巡礼者のかぶる菅笠や帷子には「同行二人」という文字が墨書されている。巡礼とは弘法大師(空海)とともに歩む行であり、「同行二人」とはそのことを示す言葉なのだそうだ。

 巡礼を体験した人は、行を終えた後も自分の身近に弘法大師の存在を感じ、魂の平安を得るという。

・松下幸之助の人生哲学の集大成とされる『人間を考える』という著書の冒頭は、(宇宙に存在するすべてのものは、つねに生成し、たえず発展する。万物は日に新たであり、生成発展は自然の理法である)という言葉ではじまる。

<わが国の歴史において「経営の神様」と呼ばれた人間は松下幸之助しかいない>

<国家に経営理念を求めて>

・大阪商人には「政経分離」の傾向があり、政商はほとんどいなかった。

・幸之助は時代劇を「まげもの」と呼んで愛したが、中でも松下がスポンサーをしていた「水戸黄門」は彼のお気に入りの番組だった。そしてやがて彼自身が、「昭和の黄門」となって立ち上がるのである。

・幸之助が選考にあたって最も重要視したのが「運」と「愛敬」であったが、受験生の提出した略歴を見ていると、その人物の「運」がそれとなくわかったという彼らしい話も残っている。

・この当時、「経済は一流でも政治は三流」という状態が続いていた。ロッキード事件に端を発した政治不信はその後も尾を引き、増税なき財政再建を掲げた鈴木善幸首相もまったく成果を出せずにいた。こうなるともう既存政党には期待できないと、幸之助は新党を立ち上げる必要性を考えはじめていた。

・立党宣言には「日本国民大衆党」という党名が掲げられ(もっとも、ほかの資料には別の党名も記されている)、所得税一律5割減税の実施、建設国債の発行、無税国家・収益分配国家の実現、新国土創成事業の展開、政治の生産性の向上、日本的民主主義の確立、多様な人間教育の実施と教員養成機関の設立、政治家及び官吏の優遇、生きがいを高める社会の実現、国際社会への真の寄与貢献、という「当面の実現10目標」が記されていた。まさに彼の目指していたのは「昭和維新」であった。

・ところが、この時期から急に健康が悪化し、政治活動に携われる状態ではなくなってしまった。神は無情にも、彼に「タイムアップ」を告げたのである。松下幸之助が最晩年の情熱を燃やした新党運動はここに終止符を打つこととなった。

<経営の神様>

・企業人として成功を収めることは難しいが、尊敬を受け続けることはさらに難しい。

一世を風靡した財界人がその晩節を汚し、親族がその死さえも隠そうとした例を我々は、数多く知っている。

 ところが、生前「経営の神様」と言われた松下幸之助は「神様」のまま死に、そして今なお「神様」として慕われ続けている。彼の著書が今もベストセラー・ランキングに名を連ねているのは驚異の一語に尽きる。その読者には中小企業の経営者が多いという。誰よりも経営というものの奥深さを知り、松下幸之助の偉大さを理解している人たちだ。

・生前、幸之助は社員に対し、「『松下電器ってどんな会社ですか?』と尋ねられたら、『松下は人をつくっています。あわせて電気製品もつくっています』と答えなさい」と教えていた。

・まさに企業は社会を支える「公器」なのだと彼は語ったが、それこそ日本の「経営の神様」が「和魂和才」でたどり着いた「企業のあるべき姿」なのである。「米魂米才」の好きな企業人がよく口にする資本効率や配当性向も重要かもしれないが、それは決して「主」ではなく、「従」の話だと彼は言っているのだ。私は日本に松下幸之助という企業人がいたことを、こころから誇りに思う。

 

<「道」>

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない。二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する道もある。

 この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

 あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

 他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

 それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・松下幸之助は、松下政経塾の開塾に当たって「運」の良い人と「愛敬」を重視して塾生を選んだといわれています。運の悪い人や愛敬のない暗い人は、選挙に向かないと考えたようです。運が良い人とか運の悪い人とか言うのは、本人の努力や責任ではないのですが、悪霊が憑いている人が運の悪い人だともいわれます。悪霊が憑いている暗い人は、選挙や政治家には向いていないと松下幸之助は長い人生経験から考えたのかもしれません。運の良い人と悪い人は不条理なことですが、ますます人生の差がついていくようです。また悪霊憑きを浄化することは容易なことではなさそうです。「狐憑き」だということで暴力事件が新興宗教の世界ではよく起こったりしています。不思議な現象は現代でも多いようです。

・「新国土創成事業の展開」についても現代的な意味があるようです。東日本大震災において、被災地では高台移転を行おうとしても用地取得が容易でないそうです。復興住宅の建設も計画通りにいかず大幅に遅れているようです。山を削り崩して新規に大規模な土地を造成すればいいと思いますが、莫大な資金と時間がかかるようです。建設省でも新国土創成事業の展開」のような超長期の国土計画を練れないものでしょうか。

・バブルの時代には「日本的経営」がアメリカで評価されたりしましたが、バブル崩壊で「日本的経営」は地に堕ちたようです。MBAに代表される米国の経営マネジメントがグローバル・チャンピオンとして世界中で模倣されているようです。しかしながら、あくまでも「日本戦法」や「日本的経営」を理論武装して、教育重視のマネジメントを開拓する必要があるようです。日本では松下幸之助だけが「経営の神様」という称号を受けているそうで、天才の片鱗が窺われます。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-18 18:14 | UFO | Comments(0)

『戦前のラジオ放送と松下幸之助』  

宗教系ラジオ知識人と日本の実業思想を繋ぐ

坂本慎一    PHP    2011/4/26

<本書の到達点>

・まず、日本思想史の基本的な研究方法に則って、本書は、松下がどんな思想から影響を受けたのかという問いを立てた。筆者は松下の思想が仏教型の思想ではないかと目星を付け、比較的内容が似ていると思われた新仏教運動から調査を開始した。さらに高嶋米峰に焦点を絞り、松下がラジオ放送から影響を受けた可能性を調査した。これらの作業を通じて、思想的類似性を指摘するには、それぞれ使用しているフレーズの類似性を指摘することが最も有効であると判断し、ラジオの思想に大きな可能性を見出した。

・戦前において、ラジオを通じた最も力強い仏教運動であった真理運動を調査すると、これまでも両者をよく知る人や友松本人が、友松と松下の思想の類似性を指摘していたことが分かった。

さらに、本書でも両者の思想を分析し、その類似性を確認することができた。真理運動の副代表格であった高神覚昇についても調査し、松下が高神のラジオ放送を激賞していた事実を確認した。

・戦前には様々なラジオ知識人がおり、電波によって社会に強い影響力を持っていた。ラジオ受信機を日本でもっとも多く販売した松下は、ラジオに対する並々ならぬ関心を持つ実業家であった。日常的に本を読む習慣がなく、学校教育をわずかしか受けず、長年にわたって師事した人物もほとんどいない松下は、そのたぐいまれなる人生経験から奥深い哲学を語ったとされている。

・この解釈は、もうひとつの事実をつけ加えることで、アカデミックな思想史研究者を納得させる内容になりそうである。そのたぐいまれな人生経験を解釈したり、その内容を人々に伝達するのに、松下は言葉による表現を行っていた。その言葉は、ラジオ聴取によって獲得した言葉を多く活用したものと考えることができる。昭和初期の日本において、ラジオで放送された思想こそ、松下の思想の先駆的存在ではないのか。これが本書の結論である。

<松下幸之助の思想研究における今後の課題>

・以上の考察を経て、本書は次のような松下幸之助像を想起できると考える。松下は実業家としての天性の才能と、本人もしばしば強調するように強運の持ち主であっただけではなく、もうひとつ、相当な努力家としての顔も持っていたはずである。松下は尋常小学校中退であり、組織だった勉学をほとんど行うことができなかったが、それを補うかのようにラジオの教養番組を積極的に聴取していたのではないだろうか。一代で巨大企業をつくりあげた実業家は、公平に考えて、やはり常人より学習意欲の高い人であったと想像しても決して松下を過分に持ち上げていることにはならないはずである。

・松下幸之助研究とは、つまるところ、「第二の松下幸之助をどのように生み出すか」という研究でなければならないという指摘があるとおり、本書が導き出した結果は、これに一部寄与できるかもしれない。経営者としての松下から何を学ぶべきかと考えるならば、少なくともそのひとつとして、松下が「声の文化」の人々であり、聞くことにおいて優れた能力を発揮した事実は重要であろう。ビジネスとラジオの修養講話の関係は、今後新たな観点から見直されるべきかもしれない。

・一方、ラジオの側から松下を考えると、既に述べたように「ラジオの使命」に則って国の文化水準をあげることが、日本放送協会の目的であった。日本放送協会はどのような人物を啓蒙・教育したかったのかといえば、正規の学校教育をほとんど受けずに働き続け、聡明で向学心が強く、ラジオを熱心に聴取する人物こそ、彼等のターゲットだったといってよい。松下のような人物は、日本放送協会が啓蒙しようとした典型的な聴取者だったはずである。言い換えれば、戦前の日本放送協会が多くの資金と人員を割いて、長年にわたって行ってきた教養放送は、社会にそれなりの成果をもたらしたはずである。この長年の放送から、最もよく学んだ聴取者を日本のなかから選ぶこともできるであろう。松下は、この“NHK学校”から最もよく学んだ一人と考えられるのではないか。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・学歴のない松下幸之助が「経営神様」になったのは、読書による勉強からではなく、実業家としての経験知識とラジオからの耳学問だったという説は驚きです。松下幸之助の初期の時代はラジオが有力なメディアであったようです。ラジオ、新聞からテレビ、インターネットと世の中の主流のメディアは変化してきました。そしてインターネット革命と言われるようにパソコンからケータイ、スマホへと急激に社会の知識伝達手法が、変化してきております。多くのことがパソコンで可能な社会に変化しており、昔の「電話革命」を遥かに凌ぐ衝撃で社会を変えてきているようです。特にインターネットによる勉強は、国境を越えてきているようです。

・松下幸之助の勉強法は詳しくは知りませんが、膨大な読書からではないようです。ラジオからの啓発や学びは、新聞や本のような目からの学習よりも効果的な時代であったのかもしれません。現代ではアメリカのビジネスマンは、自動車を運転しつつカセットテープやCDなどのオーディオ機器で「自己啓発のセミナー」を耳で聞いている人々が多いそうです。耳で聞く「自己啓発」や「ビジネス学習」が盛んであり、もちろんビデオカセットやCDによるテレビ学習の教材も豊富のようです。松下幸之助は思想家としても知られており、天才の容量は誰にもわからないそうです。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-18 18:13 | UFO | Comments(0)

『松下幸之助の昭和史』

松下幸之助はいかにして経営の神様と呼ばれるようになったのか。その神話と呪縛をひもとく。

立石泰則   文藝春秋  1992/3

<水道哲学>

・松下幸之助の経営理念の根幹は、『水道哲学』と呼ばれるものであるが、この哲学が生まれる切っ掛けは、昭和71932)年3月上旬、取引先の主人から入信を勧められていた彼が天理教の本部を初めて訪れ、そこで一心不乱に働く信者たちの姿に感銘したことである。

 とりわけ、経営者として幸之助は、天理教が製材所を直営して教祖殿をはじめ本部所属の建物などの製材を生産している事実に驚きの声を上げた。規模からして大きな製材会社にも劣らない設備と陣容だったからだ。さすがに、宗教の力は偉大だと彼を感無量にさせた。

・そして、松下幸之助は聖なる経営は『水道の水』であるという結論に辿り着く。

つまり、加工された水は価値がある。価値あるものを盗めば泥棒であるが、道にある水道の水を黙って飲んでも誰も咎めない。それは量が非常に豊富であるために、許される行為なのだと幸之助は考える。

そこで「生産者の使命は貴重なる生活物資を、水道の水のごとく無尽蔵たらしめることである。いかに貴重なるものでも量を多くして、無代に等しい価格を持って提供することにある」という水道哲学に至るのである。

・さらに、松下幸之助は松下の会社員がその達成の責任を負っていると考えた。昭和755日、彼は大阪中央電気倶楽部の講堂に全社員を集めて、松下電器の究極の使命と目的を発表すると同時に、その達成のため以降250年間にわたる指導具体案を提示する。すべての物資を生産につぐ生産によって水道の水のように廉価で無尽蔵なものにして、250年後には楽土の建設を達成しようというものだ。

<宇宙根源の力の働き>

・「まだ30数年前、PHP研究所を始めました時に、PHPの骨子はどこにあるのかということを考えてまいりました。その結果、この宇宙、万物はまことに整然と寸分の間違いもなく、無限の過去から未来への将来にわたって宇宙の存在が続いていくわけです。

そういうようなことを考えてまいりました結果、宇宙の尊厳と大昔からの諸現象はどこにあるのかということを考えまして、これは宇宙根源の力の働きだと。宇宙の根源の力というものが存在しておって、その根源の力によっていっさいが動いておるのだろうと。

・その動きはいわゆる生成発展の姿をとって、一分の狂いもなく動いていると。これが今までは、神の力であると申し伝わって、それなりに大きな習性となって今日まで我々人間は働いてまいりました。

・そのことに従いまして、これは人間の知恵、力によって判断をつけた。しかし、それよりも、人間がたたえる神の観念のこのいっさいがすべて存在して活動しているということは、そこには宇宙の根源的な力が存在していると思われる。その力によって、いっさいが人間となって働き、あるいは存在となって存在し、いっさいの運航は根源の力によって、天地千別となって運行しているのである。

 それで、いっさいすべてを、宇宙根源の力ということで解釈していくことが正しくないかということで、爾来、PHP研究の根底は宇宙根源の力にあるんだと考えてまいりました。

<松下電器全従業員先祖代々の霊>

・『大観堂』と呼ばれる社で、中に入ると黒光りした巨大な祭壇が飾られている。その中央には「修善奉行 諸悪莫作 奉菩提心、集和合祈 松下幸之助」と書かれた札が掲げられ、左隅に「松下電器全従業員先祖代々の霊」と書かれた位牌が安置されている。その位牌の隣には、物故社員の過去帳がうずたかく積まれ、赤地に金糸、銀糸を織り込んだ緞子のものもあれば、真新しいものもある。もちろん、ここには松下家先祖代々の霊、幸之助の両親の霊と書かれた位牌も同じように安置されている。

・そして、本尊の延命地蔵大菩薩、胎蔵界大日如来、弁財天女、観世音菩薩、稲荷大明神、不動明王、白龍大明神などなど様々な神仏が所狭しと並べられている。神様はこれだけではない。大観堂を松下の守護神の本山とするなら、関連会社を含む全国百以上の事業場には、白龍大明神をはじめ青龍、黄龍、赤龍、黒龍の五つの大明神と善女龍王、下天龍王を合わせた七つの守護神のうちいずれかが祭られている。そして、事業場と呼ばれるどの現場でも毎月一度、幹部出席のもと守護神を拝む月例祭が行われているのだ。

・さらに、毎年秋に行われる全国各地から選抜されたオール松下の大運動会では、オリンピックの聖火リレーよろしく、社員の手で会場までこの大観堂で点火された火を運ぶというセレモニーが催される。

 この神々のデパート、『大観堂』の名の由来は、戦前から松下幸之助に仕えた加藤大観という真言宗・醍醐寺で修行した僧侶の恩に報いるために社を建立した際、名前の大観をとって付けられたものである。

<天地自然の理>

・その大観堂と根源社の祭り方を比べると、幸之助の宗教に対する考えが、今なお変わらずに続いていることがよく分かる。つまりPHP研究を再開した当初、『提言組織図』として示した「天地自然の理」と、「釈迦、キリスト、孔子、ソクラテス、聖徳太子、其の他の先哲諸聖」との関係と全く同じなのである。神々に君臨する宇宙根源の力、そして用途に応じて存在するそれぞれの神々。根源社と大観堂の序列関係こそが、経営者・松下幸之助にとってのあるべき宗教観なのだ。

PHP研究であれ、水道哲学であれ、そこには経営というフィルターを通して全てを見つめようとする松下幸之助の姿があった。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・「天地自然の理」を頂点とする松下幸之助の宗教観は私たち一般人には容易に分かりませんが、ある意味では宗教的でもあったといえるのでしょうか。日本の社会には多くの宗教団体や宗教法人がありますが、精神的なものを求めるのは現代人でも当然のことでしょうか。物質文明の発達したアメリカでもキリスト教会や宗教の活動が盛んで、アメリカ人は、信仰心が非常に強いという指摘もあるようです。松下幸之助は神からインスピレーションでも得ていたのでしょうか。3度の経営危機を乗り越えて、町工場から大企業になった松下電器の創業者としての道は平坦ではなかったようです。

・実業家として大成した松下幸之助も精神的なもの宗教的なものに関心が移っていったようです。また松下政経塾を作り「新党」の設立にも動いていたのも良く知られていたことです。松下幸之助も政治が最も重要であるという考えに変わっていったのでしょう。「日本の政治の現状を見て、何とか政治を変えたい」「日本を変えるためには政治を変えなければならない」という願望が松下幸之助にはあったようです。松下幸之助は政治の面での後継者作りに成功したともいえるでしょう。松下政経塾の卒塾者は連綿と続き、松下幸之助の意志を受け継ぐことでしょう。松下幸之助に関する本も多く、全貌を理解するのは私たち一般人には無理のようです。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-18 18:11 | UFO | Comments(0)

『日本霊異記の仏教思想』

小林真由美  青簡舎   2014/5

<『日本霊異記の異類婚姻譚―神話から仏教説話へー』>

・『日本霊異記』中巻第三十三縁は、美しい富豪の娘の身に起きた猟奇的事件の説話である。

 鏡作造(かがみのつくりみやっこ)の娘万(よろづ)の子は、高い身分の男たちの求婚にも応じずに年を経ていたが、ある求婚者の「彩帛(しみのきぬ)(染色された絹布)三車」の贈り物を見て「おもねりの心をもち」、求婚を受け入れた。しかし、娘は、結婚初夜に頭と指一本を残して食われてしまった。男は恐ろしい食人鬼だったのである。

・この説話は、正体不明の男との結婚という点で、『古事記』三輪山伝説を想起させる。崇神天皇記によると、活玉依毘売(いくたまよりびめ)という美しい娘のもとに、見知らぬ立派な男が通ってくるようになり、程なく身ごもった。

 母は、娘の夫の身元を知りたいと思い、娘に、床の前に赤い土を散らし、「へその紡麻」を針に通して男の衣の裾に縫い付けさせた。明くる日、その糸をたどっていくと、三輪山の神の社に着いた。男の正体は三輪山の神で、活玉依毘売は神の子を宿したのだと知った。三輪の神官の始祖伝説であり、三輪(三勾)という地名の起源譚である。

・この型の伝説は、異類婚姻譚に属し、三輪山聖伝説といわれるが、それに類する伝説が、城里晡時伏山の条にある。怒賀毘古(ぬかびこ)・怒賀毘咩(ぬかびめ)の兄妹がいたが、妹のところに姓名も知らない男が通ってくるようになり、やがて小さな蛇を生んだ。神の子と思い育てたが、大きくなりすぎたので、蛇の子に父のもとに行けと告げた。子は泣きながら従者の童を所望したが、母に断られると、子は怒り伯父を殺して天に昇ろうとした。母が子に甍を投げ当てると、子は天に昇れなくなり、その峰に留まった。その子孫はそこに社を建てて、祭ることが絶えないという。

・また、『肥前国風土記』松浦郡褶振(ひれふり)峯の伝説は、途中までは三輪山型の展開を見せながら、凄惨な結末を迎えるところが、『日本霊異記』中巻第三十三縁に通じている。弟日姫子(をとひひめこ)は、任那へ旅立つ大伴狭手彦を、褶振峯から見送った。その五日後から、弟日姫子のもとに狭手彦によく似た男が通ってくるようになった。弟日姫子は男の上衣の裾に麻糸を縫い付け、たどっていってみると、蛇が頭を沼の岸に伏せており、下半身は人に化して沼の底に沈んでいた。それを聞いた親族たちが見に来ると、蛇の姿はなく、沼の底に娘の遺体が沈んでいた。

・上代には、日本各地にこれらのような蛇婿伝説が伝えられていたのであろう。蛇は、水神であるのと同時に、恐るべき怪物の属性も有していたので、神婚伝説としてしてだけでなく、『肥前国風土記』のような怪奇伝説が語られることもあったのだと思われる。

・三輪山型伝説は、昔話としても全国各地に広く語られてきた。昔話の分類としては、『日本昔話大成』によると本格昔話―婚姻―異類聟―蛇婿入りー苧環型(101A)になる。昔話の異類聟はさまざまな話型が全国に分布しているが、「異類」のほとんどが人間を欺こうとする動物や人間が、知恵で異類を欺き返し、人間側が勝利する結末が多い。

・異類婚姻譚は、異類である神と人間との結婚により、神の子が人間界にもたらされ、一族の祖となるという始祖伝説が原型であると考えられている。日本神話では前掲の三輪山伝説や、海幸彦山幸彦神話などが有名である。『古事記』によると、海神の娘・豊玉毘売命は、山幸彦と結婚し、海辺に建てた産屋の中で「八尋鰐」の姿に戻って鵜萱草萱不合命(うかやふきあへずのみこと)を産み、海の世界へと帰っていった。海の神女の本来の姿が大鰐だったのである。

 三輪山の神である蛇も豊玉姫の正体である鰐も、仏教的な立場から見れば、神ではなく、「畜生」である。畜生との結婚は、「邪婬」である。仏教説話における異類婚は、神話伝説や昔話における異類婚とは異なり、邪婬として「悪」の価値観を負う。

・異類婚姻譚はさまざまな型が伝えられているが、古くは神と人との結婚神話であり、一族の始祖を異類の神にたどる伝説であったという。しかし、『日本霊異記』に収められている異類婚姻譚は、「鬼」や「畜生」との結婚は、邪婬であるという仏教的解釈をほどこして、仏教説話として再構成された説話群である。

『いま人に聞かせたい神さまの言葉』
(船井幸雄+中矢伸一)(徳間書店)  2008/3



<先代旧事本紀大成経に印された天孫族の姿は、やはり竜だった!>
<先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんぎたいせいきょう)>
・神武天皇以来数代にわたる天皇の容貌に関する描写に私は、デーヴィッド・アイクがこれまでの著書で指摘してきたレプティリアンの容貌の記述そのままを見るのです。

・ただし、誤解のないように言っておきますが、アイクは全てのレプティリアンが悪いと言っていない。彼はごく一部の特徴のあるレプティリアンの血統が人類のすべてを一人残らず奴隷として支配しようという悪意をもって延々と活動を続けてきたと言っているのです。日本では古来より竜は神々とイコールです。私が優れた霊的書物として評価する『日月神示』にも「神が人間の前に姿を現すときの形は竜である」とはっきり書かれています。

・では説明に入ります。先代旧事本紀大成経には神武に先立って「天日子光殊星亜肖気尊」の記述があります。天上界から光輝く超生命体が降臨してきたようなイメージの名前です。その方のことは以下のように記述されています。

{天日子光殊星亜肖気尊}
・その鼻の長さは約2メートル、背の高さは約10メートル、口はつぼまっていて、目はきらきらと輝いて三種の神器のひとつである「八咫鏡(やたのかがみ)」のように輝き、赤くなったホオズキに似ていらっしゃいます。

{神武天皇}
・背の高さは約3メートル15センチ、胴回りは両手を伸ばして一抱えした長さに約15センチほど足した長さ。頭には9センチほどの角が二本あり、それはまるで雪のような色をしています。背中には龍のような背びれがあり、その長さは約1メートル20センチ。尾の裏側には大きな鱗が72枚あります。105歳のときに皇太子の位に就かれました。

{綏靖(すいぜい)天皇}
・身長は約3メートル、目は黄色に光り、まるで水星のような輝きを放っています。背中に鱗があり、怒られたときにはそれが逆立ちました。

{考霊(こうれい)天皇}
・天皇の生まれながらのご容姿は、他の方とは大きく異なり、お顔が長く龍のようですが、決して醜くはありません。耳は逆立ち、その耳の後ろには白い鱗があります。胸にも9枚の鱗があり、その9つの隙間から気を放っておられます。

{崇神(すじん)天皇}
・背の高さは、1メートル90センチほど、額に10センチほどの青い角が一本あります。下あごの歯は長く鋭く、上あごの歯は短く丸く、舌は長く鼻にまで届きました。

{垂仁(すいにん)天皇}
・背の高さは約1メートル80センチ、髪は右回りに顔を九周するように生え、頭頂部で輪のように巻いて留まっていました。両脇の下には金と緑の羽根を持ち、肘にも同じような羽が根ざしておられました。

{神功(じんぐう)天皇}
・ご容姿は非常におだやかで美しき、その眼にはふたつの瞳をお持ちでした。乳には九つの穴があり、力は強く建物の柱を揺るがすほどでした。

{応神(おうじん)天皇}
・背の高さは、約2メートル、肘には弓を射る時の「鞆(とも)」という丸いあて皮のような形がありました。目の形は引き絞ったときの弓のような三角形をしていました。中の角は天に向かってまるで弓に鏃(やじり)をつがえたかのようでした。胸には72本の青い毛が牛の尾のように生えていました。その長さは馬のしっぽほどで、とても強く根ざしていたので、最後まで抜け落ちることはありませんでした。

・いかがでしょう。以上が先代旧事本紀大成経からの抜粋です。わずらわしいので、現代語訳のみを載せました。これらの記述は正しいのか否かは別にして我々日本人の出身の常識を根底から揺るがすもののように思います。


<世界の構造の裏の裏を知る知識>
・紀元前35百年ごろ書かれたシュメール文書の「爬虫類族が本当に降りてきた」という記述は、間違いなくアヌンナキの到来を表している。シュメール文書によれば、エンリルは地球でのアヌンナキのリーダーだった。そこには、彼のことは「光る目を持つ輝かしき蛇」と描写されている。

・ヘブライの神話では、聖書の「ネフィリム」つまり「神々(gods)の息子たち」はアウィームと呼ばれるが、その意味は、「破壊者」または・・・・「蛇」である。ネフィリムは地球の内部に住んでいたと言われている。


・人類型異星人の起源は、琴座周辺からやって来た異星人だが、ほかにプレアデス星団やアルデバランの生物も混ざっている。彼らは、もともと別の次元に人間と同じ姿で存在していた。平和に暮らす人々で、青い目に白またはブランドの髪をしていた。しかし、爬虫類人とDNAを交わらせた結果、もともと素朴だった性格が変化し、爬虫類気質が入った。これが人間の堕落である。

・ノルディックはレムリアとアトランティスに関係した重要な地球外種属の一つである。その昔、彼らは、レプティリアンと戦争になり、レプティリアンたちを地下や宇宙の他の場所、あるいは異次元に追いやったという話がたくさんある。以来、レプティリアンは、自分たちのものになるべき惑星を再び支配しようと取り組んできた。そして「王族」の血統であるノルディックと交配することが、そのためにも最も効果的な方法だったのだ。


・最古のサンスクリット文書の一つである『ドジアンの書』。そこでは「サルパ」または「偉大なる竜」と呼ばれるレプティリアンの種族が空からやってきて世界に運命を授けたと書かれている。また、「黄金時代」を終わらせた大洪水は「巨人族」(ノルディックのことか?)を絶滅させたが、蛇神たちは戻って来て支配したとある。彼らは、人間の顔をしているが竜のしっぽがついている。そのリーダーは、「偉大なる竜」と呼ばれ、これがペンドラゴン(「偉大なる竜」)という古代イギリスの王の中の王を表す起源である。


『クリスタル・スカルの2012;超予言』
プレアデス、オリオン、シリウスからもたらされた人類の次元上昇装置
(クリス・モートン / セリ・ルイーズ・トマス)(徳間書店)2008/5/23



<宇宙人来訪説>
<マヤのパカル王の墓の石棺の蓋の精巧な掘りもの>
1960年代、スイスのエーリッヒ・フォン・デーニケンの著書の『神々のチャリオット』は、世界各地の例を集め、古代・地球には異星から知的生物が来て、それが地球文明発達の引き金となった、という彼の仮説を説明しようとしたのである。
 宇宙には文字どおり、何億という星があり、そのどこかに人間以上の進化段階に達している生物がいる。可能性は十分にある。その生物が古代の地球人に「神」だと見えたのは当然だ、と彼は言う。

・フォン・デーニケンによれば、パカルの棺の蓋に描かれた人物は、離陸する宇宙機の操縦席で座る宇宙飛行士だという。
 「最近の子供ならば、誰でもこれが宇宙ロケットだと分かるだろう。先端が尖り中央部が膨れて後方からは火を吐いている。しゃがみ込んだ姿勢の宇宙飛行士は、操縦席で機器の操作をしながら、左足の踵でペダルを踏んでいる。・・・原始的な人々が、ただ想像だけで、これほど精密にロケットを操縦する宇宙飛行士を描けるだろうか?最下部の奇妙なマークは噴出される炎とガスだ」

・マヤが突然消滅したのは、彼らが宇宙人と共に宇宙船で去ったのだという説を唱える人々さえいる。

・パカル王の棺の中の人物は、実は宇宙人だともいう。荒唐無稽と言えばそれまでだが、フォン・デーニケンの著書は人々の想像力をかきたて、世界的なベストセラーとなった。

・パカル王の棺の残された人骨は、確かに他のマヤ人の骨に比べ遥かに背の高い人のものだ。そしてマヤは、何故か「空の神々」に強いこだわりを持った。棺の蓋の周りの図柄は、太陽、月、惑星、星座などを表すということ、さらには、マヤの建造物が天体の配置に沿って建てられているということが、今日では解明されている。


・考古学は、宇宙人来訪説は言わずもがなマヤが地球とのどこかの文明の影響を受けたという説さえ認めたがらない。



『竹内文書 世界を一つにする地球最古の聖典』
(高坂和導)(徳間書店)   2008/4/8




<アメリカ・インディアンのルーツは超古代の天皇>
・日本には、世界中の謎を解き明かす人類最古の文献資料が存在している。それが『竹内文書』である。


・『竹内文書』もまた明治43年(1910年)の一般公開以来、そのスケールの大きさと現代史学とのギャップゆえ、「異端」の道を歩かされてきた。

・そして、日中戦争が勃発した昭和12年(1937年)、皇室のルーツに触れる内容が不敬罪に当たるとして世の批判を浴びてしまったのだ。そのとき当代の碩学と謳われた狩野亨吉氏が『竹内文書』を批判したことが注目を集め、裁判で無実が確定したにもかかわらず偽書のイメージが定着してしまった。

・今この研究成果を公表するに当たり、私は、一つの感慨に浸っている。なぜならば、アメリカ・インディアンと日本のつながりを立証することは、ライフワークである『竹内文書』の研究の一部であるとともに、実は私が出会ったインディアンの祖先霊の約束でもあったからだ。


『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』
スチュアート・A・スワードロー   徳間書店   2010/6/18



<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ>
・地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり、大地を焼き焦がしたりしたように、暴虐さで有名である。
 りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

・異類婚姻譚にでてくる蛇や鰐は、爬虫類的異星人(レプティリアン)だったのでしょうか。爬虫類的異星人(レプティリアン)は変身能力があり、異類混血などで人間化してきているともいわれています。そして低層4次元に存在しているともいわれています。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)は人間化しており、知性的な顔をしている」そうです。古代においては、爬虫類的異星人(レプティリアン)は「神」「龍神」として、人類に文明をもたらしたともいわれているようです。

・昔は「金星蛇人と火星霊人との対立・戦争」ともいわれましたが、現代では裏金星から葉巻型宇宙母船が飛来しており、裏金星の異次元に都市があるともいわれています。また金星のマスター(長老)、キリストの転生したサナンダと日本人のコンタクティ・グループがあったともいわれています。昔の多くの異類婚姻譚は爬虫類的異星人(レプティリアン)が関与していたようで、古代の天皇も爬虫類的異星人(レプティリアン)の系列であったという記録もあるようです。神人や異人の末裔が信じられない程度に昔から社会に浸透しているのかもしれません。キリストもアプ星人だったようです。

・「美人美男の金星人」の起源に爬虫類的異星人(レプティリアン)がいたのかもしれません。昔の「鬼」も異星人だったともいわれ、昔話には「鬼の仲間に美女がいた」という伝説があるようです。「鬼が人間を食う」と言う伝説もありますが、「食人の宇宙人」でもいたのでしょうか。モンスター・タイプは異類混血で人間化したり、宇宙の彼方に去ったそうです。異人の子を預かったり、「取換え子」とか、さまざまな方法で人間と異星人の交わりがあったそうです。神が人間の精神体に憑依したりして、人間と宇宙人の区別が誰もできない時代になったのかもしれません。

・「超太古、日本は世界の中心で、天皇が“天の浮船”で世界中を巡行していた」という『竹内文書』は、その内容が多くの人々から注目されたようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)はイルミナティの源流ともいわれ、進化の程度が高度だそうです。人類の歴史において「龍神」が大きなウエイトを占めていたようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)もシリウス星人が創造したそうです。現代では人間化しており、アヌンナキとも呼ばれていました。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」という説がありますが、誰も宇宙人(神々)が地球を支配しているという認識がないそうです。中国三合会の「柳の都市」というのは、シリウス星人の異次元の都市なのかもしれません。またそこが策源地なのかもしれません。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-17 10:14 | UFO | Comments(0)

『異形再生』  付『絶滅動物図録』

エリック・ハズペス    原書房   2014/5/25

<山羊少年  1878年>

・ブラック博士は、ある見世物小屋を訪れていたことがきっかけで、仕事を変え、大きな目標に向かって進むことになった。見世物小屋の名称は分かっていないが、見世物小屋の呼び物は、大男や曲芸、その他の「驚異的なもの」、解剖博物館などだった。解剖博物館には、珍しい医療器具や生物標本が展示されていた。

・「珍品陳列室」と同じく、珍しい物を集めた解剖博物館は数百年前から人気があった。昔の解剖博物館のコレクションの中には、現在も公開されているものもある。ブラック博士が訪れた見世物小屋の解剖博物館は、ショーを行っていた。そのショーを観た後、天才と謳われていたブラック博士が、どんな科学者も行ったことがないような、世にも奇怪な研究に邁進することになった。

・奇形を持つ人が出演するショーは何度も観ているが、そういうショーは非文明的で、非人間的で、倫理観が欠如している。出演者はしばしば笑い者になり、屈辱を受ける。彼らは僕の患者になることもある。よい生活をしたい、それが無理でもせめて人間らしい生活を送りたい、と願って僕たちの研究室へやって来るのだ。

・ショーには奇形を持つ人びとが出演していた。その中には珍しい奇形を持つ人も何人かいた。頭蓋骨が結合した結合双生児の骨格標本、瓶に入った奇形の豚の胎児の標本、南太平洋の人魚(猿と鱒を縫い合わせたもの)なども登場した。これらの標本の奇形は、科学者や医者には見慣れたものだった。しかし、「山羊少年」の奇形は極めて珍しかった。山羊少年の膝の部分は、通常とは違う方向に曲がっており、脚全体が毛で覆われていた。頭蓋骨のてっぺんには、骨かカルシウムの塊と思われる突起があった。それは小さな角のように見えた。山羊少年は、アルコールを満たした大きなガラス瓶に入っていた。

・ブラック博士は、伝説の動物の遺伝子を持つ人びとが存在すると考えていたが、山羊少年を調べれば、その説を立証できると思った。ブラック博士は見つける必要のない答えを見つけようとしている、と言う者もいたが、博士は気にしていなかった。博士は、山羊少年を研究すれば、奇形を持つ人を救う方法も見つかるのではないかと思った。その方法を見つけることが博士の究極の目的だった。ショーを観た後、博士は一般的な手術は行わなくなった。

『宇宙連合の飛来』

 喜多要光  大陸書房  昭和50年


<地球文明と宇宙人>
<シリウス星人の地球入学>
・地球独特の生物の進化がすすんでいる頃、神の子と呼ばれる霊魂の大群が地球に移住して来て、ある形の肉体に宿った物が人類である。人間が他の哺乳動物と根本的に違うのは、そのためである。類人達の一種が大気圏外からやって来た霊に利用されて、人間の原形となったことは、間違いない。

・人間はシリウス太陽系から集中された念波により、修養のため、苦しむ囚人として地球に送られて来た。人間の精神は神によって創られた聖なるものであるけれども、その肉体の重さという物理的な制約をうける。

・神の子達は、類人猿を妻としたのだ。そして、その子孫が洪水前の人類、すなわち先史原始人である。だからこそ、その肉体的な特徴は類人猿的、精神的な特徴はシリウス太陽系内の遊星から来た移住人達と同様なものとなったのだ。

・そして、シリウス星人は、思念を通じて物を創造する力を持っていたので、肉体を自分たちの思う通りに少しずつ変化させていき、長い年月の間に獣的な面が多くなって数々の怪物を作りだした。

・ギリシア神話に出てくる蛇の髪を持つゴルゴン、半獣(ライオン)半鳥(ワシ)のグリフィン、半人半鳥のケンタウルス、蝶の羽根を持つ人間といってもほとんど獣と異なるところがなくなってしまった。この忌まわしいものを一掃するため、地球上に大変災を送る計画がたてられ、ついに大洪水が彼らに襲いかかり、純粋な肉体を持つものだけが、残されたのであった。


私が思うこと、聞いたこと、考えること

UMAというのは「謎の未確認動物」ということで、その方面に関してもいろいろと書籍があります。このブログでは、特にUMAについては取り上げませんでした。また、宇宙人に関わるモンスター・タイプの生物については、シリウス星人のネガティブ・グループがモンスター・タイプの生物を創り神に嫌われたという神話があるそうです。そこで神が大洪水などの天変地異を起こして、モンスター・タイプの生物を全滅させたということです。しかし、現代でも外宇宙には奇妙な「人頭の生物や動物」がいるとも言われています。異次元には、様々な生物が時空を超えて存在しているのかもしれません。

・また動物タイプの宇宙人も全体の3割ほどいるともいわれております。ハリウッド映画『未知との遭遇』で最初に登場したグレイの容姿は、世界中の人々には大変ショックでした。その後、米軍筋からのリークでは「グレイはバイオロボットである」という説がでてきました。金髪碧眼のノルディックのような人間タイプの遥かに進化した異星人がグレイ・タイプを創ったというのです。昔の神々は龍神とか牛神とか様々な異類異形の神々が多かったようです。が、神々が姿を変えたのか、神々が「国津神」とか「天津神」とかに分かれていたように、進化の程度に応じて2クラスに分かれていたのかもしれません。

・昔から「異類婚姻譚」の伝承も多いようです。アニメ映画でもよく知られている『美女と野獣』は、フランスの異類婚姻譚だそうです。昔は異類異形の宇宙人が地球にもいていたようですが、地球を去っていったようです。異類混血がスター・ウォーズの原因となったという説もあるそうです。異類混血の場合は、殺処理をしたケースも多いそうです。実際のところ、フィクションとナンフィクションの混じった荒唐無稽な話も多いようです。与太話の真偽の確認は誰でも無理な話でしょう。

・金髪碧眼のノルディックという人間タイプの宇宙人も、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのために、詳しくは分かりません。サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人のエロヒムが「実験室で人間を創った」とクロード・ボリロン・ラエルというフランスのコンタクティが報告しています。「人間を実験室で創った」といいますが、人間の精神体をどのようにして創ったのでしょうか。サタンは、人類に進化すること3万年ともいわれています。またプレアデス星人は6000年、人類に進化しているそうです。クローン技術を使って新たな生物を創ることは、神の摂理に反することでキリスト教会などから猛烈な抵抗を受けるそうです。

・人間の感覚やその時代の常識が通用しない世界の話が、異星人の話です。30年前には、日本で宇宙人とコンタクトして異星に行った日本人が本を書いたこともあったようです。当時、宇宙連合のメンバーが日本にも来ていたそうです。宇宙連合のメンバーは世界中で、一般人として潜入しているという話もあるそうです。彼等にしか分からない神人や異人のネットワークでもあるのでしょうか。

・「シリウス星人は、思念を通じて物を創造する力を持っていた」そうで、「思念で人間を創ったシリウス星人」とフランス人のコンタクティ、ラエルで有名な「実験室で人間を創ったリラ星人」は、宇宙を2分する種族だそうです。神とシリウス星人のポジティブ・グループが、どのように最初の人間を創ったのか分かりませんが、天使のようなシリウス星人とサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が対立・抗争をしてスター・ウォーズになったともいわれているそうです。どうも天使のようなシリウス星人とリラ星人(悪魔)は相性が悪かったようです。現代では異類混血でもしているのでしょうか。シリウス星人にもポジティブ・グループとネガティブ・グループがいるそうで、世の中が複雑怪奇になるそうです。

・ちなみにサタン(悪魔)や堕天使ルシファーという言葉は、現代風に言うと「遺伝子科学者の一団の名称だ」そうです。マッド・サイエンティストと言う言葉もありますが、科学者の集団同士が対立しているようです。ある科学者集団が遺伝子操作をして、さまざまなモンスター・タイプの生物を創ったそうです。現代でもダルシーの秘密基地ではおぞましい生体実験が行われているという話もあったようです。一般的には昔から「悪魔」という言葉は、善玉に対する悪玉で、全て悪いことの意味に使われております。

・昔から手足の多い観音様の仏像などを地上でも多く見かけますが、宇宙連盟の宇宙母船の中では手足の多いバイオ・ロボットが活躍しているという話もあるそうです。まるでハリウッド映画『スター・ウォーズ』の世界のようです。人類にとって一番重要な異星人の超科学や異星人情報がアバブ・トップシークレットにされ、封印されているそうです。「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象だ」そうです。

************************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」


[PR]
by karasusan | 2014-06-16 10:04 | UFO | Comments(0)